あっ と ゆー ねっと。 夢いろあっとねっととは

夢いろあっとねっととは

あっ と ゆー ねっと

この記事の主題はウィキペディアにおける独立記事作成の目安を満たしていないおそれがあります。 目安に適合することを証明するために、記事の主題についての信頼できる二次資料を求めています。 なお、適合することが証明できない場合には、記事は統合されるか、リダイレクトに置き換えられるか、さもなくば削除される可能性があります。 ( 2014年5月) 『 夢いろあっとねっと』(ゆめいろあっとねっと)は、(KYT)で放送されているである。 2011年7月2日からは『 ユメイロ ネット』(ユメイロアットネット)と題して放送されている。 当初の番組タイトルは、鹿児島読売テレビのキャッチコピーに使われていた「夢いろ色KYT」に由来する。 放送時間 [編集 ] 2012年4月7日以降は毎週 9:25 - 10:00に放送。 9:45 - 10:00に『KYT月刊サテスタ情報』が放送される毎月最終週のみ、9:25 - 9:45の短縮バージョンで放送される。 2002年4月からの1年間は [ 要検証 — ノート]11:40 - 11:50に放送のだったが、9:25 - 9:30に放送されていた番宣ミニ番組『夢いろ色KYT』との枠交換によってこの時間帯へ移動。 移動とともに9:45まで放送の20分番組になり、さらに2004年4月に9:55まで放送の30分番組になった(毎月最終週のみ9:45までの放送)。 2012年4月には、直後の時間帯に放送されていた番宣ミニ番組の枠を吸収してさらに5分延長された。 2018年4月より直後番組『』と放送順を入れ替えて、9:55 - 10:30に放送時間を変更した。 現在の出演者 [編集 ] 司会者 [編集 ]• - 7代目司会者(2018年10月~) リポーター [編集 ]• 新坂恵梨• 坂元彩乃(パーソナリティ)• 牧瀬加奈 過去の出演者 [編集 ] 司会者 [編集 ]• (当時・KYTアナウンサー) - 初代司会者。 橋村美咲 - 2代目司会者、FM鹿児島パーソナリティ、2011年初夏ごろまで出演。 (当時・KYTアナウンサー) - 3代目司会者。 山﨑香奈(当時・KYTアナウンサー、2018年現在は社員 ) - 5代目司会者。 2015年9月5日~2017年3月25日• 上妻寿美• (元KYTのフリーアナウンサー) - 近藤が司会を務めていた頃にも出演していた。 厚村さおり• (KYTアナウンサー) - 4代目司会者 2015年8月30日まで)・6代目司会者(2017年4月1日~2018年9月29日 リポーター [編集 ]• (当時KYTアナウンサー)• 和中由江• 黒川恵美• 児玉ゆりえ• 花田貴恵• 市丸友紀子• ほか コーナー [編集 ]• コレ流行• カンタン手軽にcooking 終了したコーナー [編集 ]• ニュース• 美咲の行ってきMAP 脚注 [編集 ] [].

次の

長崎市公式観光サイト「 あっ!とながさき」

あっ と ゆー ねっと

どの認定の種類に該当するかは、以下をご覧ください。 取引先企業の倒産・事業活動の制限、取引金融機関の破綻、自然災害等により経営の安定に支障を生じている中小企業者の方への資金供給の円滑化を図るため、信用保証協会の保証を別枠で利用できるように措置する国の制度です。 この制度を利用するには、中小企業信用保険法第2条第5項各号のいずれかに該当する、経営の安定に支障を生じている「特定中小企業者」である旨の市の認定が必要です。 (ただし、市の認定を受けても、保証や融資が受けられないこともありますのでご注意ください。 ) お知らせ(令和2年5月1日) (1)認定書の有効期限について これまで認定書の有効期限は認定書の発行日から30日でしたが、令和2年1月29日から7月31日までに認定を取得した申請者はその認定の終期が令和2年8月31日までとなりました。 すでに認定書を取得し、終期が到来している場合も同様の扱いとなります。 (2)認定申請に必要な書類について 従来提出を求めていた書類について、必要書類を整理しましたので、各認定の申請についてをご覧ください。 対象となる中小企業者 取引先等の再生手続等の申請や事業活動の制限、災害、取引金融機関の破綻等により経営の安定に支障を生じている中小企業者であって、本社や事業所の所在地を管轄する市町村長の認定を受けた中小企業者が対象となります。 なお、認定にはその内容によって第1号から第8号まで種類があります。 5号・6号・7号の認定申請条件の詳細及び指定リストについては、をご覧下さい。 認定申請対象者の詳細については、以下をご確認ください。 認定種類 認定申請対象者 中小企業庁 該当ページ 突発的災害 自然災害等 の発生に起因して売上高等が減少している中小企業者 全国的に業況が悪化している業種に属する中小企業者 金融機関の破綻により資金繰りが悪化している中小企業者 金融機関の合理化(支店の削除等)に伴う貸出抑制により影響を受けている中小企業者 金融取引に支障を来しており、金融取引の正常化を図るために資金調達を必要としている中小企業等 金融機関の方等が代理で申請される際に、委任状を持参ください。 認定種類詳細 各認定の対象者、認定に必要な要件、また認定に必要な様式は以下の通りです。 5号(イ) (1)〜(3)の中から、当てはまるものをクリックしてください。 1つの指定業種に属する事業のみを行っている、又は、兼業者(2以上の業種に属する事業を行っている中小企業者)であって、行っている事業が全て指定業種に属する中小企業者 兼業者(2以上の業種に属する事業を行っている中小企業者)であって、主たる事業が属する業種(主たる業種)が指定業種に該当する中小企業者 兼業者(2以上の業種に属する事業を行っている中小企業者)であって、1以上の指定業種(主たる業種かどうかを問わない)に属する事業を行っている中小企業者 対象事業者(1) 1つの指定業種に属する事業のみを行っている、又は、兼業者(2以上の業種に属する事業を行っている中小企業者)であって、行っている事業が全て指定業種に属する中小企業者 (1)1年以上継続して事業を行っている事業者のうち、以下いずれかの要件を満たす者。 認定必要要件 申請書様式 通常 最近3か月の売上高が、前年同期比5%以上減少していること。 認定基準緩和 令和2年2月以降で新型コロナウイルス感染症の影響による売上減少が初めて生じた月と、その後2ヶ月を含む合計3ヶ月の売上高が前年同期に比して5%以上減少することが見込まれること。 製品の製造もしくは加工又は役務の提供に係る売上原価のうち、原油または石油製品の仕入価格が20%以上を占めており、その仕入価格が20%以上上昇していること。 最近3か月間の売上高に占める原油等の仕入価格の割合が、前年同期の売上高に占める原油等の仕入価格の割合を上回っていること。

次の

夢いろあっとねっととは

あっ と ゆー ねっと

どの認定の種類に該当するかは、以下をご覧ください。 取引先企業の倒産・事業活動の制限、取引金融機関の破綻、自然災害等により経営の安定に支障を生じている中小企業者の方への資金供給の円滑化を図るため、信用保証協会の保証を別枠で利用できるように措置する国の制度です。 この制度を利用するには、中小企業信用保険法第2条第5項各号のいずれかに該当する、経営の安定に支障を生じている「特定中小企業者」である旨の市の認定が必要です。 (ただし、市の認定を受けても、保証や融資が受けられないこともありますのでご注意ください。 ) お知らせ(令和2年5月1日) (1)認定書の有効期限について これまで認定書の有効期限は認定書の発行日から30日でしたが、令和2年1月29日から7月31日までに認定を取得した申請者はその認定の終期が令和2年8月31日までとなりました。 すでに認定書を取得し、終期が到来している場合も同様の扱いとなります。 (2)認定申請に必要な書類について 従来提出を求めていた書類について、必要書類を整理しましたので、各認定の申請についてをご覧ください。 対象となる中小企業者 取引先等の再生手続等の申請や事業活動の制限、災害、取引金融機関の破綻等により経営の安定に支障を生じている中小企業者であって、本社や事業所の所在地を管轄する市町村長の認定を受けた中小企業者が対象となります。 なお、認定にはその内容によって第1号から第8号まで種類があります。 5号・6号・7号の認定申請条件の詳細及び指定リストについては、をご覧下さい。 認定申請対象者の詳細については、以下をご確認ください。 認定種類 認定申請対象者 中小企業庁 該当ページ 突発的災害 自然災害等 の発生に起因して売上高等が減少している中小企業者 全国的に業況が悪化している業種に属する中小企業者 金融機関の破綻により資金繰りが悪化している中小企業者 金融機関の合理化(支店の削除等)に伴う貸出抑制により影響を受けている中小企業者 金融取引に支障を来しており、金融取引の正常化を図るために資金調達を必要としている中小企業等 金融機関の方等が代理で申請される際に、委任状を持参ください。 認定種類詳細 各認定の対象者、認定に必要な要件、また認定に必要な様式は以下の通りです。 5号(イ) (1)〜(3)の中から、当てはまるものをクリックしてください。 1つの指定業種に属する事業のみを行っている、又は、兼業者(2以上の業種に属する事業を行っている中小企業者)であって、行っている事業が全て指定業種に属する中小企業者 兼業者(2以上の業種に属する事業を行っている中小企業者)であって、主たる事業が属する業種(主たる業種)が指定業種に該当する中小企業者 兼業者(2以上の業種に属する事業を行っている中小企業者)であって、1以上の指定業種(主たる業種かどうかを問わない)に属する事業を行っている中小企業者 対象事業者(1) 1つの指定業種に属する事業のみを行っている、又は、兼業者(2以上の業種に属する事業を行っている中小企業者)であって、行っている事業が全て指定業種に属する中小企業者 (1)1年以上継続して事業を行っている事業者のうち、以下いずれかの要件を満たす者。 認定必要要件 申請書様式 通常 最近3か月の売上高が、前年同期比5%以上減少していること。 認定基準緩和 令和2年2月以降で新型コロナウイルス感染症の影響による売上減少が初めて生じた月と、その後2ヶ月を含む合計3ヶ月の売上高が前年同期に比して5%以上減少することが見込まれること。 製品の製造もしくは加工又は役務の提供に係る売上原価のうち、原油または石油製品の仕入価格が20%以上を占めており、その仕入価格が20%以上上昇していること。 最近3か月間の売上高に占める原油等の仕入価格の割合が、前年同期の売上高に占める原油等の仕入価格の割合を上回っていること。

次の