ベピオゲル かぶれ。 ※閲覧注意※ベピオゲルの副作用思春期ニキビもほとんどできたことがなく、たま...

過酸化ベンゾイル:ベピオゲル

ベピオゲル かぶれ

ニキビがあるとそれだけでストレスになってしまいますよね。 そんな人に最近注目されているのがベピオゲルです。 しかし、そのベピオゲルによってニキビが増えることがあるというのです。 どういうことでしょう?原因と対策を見てみましょう。 ベピオゲルとは? ベピオゲルは、2015年4月に認可されて保険適応になった、ニキビの新薬です。 病院で処方される白色のゲル状のクリームの外用薬です。 主成分は「過酸化ベンゾイル」という成分。 抗菌作用とピーリング効果でニキビを治していきます。 ベピオゲルでニキビが増える?実際の口コミ ベピオゲルには、 「ニキビが減ってきた」という良い口コミもありますが、 「ニキビが増えた」という口コミが見られます。 以下は実際の口コミです! 使い始めはニキビが増えて驚いた。 肌が乾燥してくるし、ニキビも増えてしまった! ベピオゲルでニキビが増えるのは副作用が原因?! ベピオゲルそのものは、ニキビを増やしてしまうような成分ではありません。 考えられるものとしては、副作用にあります。 ベピオゲルには、約4割の人に次のような、何らかの副作用が現れることが分かっています。 皮が剥がれる 症状は人によって異なりますが、その乾燥が原因でニキビが増えてしまうというのです。 肌が乾燥することで、皮脂が過剰に分泌されたり、肌のターンオーバーが乱れてしまったりすることで、ニキビが増えてしまうのです。 ベピオゲルの副作用1.「腫れ」 ベピオゲルはニキビ治療に効果的な薬である一方、副作用の多い薬品としても知られています。 使用者全体の4割の人が何らかの副作用を発症しているようです。 しかし、誤解しやすい症状の一つが「腫れ」です。 ベオピルゲルの副作用として公表されているものは、「鱗屑(りんせつ)」「落屑」「刺激感」「紅斑」「乾燥」の5つなのです。 そのため、ベオピルゲルを使用して顔が腫れ上がってしまった場合、それは副作用とは違う症状と考えた方が良いでしょう。 その原因は、ベオピルゲルの主成分である過酸化ベンゾイルに対するアレルギー症状です。 過酸化ベンゾイルが肌に触れるとこにより接触性皮膚炎を発症し、顔全体が腫れたり、目の周囲が腫れたりといった症状が出てくるのです。 また、顔全体が腫れてしまうという人の中には、使用方法を間違えている場合があります。 まずは使用量です。 説明書きには「人差し指の先から第一関節までの長さ」の量を取り顔全体に塗ると記載されています。 また、刺激性の強い薬であるため、皮膚の薄い目や口の周りは避けるように注意書きされています。 それらの塗り方を改善することで、腫れの症状を緩和できる可能性があります。 ベピオゲルの副作用2.「かぶれ」 ベオピルゲルの主成分、過酸化ベンゾイルには角質を剥がれやすくする角質剥離作用と強い抗菌作用があります。 角質剥離作用により、古い角栓のバリア機能がゆるむことで、成分が毛穴の奥まで入りやすくなり、高い殺菌作用でニキビを予防することができます。 しかし特に肌の弱い人、敏感肌の方はその作用が強く効き過ぎてしまい、逆に肌を痛めてしまいます。 ですが、化粧水などでしっかりと肌を保湿してからベピオゲルを使用するとこで直接的な肌への負担を避け、この副作用を予防できることがあります。 ベピオゲルの副作用3.「かゆみ」 かゆみはベピオゲルの使用者の中でもほとんどの人に見られる症状の一つです。 その原因はかぶれ時と同様、過酸化ベンゾイルの角質剥離作用によるものです。 これらの症状は少しずつ慣れていくことで症状が緩和していきますが、長い場合使用しはじめてから1ヶ月程度は続きます。 しかし、刺激感やかゆみは重要な副作用としては認められておらず、むしろ、ベピオゲルの効果が出ている証拠だという意見もあります。 症状が強い場合には使用を中止し、それでもかゆみが引かない場合には一度皮膚科を受診することをお勧めします。 また、かぶれの時と同様にベピオゲル使用前に化粧水などで肌をしっかり保湿することを心がけることで症状を緩和することが期待できます。 ベピオゲルでニキビを増やさない対策 ニキビを治すために使っているベピオゲルなので、ニキビが増えることになっては大変です。 乾燥させないように、次のような対策をとりましょう。 化粧水でしっかりと保湿を行う• 肌刺激の少ない、化粧水を使う• 日焼け止めや帽子などで紫外線対策をする エイジング化粧品のように、保湿力が高く美容成分が多く配合されているものは、返って肌に負担を与えてしまうことになります。 炎症を抑え、保湿をしてくれる、さらっとして浸透が良いものなどを選ぶことがおすすめです。 そして、紫外線でのダメージも受けやすくなってしまうので、日焼け止めクリームも使用するようにしましょう。 ニキビを増やさないベピオゲルの使い方• 夜に洗顔をし、肌を清潔な状態にします。 化粧水や乳液を付けた後に、ベピオゲルをニキビの部分にのみ適量塗布します。 保湿をすすめられますが、化粧水や乳液をいつ使うのかは説明されないこともあるようです。 ベピオゲルを塗る前に、保湿を行うことで刺激を抑え、乾燥や赤みなどの副作用を抑えることができます。 そうなることで、ニキビが増えるということもなくなります。 1日1回を2週間くらい継続すると、ニキビが減るというような効果が見られてきます。 1ヶ月使っても、効果が実感できない場合は、医師に相談してみても良いでしょう。 ベピオゲルの成分について ベピオゲルがニキビに逆効果となってしまわないようにするタメには、成分についてきちんと理解しておくことも大切です。 ここからは、ベピオゲルの成分についてお話していきます! ベピオゲルの成分「過酸化ベンゾイル」って? ベピオゲルは病院で処方されるニキビ治療薬で、その主な成分は過酸化ベンゾイルです。 過酸化ベンゾイルとは、塩化ベンゾイルと過酸化ナトリウムから合成される有機過酸化物。 つまり酸化剤です。 この過酸化ベンゾイルは、欧米では以前からニキビの治療薬として使用されていましたが、日本では2015年からと、割と最近になって使用が認められた薬品なのです。 この主な作用は、強い殺菌作用と角質剥離作用です。 過酸化ベンゾイルが分解されるとフリーラジカルが発生します。 フリーラジカルとは、原子が一個しかない原子、分子の総称です。 フリーラジカルは対の原子がないため、非常に不安定なのです。 そこで、アクネ菌から原子を奪おうとします。 原子を奪う=酸化させる=酸素を与えるということになります。 アクネ菌は、嫌気性菌のため、酸素を嫌います。 酸素があると増殖できなくなります。 つまり、フリーラジカルになった過酸化ベンゾイルによって、アクネ菌の増殖を抑えることができるというわけです。 結果としてアクネ菌が死滅することで肌の炎症が治まり、ニキビが治り、毛穴のつまりにくくニキビができにくい肌を作るのです。 また、角質剥離作用の機序を説明します。 肌には、角質細胞同士を結合させる接着剤のような役割を果たすコルネオデスモソームという物質があります。 過酸化ベンゾイルには、このコルネオデスモソームに働きかけ、角質細胞の結合を弛める作用があります。 そのため、古い角質が除去されて毛穴が詰まりにくくなります。 過酸化ベンゾイルの注意点 ベピオゲルの主成分、過酸化ベンゾイルには使用上注意すべき点があります。 一つ目は、日光への暴露です。 ベピオゲルを反復して使用すると、紫外線に対する皮膚のバリア効果が低下したり、ベピオゲル自体の皮膚刺激性が高まったりする可能性があるため、ベピオゲルを塗った場所は直射日光に長時間当たらないようにしましょう。 二つ目は、高温を避けることです。 ベピオゲルにステロイドは含まれているか? ニキビ治療薬といえばステロイドを含んでいるものが多く、それを懸念される方も少なくないと思います。 しかし、ベピオゲルの主成分は過酸化ベンゾイルであり、ステロイドは含まれていません。 そもそもステロイドは、炎症を抑えるというものなので、赤ニキビの炎症を抑えることはできても根本的にニキビを治す効果はないのです。 一方、過酸化ベンゾイルは上に述べたようにニキビの元に働きかけるため、根本治療をすることができます。 ベピオゲルまとめ べピオゲルはあらゆるニキビに効果があるとされている、まだ新しい外用薬です。 抗菌、ピーリング効果から、ニキビ治療に効果を発揮してくれます。 ニキビが増えたという逆効果が現れてしまうのは、副作用である「乾燥」が原因です。 化粧水や乳液で保湿をしっかりと行い、正しく使用しているとニキビも増えず、ベピオゲル本来の効果を実感できますよ。

次の

院長ブログ|はっとり皮膚科医院

ベピオゲル かぶれ

ニキビの治療を考える前に、まずおさらいをしてください。 ニキビには、3つの段階があります。 これをしっかり憶えておいてください。 ニキビの比率 ニキビの比率を図示すると、概ね下の図のような感じになります。 ほとんどのニキビは、白いニキビ、赤いニキビ、膿んだニキビが 混在しています。 ただ、 思春期の初期だけは 白いニキビのみがおでこに認められる時期があります。 俗に、「ニキビのはしり」と呼ばれる時期です。 ですが、この時期に治療を希望される方はほとんどおられませんので、現実的には、 白いニキビと赤いニキビの両方が認められるようになってから治療が始まります。 逆に、白いニキビがなく赤いニキビと膿んだニキビだけが認められる部位があります。 例えば、胸や背中です。 体幹の毛穴には脂腺が少ないので、必然的に皮脂の分泌はそれほど増加しません。 したがって、白いニキビはほとんどできずに、赤いニキビ、膿んだニキビが多発します。。 それから、成人のニキビも白いニキビよりも赤いニキビや膿んだニキビの方が目立ちます。 最初のニキビ治療としては、 白いニキビ、赤いニキビ、膿んだニキビが 混在した状態から始まると思われて間違いないと思います。 治療の選択肢は大きく分けて2つです ニキビの治療は、ざっくり言うと2つです。 次の項で述べますが、 「白いニキビ」の治療には、大なり小なりの副作用を伴うからです。 それが嫌な方は、どうしても「白いニキビ」の治療が難しくなります。 では、その各々について説明します。 「赤いニキビ」「膿んだニキビ」の治療だけ行う これは治療としては単純です。 なぜなら、赤いニキビや膿んだニキビの治療は目新しいことではないからです。 20年も30年も前より、赤いニキビには抗生剤の内服や外用が処方されてきました。 そして、現在もやはり 抗生剤の内服と外用が赤いニキビの治療の主役です。 ですので、 「赤いニキビ」「膿んだニキビ」の治療だけ行うということは、ニキビの炎症のものとになっている、 ニキビ菌を退治することです。 外用剤としては、次の3つが有名です。 この中では一番新しい外用剤で、1日1回の外用で効果がある点が 上の2剤と異なります。 これらの外用剤はいずれも抗菌薬ですので、 白いニキビには効きません。 外用法は、ニキビの部分だけに ピンポイントで外用すれば大丈夫です。 かぶれない限り、副作用はありません。 中等度以上のニキビでは、抗生剤の内服も併用してもらいます。 ミノマイシン、ルリッド、クラリスの3つのいずれかを内服することが多いです。 また、効果によっては漢方薬も併用します。 ここは、を参照してください。 「白いニキビ」の治療も一緒に行う ここ7年くらいでニキビの治療はめざましく進歩しました。 何が変わったかというと、 「白いニキビ」の治療ができるようになったことです。 従来は、 「しっかり顔を洗う」とか、クレアラシルのように 「イオウの入った外用剤をつける」などの治療しかありませんでした。 これらの治療は、皮ふの脂を取り除く効果はありますが、毛穴につまった脂までは取り除けません。 つまり、これらの治療で「白いニキビ」を治療するには限界がありました。 (しないよりはましだとは思います。 ) その後、 ケミカルピーリングが治療に加わりました。 これは、弱い酸を皮ふに塗ることで角質を溶かして毛穴からの脂の排出を促すというものです。 加えて、くすみや小じわにも効果があり、美容と併せてニキビの治療に一役かいました。 しかし、効果を持続させるにはケミカルピーリングを継続しなければならず、保険が効かず治療費が高いため、中高生などの思春期のニキビ治療に用いることはなかなか困難でした。 そして、 革命的な治療が始まったのが、 2008年にディフェリンゲル0. ディフェリンゲル0. 毛穴に脂の抜け道を作ることで、毛穴につまった 脂を外に出すことができます。 ディフェリンゲル0. このホームページを作製した2013年の時点では、「白いニキビ」に効果がある外用剤はこのディフェリンゲルのみでした。 しかし、その後に「白いニキビ」に効果がある外用剤が相次いで発売になりました。 現在では、ディフェリンゲル0. ベピオゲル デュアックゲル エピデュオゲル これらの4剤です。 「4剤もあるのか!」と思われるかもしれませんが、 実は2剤しかありません。 ディフェリンゲル0. エピデュオゲルは、ディフェリンゲル0. つまり、成分と効能で考えると、 ディフェリンゲル0. 図にして示すと、 ですので、ディフェリンゲル0. 表にまとめると、 製剤名 白いニキビへの効果 赤いニキビへの効果 使用部位 妊婦 授乳中 ディフェリンゲル ある(強) ない 顔面のみ 使用できない ベピオゲル ある(中) ある 制限なし 使用できる 大きな違いは、 ディフェリンゲル0. 対して、 ベピオゲルは、白いニキビ、赤いニキビの両方に効果があります。 ただし、 白いニキビに関して言えば、ディフェリンゲル0. ならば、 両方を外用すればよいのではないかという考えでできた薬がエピデュオゲルです。 エピデュオゲルにはディフェリンゲルとベピオゲル両方の成分が含まれます。 では、 最初からエピデュオゲルを塗ればそれでよいではないかと言うことになりますが、そう単純ではないのが次の問題です。 製剤名 刺激性の副作用 アレルギー性のかぶれ ディフェリンゲル ある(ほぼ必発) ない ベピオゲル ある(ほぼ必発) ある(ときどき) ディフェリンゲル0. これはほぼ必発と思われてよいです。 写真はディフェリンゲル0. 個人差がありますが、写真のようなガサガサで赤くなるといった副作用が認められます。 この 刺激性の副作用は通常2-3週間で改善してきます。 しかし、 ベピオゲルで生じるアレルギー性のかぶれは外用を中止しない限り改善しません。 このため、最初からディフェリンゲル0. 4つある外用剤のうち、 ディフェリンゲル0. 実際の治療の流れ 白いニキビだけの治療を希望される方は少ないと思いますが、 一番有効なのはディフェリンゲルです。 ただ、外用による刺激性の副作用がありますので、それが嫌な方はしっかり洗顔するか、イオウ・カンフルローションのようなイオウ製剤を外用するとよいでしょう。 白いニキビと赤いニキビ混在する最も一般的なニキビの治療です。 まずは ディフェリンゲルと抗生剤の外用で加療します。 膿疱の程度によって、抗生剤内服と漢方薬も検討します。 それで 効果が不十分なら、抗生剤の外用から ベピオゲルあるいはデュアックゲルに変更します。 ディフェリンゲルは 最低3ヶ月は継続しなければ効果が発揮できません。 ディフェリンゲル+ベピオゲルあるいはデュアックゲルで調子がよければ、 エピデュオゲルに変更することもできます。 赤いニキビのみという状態はやや特殊なニキビです。 胸、背中など顔面以外のニキビは赤いニキビのみのことが多いです。 また、あごや首に生じる 成人のニキビでも、白いニキビは目立たず赤いニキビが主体になります。 赤いニキビのみの時は、刺激性の副作用、かぶれともに嫌な方は 抗生剤の外用と内服で加療します。 ただし、効果は劣ります。 副作用が大丈夫な方は、 ベピオゲルあるいはデュアックゲルで加療します。 抗生剤の内服や漢方薬を併用するとなお効果的です。 これらの治療を行っても改善しないときには、女性であれば ホルモン療法を検討できますが、これは保険外の治療になります。 ホルモン療法についてはを参照してください。 男性であれば、 レーザーによる脱毛を選択することがあります。 これは、を参照してください。 以上、長い説明になりましたが、院長の経験的なニキビ治療のあらましでした。 当院を受診される前には、是非ともご一読をお願いします。

次の

かぶれ(接触性皮膚炎)に効く市販薬:目の周りや頭皮に使える薬はある?

ベピオゲル かぶれ

やめなきゃと思ってたベピオゲルを、1年以上経っても使用し続けている理由 ベピオゲルを継続して処方して頂いている理由は至ってシンプルです。 使用回数を減らしながら少しずつやめていこうと思っていたベピオゲルですが、使用回数を減らした(3日に1回にした)所少し白にきびが再発したのです。。。 (白目) 急いで美容にも力を入れている皮膚科にかけこみました。 (以前ベピオゲルを処方して頂いた皮膚科は、ニキビができたときだけちょんと塗ってね、的な所だったので…) そこで、ベピオゲルの使用回数を減らした所、白ニキビが出来た話をしてみたら、「ベピオ使えたんだ?じゃあそのまま使ってていいよ。 」と医師に言われました。 「ベピオゲルの使用回数減らしたら白にきびができたってことは、やめるとニキビ再発するってことですかね?」というと、医師は、「そうだね」との回答。 「ベピオゲルでニキビが治ったってことは、ベピオゲルやめたらニキビができるのは当然だよ〜(笑)」となぜか半笑いでアドバイスいただく(笑)。 「では、ベピオゲルっていつまで使ってて良いんですかね?もうすでに一年くらい使ってるので、徐々に使用回数を減らしてみたんですけど…」と言うと、 「ずっと使ってていいよ」と言われました。 「え?!ずっとっていつまでですか?(油が)枯れるまでですか??」と聞くと、油ではなく私が枯れるまでかと思った医師は、「いや、べつに枯れはしないけど…」と謎のフォローを入れつつ(白目)、「ニキビができない年齢になるまでずっと使ってていいよ」とのことでした。 えーーーそうなの?ピーリング的な作用で皮膚うすくなんないのかしら?てゆうかニキビが出来ない年齢って何歳?と大混乱。 この辺は医師に寄って考え方が違いそうなので、セカンドオピニオンが必要そうですが、ベピオゲルの使用回数を減らした所肌の調子が傾いたのは事実。 今回は早めに気がついてベピオゲルの使用回数をもとに戻したため、白ニキビは赤ニキビ化せずに事なきを得ましたが、これは確実にベピオゲルやめたらニキビが再発しそう。 ベピオゲルを完全にやめるには、まずは体質改善が不可欠、そこが完了してからじゃないとまた顎ニキビと再開してしまうのでしょう。 というわけで、平行して体質改善をしつつ、現状ベピオゲルは継続することにしたのです。 ベピオゲルの副作用と対策、使用時の注意点 私が使用してみて感じた副作用や副作用への対策、注意点です。 赤みや皮むけが起きる場合がある ベピオゲルの副作用として、赤みや皮むけが使いはじめに起きる事が考えられます。 私も初めて使った際にはしばらく皮むけや赤みが現れた時期もありました。 が、使い続けるうちに赤みも皮むけもおさまってきたんですよね。 だんだんと肌がなれてくる事が多いそうですが、基本的には皮膚科にて処方してもらうお薬なので、都度皮膚科で相談しながら使えば大事にはならないと思います。 副作用対策に、いきなり顔全体にベピオゲルを塗るのは控えよう また、ベピオゲルをいきなり全願に使うのは、個人的にはおすすめしません。 おでこだけ、とか、あごだけ、とか、とりあえずニキビが一番気になる部位に塗って、しばらく様子を見るのが良いかと思います。 このへんも、皮膚科にて相談すると良いですね。 ベピオゲルを塗る量にも気をつけよう また、量を多く塗りすぎるのもあまりおすすめしません。 皮膚がベピオゲルに慣れてからなら問題ないと思いますが、最初は少量から使うと良いと思います。 また、管理人のベピオゲル使いはじめの記録はにまとめてあります。 副作用の経過などもまとめてあるので、良ければ参考にしてくださいね^^。 ベピオゲル長期使用に伴う心配事 長期的な心配事としてはベピオゲルを長期使用した場合に、ピーリング効果で皮膚が薄くならないか?という事なんですよね。 このへんは次回皮膚科を受診した際に、再度確認してみたいと思います。 確認したら追記しますね。 追記:皮膚科受診したので確認しました。 皮膚が薄くなる事はないよーとの医師のお言葉を頂きました。 むしろずっと続けないとまたニキビ再発するからずっと使ってね、とのことでした。 時間もなくて深くは突っ込めなかったのですが、ネット上でよく言われている『皮膚が薄くなる』という概念自体に疑問がありそうなかんじでした。 皮膚科に関してのみならず、病気に関する考え方は医師によりけりでしょうし、何とも言い兼ねますが、私のかかりつけの皮膚科医は皮膚は薄くならない!と言ってました。 「皮膚」が何を表しているかにもよるのかな…よくわかりませんが。 とにかくベピオゲルはずっと使い続けてよしとの事です! というわけでちょっとゴワゴワが気になるおでこにも、ベピオゲル使いはじめました。 体質改善がんばろうっと。

次の