番長 3 緑 ベル 期待 値。 番長3:押忍!番長3【スロット新台】解析・スペック・打ち方・設定判別・導入日・ゲーム性・天井まとめ

番長3|天井期待値 ゾーン 狙い目 やめどき 朝一リセット

番長 3 緑 ベル 期待 値

振り分けは全設定共通。 ほぼ均等な振り分けとなっています。 確定勝利当選率は、 また別記事で紹介しますね。 通常時・当選契機別の対決種目振り分け 対決種目の振り分けは、 当選契機ごとに変わり、 大別すると以下の4つとなります。 ゾーン内の規定ベル回数 スイカを除くレア役• ゾーン外の規定ベル回数• 対決中の特訓移行• 弱スイカ 契機毎の振り分けは以下の通り。 キャラ 種目名 ゾーン中の規定ベル 弱弁当以外のレア役 ゾーン外の 規定ベル 対決中の特訓移行 弱弁当 特訓経由 特訓非経由 ノリオ ベトミントン 30. ゾーン外の規定ベルでの当選は振り分け優遇• 弱弁当で当選すれば強対決確定• 特訓を挟めば振り分けが優遇 おおまかな特徴としては、こんな感じですね。 ただし、 対決敗北後に前兆を挟まず BET即特訓移行時は、上記表の振り分けを行わず、 対決昇格抽選のみを行います。 対決に当選したベル規定回数がゾーンか否かで、振り分けが変化します。 ゾーンとなるベル回数は以下の通りです。 特訓非経由の対決中に、 ベル・レア小役が成立し、 かつ逆転抽選に当選しなかった場合、 50%で特訓移行抽選を行っています。 昇格抽選は全設定共通。 対決発展画面のほうが期待度は高くなっています。 ちなみに、対決前兆中に、 対決に当選した場合は、 前兆は対決敗北後にはじまり、 昇格抽選も前兆開始からはじまりますよ。 演出による対決種目示唆 対決前兆中・特訓中に、 対決の種目や内部勝利を示唆する演出が存在。 ベル入賞+対決カウンター巨大化• 商店街の漢屋+レア役否定+対決発展• 商店街のボーリング場・ゲームセンター・漢屋以外からの対決発展 また、夜ステージ移行は、 中対決以上の期待大となっています。

次の

押忍!番長3

番長 3 緑 ベル 期待 値

ベル7回目までに対決発展確定となるのは対決連チャンですが、その他のモードでも7回目までの対決発展期待度は高めになっているようです。 モード不問という条件で一律ベル7回までフォローした場合の期待値はほとんどないかもしれませんが、特にこれといったモード示唆演出もないため、慎重に立ち回りたいのであれば、ベル7回成立までの前兆を確認してからやめるのが無難ですね。 また、通常Aと通常Bの対決発展期待度が高い、 「45~47回」も狙い目になってくると思います。 特定ベル回数をゾーン狙い感覚で狙う際の注意点ですが、 打ち始めをシビアに設定することと、ダラダラと未練打ちしないことですね。 個人的には打ち始めは各ゾーンの2回手前あたりがギリギリなのではないかと思っていますが、やめどきをしっかりと見極められるかどうかでも打ち始め条件は変わってきます。 また、 番長3は過去シリーズよりも前兆が分かりにくいので、前兆演出に慣れていない段階では、特定ベル回数狙いは立ち回りから除外してしまった方がいいと思います。 緑&紫色変化はベル天井を示唆 パチスロ「押忍!番長3」の対決カウンターは、基本的に背景が黄色となっていますが、緑や紫といった色に変化することもあり。 導入当初から何を示唆しているのか話題になっていましたが、実戦情報を聞く限りでは、ベル回数天井を示唆しているようです。 偶数設定かつ高設定ほど通常B以上への移行率が優遇されているため、 通常A外のベル回数での対決発展が目立つようであれば、偶数設定&高設定期待度がアップ。 それと、チャンスモード滞在時はほぼ32回までに対決に発展するため、32回を何度も超えてしまうようであれば必然的に設定6期待度は下がります。 ゾーン狙い目に関しては期待度の高い30~32回をピンポイントで狙いつつ、38回以上ハマっている台はベル対決発展まで打ち切りということで。 また、チャンスモード濃厚となるカウンター緑の場合はボーダーを優遇して、13回からベル対決発展まで打ち切りというスタンスで立ち回ってみます。 <解析まとめ・記事一覧>.

次の

押忍!番長3 ベル回数とベルカウンター・緑色はアツい?

番長 3 緑 ベル 期待 値

番長3 カウンターが緑なら・・・ ART中はベルカウンターの色が変化する可能性があります。 気になるのは緑ですが中には紫に変化する場合もありますよ。 ベルカウンター緑 C DAITO GIKEN,INC. ベルカウンターの色が緑になった場合は 規定ベル回数32回以内が確定します! このベルカウンターはART終了後も引き継ぐので、緑のままARTが終わってもこの緑のカウンターを引き継ぎます。 実戦上ですが緑で32回以内確定とは言っても、実際7回以内や17回以内で対決発展することが結構ありますね。 またART終了後のカウンターが緑のまま、ベル回数7回で捨てられている台もよく見かけます。 ベルカウンター紫 C DAITO GIKEN,INC. 豪遊郭ステージに移行した時にベルカウンターの色が紫になります。 紫だった場合は 規定ベル回数7回以内が確定します! 豪遊郭ステージでART終了ってケースは見たこと無いのですが、こちらはART終了後であればベル回数7回までに対決発展が確定します。 実際に打ってみると分かると思いますが緑色に変化しても7回以内や17回以内といった早いベル回数が選択されていることも多いのでチャンスだと言えそうです! 番長3 ベルモード移行率 ここからは各モードの移行率を見ていきましょう! 7回以内が確定するのは対決連チャンモードでそれ以外のモードでは最大規定ベル回数が64回となっています。 ということは・・・ 緑色の32回以内確定って結構大きいように思えてきますね。 設定変更時のベルモード移行振り分け まずは設定変更時のモード移行率ですが 全設定共通となっています! モード 振り分け 通常Aへ 25. 0% 通常Bへ 25. 0% チャンスへ 25. 0% 対決連へ 25. (残りの50%は設定変更してもモード及びベル回数を引き継ぎます) なおそれ以外のモード移行には設定差があるので下記を参考にしてください。 通常A・チャンス滞在時のベルモード移行振り分け 設定 通常A 通常B チャンス 対決 連チャン 設定1 49. ART終了後のやめどきを考える上では低設定というのが大前提となるので高設定挙動では無かったかを確認しておきたいところですね。 番長3ベルモード移行率【ART中解析】 一方、ART中のモード移行率はは全設定共通となっています。 通常A・チャンス滞在時のベルモード移行振り分け 移行先 振り分け 通常A 47. 番長3 規定ベル回数振り分け それでは各モードでの規定ベル回数の振り分けを見てみましょう。 規定ベル回数には設定差が無く、滞在モードによって平均回数が変わっているというのが特徴的ですね! ベル回数 通常A 通常B チャンス 1・2回 0. ・59回 3. またチャンスモードなら24回以内が選択されやすくなっていますね。 ベルカウンターが緑色になっていた場合は滞在モードの推測は難しいのですが32回以内が確定しているのでモード不問で狙い目となってきます。 番長3 ベルカウンターが緑の時のやめどきを考察 ベル回数0~7回、10回~17回、22回~32回であればゾーン終了まで回す(対決に敗北した場合は特訓煽りが無いかを10G程度回し、特訓にいかなければヤメ) 32回まで回すべきと考える方も多いですが個人的には狙いません! ゾーンが近い場合のみ狙っていくというのがオススメです。 個人的には予兆確認中にベル回数が2回以下なら即ヤメした方が良いかなと思います。 7回をやめどきとして推奨している方も多いんですが対決連チャンのループは33. 2%となっているので深追いするのはあまり意味が無いかなと思ってます。 またART引き戻しについても低設定では非常に確率が低く、期待できないのでなるべく早く撤退できるような、やめどきの方が収支が安定しやすくなると思います。 ベルカウンターが緑だからといって32回まで回すと今度は次回7回ベルまで回すという感じになってズルズルと飲まれるケースが非常に多いです。 性格上『緑だから32回で対決するんだからもったいない!』と思う方は32回まで回していっても良いですが、個人的にはキッパリとしたやめどきにすることが番長3では重要だと考えています。 番長3の天井期待値についてはこちらをご覧ください。 確かに5. 5号機以降勝ちにくくなったのは事実です。 メルマガ解除もカンタンに可能なので勝てていない人はまずは登録しちゃいましょう!•

次の