信長 の 野望 創造 戦国 立志伝。 信長の野望 創造攻略サイト 戦国立志伝おすすめ武将

信長の野望・創造wpkと戦国立志伝はどちらを買うべきか?

信長 の 野望 創造 戦国 立志伝

コメントを投稿するには画像の文字を半角数字で入力してください。 投稿済みコメントに返信する場合はコメントを選んでから投稿してください。 S05厳島の戦いで北条戦国伝「北条包囲網」の発生を確認したので、「S05で発生しない」の記述を削除しました。 攻略本の記述が間違ってたようです。 大名を隠居して世代交代したいのだが、やり方がわかりません。 隠居は不可能。 S05厳島の戦いで上杉戦国伝「北条討伐」の発生を確認できないため、発生条件「厳島の戦い開始」の記述を削除しました。 攻略本の記述が間違いと思われますが、仮に発生が確認できたなら修正等お願いします。 いわゆる戦陣録非発生条件のことでしょうか?そこに該当しなくとも発生しなくなりました。 戦国伝:その他武将として収録されていた武将を独立ページとして細分化しました。

次の

信長の野望 創造攻略サイト 戦国立志伝の特徴

信長 の 野望 創造 戦国 立志伝

信長の野望 創造攻略サイト 戦国立志伝おすすめ武将 信長の野望創造と信長の野望創造戦国立志伝の攻略サイト。 具体的な攻略方法や裏技、詳細データなど。 戦国立志伝おすすめ武将 戦国伝を楽しみたい方へ 戦国立志伝では、戦国伝が発生する武将を選んだ場合にのみ戦国伝が発生します。 その大名家の別の武将を選んだ場合は、基本的に戦国伝も歴史イベントも発生しません。 他家の武将を選んだ場合は、歴史イベントは発生します。 戦国伝の多くが大名で発生するため、家臣プレイと戦国伝の両方を楽しめる武将は限られます。 詳細は、「」をご覧ください。 歴史イベントに関するアップデート 4月末のアップデートで、織田家の家臣でも織田家関連の歴史イベントが発生するようになりました。 戦国伝は発生しませんが、桶狭間の戦いや浅井家との婚姻などの歴史イベントは発生します。 数は多くないようですが、新たに追加された歴史イベントもあります。 以前よりもプレイしやすくなっていますので、この機に織田家の家臣プレイを楽しむのも良いと思います。 織田家以外の家臣プレイでは、相変わらず歴史イベントは発生しません。 7月6日のアップデートで、歴史イベントを作成できるようになりました。 織田家以外の家臣プレイでも主家の歴史イベントが発生するようにするのも良いと思います。 アップデートによる新規勢力プレイ 6月6日のアップデートで、新規勢力を作成できるようになりました。 アイヌ民族でプレイしたり、島原の乱の大将でプレイするなど、選択肢が広がりました。 作成例は、「」をご覧ください。 家臣プレイ 1534年 真田幸隆 海野家家臣.

次の

信長の野望 創造攻略サイト 戦国立志伝の特徴

信長 の 野望 創造 戦国 立志伝

城主 軍団長含む の家臣 城代含む は、城主に対する忠誠です。 城主の忠誠は、大名に対してです。 大名の家臣を城主に寄騎で送った場合、寄騎として送られた武将の忠誠は城主に対するものに切り替わります。 城主とその家臣の主義をそろえることで、と城郭施設の効果を最大限に利用することができます。 城主の家臣の場合、主は城主です。 大名は関係ありません。 所領の詳細は不明ですが、勲功に対して地位や城数 人口かも が不十分だと下がるようです。 下がる際の減少量は家臣の士道が影響し、「利」「志」「創造」は-5、「才」は-4、「家」「名」は-3、「道」は-2、「義」は-1です。 城主との能力差でも忠誠が増減するのですが、能力差が大きいほど忠誠の増減も大きくなります。 これにも家臣の士道が影響していて、「才」は増減の変化が大きいです。 「人たらし」の特性は、修得できる武将が少ない上に、修得条件も厳しいです。 現実的に可能なのは、羽柴秀吉と島津義弘くらいです。 詳細は、スタートメニューの「史実武将編集」でご確認ください。 能力の高い家臣は、必要忠誠も高いことが多いです。 城主・城代・家臣団に任命して、忠誠を上げましょう。 能力の低い家臣は、必要忠誠が低いことが多いです。 士道などが合わない場合でも、能力の高い城主の城に所属させるだけでたいてい大丈夫です。 主が「利」でその家臣が「家」の場合、家臣の忠誠が+2されます。 「群雄集結」のシナリオに登場する武将の士道を調べたところ、上記の通り、「家」「名」「利」「才」がほとんどでした。 「創造」は織田信長のみで、「志」は有名大名に多く、「道」は茶人や剣豪で、「義」は忠臣に多いです。 士道別に必要忠誠を確認したところ、「志」は全般的に高く、「利」も高い武将が多めで、「義」は全般的に低かったです。 「義」の家臣は、どの主にも忠誠が上がります。 所領に不満がある家臣は、家臣の士道によって忠誠が減少します。 家臣の士道が「利」「志」「創造」の場合は-5、「才」の場合は-4、「家」「名」の場合は-3、「道」の場合は-2、「義」の場合は-1です。 忠誠は、城代や家臣団や主の名声などで少しずつ上げられるので、士道と主義で大きく下がる場合に注意が必要です。 主人公が大名の場合、自分と合わない武将は、適切な城主に寄騎で送るのがおすすめです。 主人公が城主の場合、登用や提案の前に「必要忠誠」「主義」「士道」を確認して、場合によっては諦めることも必要です。 登録武将のおすすめ士道 登録武将を主人公に選ぶ場合、「名」がおすすめです。 忠誠が大きく下がる士道がないので、家臣の忠誠を管理しやすいです。 登録武将を家臣として加える場合、「義」がおすすめです。 主の士道がどのタイプであっても、忠誠が上がります。 家宝の好みは士道で分類され、好きな物や等級の高い物ほど忠誠が大きく上昇し、嫌いな物は受け取りません。 また、忠誠の上がり易さには個人差があり、一般的に忠誠の低い武将ほど家宝の効果が下がります。 上図の効果は、好みの家宝を15とした場合の忠誠上昇量です。 誤差はありますので、だいたいの目安とお考えください。 外交の贈物にも、相手大名の好みが影響します。 上図と同じ傾向と考えられますので、参考になると思います。

次の