ランクル 再販。 ランクル70のディーゼル車の寿命は?中古で買って故障は大丈夫?

ランクル70国内再販復活!徹底解説!|フレックス・ドリーム

ランクル 再販

ガソリン仕様のみのラインナップだったが、バンとピックアップを販売するなどランクルファンは胸が熱くなった。 ここにきてネット上で「2020年にランクル70が再販されそう」との情報が流れていた。 いったいどういうことなのだろうか。 まずはトヨタ広報部に確認の電話をしてみた。 すると 「ランクル70が再販するという情報はこちらからご案内したことはございません」とのこと。 もちろん出るか、出ないかについてもコメントはもらえなかったのだが、どうやら情報元はトヨタではないようだ。 現在も海外向けに生産が続くランクル70。 日本市場では新車が手に入らないこともあり、10万km以上走った個体でも中古車相場はかなり高め 次に各地方のトヨタ販売店へも電話取材を実施した。 ある地方のディーラーマンはこう答えてくれた。 「トヨタ本社から販売店へはそのような情報は来ておりません。 完全に私の憶測ですがランクル70の再販はちょっと考えにくいと思います。 たしかに2014年当時は多くのお客様にご支持いただきましたが、それは10年ぶりの再販だからであって……。 そこまで引き合いがあるとも思えません」。 また他のすべてのディーラーでもランクル70再販についての動きはないと断言する店舗が多かった。 さらにディーゼル仕様の投入を求める声も多いが、こちらについてはある販売店スタッフは否定的だった。 「イメージとしてはランクル70のような4WDにはディーゼルというのはわかりますが、2014年の再販モデルはガソリンエンジンでも充分な低速トルクでした。 それよりもATの設定があればな、と販売店としては思います」。 ディーゼルエンジンの分厚い低速トルクは魅力だが、ガソリンエンジンを搭載した復刻ランクル70は同型式のエンジンを搭載するFJクルーザーなどとは特性を変更して、低速トルクを充実させている。 2ドアのピックアップやトゥルーピーと呼ばれるサイドシートを備えたモデルなど、ランクル70の仕様は多岐にわたる。 たしかにかっこいいのだが日本市場での導入となると?? そこをあえて日本の排ガス基準に適合させたディーゼル仕様を用意して、販売するとは考えにくいのも事実。 またエンジンに詳しい関係者はこう語る。 「トヨタがランドクルーザーに搭載を考えていたディーゼルエンジンが、オーストラリアでのエミッション対応に苦戦しているとの情報があります。 2014年の時は南アフリカ仕様を日本向けに改修しましたが、ディーゼルエンジンとなれば環境性能の高いオーストラリア仕様が濃厚です。 現状でエミッション対応に苦戦しているということもあり、やはりディーゼルエンジンのラインナップは厳しいかと思います」。 衝突安全性についてもやや不安の残る部分があるという。 フレームからの更新が必要になる可能性もあり、日本市場での販売については多くの障壁があるはずだと前出の関係者は言う。 ややネガティブにな話になってしまったが、現在でも南アフリカやオーストラリアに向けてランクル70は製造を続けており、再販の可能性はもちろん皆無ではない。 最新情報が入り次第お届けしよう。 ランクル70はちょっと微妙なところだが、ランクル300の開発は順調に進んでいるようだ。 ランクル200の後継車種としてグローバル展開されるはずのランクル300。 ルックスはほぼそのままにフルモデルチェンジしたベンツGクラスのように、もちろんキープコンセプトでの登場となるはず。 ランクル300はキープコンセプトで登場。 サイドウィンドウの形状などエクステリアでは小変更にも思えるが、パワートレーンは大きく更新される(写真はベストカー予想CG) 当然ながらラダーフレームを継続採用しており、これまでと同様に高級感と走破性の両立を図っているという。 パワートレーンはV6の3. 5Lガソリンツインターボに加えて、マルチステージハイブリッドのラインナップも予想されている。 世界中のラフロードを走ってきたランクルだけに、この300の開発についても気になるところだ。 世界中のオフロードを確実に走り抜ける必要があるランドクルーザー。 これまで積み上げてきた歴史に傷をつけないためにも開発は続く 販売時期は2020年秋頃を予定しているとのことだが、2019年11月の東京モーターショーでその姿を見ることができるかもしれない。 またトヨタが2018年のデトロイトショーで発表した、のようなクーペスタイルの4WDへの進化を検討しているという情報もある。 もちろんタフなランドクルーザーの雰囲気とは異なるものの、「陸の王者」にも変革の時が来ているのかもしれない。 についても情報がもうすぐ入りそうだ。 こちらも追って情報をお届けしよう!!

次の

ランクル70再販あるか?? マジで出るの?? 2020年にまさかの…?

ランクル 再販

ランドクルーザー70が2020年に再販される、という情報がウェブ上で駆け巡った。 これが真実ならなかなか胸が熱くなるニュースだ!! 2014年に期間限定で再販されたランクル70は、一般的なランドクルーザー(200)とは異なりタフさと実用性を追い求めたモデル。 いわばランクルの本流なのだ。 しかしなぜ2020年にまた再販されるという情報が流れているのか? 現段階でわかっていること、そしてランクル300の情報も盛り込みました。 ガソリン仕様のみのラインナップだったが、バンとピックアップを販売するなどランクルファンは胸が熱くなった。 ここにきてネット上で「2020年にランクル70が再販されそう」との情報が流れていた。 いったいどういうことなのだろうか。 まずはトヨタ広報部に確認の電話をしてみた。 すると「ランクル70が再販するという情報はこちらからご案内したことはございません」とのこと。 もちろん出るか、出ないかについてもコメントはもらえなかったのだが、どうやら情報元はトヨタではないようだ。 現在も海外向けに生産が続くランクル70。 日本市場では新車が手に入らないこともあり、10万km以上走った個体でも中古車相場はかなり高め 次に各地方のトヨタ販売店へも電話取材を実施した。 ある地方のディーラーマンはこう答えてくれた。 「トヨタ本社から販売店へはそのような情報は来ておりません。 完全に私の憶測ですがランクル70の再販はちょっと考えにくいと思います。 たしかに2014年当時は多くのお客様にご支持いただきましたが、それは10年ぶりの再販だからであって……。 また期間限定での販売ではありましたが"販売数が限られていて買えなかった"というお客様は私の知る限りはいらっしゃいません。 そこまで引き合いがあるとも思えません」。 また他のすべてのディーラーでもランクル70再販についての動きはないと断言する店舗が多かった。 さらにディーゼル仕様の投入を求める声も多いが、こちらについてはある販売店スタッフは否定的だった。 「イメージとしてはランクル70のような4WDにはディーゼルというのはわかりますが、2014年の再販モデルはガソリンエンジンでも充分な低速トルクでした。 それよりもATの設定があればな、と販売店としては思います」。 ディーゼルエンジンの分厚い低速トルクは魅力だが、ガソリンエンジンを搭載した復刻ランクル70は同型式のエンジンを搭載するFJクルーザーなどとは特性を変更して、低速トルクを充実させている。 2ドアのピックアップやトゥルーピーと呼ばれるサイドシートを備えたモデルなど、ランクル70の仕様は多岐にわたる。 たしかにかっこいいのだが日本市場での導入となると?? そこをあえて日本の排ガス基準に適合させたディーゼル仕様を用意して、販売するとは考えにくいのも事実。 またエンジンに詳しい関係者はこう語る。 「トヨタがランドクルーザーに搭載を考えていたディーゼルエンジンが、オーストラリアでのエミッション対応に苦戦しているとの情報があります。 2014年の時は南アフリカ仕様を日本向けに改修しましたが、ディーゼルエンジンとなれば環境性能の高いオーストラリア仕様が濃厚です。 現状でエミッション対応に苦戦しているということもあり、やはりディーゼルエンジンのラインナップは厳しいかと思います」。 衝突安全性についてもやや不安の残る部分があるという。 フレームからの更新が必要になる可能性もあり、日本市場での販売については多くの障壁があるはずだと前出の関係者は言う。 ややネガティブにな話になってしまったが、現在でも南アフリカやオーストラリアに向けてランクル70は製造を続けており、再販の可能性はもちろん皆無ではない。 最新情報が入り次第お届けしよう。 ランクル70はちょっと微妙なところだが、ランクル300の開発は順調に進んでいるようだ。 ランクル200の後継車種としてグローバル展開されるはずのランクル300。 ルックスはほぼそのままにフルモデルチェンジしたベンツGクラスのように、もちろんキープコンセプトでの登場となるはず。 ランクル300はキープコンセプトで登場。 サイドウィンドウの形状などエクステリアでは小変更にも思えるが、パワートレーンは大きく更新される(写真はベストカー予想CG) 当然ながらラダーフレームを継続採用しており、これまでと同様に高級感と走破性の両立を図っているという。 パワートレーンはV6の3. 5Lガソリンツインターボに加えて、マルチステージハイブリッドのラインナップも予想されている。 世界中のラフロードを走ってきたランクルだけに、この300の開発についても気になるところだ。 世界中のオフロードを確実に走り抜ける必要があるランドクルーザー。 これまで積み上げてきた歴史に傷をつけないためにも開発は続く 販売時期は2020年秋頃を予定しているとのことだが、2019年11月の東京モーターショーでその姿を見ることができるかもしれない。 またトヨタが2018年のデトロイトショーで発表した、LF-1 リミットレスのようなクーペスタイルの4WDへの進化を検討しているという情報もある。 もちろんタフなランドクルーザーの雰囲気とは異なるものの、「陸の王者」にも変革の時が来ているのかもしれない。 Tjクルーザーについても情報がもうすぐ入りそうだ。 こちらも追って情報をお届けしよう!!

次の

ランクル70再販あるか?? マジで出るの?? 2020年にまさかの…?

ランクル 再販

70系は、ランクル40系の後継車として1984年に登場したクロスカントリー4WDです。 生まれながらの働くクルマとして誕生し、世界各国の僻地を中心に活躍していました。 未だに根強いファンが多い70系は再販を望む声も当初よりとても多く、実は何年も前から再販される、という噂は後を絶ちませんでした。 国内での販売は2004年に終了していますが、オーストラリアなどではそのままマイナーチェンジをおこないながら現在も新車として販売され続けています。 70系は、途中で4WDワゴンの波に流されて、70系ワゴン(のちのプラド)といったバリエーションを生みましたが、その本流は今も変わっていません。 日本では、さまざまな事情があってカタログモデル化されず、70系誕生30周年の限定車というイレギュラーな形で再販されました。 しかし海外では依然、カタログモデルとして3ドア車、5ドア車、3ドアロング、ピックアップトラックなど、さまざまなバリエーションが販売されています。 昨今では、海外モデルの70系が並行輸入車として日本にも入ってきており、なかでも78トゥループキャリア(3ドアロング)は人気のモデルです。 ちなみに日本で期間限定販売されたのは、76バンと79ピックアップトラックの2台。 どちらも1ナンバー車で、4リッターV型6気筒ガソリンエンジン(1GR-FE型)を搭載しています。 もちろん、日本ではユーザーからは諸手を挙げた歓迎を受けたのですが、この際に出た声が「なぜディーゼル車はないのか?」というものでした。 海外向けには、4. 4リッターディーゼルターボエンジンが搭載されていますが、日本の排気ガス規制に適合させるには当時は技術やコストの壁があったようです。 その後、同社「ランドクルーザープラド」や「ハイラックス」にクリーンディーゼルが搭載されて好評を博していることから、70系もこれらのエンジンを搭載して、日本で発売されるかもしれないという情報が飛び込んできました。 搭載されるエンジンで有力視されているのは、2. 8リッターディーゼルターボエンジン(1GD-FTV型)です。 最高出力177馬力&最大トルク450Nmというスペックは限定車時代のガソリンユニットと比べると若干見劣りしますが、プラドの車両重量と比較して考えれば、70系バンに搭載したとしてもそれほど貧弱なエンジンとはいえません。 ただしピックアップトラックは、物を積載したときの動力性能を考慮して、先代同様のガソリンエンジンのままで発売されるか、もしくは発売見送りという可能性もあります。 そんな電子電子なディーゼルで再販されても興味が無いです(笑) ナナマルの魅力は壊れない、壊れても何とか帰って来れる。 質の悪い燃料でも走るエンジンコンピューターすら無いメカ制御の1HZエンジン搭載じゃ無ければ価値が無いです。 え?日本にはそんなスペックは必要無い?確かに必要ありません。 でもそんなオーバースペックを所有するのがステイタスで満足度にもなりますし。 乗っていても素直な反応がアリ操る楽しさのある車です。 排出ガスは汚いかもしれませんが何十年、100万キロ保つ事を考えればそれはそれでエコなのかなと思います。 なので中古の20年前の20万キロのバカ高い逆輸入車を買いました。 (笑) なのでトヨタさん、部品供給を早めに打ち切るのは辞めて下さいお願いします。

次の