アイフォン 12。 アイフォン12のカラーバリエーションは?新しい新色も加わるの?

iPhone12 Proの写実的なレンダリング画像が登場〜フラットデザインに4眼カメラ

アイフォン 12

年内のリリースが噂される「iPhone 12」(仮称)の最新予想が公開された。 レポートを公開したのは、ユーチューブチャンネル「FrontPageTech」を運営するJon Prosserだ。 Prosserは、最新動画の中で独自に収集したiPhone 12に関する情報を公開した。 彼の予測は確度が高いと評判で、今回の動画も一見の価値がある。 Prosserによると、アップルはiPhone 12のプロトタイピングを終え、最終デザインを決定する段階にあるという。 彼は、モデルごとの詳細を表で示しているが、その内容はとてもエキサイティングだ。 4つのモデルはノッチが現行モデルよりも小さく、いずれも5G通信対応となっている。 筐体の素材は、スタンダードモデルの2つがアルミニウム、上位モデルの2つがステンレススチールとなっている。 Prosserは製品のコードネームまで公開するなど、かなり詳細な情報を提供している。 彼によると、最小モデルのサイズは5. 4インチで、Face ID搭載モデルとしてはこれまでで最も小さいという。 その次に小さいモデルは6. 1インチで、筐体は5. 4インチモデルと同じくアルミニウム製だ。 残り2つは上位モデルの「iPhone 12 Pro」で、サイズは6. 1インチと6. 7インチだという。 カメラは、iPhone 12が2眼であるのに対し、iPhone 12 Proは3眼カメラにLiDARスキャナを搭載している。 LiDARは、最新のiPad Proにも搭載されている。 著名アナリストのミンチー・クオも数ヶ月前にProsserとほぼ同じ予測をしていることから、Prosserの情報は信ぴょう性が高い。 一方で、新型iPhoneに関する情報がいつもより少ないのは、アップルの情報管理が徹底していたからではなく、プロトタイピングの時期が従来よりも遅れたからだとProsserは分析している。 発売スケジュールは? プロトタイプの完成が遅れたのであれば、発売時期にも影響を与える可能性がある。 筆者は以前、iPhone Xのリリース前にアップルを取材した際、同社は9月のリリースに向けて前年の11月にはデザインを完成させていたと明かしていた。 プロトタイピングはデザイン完成後に始まるため、もしiPhone 12のデザインが2019年の年末より前に完成していたとすると、今回はプロトタイピングに長い時間を要していることになる。 もちろん、中国の生産ラインが操業停止になったことが影響した可能性もある。 これらの状況を考慮すると、iPhone 12のリリースは例年より後ろにずれこむかもしれない。 9月のリリースもあり得るが、新型コロナウイルスの影響を踏まえると、10月か11月が現実的だろう。 また、iPhone 8やiPhone Xの時のように、スタンダードモデルと上位モデルを数週間ずらしてリリースすることも考えられる。 iPhone 12の生産から出荷までを11月までに完了するのは容易ではないが、アップルがホリデーシーズンに間に合わせることは間違いないだろう。 筆者は、アップルがファンの期待感を高めるため、iPhone 12の発表をリリース日の直前まで控えると予想する。 Prosserが公開した情報が正しければ、iPhone 12の性能はファンの期待に十分応えるものになりそうだ。

次の

iPhone 12/アイフォン12新型2020発売日(時期,いつ),最新情報

アイフォン 12

年内のリリースが噂される「iPhone 12」(仮称)の最新予想が公開された。 レポートを公開したのは、ユーチューブチャンネル「FrontPageTech」を運営するJon Prosserだ。 Prosserは、最新動画の中で独自に収集したiPhone 12に関する情報を公開した。 彼の予測は確度が高いと評判で、今回の動画も一見の価値がある。 Prosserによると、アップルはiPhone 12のプロトタイピングを終え、最終デザインを決定する段階にあるという。 彼は、モデルごとの詳細を表で示しているが、その内容はとてもエキサイティングだ。 4つのモデルはノッチが現行モデルよりも小さく、いずれも5G通信対応となっている。 筐体の素材は、スタンダードモデルの2つがアルミニウム、上位モデルの2つがステンレススチールとなっている。 Prosserは製品のコードネームまで公開するなど、かなり詳細な情報を提供している。 彼によると、最小モデルのサイズは5. 4インチで、Face ID搭載モデルとしてはこれまでで最も小さいという。 その次に小さいモデルは6. 1インチで、筐体は5. 4インチモデルと同じくアルミニウム製だ。 残り2つは上位モデルの「iPhone 12 Pro」で、サイズは6. 1インチと6. 7インチだという。 カメラは、iPhone 12が2眼であるのに対し、iPhone 12 Proは3眼カメラにLiDARスキャナを搭載している。 LiDARは、最新のiPad Proにも搭載されている。 著名アナリストのミンチー・クオも数ヶ月前にProsserとほぼ同じ予測をしていることから、Prosserの情報は信ぴょう性が高い。 一方で、新型iPhoneに関する情報がいつもより少ないのは、アップルの情報管理が徹底していたからではなく、プロトタイピングの時期が従来よりも遅れたからだとProsserは分析している。 発売スケジュールは? プロトタイプの完成が遅れたのであれば、発売時期にも影響を与える可能性がある。 筆者は以前、iPhone Xのリリース前にアップルを取材した際、同社は9月のリリースに向けて前年の11月にはデザインを完成させていたと明かしていた。 プロトタイピングはデザイン完成後に始まるため、もしiPhone 12のデザインが2019年の年末より前に完成していたとすると、今回はプロトタイピングに長い時間を要していることになる。 もちろん、中国の生産ラインが操業停止になったことが影響した可能性もある。 これらの状況を考慮すると、iPhone 12のリリースは例年より後ろにずれこむかもしれない。 9月のリリースもあり得るが、新型コロナウイルスの影響を踏まえると、10月か11月が現実的だろう。 また、iPhone 8やiPhone Xの時のように、スタンダードモデルと上位モデルを数週間ずらしてリリースすることも考えられる。 iPhone 12の生産から出荷までを11月までに完了するのは容易ではないが、アップルがホリデーシーズンに間に合わせることは間違いないだろう。 筆者は、アップルがファンの期待感を高めるため、iPhone 12の発表をリリース日の直前まで控えると予想する。 Prosserが公開した情報が正しければ、iPhone 12の性能はファンの期待に十分応えるものになりそうだ。

次の

iPhone

アイフォン 12

Appleは今秋、4モデルの新しいiPhone(通称 iPhone12)を発表すると予測されています。 このiPhone12シリーズの価格を、ディスプレイに詳しいアナリストが推測しています。 iPhone12向けOLEDを中国BOEも供給か Samsungの元ディスプレイ技術者で、現在はUBI Researchを率いるイ・チュンフン氏は韓国メディアThe Elecとの対談で、ディスプレイやその他の材料費の分析をもとに、 iPhone12シリーズの価格を見積もっています。 新型コロナウイルスの影響で、iPhone向け有機EL( OLED)のサプライチェーンにも混乱が生じました。 そのためiPhone12シリーズは、中国BOEが生産する OLEDディスプレイを採用する可能性が高まったとチュンフン氏は見ています。 BOEは以前より、、今年2月にはと報じられています。 4インチモデルは600ドル〜700ドル iPhone12は、4モデル構成(5. 4インチ、6. 7インチ、6. 1インチが2モデル)で、6. 1インチの1モデルと6. 7インチはハイエンドiPhone、もう1つの6. 1インチモデルと5. 4インチはローエンドの位置づけになると予想されています。 チュンフン氏はこのうちの5. 4インチモデルについて、BOEが供給する、ライバル企業よりも安価なOLEDを搭載するため、価格は「 600ドル〜700ドル程度(約64,500円〜75,300円)」になる、と予想しています。 ローエンドの6. 1インチiPhoneについては、iPhone11の後継機種という位置づけではあるものの、液晶ではなくOLEDを搭載するため、 750ドル程度(約80,600円)になるというのがチュンフン氏の予想です。 そしてハイエンドの2モデル、つまり6. 1インチと6. 5G対応モデルは高額となる可能性 米メディアBGRはチュンフン氏の予想について、iPhone12シリーズの全モデルが5G対応であるという点が抜け落ちていると指摘しています。 というのも、Samsungが今年初めに発売した5G対応のGalaxy S20は、5G対応という機能のために若干高めに価格が設定されていたためです。 チュンフン氏の予想の内容を見る限り、5Gの要素は含まれていないようです。 Source: via Photo: lunatic.

次の