ピアス を イヤリング に する。 ピアスをイヤリングに付け替える方法。金具交換も写真付きで詳しく説明

100均のピアス12選!ダイソー・セリア別!おすすめイヤリングも!

ピアス を イヤリング に する

必要なもの まず、必要なものです。 少し面倒です。 家に一個もないよ!って方もいると思いますが、全部集めても1000円ぐらいに収まると思います。 一覧で書くとこんな感じです。 ピアス 自分の好きなものを用意!• ペンチ 先が丸くなっているやつ• ニッパー 金属が切れればよし• イヤリングのパーツ 手芸屋さんで買おう• 接着剤 金属用だとなおよし ピアス 好きなものを用意してください。 最初は安いもので試しにやってみるといいかもしれません。 なければピンセットとかでもいいと思う。 最悪手先が器用なら爪で! ニッパー 左 はピアスのキャッチ部分を切るのに必要です。 こちらもなければハサミで代用ができそうですが、ピアスのキャッチ部分は太いのでやはりニッパーがおすすめ。 イヤリングのパーツ ピアスがシルバーの場合はシルバーのパーツを用意しましょう。 貴和製作所やユザワヤ、パーツクラブなどの手芸屋さんで売ってあると思います。 わたしは貴和製作所で購入しました。 高級感&安さです。 金属アレルギーの人は樹脂製のパーツを買うといいと思います! 接着剤 接着剤 フープピアスの場合はいらないです 100円均一で買った瞬間接着剤を愛用していたのですが液漏れがひどかったので、こちらの「セメダインハイスーパー5」を購入。 混ぜて使うタイプなので面倒なのですが接着力はいい感じです! アロンアルファはあまりよくないみたい。 乾いて透明になるものを選ぶことがポイント。 キャッチピアスをイヤリングに付け替える さっそく変えていきましょう。 イヤリングに付け替えたいピアス準備 ペンチでピアスのパーツ部分を切り取る。 切り取ったパーツが飛んでいく場合があるので、慎重に行いましょう。 特に目に飛ばないように気をつけてね。 わたしは切ったパーツが飛んでって探すのが大変でした。 切り取ったらこんな感じ。 ギリギリに切ったほうが綺麗です。 イヤリングネジバネの丸皿を用意 今回は 貴和製作所の「イヤリングネジバネ丸皿5mm」を用意しました。 この赤い部分に接着剤を塗る ピアスの面積に応じて接着剤を塗る部分を調整してください 今回は大きめのパーツなので広範囲に塗りました 接着剤を塗るときは爪楊枝ですると便利。 ちょっと面倒。 二つの液を混ぜたらすぐに塗布しないと固まっちゃう。 忙しい。 混ぜないタイプでもいい接着剤があればそれを使ってくださいね。 土台のちょうどいいところにくっつける! すぐに固まっちゃうので固定するときは慎重にね。 ペンチとニッパーを使ってピアス部分をとります。 ペンチとニッパーがないならば、無理やりどうにかして開けましょう。 イヤリングになるパーツを用意 貴和製作所の「イヤリングネジバネ玉ブラ5mm」をわたしは使いました! パーツを取り付けるために、上記の部分をニッパーで左右に開く。 開いたところにパーツの輪っか部分をいれる。 ニッパーで左右に開いた部分を元に戻す。 完成~~! 完成です。 小さいパーツだと耳につけたときに下のイヤリングの部分が見えてしまうのですが、それでもぜんぜん可愛いのでOK。 実際に使ってみましたが 「早く買えば良かった!」というほどに便利でした。

次の

ピアスにするか迷ってます。

ピアス を イヤリング に する

ダイソーの貼るピアスは今SNSでとても話題になっています。 種類も豊富で10種類以上あります。 ワンポイントでストーンが付いている物や、パールなど揺れるパーツが付いている物まであります。 普通のピアスと変わらない見た目で、ピアスホールが開いていない方や、普段はピアスを着けている方にも人気があります。 ダイソーの貼るピアスは耐久性があります。 医療用テープ使用なので子供でも安心して使用できます。 貼るピアスの着け方はとても簡単です。 まず裏の透明フィルムを丁寧に剥がします。 貼りたい位置にピアスの真ん中がくるように着けます。 指でピアスと耳を挟み、持ち手を切り取ります。 シールを貼るような感覚です。 100均にはピアス以外にもたくさんのアクセサリーが並んでいます。 中でもヘアゴムもおしゃれで種類が豊富です。 100均のヘアゴムを紹介している記事も是非参考にしてください。 今流行りのレジンピアスを作ってみましょう。 やったことない方は難しいと感じるかもしれませんが、100均に資材は全て揃っているので気になっている方は簡単な物からチャレンジしてみてください。 型や枠もありますので、レジンとパーツを入れるだけなので誰にでもできます。 ピアスやイヤリングなら、枠は小さい物が良いでしょう。 簡単なのは、ユラユラ揺れるタイプです。 型にレジンを入れ、好きなパーツを入れます。 ドライフラワーやネイルチップがおすすめです。 色付けも専用着色料があるので混ぜるだけで色が付きます。 あとは乾かすだけです。 機械で固めるイメージがありますが、太陽光でも固まります。 しかし時間もかかりますし、天候にも左右されます。 機械なら短時間で固める事ができるので、あまり時間のない方には機械をおすすめします。 固まったらピアスやイヤリングパーツを付けて完成です。 100均の刺繍糸でタッセルピアスを作ろう! 最近DIYで家具などに取り付けるタイルが100均でも売られています。 このタイルを使うとレジンのようなプックリしたパーツが作れます。 このパーツを使ってピアスやイヤリングを作る方法があります。 大きさの違うタイルを重ねて接着剤で付け、ネイルチップなどで飾りをつけるとおしゃれで可愛いレジン風ピアスやイヤリングができます。 パーツを付けていくだけなので誰にでも簡単にできます。 親子で一緒にハンドメイドが楽しめます。 ピアスやイヤリングパーツが100均で簡単に揃うので、自分だけのオリジナルの物を作る方がたくさんいます。 100均で買えるプラ板もハンドメイドをする方に人気があります。 このプラ板でアクセサリーを作る方法を紹介している記事がありますので、合わせて参考にしてください。

次の

恋人への贈り物の意味とは?ピアスやイヤリングのプレゼントジンクス

ピアス を イヤリング に する

メリットデメリット置きます。 ご自身の性格や体質、生活環境に合ったものを選ばれるべきです。 ピアス 〜メリット〜 ・アクセサリーとして種類が多く、オシャレの範囲が広がる。 ・イヤリングパーツのものと比べて安価で購入できる。 ・落としにくい。 ・開ける位置によっては個性的な演出が可能。 ・ホールが完成してしまうと快適。 〜デメリット〜 ・体を傷つけ、痛みを伴う。 ・開けて数ヶ月はピアスを外せず、アフターケアなど管理が必要。 ・化膿や金属アレルギーなどのトラブルリスクあり。 ・排除、ケロイドなど時には重篤なリスク。 イヤリング 〜メリット〜 ・ホールを開けなくても良い。 ・感染症などリスクはない。 〜デメリット〜 ・ピアスよりも価格が高い。 ・種類が少ない。 ・バネやマグネットで挟まれるため、圧迫感がある。 ・失くしやすい。 ピアスは人によっては安易に開けてしまいがちですが、アフターケアや管理を間違えると取り返しのつかない事になることもあります。 ちゃんとしてたらそんなことは滅多に起きませんが……。

次の