ぼけ ます から よろしく お願い し ます 現在。 映画「ぼけますから、よろしくお願いします。」上映場所やDVD情報

「ぼけますから、よろしくお願いします。」と言われて。娘が撮った、認知症の母と耳の遠い父の老老介護|KOKOCARA(ココカラ)−生協パルシステムの情報メディア

ぼけ ます から よろしく お願い し ます 現在

話題のドキュメンタリー映画『ぼけますから、よろしくお願いします。 』の信友直子監督がこのほど、都内で取材に応じ、撮影の裏話を語った。 『ぼけますから、よろしくお願いします。 』の信友直子監督 この映画は、信友監督がアルツハイマー型認知症の診断を受けた母を抱えた家族の内側を、娘だからこその視点で丁寧に描いたドキュメンタリー。 90歳を超えた父が80代後半の母の介護を始める日々が描かれ、自身も仕事を辞めて実家に帰るべきかという思いを持ちながらも「撮り続けることがディレクターとしての使命」と感じ、作り上げた作品だ。 最初はフジテレビ系情報番組『Mr. サンデー』 毎週日曜22:00~ で、2016年9月に2週にわたって特集。 その後、継続取材とともに17年10月にBSフジで放送されて反響を呼んだことを受け、映画化が実現した。 11月3日から東京・ポレポレ東中野で上映が開始されると口コミで話題となり、12月15日現在で48館での上映が決まっている。 きっかけは「ADがチクった」 カメラを回し始めたのは2001年だが、きっかけは「ただビデオカメラを買ったから 笑 」 信友監督 ということで、作品にすることは全く意識せずに家族のプライベートを撮影。 14年に母が認知症の診断を受け、その日々を記録しようと考えたが、「父も母もプライドがあるので、両親が亡くなってから形にしようと思って、撮りためていました」という。 しかしある時、家族の記録と同じテープで撮っていた、ある映像のデジタル化を『Mr. サンデー』のADに依頼したところ、「同じビデオの中に映っている老夫婦は誰ですか? 」と聞かれ、事情を説明。 すると、「そのADさんが私になんのことわりもなく、プロデューサーに『信友さんがお母さんが認知症になってそれを撮影してるらしいです』とチクって、番組にしようとなって 笑 」と話が進んでしまった。 そこで、両親に相談しところ、「案外すんなり『お前の仕事だったら別にいいよ。 お父さんもお母さんも年取って恥ずかしいことはないから』って言われて」と了承。 それまで父親は頑なに介護サービスを受けることを嫌がっていたが、情報番組として介護生活の情報を伝える必要があるため、地域のセンターを取材すると、心配した担当者がうまく父親を説得して、サービスを受けることになるという思わぬメリットもあった。 信友監督は「あのとき『Mr. サンデー』をやっていなければ、今頃まだ父と母は引きこもり状態だったと思うので、AD君がチクってくれて、本当に良かったなと思います 笑 」と振り返る。 母・信友文子さん 左 と父・良則さん C 「ぼけますから、よろしくお願いします。 」製作・配給委員会 撮影を止めたいと思ったことはなかった 劇中では、かつては気丈だった母親が「家族に面倒はかけたくない」と弱音を吐くなど、切ないシーンも多く登場するが、それを撮影しているのは、一人娘である信友監督だ。 「ああいう風に言われると、娘としては本当にどうしようもなくて、ものすごいかわいそうで、最初のうちは私も一緒になって泣いてたんですよ。 ディレクターとして人の気持ちを想像する訓練を積んでるから、母の気持ちを想像すると本当に絶望だと思って泣いてたんです」と、つらい心境の中での撮影を回想。 だが、「母も落ち込むときはトコトンへこむんですけど、あんまりへこんじゃうと疲れて寝ちゃうんですよ。 その後起きると、もうニュートラルになって、いつものご機嫌な母に戻ってるんですね。 それに翻弄 ほんろう されてると損だなと思って、いなし方を覚えたというのはあります」と、切り替えられるようになったそうだ。 映画のキャッチコピーは「泣きながら撮った1200日の記録」だが、それでも「ディレクターとしてのスイッチが入っているので、 撮影を 自分から止めたいと思うことは一度もなかったです」と断言。 『ぼけますから、よろしくお願いします。 』というタイトルは、劇中にも登場する母親が実際に発した言葉だが、「母はブラックユーモアとか自虐とかが得意だったんです。 母らしい言葉なので、絶対これだなと思いました」と、命名の理由を明かしてくれた。 父と母と私の共同作品 上映後は大きな反響を呼んでいるが、その中でも「『亡くなった父や母に会えたような気がします』という言葉は、すごくうれしいですね。 ほとんどの方が、作品がどうこうよりも『うちの親が…』から感想を話し始めてくれるんです」とのこと。 「母があそこまでの老醜を晒してくれて、父も自分を晒してくれて、『ちゃんと見ておきなさい。 生きていくということ、年をとっていくというのはこういうことだよ』というのを私に見せてくれて、『それを伝えていくのがお前の仕事なんだから』って言ってくれたんだな、と思うんですね。 上映後 舞台あいさつに出ていくと、みんなすごい泣いていて、熱を感じるんです。 ここまで 家族の内側を 出していいのかと悩んだりもしたけど、それを見ると、父と母と私の共同作品だと思ってるから、出したかいがあったなというのはすごく思いますね」と、噛みしめるように語った。 広島の上映館では、父親が急きょ舞台に立って感謝の気持ちを述べる場面も。 映画は、真剣な眼差しで見ていたそうで、「『どうだった? 』って感想を聞いたんですけど、『いや、わしはあんまり聞こえんしな』とかはぐらかすんですよ 笑。 でも、いろんな人に『良かった』と言われるみたいで、それはすごくうれしいみたいです」と満足の様子。 「良い親孝行ができてよかったなと思います」と、信友監督も笑顔を見せた。 広島・呉ポポロシアターにて 前列左から 大島新プロデューサー、父・良則さん、信友直子監督 認知症も「悪いことばかりではない」 また、介護生活の中でも、「母が認知症だから笑えることも実は結構あって、そういうことを見つけるという新しい楽しみ方もあるなと思ってきてるんです」との考えを披露。 「父が 舞台あいさつで あそこまで活躍したというのもありましたし、自分の女房がピンチになるとここまで身をもって奉仕できる男なのかというのを知って、母は案外当たりくじを引いたんじゃないかって思えたり 笑。 認知症だからと言って不幸なことばかりではないので、サニーサイドを見ていこうという気持ちになるんです」と、前向きになれているそうだ。 母親は9月30日、脳梗塞になり、現在入院中。 その症状で左手が動かなくなり、リハビリをしているものの、「目的意識を持っていないとリハビリは続かないんですよね。 『お母さんは脳梗塞で左手が動かなくなったから、それを治すためにリハビリしようね』と言ったら『あぁ分かった。 頑張ります』って言うんだけど、認知症だからしばらくたつと忘れて『なんで動かんのかね』とか言うんです」と、新たな課題に直面していることを告白した。 だが一方で、「どっちかと言うと 認知は ハッキリしてきたような気がするんです。 私が 病院に 行くと、『あぁ、直子よう帰ってきたね』とか言ってるので、それは栄養状態が良くなったからかな 笑。 やっぱり父が作るものだと、栄養が偏るのから。 こうした状況のため、今後の映像制作については、「 今回の作品で 燃え尽きましたし、これから先、母をどうするかということを考えるのが娘として第一なので、何か他のテーマで作品を作ろうというのはないです」と明言。 それでも、「父と母のことは、今も撮っています」と、記録を続けていることを明かした。 予めご了承ください。 関連記事•

次の

ぼけますから、よろしくお願いします。 « ユジク阿佐ヶ谷

ぼけ ます から よろしく お願い し ます 現在

』(新潮社)。 2019年10月に出版されて以来、7刷1万4000部とじわじわと売れ続けており、今年3月に発表された「広島本大賞」でノンフィクション部門大賞を受賞しました。 もともとは、娘である「私」の視点から、認知症の患者を抱えた家族の内側を丹念に描いたドキュメンタリーで、テレビで放送されたあと、完全版が2018年に映画として公開されました。 「自分の好きなことをしなさい」という両親の言葉に押されて、東京で充実した日々を送るものの、両親が住む地元・広島から離れて暮らすことに良心の呵責(かしゃく)を抱く娘の気持ちも丁寧につづられています。 新型コロナウイルスの感染拡大で、今年のGWは家族や大事な人に会えないという人も多いのではないでしょうか? 著者の信友さんにお話を伺いました。 映画で言えなかったことを言語化できた ——この本は信友さんが監督したドキュメンタリーが元になっているそうですね。 信友直子監督(以下、信友):はい。 映像のほうでは、ナレーションを極力少なくしたんです。 できるだけ素で見せて、見てくれた人が自分の親を思い出したり、自分のこれからを考えたりする間を取りたいと思ったのですが、間を取った分、言いたいことを言っていないというちょっとしたモヤモヤが心の中にありました。 だから、新潮社の方から「本を書きませんか?」とお声掛けいただいたときは「映画に入れられなかったことが書ける」とうれしかったです。 ——ご両親のことを文章にしてみていかがでしたか? 信友:書き始めて初めて分かったんですけど、書くのって一つ一つ積み重ねていく作業なんですよね。 今みたいに取材だったら、「相手からの言葉があって自分がどう答えるか」ですが、本を書くのは一から自分で作っていく作業。 父と母のことを思い出しながら、言語化していくときに「これはこういう言葉じゃないな」「私が感じたのはこうだな」と、自分で言葉を紡いでいかないといけないのですごく論理的に頭を使った作業でしたね。 映画を撮るときはあまり考えないというか、感じながら映像をつないでいく感じなんです。 理屈で考えていないというか……。 なので、文章をつづることで考える作業をしたのはまったく違うアプローチでした。 「映像を撮っているときに何となく切ないと感じていたけれど、あのときの感情はこういうことだったんだな」と書いて初めて気付くことが結構ありました。 離れて暮らしていることへの罪悪感 ——本の中で「地域包括支援センター」に相談に行ったときに所長さんから「そんなに『自分が何かせんといけん』と思い詰めんでくださいね。 今でも娘さんの役割はじゅうぶん果たしておられますから。 遠く離れておられても」と声を掛けられた箇所が印象的でした。 私事ですが、帰省するたびに老けていく両親を見ると「遠くにいてすぐに駆け付けられなくてごめんね」と申し訳ないと感じることがあります。 信友:お父さんもお母さんも元気なら、「帰ったほうがいいのかな?」と良心の呵責(かしゃく)みたいなものがある人は、そういう気持ちを持っているだけで、親には伝わっていると思うんですよね。 それを思っているだけでも親孝行だというか……。 親は本当、思っている以上に娘のことを分かっていると思うんです。 父や母に聞くと、「自分たちが元気な間も、お前がわしらのことを気にしとったことはよう分かっとるよ」って言うんですよ。 だからそれは伝わっていると思うので、それは言いたいですね。 親が元気であれば、子供がやりたいことをやっているのが一番の喜びなんですよね。 父は今、99歳なんですが、私があまりにもちょくちょく帰ると、「お前は自分の仕事せいや」「そんなにしょっちゅう帰ってこんでも、わしは大丈夫じゃけん。 お前は今求められとるうちに、やらんといけんことをやれ」と言っているので。 ——信友さんは新卒で森永製菓に入社されたんですよね? そのあと、テレビ制作会社に転職されたということですが、「そんないい会社に入ったのにもったいない」と止める親も多いと思います。 信友:父は反対しなかったですね。 父は若い頃、言語学を学びたかったけれど親の反対と戦争のせいでやりたいことをできなかった。 「娘にはそういう思いは絶対にさせとうない。 あんたは自分の好きなことをやりなさい」というのが父の一貫した、教育方針でしたね。 早く介護サービスを利用すればよかった ——高齢化社会における老老介護も問題になっています。 信友さんのお父さまも最初はなかなか介護サービスを利用したがらなかったそうで、他人事じゃないなと思いました。 特に上の世代は他人に助けを求めることに対して抵抗がある人は多いのではと思います。 うちの父だけじゃなくて、戦前生まれの世代はそういう人が多いみたいですね。 うちは結局、父の言うことに従って、2年ほど介護サービスを受けないでいましたけど、早く相談すればよかったなと思います。 やっぱり、ケアマネージャーさんはじめホームヘルパーさんなど、プロはすごいんですよ。 ケアマネージャーさんはいろいろなケースを見ているからたくさんの引き出しを持っている。 例えば、父と母はこういう人だから、父にはこういうふうにアプローチをすれば介護サービスを利用してくれる、と分かっている。 もし、家族だけで介護を抱え込んでしまって悩んでいる人がいたら、まずは地域包括支援センターに相談してほしいですね。 とにかく自分だけで抱え込まないでプロに相談してほしいです。 ——お話を聞いていてプロに頼ったほうがいいのは、介護だけじゃないのかなと思いました。 子育てもそうですが、ワンオペで大変な思いをしている人がたくさんいる状況を見ると、もっと周りや他人に頼ったほうがいいのではと思います。 とはいえ、私自身も普段の仕事でも誰かにお願いするのは気が引けてしまうほうなのですが……。 信友:私自身もヘルパーさんにお願いするのは申し訳ないという気持ちはあったんです。 映画には入れなかったのですが、母が粗相をしたときに下着を洗ってくれたり、廊下を拭いてもらったりするのを他人に頼んでしまってもよいのだろうか? それは娘である私がやるべきなのでは? と思っていたのですが、結局自分だけで抱え込んでしまうと、自分で自分を追い詰めてしまうことになるんですよね。 そうなると、その原因をつくってしまった親を責めることにつながっちゃうのかなって。 それに気付いてからは「申し訳ない」という気持ちを「ありがとうございます」と転換しようと思うようになりました。 やっぱり介護っていつまで続くか分からない。 いつまで続くか分からないとなると、本当に消耗していっちゃうんですよね。 なので、いくら続いても自分が心に余裕をもって親や周りを見られるような介護体制を組むのが一番大事だと思いました。 ——なかなか難しいかもしれないですが、余裕をもつことは周りのためにも自分のためにも大事ですね。 信友:こっちがピリピリしていると伝わっちゃうんですよね。 母は自分が認知症になったから、娘と夫に迷惑をかけていると思って自分を責めちゃっている。 だから、私が笑顔でいると安心するんですよね。 ピリピリしていると、「やっぱり私はおらんほうがええんじゃ」ってなるんですよ。 反対に「お母さんがおっても、私はこんなにニコニコして暮らせるんよ」ってニコニコしてると、「私はここにおってもええんじゃね」と思うみたいなので。 ——介護サービスを利用してお父さまの変化はありましたか? 信友:社会と再びつながるようになってから、父も自分だけで抱え込まなくていいんだって思ったみたいですごく穏やかになりましたね。 それまでは、「わしが何とかせんといけん」と張り詰めていたけれど、穏やかな顔になりましたね。 「ぼけますから、よろしくお願いします」と言える社会に ——国や世の中の動きを見ていると、子育ても介護も社会でサポートする気がないのかなと思うことがあります。 その点についてはいかがでしょうか? 信友:私のドキュメンタリーの作り方として、国や体制に直接的にモノを申すというやり方をしてこなかったんですね。 それよりも、今回は父と母がメインですが、彼らの生き方や生活をそのまま見ていただくことで2人のことを知ってもらって、それぞれが考えたり、感じたりしていただくほうが自分のやり方としてもしっくりくる気がします。 今回の映画で父は地元で有名になったみたいで、近所を歩いていると声を掛けてくれる人もいるそうなんです。 そういう気持ちで社会全体がお互いさまって思えるようになればいいですよね。 それこそ『ぼけますから、よろしくお願いします。 』というタイトルもいろんな意味があるんです。 もともとは2017年のお正月に87歳の母が言った言葉なんですが、「ぼけますから、よろしくお願いしますね」と社会に向けて言えるようになればいいなと思っています。 タイトルをつけたときはそこまで考えていなかったですが、今はそんなふうに思っています。

次の

大好評「ぼけますから、よろしくお願いします。」信友直子監督が語る

ぼけ ます から よろしく お願い し ます 現在

つながる映画 ~やさしい上映会 裾野で上質な映画を見よう~ ~~~上映会情報~~~ 認知症…誰もが漠然とした不安の延長線上に生きている、この病、この症状。 変わっていくかもしれないし、忘れていくかもしれないけれど…母であり、父であり、あなたであり、私であることは「なくならない」。 老いと症状は進んで、できないことも増えていくけれど、それは決して「不幸な人生」とイコールではない。 時に戸惑いながらも、一人娘の目「カメラ」を通して投げかけられるものは、病を得てなお、老いを得てなお、母という存在への、父という存在への、一生懸命生きてきて、この瞬間も一生懸命生きている、人という存在への愛おしさなのかもしれません。 大反響を呼んだテレビ特集の完全版として、多くの報道でも取り上げられ話題を集めたドキュメンタリー映画です。 県東部での上映は期間が短かったため、観るチャンスを逸した方も多いのではないでしょうか。 今回、この作品を皆さんと共有できることに、つながる映画スタッフ一同、とても喜びを感じています。 FMラジオとイヤホン持参でもご利用可能。 *お子様が飽きてしまった場合などに備え、時間差上映ルームの準備あり(字幕のみ対応)。 【チケット情報】 前売りのみ(当日券なしですので、ご注意ください) 大人:1,000円 子ども(~中学生):500円(膝上鑑賞は無料) 【チケットの入手方法】 以下4通りの入手方法がございます。 *ネットチケット… 販売時間:24時間(現在販売中) *販売店…East-One三島店様(〒411-0044 三島市徳倉4丁目1024-1) 販売時間:9:00~17:00(月曜~土曜:10月から販売開始) *販売店…時計・メガネ・宝石のニノミヤ様(〒410-1118 裾野市佐野807-1) 販売時間:9:30~18:00(水曜定休:10月から販売開始) *つながる映画スタッフ…個人的にお知り合いの方は、各スタッフにご連絡いただければ対応致します。 (現在販売中) 【問い合わせ】 つながる映画 メール:tunagaru. movie. susono gmail. com fax:055-960-6005(マチテラス製作所様方 つながる映画宛) 【お願い】 ・駐車場が混み合う場合もございます。 時間に余裕を持ってご来場ください。 ・車椅子スペース、音声ガイド用の貸出しラジオには限りがございます。 事前にご連絡いただければ、できる限り対応させていただきます。 ・当上映会は小さなお子様も入場されます。 またお子様やハンディキャップのある方のために、上映中も照明は完全には暗くはなりません。 ご了承ください。

次の