外壁塗装 控除。 外壁塗装で増改築等工事証明書の取得方法、注意点

外壁塗装の確定申告ってどうやるの?方法とポイントを解説!

外壁塗装 控除

外壁塗装すると住宅ローン減税が受けられる? 外壁塗装をすると、それなりの費用を捻出する必要があります。 この費用ですが、 確定申告することで税金の還付を受けられる可能性があります。 もし外壁塗装工事をするのであれば、領収書など関連する資料は捨てずにそのまま保管しておきましょう。 外壁塗装をすると、 住宅借入金等特別控除と呼ばれる住宅ローン減税の一種が適用される可能性があります。 住宅ローン控除といわれると、マイホームを購入するときは住宅建築する際に適用されるものと思っている人も多いかもしれません。 しかし外壁塗装のようなリフォームを行った場合でも、住宅ローン控除は受けられます。 もし外壁塗装をして住宅借入金等特別控除が適用されたら、 400万円を限度額として減税対象になります。 サラリーマンで源泉徴収されている場合、還付金として税金が一部戻ってきます。 住宅借入金等特別控除の適用を受ける条件 住宅借入金等特別控除によって還付を受けるためには、一定の条件をクリアする必要があります。 まず居住用の物件であることです。 中には居住用と 事業用の両方を兼ねた住宅を所有している人もいるでしょう。 この場合、 床面積が50平方メートル以上あって、その過半数が居住用として使用されていれば対象になります。 この床面積は少し注意する必要があります。 販売資料や売買契約書に記載されている床面積ではなく、登記簿に記載されている床面積のほうが適用されます。 両者は若干異なる傾向があり、登記簿に記載されている床面積のほうが少なくなりがちなので、 確定申告する前に登記簿の確認をしておいたほうがいいでしょう。 住宅借入金等特別控除は住宅ローン減税の一種なので、住宅ローンを組んでいることも条件です。 住宅ローンは、10年以上の返済期間を設定しているものであることが条件となります。 そのほかにも金融機関以外からの借り入れは適用外になります。 親族からの 借り入れや職場の従業員向けのローンは適用外になりますので、注意しましょう。 もう一つポイントになるのが「大規模な模様替えの工事」であることです。 抽象的な表現ですが、建築物の主要構造部の一種以上を改修工事前の建物と比較して、価値の低下を防ぐことを目的としている工事という意味です。 外壁や屋根の塗装をした場合には対象になります。 ただし 外壁塗装の費用が100万円を超えていなければなりません。 建物を取得した時期も判断材料になります。 平成28年末の時点で、平成26年4月1日から平成31年6月30日までに取得した物件となっています。 しかしこの時期は見直される可能性があります。 最新の情報をチェックしておきましょう。 これらの条件を満たしていても、耐震性能が搭載されていない物件は対象外となります。 木造は築20年・鉄筋コンクリート造は25年を超えていると対象外となりますので、注意が必要です。 増改築等工事証明書が必要 住宅借入金等特別控除の手続きは2月中旬から3月中旬に実施される確定申告の際に行います。 確定申告は税務署で行うのですが、サラリーマンなどの給与所得者も初年度は手続しなければなりません。 確定申告をする際には、必要書類として 増改築等工事証明書の提出が必須です。 増改築等工事証明書は、 外壁塗装を依頼した業者にお願いすれば作成してくれます。 おそらく「確定申告したいので…」といえば、相手も理解してくれるはずです。 増改築等工事証明書をお願いする場合、工事着工する前に相談することが大事です。 場合によっては工事が終わってからお願いしても、増改築等工事証明書を作成してくれない場合もあります。 工事着工前に増改築等工事証明書は依頼しましょう。 ほかのリフォームをした場合、増改築等工事証明書がなくても住宅借入金等特別控除が適用される可能性があります。 リフォーム工事の前後で見た目が変わっていれば、証明できるかもしれないからです。 しかし外壁塗装の場合、着工前と完成後とでは違いがなかなか分かりにくいです。 よって住宅借入金等特別控除を受けるためには、増改築等工事証明書は必須といっていいでしょう。 増改築等工事証明書について勘違いしている人も多いのですが、ほかの何かで代用できません。 よく勘違いしている人は「工事契約書や見積書、 領収書があれば大丈夫」と思っているようです。 しかしこ れらの書類は増改築等工事証明書の代用にはなりません。 外壁塗装による住宅ローン減税を受けるためには、増改築等工事証明書が必須と思っておきましょう。 住宅借入金等特別控除が適用されれば、10年間住宅ローン減税が適用されます。 10年分で比較すれば、かなり大きな税負担から解放されます。 条件に合致する人は、住宅借入金等特別控除を活用しましょう。

次の

外壁工事でも住宅ローン控除で減税出来るの知ってますか?

外壁塗装 控除

増築、改築、建築基準法に規定する大規模な修繕または大規模の模様替えの工事であること(外壁、屋根はOK)• 工事費用が100万円を超えること• 10年以上にわたり分割返済する方法でローンを組んでいること• nta. htm ここで 1点気をつけるべきことは、床面積です。 床面積は「登記簿」に表示されている床面積により判断され、販売資料や売買契約書に記載された床面積とは異なります。 面積の算出基準の違いによるものですが、総じて登記簿に記載されている面積のほうが小さくなりがちです。 心配な場合には、登記簿記載の面積を事前確認しておくことをおすすめします。 住宅ローン等の年末残高の合計額をもとに、居住用に供した年分の計算方法により算出されます。 なお、あくまでも「控除」なので、塗装工事費用の額が住宅ローン等の年末残高の合計額よりも少ない場合は、その少ない金額が基準となります。 なお給与所得者の場合、一度申告を行えば、翌年以降は毎年自動的に年末調整でこの特別控除を受けることができます。

次の

外壁塗装も減税の対象に。リフォーム前に確認したい減税対策|リフォーム会社紹介サイト「ホームプロ」

外壁塗装 控除

ページ内目次• 住宅ローン減税とは 住宅ローン減税とは、平成21(2009)年から施行された制度で、10年以上の住宅ローンを使って住宅を購入(新築、中古住宅、増改築含む)した場合に、本来支払うべき所得税が控除される減税制度を言います。 減税額の大きいバリアフリー・省エネリフォーム対象のものに加えて、様々なリフォームに適用できるローン型減税があります。 ちなみに外壁塗装は省エネリフォームに分類されます。 正確には住宅借入金等特別控除と呼びますが、住宅ローン現在の方が一般的な呼び名として普及しているので、この記事でも住宅ローン減税と呼んでいます。 所得税の額は所得金額に応じて加算されていく累進課税によって課税されることになります。 ただし、 住宅ローン減税で控除される額は毎月給料から天引きされている所得税の額が上限となります。 ちなみに、住宅ローン減税によって控除された額は、還付金として申告してから1~2ヵ月後に指定された口座へ振り込みがあります。 振り込みが完了すると、国税還付金振込通知書というハガキが届くことになります。 外壁塗装費用:100万円 補助金:なし 返済期間:10年 金利:2. 各自治体から外壁塗装による補助金が受けられる場合には補助金分をマイナスした金額が住宅ローン減税に適用される金額となります。 リフォームローンで外壁塗装を行うこと• 自らが居住する住宅であること• 住宅ローンの適用を受ける年の年収が3,000万円以下であること• 床面積が50平方メートル以上あること• 住宅ローンの借入期間が10年以上であること• 外壁塗装工事費が100万円以上であること• 耐震基準に適合していること• 外壁塗装後の居住開始日が平成21年1月1日から平成33年12月31日の間であること• 外壁塗装の日から6ヶ月以内に居住し、適用を受ける各年の12月31日まで引き続いて住んでいること 1年目は確定申告が必要になる 外壁塗装の費用に住宅ローン減税を適用するにはサラリーマンの方であっても確定申告をする必要があります。 確定申告とは、1月1日から12月31日までの期間の収入・支出、医療費や寄付金額などをまとめて翌年2月16日から3月15日までの1か月間の間に税務署にて申告をすることを言います。 申告する税務署の場所は、自分の住所を管轄している税務署になります。 管轄する税務署はから簡単に探すことができます。 確定申告をするのは外壁塗装を行った翌年で、2年目からは会社から受け取る年末調整の書類とともに勤務先に提出するだけで控除が適用されます。 確定申告に必要な書類 外壁塗装の費用で住宅ローン控除を受けるために確定申告をする際に必要になる書類を以下に列記しました。 増改築等工事証明書(業者発行)• 住民票の写し• 住宅借入金等特別控除額の計算明細書• 源泉徴収票• 住宅取得資金に係る借入金の年末残高等証明書(金融機関発行) 注意すべきは外壁塗装業者からもらう増改築等工事証明書になります。 増改築等工事証明書は建築士が発行するもので業者が建築士に発行を依頼します。 費用は15,000円ほどかかりますので、外壁塗装の費用に上乗せされるかもしれませんから、その点も契約前にしっかりと確認しておきましょう。 新築1年目は住宅ローン減税を活用しましょう 外壁塗装でも住宅ローン減税が活用できるのであれば少々面倒でも1年目の確定申告は行っておくべきでしょう。 住宅ローン減税に関してもきちんと対応してもらえるように、外壁塗装業者はしっかりとしたところを選ぶ必要があります。 なお、住宅ローン減税以外でもお得に外壁塗装する方法として別ページで『』もありますので、参考にどうぞ。 住宅ローン減税についての対応面も含めて業者を選ぶことをおすすめします。 当サイトでは、外壁塗装業者のインターネット紹介サービス『ヌリカエ』(登録業者800社以上)をおすすめしています。 ヌリカエを使うことで、わずか45秒で自宅から近い実績のある業者をピックアップして紹介してくれます。 あくまでも見積りサービスとなっていますので、価格相場やサービスの比較として使ってみるとよいでしょう。 利用は無料(土日祝も対応してくれます)なので興味のある方は下記公式サイトから、自宅から近い業者を見てみてください。

次の