美 魔女 カッター。 岩本和子が切り付けた被害男性の名前は? 動機や2人の関係が衝撃的

若作りはイタいのか…52歳“美魔女”が撹乱する「日本社会の規範」(田中 ひかる)

美 魔女 カッター

熱海駅で岩本和子容疑者が男性をカッターナイフで切りつける 5月18日夕方、JR熱海駅の新幹線改札口で、熟女の岩本和子(43)が男性を切り付けた事件で、この直前、岩本は警察に保護されていたことが「週刊文春デジタル」の取材でわかった。 岩本は湯治客の間をすり抜けながら、逃げる男性の後を追いかけ、男性が改札で一瞬立ち止まった瞬間、右頬をカッターナイフで切りつけた。 付近には血しぶきが飛び散り、「真っ赤な切り傷からは、骨みたいなものも見えた」(事件を目撃した売店店員)という。 名前:岩本和子• 生年月日:1976年2月1日• 出身地:鳥取県鳥取市• 職業:モデル・タレント 高校は鳥取西高等学校を卒業後、横浜市立大学文理学部外国語学科に進学します。 1996年に大学を卒業後、IT企業で10年間勤務した後にエステティシャンや読者モデルなど様々な業種経験を積んでいきます。 2012年の36歳の時に当時の外国人の彼氏を喜ばせるために第3回国民的美魔女コンテストにエントリーした結果、21人のファイナリストの1人に選ばれたことがきっかけでタレントの仕事を始めます。 2015年の39歳の時に自分でスマホを用いて撮影したDVDを発売したところ、オリコンデイリーチャートのDVD総合ランキングで1位を獲得します。 それから、Amazonやディスクオンデマンドなどで販売数1位となるなど、美魔女として話題を集めました。 岩本和子が男性を切り付けた動機とは? 岩本和子が男性を切り付けた理由に男性からレイプされ妊娠したことが始まりだと思われます。 それについてSNS上で不穏な投稿をしていたようです。 前回の記事でも報じたが、この3日前の5月15日早朝、岩本はFacebookやTwitterに不穏な投稿をしている。 伏せ字にした「〇〇〇〇」には、被害男性の実名が書き込まれていた。 引用: 妊娠したことを男性に話したところ、何の反応もなかったことから、男性に妻がいるのではないかと疑問を持ったそうです。 そして事件当日、男性に既婚かどうか問い詰めたところ妻がいることを認め、その事実に逆上した岩本容疑者がカッターナイフで切りつけたそうです。 岩本和子と男性の関係は? 岩本和子と切り付けられた男性とは交際関係にあったといいます。 ですが、男性に妻がいたことから2人は不倫関係にあったということになります。

次の

奇跡の美魔女・岩本和子、“熱海事件”と芸能活動再起を語る(2020年4月29日)|BIGLOBEニュース

美 魔女 カッター

岩本は2012年の国民的「美魔女」コンテストに出場し、ファイナリストとなった。 その後は雑誌のグラビアなどに登場し、「奇跡のアラフォー」と呼ばれていた。 岩本のものとみられるSNSには、事件の3日前に、胎児のエコー写真が投稿されていた。 文春オンラインによると、岩本は妊娠していたが、交際相手の9歳年下の男性に伝えたところ、反応がなかったため、男性が結婚しているのではないかと疑い始め、「もうだめだ」「助けて」といったコメントを投稿していた。 熱海駅で男性と待ち合わせ、結婚しているかどうかを問い詰めたところ、結婚していることを認めたため、逆上して犯行に及んだとみられる。 取り押さえられた岩本は、連行される直前に周囲に一礼したという。 前日には初主演映画の舞台あいさつ 岩本は前日には初の主演映画の舞台あいさつをしていて、倉本和人監督は「事件が起きた時に着ていた服が、舞台あいさつの時の衣装のままだった。 華々しい舞台を降りた直後ですので、びっくりしました」と話している。 事件後、ネット上では岩本に対して「既婚を隠していた男性が全面的に悪い」「男の方が完全に悪い。 身から出たさび。 逮捕された女性がふびん」などと同情する声が相次いでいる。 高木美保(タレント)「私も同情します。 原因を作ったのは男性じゃないの、と思わざるを得ないですね。 ただし、他の方法で冷静に対応してほしかったなと思います」.

次の

「カッター切りつけ不倫」グラドルの現在に驚愕|エンタMEGA

美 魔女 カッター

岩本和子が「熱海事件」を語る 2019年5月、「国民的美魔女コンテスト」ファイナリストのグラドル・岩本和子(44)は、熱海駅で当時交際中の男性をカッターナイフで切り付ける刃傷事件を起こした。 知名度がうなぎ登りだった絶頂期の犯行、そして妊娠・中絶の事実が発覚したことでワイドショーを騒がせ、彼女はグラビア界から姿を消した。 * * * 1年前、私は熱海駅で交際していた男性をカッターナイフで傷つける事件を起こしました。 あの日、彼が「関わりたくない」「会いたくない」と頑なでしたので、「堕胎手術の同意書にサインをしてほしい」と連絡し、熱海に来てもらいました。 本当はすでに手術後でした。 嘘をついて申し訳なかったと思いますが、この世から消えた娘と、その子を失った私に「ごめん」と一言謝ってほしかったのです。 でも、彼はまた、あの表情をして逃げました。 以前、彼の自宅の近くで話し合いをした際に偶然、奥さんに声をかけられたんです。 その時彼は、「面倒くさい」と露骨に嫌な顔をして逃げました。 その時と全く同じ無責任な表情をした彼を、私は許せませんでした。 その一瞬、自分の人生がどうなってもいいと思ったのです。 私が覚えているのは、そこまでです。 パトカーで連行された警察署で、取り調べを受ける時、私の意識は朦朧としていました。 あの頃、私は彼が既婚者と分かり、「堕ろせ」と言われ続けたことで現実が辛くなり、睡眠薬を飲んでいました。 事件前日に手術を終え、映画の舞台挨拶に立った夜も眠れず10錠ほど服用したせいで、あの日は夢と現実を行き来するような状態でした。 今なら薬に頼らず、もっと冷静に対応できたのに……と思いますが、当時は追い詰められていて余裕がありませんでした。 それからまた3か月間の入院生活。 やっと退院した後は美容院やエステに行ったり、毎日パジャマみたいな服だったのでワンピースを着たり、牛肉や生野菜を食べたり、それまで半年間できなかったことを満喫していました。 SNSを再び始めたのが昨年12月です。 私のことを覚えていてくださるみなさんに「元気だよ」と伝えたかったのと、すべてを失ったのでまたゼロから発信していこうと思ったからです。 最初は世間の反応が怖かったのですが、「待っていたよ」「嬉しい」と温かい言葉をかけてくださる方が多くて……、本当にありがたかったです。 もちろん嫌な書き込みもありましたが、昨年私が味わった苦しみに比べれば、「こんなことは大したことじゃない」と冷静でいられました。 そして再びグラビアのお仕事をお声掛けいただいた時は心から嬉しかったです。 グラビアは私が人生で見つけた一番やりたいことでした。 ですが、これからという時に事件を起こし、世の中から消えてしまいました。 志半ばでしたので、もし許されるのであれば、またがんばりたいとずっと思っていました。 今回は伊豆で撮影させていただいたのですが、私の中で大きな変化がありました。 以前は「いかにお腹を引っ込めるか」「皺がよらないポーズをしよう」そんなことばかり考えていたんです。 ですが、今は44歳の素直な自分をさらけ出せるようになりました。 老いていくのは当たり前ですし、皮膚のたるみも含めて今の私を見ていただきたい。 そう思えたのは、事件でどん底を味わって強くなり、考え方がおおらかになったからだと思います。 事件については今も後悔していますし、ご迷惑をかけたすべての方に申し訳ないと思っています。 今の私にできることは、「今日もがんばっていけます」なんてひとりでも多くのみなさんに喜んでもらうことです。 そのために美しくいたい。 応援してくれるみなさんを喜ばせたいから「岩本和子」でいたい。 私って、そういう女なんです。 *岩本和子グラビア復帰写真集『独白』(小学館刊、3200円+税)は6月22日発売予定。

次の