大阪 緊急 事態 宣言 解除 いつ。 【大阪府】緊急事態宣言延長の期間は?休業要請はどうなる?

緊急事態宣言、大阪、京都、兵庫は解除(2020年5月)

大阪 緊急 事態 宣言 解除 いつ

緊急事態宣言、大阪、京都、兵庫は解除(2020年5月) 緊急事態宣言、大阪、京都、兵庫は解除 2020年5月21日、政府は大阪府、京都府、兵庫県の緊急事態宣言を解除しました。 緊急事態宣言は、新型インフル特措法に基づくもの。 新型インフルエンザ(新型肺炎も含む)が全国的に感染拡大し、国民の生活に甚大な影響が発生する事態またはおそれがある時、発令されます。 政府は4月に入り、感染が急増したことを受け、4月7日、7都府県に、4月16日から全都道府県に対し緊急事態宣言を発出。 国民に対し、自粛(可能な限りの外出自粛、イベントの中止、施設の休業など)を呼び掛けました。 その後、5月14日に解除条件を達成した39県の緊急事態宣言を解除。 5月21日、解除条件を達成した大阪府、京都府、兵庫県の緊急事態宣言を解除しました。 *7府県…東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、大阪府、兵庫県、福岡県 *39県…東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、大阪府、京都府、兵庫県、北海道以外の県 *解除条件…直近1週間において、感染者が10万人当たり0. 新型インフル特措法は略称。 元々は、新型インフルエンザに対する対策強化を図るための法律でしたが、2020年に新型コロナウイルス肺炎が感染拡大したことから、同肺炎も対象とする法改正が行われました。 新型インフルエンザ(新型肺炎も含む)が、全国的に感染拡大し、国民の生活に甚大な影響が発生する事態またはおそれがある時、緊急事態宣言を行ないます(第32条)。 緊急事態宣言が発出されると、外出、興行場・イベントなどの制限が行えます。 また、医療体制の確保(医療施設開設のため、土地や建物の強制使用)や、緊急物資の運送、医薬品・食品などの売渡し要請なども行えます。 2020年4月7日、感染拡大を受け、7都府県(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、大阪府、兵庫県、福岡県)に対し、同法に基づく緊急事態宣言を発出。 2020年4月16日、さらに新型肺炎感染が拡大したため、全都道府県に緊急事態宣言を発出しました。 2020年5月14日、39県(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、大阪府、京都府、兵庫県、北海道を除く県)に対し、緊急事態宣言を解除しました。 2020年5月21日、大阪府、京都府、兵庫県の緊急事態宣言を解除しました。

次の

緊急事態宣言、大阪、京都、兵庫は解除(2020年5月)

大阪 緊急 事態 宣言 解除 いつ

遅くなりました。 ごめんなさい。 おっしゃられる通りです。 でも、何となく隣近所の目が気になるというのも日本的なのかもしれない。 田舎で育った私には都会の人たちの、ある意味スマートな ? 付き合い方 でいつも悩むことが多いです。 夫はその点、京都生まれ大阪育ち。 割り切り方、 付き合い方がうまいです。 まっ、そんなこといてても始まらない。 感染者0にはできないという吉村知事の言葉は、今日のBSで見た世界の学者 や医者のテレビ会議でも言ってました。 そうならば、そうとはっきり伝えてくれれば自己判断、自己責任で動くことが できるのにと思いました。 番組ではマスクは必要と言ってました。 以前中世の時代にペストが流行った時のことを読んだことがありますが、 やはり布切れで口を覆えば感染を防げるという描写がありました。 まあ解除されたのだから、のびのびといくつもりです。 ありがとう。 この花すてきでしょう? 大好きです。 アリマウマノスズクサですか? この時期の六甲山や有馬で見ることができるそうですよ。 ほとんどの情報が隠され、何が正しく何が嘘であるかはよくわからない、 全てうやむやにうちに進み、全てうやむやのうちに終わっていくのかなぁと 思っています。 でも1つ言えるのは、日本には感染症予防法があり、 新感染症 今回の場合、コロナウィルスによる感染。 重症で危険性の 高い感染症で、今までに知られていないもの の場合は原則直ぐに入院、隔離。 だそうです。 しかし、全ての人をPCR検査した場合、たとえ軽症の患者であって も全て病院に隔離しなければならなかった。 しかし病院統合の結果、病院の数が 足りずすぐに医療崩壊を起こしかねなかったので、PCR検査の数を絞った。 この間になんとか感染爆発を抑えようとした。 それが今かなりうまく行き始めた。 それにより解除となった。 そう理解しています。 でもなんか変。 違和感を覚えますが、まあこんなところでしょうと。 今朝偶然ですがBSで、確か感染症学者 米、独、日本2 とコロナと戦っている医者 米、あと忘れた 計8人のテレビ会議を見ました。 その中に本庶佑さんが入ってました。 だけど死亡者の数が多すぎる。 今はまだどういうメカニズムで軽症ですむのかわからないが、今一番大事なのは 重篤者をできるだけ回復させること、そのためにありとあらゆる手段を講じなければ ならないと言ってられました。 またワクチンもない治療薬もない状態で感染者の数を0にするのは不可能。 従って感染しないように十分注意して日常生活を行わなければならないと。 今は研修者は世界で協力して薬とワクチンの開発にそうりょくをとうじなければならないと。 かなりわかったように思いました。 私たちのできるのは、外に行ってもいいが自分で責任を持って感染しないように注意して 行動することだと思いました。 今の政権は腐り切っています。 此の期に及んでも私利私欲、利権の確保、地位身分の保全しか考えられない。 史上最悪最低の政権だと思うし、日本は砂上の楼閣だと思う。

次の

【大阪】緊急事態宣言いつまで続くのか?延長の可能性は?│CoCo Channel 24

大阪 緊急 事態 宣言 解除 いつ

【大阪】緊急事態宣言いつまで続くのか?延長の可能性は? 4月7日、緊急事態宣言が発令された際、その期間としては、 2020年5月6日まで、と期間が定められていました。 果たして、予定通り、この日に緊急事態宣言は解除されるのでしょうか? 安倍首相の発言は? 安倍晋三首相は4月24日、新型コロナウ感染症対策本部の会合を開き、 月末からの大型連休に向け、国民に接触機会の8割削減への協力を呼び掛けました。 首相は政府対策本部で「緊急事態を早期に収束させるため、今が非常に重要な時期だ」と指摘。 緊急事態宣言の期限が5月6日に迫る中、首相は感染状況を見極めて解除の可否を判断する構えであるとのこと。 スポンサーリンク 菅官房長官の発言は? 菅官房長官は24日の記者会見で、緊急事態宣言の延長について 「状況は時々刻々と変化しており、現時点では控えたい。 5月6日を延ばすかどうかは、専門家の話を聴いた上で判断していきたい」と述べました。 政府関係者の見解は? 政府関係者は 「専門家の間では解除は時期尚早との意見が強い」 と指摘し、 ある政府高官は 「延長は避けられない」 と語ったということです。 また別の政府高官は 「特定警戒都道府県に指定した13都道府県は区別が必要になるだろう」と述べ、 感染状況によって自治体ごとに異なる対応を取ることもあり得るとの考えを示した。 特定警戒都道府県に指定した13都道府県とは? 東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、大阪府、兵庫県、福岡県、 北海道、茨城県、石川県、岐阜県、愛知県、京都府 スポンサーリンク 吉村洋文大阪府知事の発言は? 上記のように、政府内では、少なくとも一部自治体で延長は不可避との見方が広がっているとのことです。 最後に、吉村知事の発言を見てみましょう。 4月24日に、お昼の情報番組にはて、宮根キャスターに23日の府内の感染者数が34人と減少していることについて聞かれた吉村知事は、 「府民の皆さんにいろいろな自粛などご協力いただいている中で少しずつ効果が出ている可能性はありますが、油断はできない。 5月6日までとお尻が決まっているので、そこまで一致団結してなんとか終息に向かわせたい。 感染爆発には至っていないという認識です」 と発言しました。 また、宮根キャスターに「このゴールデンウィークが勝負どころだと思わないといけないですね?」と聞かれた吉村知事は 「国を挙げて緊急事態だと言うのを、安倍総理が国家の意思として5月6日までと期限を区切ったわけです。 何度も延ばしたり、ダラダラやるもんじゃないです。 そんなの国民が耐えられないですよ」 ときっぱり。 「僕らも辛い中、いろいろなお願いしてますけど、ちゃんと期限を区切ってやるのが大事だと思ってますし、専門家の皆さんも期限を区切って国が一致団結すれば終息できると言ってますから」とした上で「ゴールデンウィークに入っていきます。 ここを最後の頑張りどころなんで、いろいろなレジャーあると思いますが、そこはちょっと今年だけは抑えていただいて、家にいていただくと。 国としての危機を脱したいと思います」 と話しました。 先ほどの政府関係者とは、また違った意見ですね。 吉村知事は、国民(大阪府民)のことを考えた上で、 「ここまでやってきたのだから、何としてでも、6日までに終息させたい」 そんな気持ちが、垣間見れてきます。 吉村知事の独自判断で解除となるのか? また、4月25日、別の情報番組に出演した知事は、 5月6日に期限を迎える緊急事態宣言の解除について、辛坊治郎キャスターから 「基本的には政府の緊急事態宣言が続く限りは、大阪府の対応も今と同じが続くという事ですか?」との質問に、 吉村知事は、 「それは緊急事態宣言が続くとしても、知事としてできる範囲があって、休業要請等とかもやってますので。 大阪の感染者数だとか傾向だとかを踏まえた上で、僕自身としての判断をやっていきたいと思います。 独自の判断やります」 と、大阪独自で判断する可能性があるとしました。 政府の判断に頼らず、独自で大阪の判断をするという、 まさに、大阪府民にとっては、頼り甲斐のある力強いリーダーである吉村知事の発言だと思います。 ネットの声は? 緊急事態宣言延長の見方って、逆になんで延長しないの?って感じだ。 判断が遅い。 早く、元の生活に戻りたいという思いと、同時に、日々の報道から、感染の怖さを持ち合わせているので、本当に、苦しい状態だと思います。 どちらにしろ、延長になるのか解除になるのか、 判断は、早めにしていただきたいです。 スポンサーリンク.

次の