引き抜き はぎ。 棒針のかぶせはぎ(動画付)

夏糸と冬糸*肩はぎ方法*の使い分け : 毛糸雑貨MERRYMERRY

引き抜き はぎ

目の止め方 編み終わりの目の止め方はいろいろあります。 それぞれの目的に応じて使い分けます。 糸の引き方を編み目の大きさに合わせて一定にすると、きれいにできます。 ここでは基本的な目の止め方を説明します。 伏せ止め 棒針を使って目を止める方法で、止めの部分に伸縮性がありませんので、編み地の幅とバランスを見ながら止めます。 また、なるべく糸端を利用して止めます。 表目の伏せ止め 止めが目立ちますので端線をはっきりさせたいときに使います。 1最初の2目を表目で編みます。 2左針の先を使って、右の目を左の目にかぶせて右針からはずします。 3表目を1目編む・かぶせるを繰り返します。 4最後は目の中に糸を通して、引き締めます。 裏目の伏せ止め 止めが目立ちません。 ガーター編みに使用すると端線まで同じ表情になります。 1最初の2目を裏目で編みます。 2左針の先を使って、右の目を2目めにかぶせて右針からはずします。 3裏目を1目編む・かぶせるを繰り返します。 4最後は目の中に糸を通して、引き締めます。 引き抜き止め かぎ針を使って目を止める方法で、止まった状態は伏せ止めと同じです。 初心者にも簡単にスピーディーにできます。 表目の引き抜き止め• 1端の目をかぎ針に移し、糸をかけて引き出し、1目編みます。 2次の目をかぎ針に移し、糸をかけて2目を一度に引き抜きます。 3次の目からも同様にします。 4最後は糸をかけて引き出し、糸を切ってから、引き締めます。 1目ゴム編み止め 止めた糸は規則正しくジグザグになっています。 右端が表2目、左端が表1目の場合• 11の目に手前からとじ針を入れ、2の目の手前に出します。 21の目に手前から針を入れ、3の目の向こうへ出します。 3表目同士に針を入れます。 2の目に手前から入れ、4の目の手前に出します。 4裏目同士に針を入れます。 3の目の向こうから入れ、5の目の向こうに出します。 5左端まで手順3・4を繰り返します。 2目ゴム編み止め ゴム編みの表情と伸縮を生かした止めです。 基本は4種類のとじ針の入れ方で、どの目にも2回ずつ糸を通します。 止めに必要な糸の長さは、編み幅の約2. 5倍です。 両端とも表2目の場合• 11の目に手前から針を入れ、2の目の手前に出します。 21の目に手前から針を入れ、3の目の向こうへ出します。 3表目同士に針を入れます。 2の目に手前から入れ、5の目の手前に出します。 4裏目同士に針を入れます。 3の目の向こうから入れ、4の目の向こうに出します。 5表目同士に針を入れます。 5の目に手前から入れ、6の目の手前に出します。 6裏目同士に針を入れます。 4の目の向こうから入れ、7の目の向こうに出します。 手順3~6を繰り返します。

次の

一番簡単なモチーフのつなぎ方(5) : Crochet with Ricky

引き抜き はぎ

かぎ針を使うはぎ合わせ方 かぎ針を使ってのはぎ合わせは技法上の理由から糸はとじ針の様に1本取りではなく、2本取りでのはぎ合わせとなります。 細編みはぎ 編み地の表を上に向け突き合わせにします。 この時、はぎ合わせる糸は近くの編み地に付いています。 まずこの糸で鎖を1目編みます。 次に針から目を外し、遠くの編み地の1目々に向こう側からかぎ針を入れて外した鎖の目に針を通しなおして引き抜きます。 この時点ではまだはぎ合わせてはいません。 次の作業からはぎ合わせになります。 遠くの編み地の目に向こうから手前に針を入れます。 その後、細編みを編む要領で近くの編み地の目に手前から向こうに針を入れて糸を針に引っ掛けて、近くの編み地の目だけを引き抜きます。 この時点では針には最初に細編みを引き抜いた目が1目と向こう側の目が1目、糸で説明すると3本の糸と引き抜いた糸が1本、計4本かかっています。 この4本の糸を針に糸を引っかけて引き抜きます。 これで1目はぎ合わすことができました。 次からも同様に遠くの編み地の目に向こうから針を通し、その針を近くの編み地の目に手前から向こうに入れて糸をかけて近くの編み地の目だけを引き抜きます。 この時点でも針には4本の糸がかかっています。 この4本の糸を針に糸をかけて引き抜きます。 これを目数の分だけ繰り返します。 はぎ合わせるために編んだ目が鎖になって遠くの編み地にデザイン線として効果的に出てきます。 はぎ合わせた糸でできた鎖の近くにある編み地の目が同じく鎖状になって2本並んでいれば正解です。 わかりにくい場合は三つ編みが2本揃って綺麗に並んで入れば正解だと理解してください。 引き抜きはぎ(全目はぎ) 引き抜きはぎは棒針での編み地をはぎ合わせる時によく使われる技法です。 またとても簡単なはぎ合わせかたなので覚えやすく、様々な箇所のはぎ合わせができるために小さなポーチやクッションにも使うことができます。 中表に合わせて手に持ちます。 この時、はぎ合わせる糸は近くの編み地にあります。 細編みを編むのと同様に近くにある編み地の目と遠くの編み地の目に針を手前から向こうに入れ、糸をかけて針にかかっている全ての目を引き抜きます。 これで1目はぎ合わせることができました。 次からも同様に近くの編み地の目と遠くの編み地の目に手前から向こうに針を入れて糸をかけて引き抜きます。 これを目数分、繰り返します。 この引き抜きはぎでは近くの編み地の目と遠くの編み地の目を1目づつ針を通して2目を1度に引き抜いてはぎ合わせました。 この1目を中表になっている編み地の内側にある糸、つまり半目づつ手前から向こうに針を入れて糸をかけて引き抜くと、半目はぎになります。 引き抜いた目が鎖になって引き抜いた箇所にまっすぐに通って入れば正解です。 中表に合わせた編み地の残した半目はその鎖に両側からそうような形になっています。 鎖はぎ 透かし編みに使うはぎ合わせ方です。 編み上がっている透かし模様に準じて目数を変えます。 中表に編み地を合わせて持ち、最初は二枚同時に編み目の頭に針を入れて引き抜きます。 次の編み地の目に届くまで鎖を編み、二枚同時に編み目の頭に針を入れて引き抜きます。 これを最後まで繰り返します。 引き抜きの部分を細編みに変えると鎖と細編みでの鎖はぎになります。 コメント:• 関連記事一覧.

次の

編み物の技法〜 ニットの肩をはぐ方法を覚えましょう

引き抜き はぎ

はぎ方の技法をいくつかまとめてみました。 「 はぎ」とは、目と目(目と段の場合も)をつなぐ場合の技法です。 かがりはぎ 「巻きかがりはぎ」とも言います。 簡単で薄く仕上がりますが、かがった糸が斜めに渡って見えます。 表どうしを付け合わせる場合と、中表にしてはぐ方法があります。 よく使われるはぎ方です。 【全目かがり】 編み地を中表(または外表)に合わせて、向こう側から手前側の端の目に針を入れます。 向こう側の端の目と、手前側の端の目(最初に入れた目)に針を入れます。 次の目は、鎖の頭全部をすくいます。 最初と最後は補強のため、2度同じ場所をすくいます。 とじ針でぐるぐるとかがっていきます。 【半目かがり】 表を見ながら、2枚を付け合せににして、1列ずつつないでいきます。 下記動画はモチーフつなぎです。 すくいはぎ 表側どうしを付け合せにし、手前側の端の目に針を入れて糸を引きます。 向こう側の編み目(頭の下)1本をすくいます。 手前側は、1で針を出した目に針を入れて、半目と次の目をすくいます。 向こう側は1本で、手前側は2本すくうことになります。 手前側と向こう側を交互にすくいます。 わかりやすいように糸を変えてますが、実際は、はぎ糸が見えないように糸を引きます。 細編みはぎ はぎ合わせる細編みをデザイン線として強調するときに効果的なはぎ方です。 Webを検索しても動画が見つからなかったので、自分で作りました。 はぎ部分を細編みにしたい場合に使います。 下の画像は、はぎ目を強調するために表同士で付け合せていますが、裏を見てつける場合もあります。 よろけ引抜きはぎ はぎ糸をモチーフの下におき、向こう側のモチーフに引き抜きます。 次には下側の頭2本に針を入れ引き抜きます。 これを交互に繰り返し引き抜いていく方法で、はぎ糸はつねにモチーフの下に置きます。 ジグザグとした面白い模様ができますが、はぎは目立ちます。 言葉ではわかりにくいので、動画を作ってみました。  「よろけ引き抜きはぎ」ではいだポーチです。 はぎ目がド派手ですが、ぽっこりして独特の模様にもなります。 カテゴリー:.

次の