インスタ ライブ 早送り。 【使った方がいい!】インスタライブが今熱い!

Instagram動画・倍速〜何倍にも早送り& スロー再生する方法を紹介!PCを使ってコピペで簡単に実現できる!

インスタ ライブ 早送り

残り時間と現在の時間 動画の視聴画面の右端に表示されているのが残りの分数。 動画の再生中はここの時間が徐々に減っていきます。 それが「現在の(おおよその)分数」です。 そのまま指を離すと動画の5分の位置まで早送りされますよ。 インスタライブ配信をスマホ保存すれば早送りが可能に! IGTVにインスタライブ動画が投稿されることでいつでも自由に視聴ができますが、1つだけ問題があります。 それは 「配信者がライブ配信後にIGTVに投稿せずに消す」というパターンです。 これでは動画は消えてしまうため、視聴できません。 もしくは、 配信者が自分のスマホに動画を保存したとしても、IGTVに投稿されないことには、視聴者側は見れないことは変わりません。 Android(画面収録機能なし):録画アプリを使う 録画と動画の保存方法について詳しくはこちらの記事で解説しているので、合わせてご覧ください! スマホに保存された動画であれば自分で早送りや巻き戻しができるので、後でゆっくり、じっくり見ましょう。 効率良くインスタライブを見たいなら早送り機能は必須 仕事に家事に…と忙しい毎日のスキマ時間を活用して、インスタライブやIGTVにアップされた動画を見ている人も多いでしょう。 しかし現実問題として、 たった数分のスキマ時間に60分もの長編動画は見れないですよね。 IGTVに搭載された 早送り・早戻し・停止機能は、そんな忙しい人のための機能です。 早送り・早戻し・停止機能を駆使して、見逃した動画でも効率よく視聴しましょう!.

次の

【使った方がいい!】インスタライブが今熱い!

インスタ ライブ 早送り

インスタライブで全世界に配信してみよう! の登場などで動画での配信を行える環境が整っています。 その結果、インスタグラムでのライブ機能を使って全世界への配信が可能です。 配信時間は最大1時間となっており、例えば配信中に眠くなりうっかり寝てしまった場合でも1時間で打ち切られる形です。 なので、つけっぱなしになっていてひた隠しにしていた部分がさらけ出されたり通信量を必要以上に使ったりすることも避けられます。 うれしい機能として、間違って配信ボタンを押してしまっても実際にとは数秒のタイムラグがあります。 間違って押してしまってもすぐにキャンセルすれば問題ありません。 通知設定をオフにしましょう! みんなが寝静まった時に配信することを通知するのは避けたい場合は通知をオフにすれば大丈夫です。 通知をオフにする場合はアカウントのオプションから設定を行います。 プッシュ通知の設定という項目に行ってライブ動画の通知をオフにすれば深夜に通知が届くようなことはありません。 通知をオフにすることを特定の人だけにすることも可能です。 これはストーリー機能の非表示設定で行えます。 もともとストーリー機能の1つに配信があるため、ストーリー機能から設定すれば特定の人物に配信を見せられなくなります。 ただストーリー機能自体が見られない状態になることから注意が必要です。 ストーリー機能には足跡機能がついているんです! ストーリー機能は24時間以内に投稿した画像や動画が見られるものです。 最大の特徴は本来のインスタグラムにはなかった足跡機能がついていることです。 これにより、誰がストーリーを見たかが一目瞭然です。 これは配信でも同じ機能が使えます。 他の配信サイトではコメントをしない限りは誰が閲覧しているのかがわかりません。 友達に向けて配信したい人は誰が見ているか分からない状況に不安すら感じます。 足跡がついているため、誰が現時点で閲覧しているかがわかります。 最悪の場合は鍵をかけることやブロックなどして一部の人を追い出せるなど安心安全な環境で配信ができます。 醍醐味はやっぱりコミュニケーション! なんといってもコメントのやり取りを視聴者と行うのが醍醐味であり、リアルタイムのコミュニケーションが楽しみという人も少なくありません。 ところが、中には誹謗中傷めいたコメントを書き込む人がいます。 一方でこちらのペースで喋りたい人や配信はするけどコメントを拾う気はない人などもいます。 そうした時にはコメントをオフにする機能を活用すれば大丈夫です。 カメラの切り替えボタンの横にあるボタンから設定を行い、コメントをオフにするというボタンを押せばコメントを受け付けない状態にできます。 不快なワードを最初から書き込ませないようにするには、アカウントページのオプションから設定していきます。 リプレイ機能も搭載 最近になって導入された機能があります。 それはリプレイ機能です。 これまでは配信した人だけがライブ動画を再び見られたものの、視聴者はそれができませんでした。 そのため、リアルタイムで見ないとその人の配信が見られない状況でした。 リプレイ機能が追加されたことで配信者が許可さえすれば24時間以内は再び見られます。 早送りや巻き戻しが15秒間隔でできるため、何度でも気になった場面を見たい場合にはこれらを駆使して見られます。 リプレイ中は配信で投稿されたコメントやいいねも一緒になっており、リプレイ中に再び投稿することも可能です。 多くの有名人もを! インスタグラムでは多くの有名人がをしています。 実際に有名人が配信しているかどうかは検索アイコンをクリックすれば出てきます。 人気のある配信が表示されるため、おのずと有名人が上位で表示されます。 世界的に表示できるため、奇抜な配信に出会えるのも特徴です。 自らは配信をしなくても、他の人の配信だけ見ていたいという使い方もできます。 できれば1人1つのアカウントがいいですが、配信専用のアカウントを作って迷惑をかけない形で配信を行うケースもあるため工夫が求められる場面もあります。 インスタライブをもっと使っていこう! もちろんこれらの機能は無料で使いこなせるため、直接伝えたいことがあればこうした機能で表現していくのもおすすめです。 本来のストーリー機能はその日一日の様子をまとめるためのものであり、観光に出かけてその風景をまとめたい時にも使えます。 配信自体は1時間丸々行う必要はなく、太陽が沈むところなど貴重な場面だけを配信しても大丈夫です。 配信者の工夫によって色々な楽しみ方が提供できます。 こうした機能はまだ始まったばかりであり、今後更なる便利な機能がつく可能性もあります。

次の

インスタライブのアーカイブの詳細や保存方法!見方や見れない場合の対処法について徹底解説

インスタ ライブ 早送り

Contents• iPhoneの画面収録を使うための準備 インスタストーリーなどの動画の保存はiPhoneの画面収録という機能を使います。 その機能はコントロールセンターからアクセスする必要があるので 最初に画面収録のボタンがあるのか確認します。 iPhoneのコントロール画面に画面収録のアイコンを出す iPhoneのコントロール画面に画面収録のアイコンがあるか確認する。 コントロールセンターを上にスワイプして確認してください。 この目玉のようなマークがあればOKです。 もし画面収録のアイコンがなければ 設定からマークを追加します。 iPhoneの設定から画面収録のアイコンをコントロールセンターに追加 iPhoneの設定から画面収録のアイコンをコントロールセンターに追加するには 設定からコントロールセンターをタップします。 コントロールをカスタマイズをタップします。 上の「含める」の中に「画面収録アイコン」を入れる必要があります。 下にスクロールすると? 「画面収録アイコン」がありました! +ボタンをタップします。 コントロールセンターに画面収録ボタンが追加されました! iPhoneの自動ロックを止める ほとんどの人がiPhoneの画面に自動ロックをしてると思います。 たとえば私は自動ロックを「1分」にしてあるので 画面を放置してると1分で暗転します>< 1分以内で終わるようなストーリーだったらそのままでも大丈夫なのですが 数分から数十分あるようなインスタライブや公式サイトの動画などの場合 自動ロックしないようにオフにしとくと安心ですよね。 設定から「画面表示と明るさ」をタップします。 「自動ロック」をタップします。 今現在は1分で画面ロックする設定になってますので、、、 「なし」を選んでおきます。 インスタストーリーなど短いものなら3分とか5分でもいいと思います。 動画の録画が終わったら自動ロックは最初の設定に戻すのを忘れないように>< iPhoneのアプリなどの通知設定を止めておく LINEやメール、インスタやメルカリなど通知設定してる場合 通知をオフにしておいた方が安心です。 通知の種類にもよりますが、録画してる画面に通知のバナーなどが出ると台無しです>< 録画中に何かの通知のバナーなどが出るとそのまま録画されてしまいます。 インスタストーリーなど短いものならやり直しも気軽にできますが インスタライブや公式サイトの動画など長いものの場合 バナーが画面に写っちゃって泣きそうになりますから>< 設定から「通知」をタップする。 通知の許可をオフにします。 通知のすべて、またはLINEとかインスタなどなど 自分にとって 通知が頻繁に来そうなものだけでも止めておくと安心です。 これで準備完了です!!! 嵐のインスタストーリーやインスタライブを画面収録で保存する 実際の画面収録はその画面収録ボタンをタップして素早く動画を再生し始めて録画する流れです。 画面収録したい動画にアクセスできるサイトに行く インスタストーリーの場合は該当するアカウントの画面を出します。 インスタストーリーやライブのアーカイブがあるときにはアイコンが二重になってます。 (未再生の場合はアイコンの回りが赤い丸になってます。 ) インスタストーリーやライブのアイコンをタップするとすぐに再生が始まるので その前に コントロールセンターをスワイプアップして画面収録のボタンをタップします。 慣れるとカウントダウンに合わせて録画できたりするのですが 最初はタイミングがちょっと難しいかも。。。 画面収録のボタンを押してカウントダウンが始まったら すぐに コントロールセンターを下にスワイプして画面から消します。 (裏で録画が続いてます、、、) そしてインスタのアイコンをタップして 動画再生を開始します。 画面収録の終わり方 動画再生が終わったら画面収録を止めるのですが、、、止め方が3種類ほどあります。 コントロール画面を再びスワイプアップして出してから 画面収録ボタンをタップして止める。 録画の中にコントロールセンターの画面が入ってしまいますが あとで編集すれば切って消せます。 動画の再生中にはこの赤いところは消えてるんですが 動画の再生が終わったら出てきますのでタップします。 停止をタップして終わります。 スポンサーリンク iPhoneで画面収録したインスタなどの動画を編集する iPhoneの画面収録はコントロールセンターの画面を操作するので コントロール画面が録画されることが多いです。 そのまま画面収録のアプリ上で出来ますよ~ 保存されたインスタストーリーなどの動画はどこ? 収録された動画はiPhoneの場合は写真アプリに保存されてます。 保存した画面収録の動画を編集する 写真の中の マイアルバムやビデオから保存した動画を選んで、、、 右上の編集をタップします。 すると下にコマ送りの映像が出てきます。 前後にコントロールセンターの画面や広告動画などが入っていたら 指でスワイプして切る部分と残したい部分を決めて行きます。 残したい部分が決まったら、、、 右下にある終了マークをタップしたら保存ができます。 上書き保存をすると元の動画は消えます。 新規動画として保存を選べば、元の動画も残ります。 androidでインスタストーリーは画面収録などの保存はできるのか? すみません、、、android未経験なのでアレなのですが>< android本体には画面収録機能はないようです。 が、画面収録のアプリを利用すれば可能みたいですね。 「AZ Screen Recorder」というアプリがあるようです。 画面収録なら AZ Screen Recorder がおすすめです — クロネこ゜。 同じやり方でジャニーズ公式サイトの動画なども保存可能です。 ただ有料サイトなので、どこかにアップしたりするのは厳禁ですよ。。。

次の