どこ の 国 に 行き たい です か 英語。 海外赴任直前の英語勉強法!3カ月切ったら習うより慣れたほうがいい。

you

どこ の 国 に 行き たい です か 英語

In the first statement, you have started with a lengthy expression, 'if there is one place that I would like to visit the most'. It can also be said this way: Should there be any one place I would like to visit the most, it would be France. So, should a friend ask you as to which place you would like to visit the most, you may say: If there is one place that I want to visit the most, it is France. or There is only one place that I want to visit the most, and it is France. or Should there be one place that I would like to visit the most, it would only be France. 最初の表現は、長々しい表現「もし一番行きたいところがあるなら」ではじめました。 Should there be any one place I would like to visit the most, it would be France. と言うこともできます。 一番行きたいところを聞かれたら以下のように答えることができます。 If there is one place that I want to visit the most, it is France. もし一番行きたいところがあるなら、それはフランスです。 There is only one place that I want to visit the most, and it is France. 一番行きたいところが一つだけあります。 それはフランスです。 Should there be one place that I would like to visit the most, it would only be France. 一番行きたいところは、フランスだけです。 To show that France is your priority for travel you would say "I most want to visit France". You could show your strong interest in France by saying "I am obsessed with France! Obsessed means to be constantly thinking about something and in this instance it would be being used humorously as an exaggeration to show hoe much you like France. You could also say visiting France is on your "bucket-list". A bucket-list is a list of things you want to do before you die. "dream" is a word that is used often when we really want to go somewhere, but it often implies that, although you really want to go there, you can't, because for example it's too expensive, you are too busy at work or school, or some other reason. We can use "dream vacation" or "dream trip" the same way, but "dream vacation" usually means you will go there as a tourist and then come home, but "dream destination" can be more general -- maybe vacation, or maybe for a longer stay to work or learn the language. A bucket list is becoming more frequent these days. It means a list of things that you want to do or places you want to visit before you die. It comes from the phrase "to kick the bucket". This literally means standing on a bucket to hang yourself and then kicking it so that you die. In casual situations, to say that someone kicked the bucket is not disrespectful. You are simply stating a fact: that the person died. Nor do we necessarily think of death when we talk about a bucket list. However, when we start that list, the places we want to visit become special, and many times, people follow through with those destinations. If you say that France is on your bucket list, you mean that you really want to go there. bucket list(バケツリスト)は最近よく使われています。 これは死ぬ前にしたいこと、訪れたい場所を書いたリストです。 "to kick the bucket"(死ぬ)というフレーズからきた単語です。 文字通りの意味は首を吊るためにバケツの上に立り、バケツを蹴って死ぬ、ことです。 カジュアルな場面にてkick the bucket のフレーズを使うことは失礼ではありません。 誰かが亡くなったという事実をただ伝えるだけです。 bucket list(バケツリスト)について話している際に必ずしも死を考える必要はありません。 リストを始めると訪れたい場所が特別になり、この目的地に行くようになります。 例えばフランスがbucket listに入っているとするとあなたは本当にそこに行きたいことになります。

次の

今一番行きたい場所って英語でなんて言うの?

どこ の 国 に 行き たい です か 英語

この場合の to は「~へ」と言いたい時に使うものだと思います。 例えばトイレに行きたい時 I want to go to rest room. トイレへ 行きたいからrest room の前に to が付きます。 質問の場合も同じです。 どこの国に行きたいですか? What country do you want to go to? どこの国へ 行きたいかなので to が最後に付いています。 アメリカに滞在中ですが、基本的にみんな最後のtoは省いてるかな... と思います。 けれど、正しい英文はtoが必要だと思います。 To what country do you want to go? かたい英語 What do you want to go to? 普通の英語 実際にはこの to はないことも多いです。 What time do you get up? これも at what time であるべきところが, what time で at の意味を込めることができます。 every Sunday next time こういう英語と同じ。 ただ,to をつけてもいい。 Where do you want to go? も強調的に Where do you want to go to? とすることもあります。 試験では使わない方がいいですが。 A ベストアンサー Would you~? 「~していただけませんか?」は丁寧な依頼表現、Would you like~? 「~は如何ですか?」は丁寧な勧誘表現です。 依頼表現で使われるwouldやcouldは、「条件節(if節)の内容を言外に含めた婉曲用法」なのです。 つまり、「(もし~できるのであれば)~していただけるでしょうか」と丁寧で控え目な調子を出すことができます。 Will you~?やCan you~?はただの助動詞の勧誘表現ですから、wouldやcouldのような婉曲用法はないのです。 Would you like~も同じ婉曲用法で、「(もし私が~を勧めたら)~をお気に召すでしょうか?」という丁寧で控え目な調子の出る勧誘表現なのです。 I would like to~「~したい」(~することをできればしたい)という表現もこの用法からきているのです。 Would you like~のlikeは「~を好きである」という他動詞でlikeの後に名詞を目的語として持って来ることができます。 例: Would you like another cup of tea? 「もう一杯紅茶如何ですか?」 Would you like going on a picnic? 「ピクニックに出かけるというのは如何でしょう?」 Would you like to go on a picnic? 「同上」(このto不定詞は名詞的用法) ご参考になりましたでしょうか。 Would you~? 「~していただけませんか?」は丁寧な依頼表現、Would you like~? 「~は如何ですか?」は丁寧な勧誘表現です。 依頼表現で使われるwouldやcouldは、「条件節(if節)の内容を言外に含めた婉曲用法」なのです。 つまり、「(もし~できるのであれば)~していただけるでしょうか」と丁寧で控え目な調子を出すことができます。 Will you~?やCan you~?はただの助動詞の勧誘表現ですから、wouldやcouldのような婉曲用法はないのです。 Would you like~も同じ婉曲用法で、「(もし私が~を勧め... A ベストアンサー はい、Gです。 eliot55さんの How about ~がHow do you think about ~の短縮だというのは??? です。 (私が「正しくない」というのは、「使われない」という意味です) How do you feel about ~は正しい言い方です。 について説明しますね。 なぜ、って、日本で教えている英語が、日本語に直されて教えられているから、問題があると言う事を示したいからです。 How do you とかくと、日本語では、どう~~しますか? と訳してしまうからなんですね。 それがどうした? って言っている人がいますね。 このhowが日本語では、曲者なんですね。 このhowはどのように、どの程度に、どんな風に、というフィーリングを聞いているんですね。 ですから、feelの場合はどんな風に感じますか? となるわけですね。 feelは何を感じるのではなく、どんな風に感じる。 だから、howを使うのです。 じゃ、thinkは?となりますね。 thinkとは考える、思うということで、どんな風に考えるかと言う考え方法を聞いているんじゃないんですね。 どんな風にではなく、何を考えますか、何も思いますか、何を思い浮かべますか? と言う頭の動作なんですね。 だから、whatになります。 ですから、もう少し煮詰めると、feelには感情を表す単語(副詞)やどのように感じるかの文章が来て、thinkには感情を表す副詞でなく程度をあらわす副詞、および、「何を」にあたる文章がくるわけです。 I feel sick today. I feel sad. I feel we are going to win today. それに対し、thinkは I'm thinking hard. I can't think any more. I think we are going to win today. ちょっと待った! がかかりましたね。 We are going to win todayは同じじゃないか! となりますよね。 ちゃうんですね。 (違うんですね)I feel we are going to win todayはそう体全体で感じるんですね、つまり、頭でそう思うし、第5感で感じるし、身震いもするわけです I think we are going to win todayは頭でそう思うだけなんです。 ちょっと、howとwhatの違いと言うより、feelとthinkの違いになってしまいましたが、ここで、eliot55さんのおっしゃった事にひとつだけ問題があるのです。 ごめんなさいね。 つまりHow about~の件です。 How about you? となるから、「How do you think about ~の短縮だというのは???です。 」という正しいeliot55さんの答えになるのですが、ですが、なんですね。 これを、How about it? となると、eliot55さんの説明では間違いとなり、suckerさんの説明が正しくなり、本文はHow do you feel about itとなるわけです。 つまり、aboutの目的語が主語となるyouなのか、目的語となるitの違いで、元の本文が違ってくると言う事なのです。 つまり、両人を足して二つに分けた答えが回答となり、残念ながら、一人一人の回答では、説明不足となってしまいます。 ごめんなさい。 反論の反論と言う形をとってしまいましたが、一応これで、この件は解決と言う事でいかがでしょうか。 では、もう今日はねなくてはなりませんので。 Ciao for now! はい、Gです。 eliot55さんの How about ~がHow do you think about ~の短縮だというのは??? です。 (私が「正しくない」というのは、「使われない」という意味です) How do you feel about ~は正しい言い方です。 について説明しますね。 なぜ、って、日本で教えている英語が、日本語に直されて教えられているから、問題があると言う事を示したいからです。 A ベストアンサー アメリカに35年半住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。 ニューヨークに早くつきたい、と言うフィーリングは、今ニューヨークに実際についていたらなぁ、と言うフィーリングでもありますね. ですから、 I wish I was already in N. now!! と言う言い方も出来ますね. wantをwishに変える事によって「切実なフィーリング」を表現し、まだついていないニューヨークにいたらもうこんな「困難」を味わう必要がないのに! と言うフィーリングですね. 学校で習う「仮定法」ですね. want to get to New Yorkですが、go to N. より「つきたい」と言うフィーリングですので、十分使えますね. って言いますね. アメリカ人もこれをします. How long more does it take to get to N. と独り言を言う事にもなりますね. もフィーリングを自己疑問に変えることも出来ますね. また仮定法を使って、I wish I could arrive at New York sooner! と事情があって早くつけないけど早くつけたらなぁ、と言うフィーリングですね. 単なる行きたい、と言うのでした、 I want to go to N. でいいですね. I hope to go to N. と言う言い方も出来ます. これに「いつか」と言う意味のsomeday, one of these days, before I die, before I get too old,などを付け足す事によって、将来、と言うフィーリングを強調する事も出来ますね. これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。 アメリカに35年半住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。 ニューヨークに早くつきたい、と言うフィーリングは、今ニューヨークに実際についていたらなぁ、と言うフィーリングでもありますね. ですから、 I wish I was already in N. now!! と言う言い方も出来ますね. wantをwishに変える事によって「切実なフィーリング」を表現し、まだついていないニューヨークにいたらもうこんな「困難」を味わう必要がないのに! と言うフィーリングですね. 学校で習う「仮定法」ですね. want to get... 「go(to)」はなくても良いのでしょうか? 例1)I'm going to Yuki's house for dinner~ 例2)She and Hiroshi are going to an inn near Mt. Fuji~ このbe going to の後に「go to」は要りませんか? 他の本(参考書や辞書など)にはbe going to の後に「go to」がある場合もありますし、私自身も動詞の原型が来ると覚えていたので分からなくなってしまいました。 英語が苦手なので何故要らないのか分かりやすく教えていただけると幸いです。 よろしくお願いします。 A ベストアンサー 次の事例で説明してみます。 ---------------------- アメリカに行きます。 1 まず頭で考えます。 I will go to America. I am going to go to America. I am going to fly to America. I am going to leave Japan. I am going to America. と I am going to go to America. を混同されているようですね。 I am going to do は、I am going to ~ と外見は似ていますが、文法上も、考え方も全く違います。 次の事例で説明してみます。 ---------------------- アメリカに行きます。 1 まず頭で考えます。 I will go to America. I am going to go to America. I am going to fly to America. I am going to leave Japan. I am going to America. Q 基本的質問で申し訳ありません、 私がまだ一度も行った事のない(中国)の友人に対して、 「中国に一度行ってみたい!」と言いたいのですが、 「i would like to try going to one time china」という表現で良いのでしょうか? それとも、もっと簡潔に、「i want to go china 」でも 良いのでしょうか? でも、この場合だと「私はまだ一度も中国に行ったが無い!』という事実が伝わらない様な気がします、、。 (一度も行った事がないので、是非行ってみたい、という気持ちを伝えたいのですが。 ) どちらがより適切な表現なのか、または他の表現方法をどなたかご存知でしたら、是非お教え下さい、 お願いします! また、英会話でよくつかう表現や、英会話の辞書代わりに使えそうなサイトをご存知の方がいらっしゃいましたら、教えて頂きたいです。 A ベストアンサー アメリカに35年半住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。 言った事がない、と暗に言うには、I would like to go to China at least once before I die. 死ぬ前に 一度は中国に行ってみたいです. と言う表現が出来ますよ。 at least onceで一度は、と言っている訳ですね. また、一度は、という言い方をして、その一度はまだ起きていない、というフィーリングも含んでいるわけです. 中国は国ですから、Cは大文字になり、go to Chinaという言い方になります. 訪問したい、というのであれば、like to visit Chinaとtoをつけません. また、I hope I will be able to go to China someday. と言う言い方をして、いつかいけたらいいです、というフィーリングを出すことも出来ますね. これも、今まで行った事がないというフィーリングを含んでいますね. これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。 アメリカに35年半住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。 言った事がない、と暗に言うには、I would like to go to China at least once before I die. 死ぬ前に 一度は中国に行ってみたいです. と言う表現が出来ますよ。 at least onceで一度は、と言っている訳ですね. また、一度は、という言い方をして、その一度はまだ起きていない、というフィーリングも含んでいるわけです. 中国は国ですから、Cは大文字になり、go to Chinaという言い方になります. 訪問したい、というのであれ... A ベストアンサー Gです。 追加させてくださいね. 状況が分かりました. すこし、愛情 異性への感情 も込めてもいいのかな。 ですね、これを、I hope you are not too tired. と変えることによって,もう少しやさしさの感情を入れることが出来ますね. もっと入れたいのであれば,I'm always worried when I see you so busy and tired all the time! という心配している,という感情を入れることも出来ますね. 基本は,You've gotta be tired You must be tired です. これをどのように,感情を込めるかによって,相手を「どのように」ねぎらう事が出来るかが変わってくるわけですね。 とagainをつけることで,文章の重みが変わってきますね。 また、I know you have to work hard but I hope you will take it easy once in awhile. と分かり易く、たまには無理しないでね. と出来ないのかもしれないけど,少なくとも無視しないでと願っています,というフィーリングを示す事ができるわけです. ねぎらいとは相手を思う気持ちです. その気持ちを伝える為には,そのための表現もする必要もある、と言うことですね. これが、単なる同性友達であれば、You sure look tired out today again! Come-on! Take it easy and don't work too hard! と言うラフな言い方をするわけです. 恋人であれば,Sweetheart, I'm concerned about your health whenever I see you are so tired from busy days! I want you to know I worry about you. と、忙しくて疲れているのを見ると心配でしょうがない. 審判しているんだ. と言う表現であなたの持つやさしさをあらわすことができますね。 これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。 Gです。 追加させてくださいね. 状況が分かりました. すこし、愛情 異性への感情 も込めてもいいのかな。 ですね、これを、I hope you are not too tired. と変えることによって,もう少しやさしさの感情を入れることが出来ますね. もっと入れたいのであれば,I'm always worried when I see you so busy and tired all the time! という心配している,という感情を入れることも出来ますね. 基本は,You've gotta be tired You must be tired です. これをどの... こないだ、"Why did you come to Japan? "と聞くと「いったい何の理由があって来たんだ?」というニュアンスになってしまい、失礼な感じになると本で読みました。 だから、"Are you here on business? "などを使いなさいとのことだったのですが、相手がビジネスなのか観光なのかなんなのか全然見当が付かないときはどうしたらいいでしょう? 前回の質問では、"What brought you here? "という意見をたくさん頂きました。 僕もこの表現は知っていたのですが、もうちょっと軽い表現はないかなと。 いや、もちろん使って間違いはないと思うのですが、例えば親しい友達同士合ったときとか、"How are you? "とはあんまり言わなくて、"What's up? "とか言うらしいじゃないですか。 それとも、軽い感じで聞く時でも"What brought you here? "って言うんでしょうか。 みなさんどう思われますか?また、"What brought you here? こないだ、"Why did you come to Japan? "と聞くと「いったい何の理由があって来たんだ?」というニュアンスになってしまい、失礼な感じになると本で読みました。 だから、"Are you here on business? "などを使いなさいとのことだったのですが、相手がビジネスなのか観光なのかなんなのか全然見当が付かないときはどうしたらいいでしょう? 前回の質問では、"W... A ベストアンサー Hamburger steakという言い回しは辞書にも載っているのであるのだとは思いますが、アメリカでよく耳にする表現ではないですね。 ドイツ料理店やギリシャ料理店なんかではGerman steakとかHamburger steakと言う表現を目にするかもしれません 普通一般のダイナーやレストランでそういうメニューがあるかなあと考えると、質問者さんがお書きのSalisbury steak が一番近いのではないでしょうか。 Hamburgerのバン抜きと注文することも出来ますね。 ただ微妙に違いますが。 日本でのハンバーグステーキには必ずといっていいほどつなぎが入っています。 卵とかパン粉とかたまねぎのみじん切りとか。 アメリカでHamburgerと言ったらつなぎが入っていることはめったにありません。 塩コショウと多少のスパイスで味付けされたひき肉パティを指すわけですから。 Salisbury steak はひき肉につなぎが入っているものです。 ですのでこれが一番近いかと思います。

次の

you

どこ の 国 に 行き たい です か 英語

この記事の目次(もくじ)• なぜオンライン英会話なのか コスパが抜群にいい なんといってもオンライン英会話のメリットはコスパです。 オンラインのため低料金でレッスンを受けることができ、 かつ、時間の節約にもなります。 時間がない会社員、ましてや英語だけでなく、今の業務の引継ぎや 必要な物資の買い出しなどやることは盛だくさんです。 1レッスン30分程度から始められるオンライン英会話は 追い込みをかけるにはもってこいの方法なんです。 赴任前の予行練習、総まとめとして活用できる これまでたくさんの時間を費やし、英単語を覚え、文法を覚え、リスニングの練習をしてきたと思います。 しかし、最後はなんといってもスピーキングが大事です。 残念ながら日本人は海外の国と比べても、 圧倒的にスピーキングの練習が足りません。 日本人は文法はできるが話せない 何てことをよく聞くと思いますが、これは本当です。 いくら勉強して単語を覚えても、使えなければ意味がありません。 活用方法とオンライン英会話の選び方 どんなコースがいいの? オンライン英会話によって、先生のレベルや出身国、使う教材はバラバラです。 それぞれ見ていきましょう。 英語といっても、アメリカ英語、イギリス英語、オーストラリア英語、シンガポール英語、フィリピン英語、、 英語は英語ですが、発音やアクセント、単語にも多くの違いがあります。 まず、 あなたが行く国がどんな英語を話すのか、先生を選ぶ基準としてください。 私の場合、ベルギー(非英語圏)に赴任しましたが、ヨーロッパ諸国はイギリス英語を基本として学習しています。 そのため私はイギリス英語を話す講師の多いオンサイン英会話を選びました。 〇〇メソッドだったり、ビジネスコースなど多くの選択肢がありますが、 出向直前であればそんな勉強は捨てて、会話にフォーカスしていきましょう。 つまり、 フリースタイルを選び、自身でレッスンごとにテーマを選ぶほうがわかりやすいです。 例えばDMM英会話では、プラスネイティブプランというオプションがあり、 アメリカ、イギリスなど、ネイティブスピーカーが多く在籍しており お値段もお値打ちです。 また質問や分からない事はすぐにレッスンを止めて確認できますし、 自分でテーマを選ぶこともできます。 私の場合は、4か所ほど無料レッスンを試しましたが、 正直違いが感じなかったため、 ・マンツーマンでネイティブと話したい ・安くおさえたい という理由で、最終的にはDMM英会話に落ち着きました。 無料お試しだけでもかなりのレッスン数を受けられる! ちょっとした裏技ではないですが、基本的にどこのオンライン英会話でも数回分の無料レッスンを受けられます。 いろんなオンライン英会話で 無料レッスンをこなすだけで、何十回もタダでレッスンを受けられます。 メリット 色んな人と話せるため、色んな英語を聞き、色んな人と話す練習になる デメリット 自己紹介など同じ会話の繰り返しになり、テーマを変えづらい 自分にぷったりのオンライン英会話を見つけ、赴任に向けしっかりラストスパートかけてくださいね!.

次の