佐々木 つとむ。 佐々木つとむ

TBSワイドショー 佐々木つとむメッタ刺し事件が凶悪事件すぎると話題【画像・内容】

佐々木 つとむ

中野美沙は佐々木つとむに献身的に尽くした。 中野美沙はほかに暴力団関係3人の愛人関係を結んで、愛人契約として生活費を貰っていた。 中野美沙は「佐々木つとむとなら自分の人生をやり直せるかもしれない」と考え、いつか結婚し、子供をもうけ、幸せな家庭を気づけると信じていたのだ。 しかし、ヒモ生活に味を占めた佐々木つとむのギャンブル狂は日増しに強くなっていく。 中野美沙が愛人契約で稼いでくるお金を無断で銀行からおろし、そのお金をもってギャンブルにのめり込む日々。 総額700万も貢いでも、佐々木つとむはギャンブルから抜け出し、働くことさえしないヒモ生活を続けていた。 中野美沙は「いつか変わってくれる」と信じていたが、酒に溺れ暴力まで振るわれるようになり、愛想をつかし始める。 そして1987年9月4日、事件は起こる。 いつものように酔っ払っていた佐々木つとむに中野美沙が大切にしていたペットの犬を蹴っ飛ばし、骨折させてしまう。 これに中野美沙は憎しみがこみ上げて、ついに殺意が芽生え始める。 そして、その日の夜。 中野美沙は佐々木つとむをメッタ刺しにして逃亡。 佐々木つとむの事務所が連絡が取れなくなったことにより捜索し、事件が発覚する。 佐々木つとむには布団が被せられ、テーブルの上に中野美沙の字で「あの世でふたりでやり直そう」とメモがあったという。 行方不明になっていた中野美沙だったが、9月6日に青森県むつ市大湊の海で発見され、身を投げ出し、命を絶っていたことがわかった。 この事件は当時のワイドショーで連日放送され、中野美沙が別れ話を持ち出され、拒否のために犯行に及んだように報道されていたが、実際に佐々木つとむのギャンブル狂や家族を捨てて借金を作ったのが原因だったことには触れられず、忘れ去れた事件として扱われている。

次の

[B! 人物] 佐々木つとむ

佐々木 つとむ

佐々木 勉(ささき べん 、、 - )は、日本の、、。 出身(現在の出身 )。 を経て卒業。 本名は 佐々木 勤(ささき つとむ)。 夫人は作詞家の(前妻は女優の)。 人物 [ ] 現在の東京都杉並区荻窪で生まれ 、幼少期にバイオリンを習い音楽に親しむ。 成城学園高校在学中にラジオ番組「素人ジャズのど自慢」で日本一となり 、バンド「カントリー・ケーパーズ」を結成し米軍キャンプを巡る。 成城大学に入学後、「小坂一也とワゴン・マスターズ」に参加。 大学卒業後は証券会社や広告代理店に勤務する傍ら作曲活動を行う。 1964年、清原タケシの「夜空の星(後に「星に祈りを」と改題)」の作詞・作曲で作家デビュー。 その後、「」()や「星に祈りを」()を初めとする作品で世に知られるようになる。 1967年、カレッジ・フォーク系のソングライターとしてに所属 、自身も「あなたのすべてを」で歌手(シンガーソングライター)としてデビューを果たす。 1973年、に音楽プロデューサーとして入社し作曲家活動を行う。 「」()などのアイドル系歌謡曲、「」「」などのムード歌謡、或いは『』主題歌などのアニメソングまで幅広いジャンルの楽曲を手掛けた。 、急性肝不全のため46歳で急逝。 主な提供曲 [ ]• あなたのすべてを(徳永芽里、)• 星に祈りを(、)• いつまでもいつまでも(ザ・サベージ)• 渚に消えた恋(ザ・サベージ)• 哀愁の湖(ザ・サベージ)• 別れても好きな人(、)• うつら・うつら()• 夏はすぐそこ(荒木由美子)(シングル「うつら・うつら」B面)• 昼下がりのゲームセット(荒木由美子)(アルバム『ユミコ・イン・レイニーブルー』)• ミスター・ワンダラー(荒木由美子)(作詞・作曲)(アルバム『ユミコ・イン・レイニーブルー』)• 意気地なし(荒木由美子)(作詞・作曲)(アルバム『ユミコ・イン・レイニーブルー』)• めざめのカーニバル()• 夏のお嬢さん(榊原郁恵)• Do it BANG BANG(ドゥ・イット・バン・バン)(榊原郁恵)• あこがれ(榊原郁恵)• 微笑日記 (榊原郁恵)• ラブジャックサマー(榊原郁恵)• (榊原郁恵)(系『』主題歌)• 3年目の浮気()• ブラックボール()• マーシャの日記()• 恋のローラー・ブーツ()• 陽気なフラ・ベイビー(比企理恵)• 私はマチコ()アニメ『』OPテーマ• ぼくらは小さな悪魔()アニメ『まいっちんぐマチコ先生』EDテーマ• ラブ・ラブ・ミンキーモモ()アニメ『』第1作OPテーマ• ミンキーステッキドリミンパ(小山茉美)アニメ『魔法のプリンセス ミンキーモモ』第1作EDテーマ 出典 [ ]•

次の

佐々木つとむ

佐々木 つとむ

来歴・人物 [ ] の生まれ。 高校時代から素人で演芸番組に出演、高校中退後の17歳での司会に抜擢される。 、、、などの物真似で人気を博した。 昭和50年代のものまね芸人ではトップクラスの存在で、ものまね芸では、、、の4人の声を使い分けた""のネタや、ネタ落ちで出す渥美清のマネ「それを言っちゃ~オシマイよ」のフレーズが有名だった。 その実績から、とに部門賞を受賞した。 歌やものまね芸を収録したも複数発表している。 私生活では大変なとしても知られていた。 ギャラはその日のうちに全てをに費やしてしまうこともしばしばで、多額の借金を抱えていたという。 晩年の佐々木に師事していた神奈月も、借金取立人に神奈月自身の持ち合わせを取られてしまうなど、佐々木の借金にまつわる苦労について話している。 愛人による刺殺 [ ] 夜、佐々木は当時同棲していたにある39歳の女性宅アパートで刺殺された状態で所属事務所の社長により発見された。 40歳没。 の 公演を前に連絡が取れなくなって事務所のスタッフらが捜索しており、発見時には死後1週間が経過していた。 警察は同居していた女性をとして捜査。 なお、事件発生前被疑者が改名手続きの最中だったため当初は被疑者が2人いると思われていた。 佐々木には妻子がいたが、ギャンブルにのめり込んで巨額の借金を作り家庭内でのいざこざが絶えなかった。 その末に佐々木は1987年4月ごろに家を出て、新宿のポーカーゲーム屋で知り合った女性と同棲していた。 女性は佐々木の借金の一部を肩代わりしていたが佐々木が「それでも足りない」とさらに金銭を要求し、また女性の貯金を勝手に引き出したり貴金属類を勝手に換金するなどしたため、2人の仲は次第に険悪になっていった。 また佐々木はこの件で事務所の社長にも相談していたという。 事件当日(下記の最後の舞台に出た夜から未明とみられる)、女性が飼っていた犬を佐々木が殴って骨折させたことがきっかけとなり、女性は佐々木の全身を包丁でメッタ刺しにして殺害した(2016年2月5日放送の『』の企画『爆報ミステリー 名前が出せない芸能界事件簿第7弾』では、『お前は一生俺の金づるだ』と発言したことが殺害の動機だと報じていた)。 犯行は突発的なものだったらしく、事件現場に残された遺書には「私もお父さんのそばに行きます、私がお父さんを殺すなんて夢にも思わなかった」と書かれていたほか、遺体には毛布が掛けられ枕元には水を入れたコップが供えられていた。 被疑者女性は犬を入院させた後消息を絶ち、2日後のに大湊のでしているのが発見された。 近くのホテルからも事件を詫びる内容の遺書が発見されている。 佐々木の最後の舞台はのであった。 余談として、の怪談話によれば、生前に所属していたがこの事件現場のマンションをたまたま格安な家賃で借り、夜な夜な心霊現象に悩まされた挙げ句に興行先で事故死した、と語られている。 脚注 [ ].

次の