カムイ。 カムイ(ファイアーエムブレム)とは (カムイとは) [単語記事]

カムイ・キャピタル株式会社

カムイ

カムイ ファイアーエムブレム とは、『』の次の人物をす。 『』の兼の。 『』の登場人物。 この記事ではに1について記載する。 『ファイアーエムブレムif』のカムイ の分身であるであると同時に、としては初のでもある。 は体によって選べるものが一部異なる。 また、同作ではとは後からでも変更が可。 王出身だが幼い頃に暗王の王に連れ去られ、それまでずっと暗王で暮らしていたが待遇はあまり良くなく、開始時までは王都ではなく、北の塞で従者達とともに過ごしていた。 そんな彼()がであるから 接待試合で1本取り、塞から出れることになったことからは動き出す。 生まれ故郷である王とそのきょうだい、育った故郷である暗王とそのきょうだい、どちらを選ぶかの判断を迫られることになる。 どちらも選ばないというも出てくるけどね。 そんな彼()であるが、王族の中でも特に色濃く始祖の血を受け継いでいるため、にすることができる。 がっているのはそのためか。 なお、初期兵種である()とその上位職である時に「」が発動すると顔とがに変化する。 また、閉じ込められて生活をしていたせいか、やや世間知らずでありお人よしでもある。 「特別なを秘めている」というのも手伝っているのか、人を惹きつける魅を持っている。 両王のきょうだい達にも大切に思われている。 隠された真実 の実であるはのきょうだい達の実のではなく、イを亡くしてしまった王の再婚相手である。 そのことは周知のであった模様。 しかし一部ので分かるのだが、は王ではない。 そのため暗のきょうだい達とはもちろんのきょうだい達とも血が繋がっていないことが判明する。 きょうだいでありながらができるのはこのため。 とイの間の子の内、とはより年下な事からは最初は一の側室だった事がめかされている。 ではその親がなのかというと第3ので判明するのだが、はなんと透魔であり、であるは透族出身。 つまり、も透族である。 またそのも第3の狂ったではなく、狂う前に切り離した善の心を持った人としてのである。 これについては見えざる史実をすることで判明する。 ユニットとしての性能 初期兵種は(男)または(女)。 名称が違うだけで、による性差はない。 上級職はの血族および(選べる上級職はによって決まる)。 この兵種にはとそのだけが就くことができる。 と石をとして使用し、上級職ではさらに(の血族)や・呪()が使えるようになる。 なお、従来のとを足したようななので、就いている職を問わずに弱いという弱点を有しているため、敵の士の確認は怠らないようにしたい。 との連動で戦うことができるやの持つにも特効が付いているため、彼らとの戦いは他のに任せよう。 また、でもあるために長所と短所を選ぶことができ、加えて性別限定職と・・・ーを除いた全ての職種のうちの1つを選んで素質とすることができる。 )これにより同性のの職素質(初期職がの就けない職の場合は素質)を好きなだけ集めることが可になっている。 さらに、専用としてがある。 このはの進行によって強化されていき、所持しているだけで値に補正を得る効果も付与されるようになる。 非常に緩い条件で大幅な強化が可になるので、集中して育てたいの防にをつけると育てやすくなる。 また、を名しして強化する固有を持つも数名いるので、をに据える場合は適宜彼らを使い分けていきたい。 支援会話 前作のと同じく、すれ違いや魔符などのを除き、全てのとを組むことが可。 もちろん自身の子以外の異性であればSになることでできる。 また同作では、の限定ではあるがも可になっている。 ただし、この場合はが生まれないので注意。 前作でも時にはにも勝るとも劣らない演出がされていたが、本作ではさらに。 等をしていると時に左に囁いてくるというになっている。 またームでは様々なと触れ合う(撫でる)ことができるのだが、後にその相手と触れ合うとことになる。 他にも色々あるので自宅(できればもいない)でやることを推奨。 前作のと同じくとは逆の性別であり、も相手のものと同じになる。 なお本作ではごとにが決まっており、さらに男ですると場合によっては子世代が登場しないという事態に至ることがある。 回避するにはとのみSができるか、子世代とする必要がある。 第4の選択肢 「こっちだ!」 「に、様…」 「…」 「…戻ってこい」 「みんな…ぼ…は…」 【運命の分岐点】 進むを選んでください。 石を用いて体の一部ないし全身をに変化させて戦う魔ので、 ・終も所持しているがの攻撃手段はやの技となる。 先だって参戦しているマイのである同様、として両方のを選ぶことができる。 ! 「」にも続投している。 「は選んだ…大で、歴戦の達と戦うを!!」 必殺ワザ• 通常必殺ワザ: 射(せんしゃ)... タメ可な。 化した腕からの弾丸を撃つ。 弾に当たると少しの間しびれる。 発射時に敵が近くにいると腕が噛みつく。 横必殺ワザ: 跳突(ちょうそうとつ)... 後、状にり伸びた腕で下に突き刺す。 低で出すと地面に刺さり、敵ごと地面を刺すと磔に出来る。 突き刺し後は前方・後方・・が可。 上必殺ワザ: (しょうよく)... 復帰ワザ。 を広げて飛をい飛ぶ。 操作と攻撃範囲が広い。 下必殺ワザ: 反(はんせん)... 攻撃を躱すと同時に化し左右に柱で反撃。 攻撃範囲が広い。 : 流(げきほう)... 近くにいる敵を撃ち上げ、化しの渦のブで吹っ飛ばす。 『ファイアーエムブレム外伝』のカムイ 軍に加入するの1人。 ダッハへのの為、ボに雇われた。 ダッハとの戦いの際に達と共闘し、そのまま同行する。 西のにあるの祠にがいることを知っており、加入時には戦いを避けるよう教えてくれる。 としては、軍に多数加入する系のの1人。 成長率はそこそこで、に優れるが・守備に不安がある。 関連動画 関連商品 関連コミュニティ 関連項目 1のカムイの関連項目•

次の

カムイ

カムイ

概要 [ ] カムイは、本来神々の世界である カムイ・モシリ に所属しており、その本来の姿は人間と同じだという。 例えば火のカムイである なら赤い小袖を着たおばあさんなど、そのものを連想させる姿と考えられている。 そしてある一定の使命を帯びて人間の世界であるアイヌ・モシリ にやってくる際、その使命に応じた衣服を身にまとうという。 例えば キムン・カムイ が人間の世界にやってくる時にはの衣服(肉体)をまとってくる。 言い換えれば我々が目にするヒグマはすべて、人間の世界におけるカムイの仮の姿ということになる。 また、カムイの有する「固有の能力」は人間に都合の良い物ばかりとは限らない。 例えば熱病をもたらす疫病神なども、人智の及ばぬ力を振るう存在としてカムイと呼ばれる。 このように、人間に災厄をもたらすカムイは ウェン・カムイ と呼ばれ、人間に恩恵をもたらす ピリカ・カムイ と同様に畏怖される。 カムイという言葉は多くの場合にただ「神」と訳されるが、このような場合は「」と訳すべき時もある。 例えばとは「カムイの村」という意味だが、多くは地形上の難所などであり、「神の村」というより「恐ろしい荒神のいる場所」とした方が実際のイメージに近い。 語源には説がある。 江戸時代中期の国学者が著わした国語辞典である和訓栞 には、古い時代に日本語の「かみ(神)」を借用したものらしいとか書かれている。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• : kamuy mosir• : ape huci kamuy、火の老婆のカムイ• : aynu mosir• : kim un kamuy、山にいるカムイ• : kotan kor kamuy、集落を護るカムイ、• : rep un kamuy、沖にいるカムイ、• : wen kamuy、悪しきカムイ• : pirka kamuy、善きカムイ• 「北海道事始め」 楡書房 1956年2月• www. wul. waseda. 2019年11月2日閲覧。 コトバンク. 2019年11月2日閲覧。 関連項目 [ ] に関連の辞書項目があります。

次の

カムイ・キャピタル株式会社

カムイ

山の神様、キムンカムイ アイヌの考えでは、カムイ(神様)たちは、普段神の国にいるときは自分たちと同じく人間の姿をしており、人間の国へ降りてくるときにハヨクペ(鎧や衣)まとい、この世界に姿を現すと考えられていました。 熊もそのカムイのひとつであり、「キムンカムイ(山の神)」と呼ばれています。 また、キムンカムイが人間の国へ降りてくるときは、黒い衣を身にまとい、熊の姿になります。 この身支度をするくだりは、重々しい神になるほど時間がかかると言われています。 熊はふつうキムンカムイ(山の神)と呼ばれていますが、高い山のふもとなどに住んでいる熊などは「ヌプリパコロカムイ(ヌプリコロカムイ)」と、山の上手を司る神としてアイヌの人々は特別の敬意をはらっていました。 キムンカムイとウェンカムイ キムンカムイをはじめ、神様たちはコタン(人の住む集落)を訪れてくださり、貴重な毛皮や肉などを人間に与えてくれます。 ですがときには人間を無残に殺したり、危害を与える熊なども現れます。 そういった神様はウェンカムイ、すなわち悪い神様と呼ばれ、殺してもコタンに来させることはなく、山でばらばらに切り腐れ根の上に放置するのです。 しかし、山で人がクマに殺されたとき、殺した熊を必ずしもウェンカムイと断定するわけではなく、ときには偉い神が人を殺したりするのです。 偉い神である熊が、若い娘を殺したりする場合は、その熊は神々の国で花嫁を探していたがなかなかいい娘が見つからず、人間の国を見ていたら良い娘が見つかったため、妻にしようと神の国へ連れて行ったと考えられました。 このような話は、ユーカラの中で人と動物が結婚する、いわゆる異類婚姻譚としてしばしば語られています。 娘を失った一家としてはとても悲しいことではありますが、カムイと親戚になったと考えられ、その後も守護神として一家に猟運をもたらしたりしたと言われています。 イヨマンテ(霊送りの祭) イヨマンテとは、霊を迎えもてなして霊を送る祭りのことで、一般的に知られているのは熊を送る祭りのことです。 たとえば、討ち取ったキムンカムイが雌熊であり、そこに小熊などがいた場合、その小熊はカムイの子として大切に養っていきます。 養う場所もありきたりな所ではなく、イナウチパと呼ばれる祭壇に近い神聖な場所に、木組みで作られた小屋を建て、食物も残飯ではなく、人間と同様のものを分け与え、我が子以上に大切に育てたりもしたのです。 マタギ(狩猟)で獲った母熊は、カムイとなって丁寧に神の国へ送られているため、カムイの子供の小熊のほうはペウレプカムイと呼ばれ賓客としてコタンへ招き入れ、1年ほど滞在し家族同様にもてなして、そのあと母熊の待つ神の国へ送り返すのです。 この送り返す儀式のことをイヨマンテと言います。 アイヌの方々はあらゆるところで神々をみるため、こうした祈りは日常のあらゆる場面で行われました。 その中でも熊を送るイヨマンテの祭りが特に盛大なのは、ふつうカムイと言えば熊のことを指すくらいに、熊の神が非常に重い神であったからなのです。 2016年6月28日.

次の