巨大 ウナギ。 国内消費230年分、海王星で巨大ウナギ発見 NASA

ネッシーはいない!存在を間違えた巨大ウナギの大きさを徹底調査

巨大 ウナギ

もくじ• ネス湖のUMA『ネッシー』の正体は『巨大ウナギ説』が発表! ネッシーの有名な写真は模型を使った捏造だって撮影者が暴露してたはずだけど。 「未確認生物(通称ネッシー)」をめぐり、国際的な科学者チームは5日、「正体はおそらく巨大なうなぎだ」と発表した。 livedoor. そこから現在まで、数多くの目撃情報やトリック写真での捏造など、様々なドラマがありました。 個人的にこういった経緯も含めて、ネッシーがUMA(未確認生物)の中で一番好きなので少し悲しくもあります。 今回の発表によると ネス湖周辺の生物由来のDNSを採取した時に、爬虫類の由来の物がほぼ見つからなかったため、ネッシーの存在が否定されていました。 体長が10mを超えるような肉食生物の生存は、限りなく不可能とも言われていました。 まあこれに関しては、ネッシーが雑食になったとか、省エネでも生きられるよう進化したとか言い出すと、キリが無いので止めておきます 笑 そこで今回出た新説が 『ネッシー巨大ウナギだった説』になります。 ウナギは基本的に雑食性でなんでもよく食べ、餌となる生物の範囲が広いことも、この説を後押ししているようです。 個人的な考えですが、 首長竜と間違えるほど大きなウナギがいたとしたら、その存在自体がもはやUMAだと思います。 『ネッシー首長竜説』が否定されても、ネス湖に巨大ウナギがいるかもしれないという、ワクワク感が残っていることには感謝したいです 笑 スポンサーリンク ネッシーの正体が巨大ウナギってあり得るの?その種類やサイズについて 続いてはネッシーの正体が巨大ウナギだった場合についてです。 まず、『ネッシー巨大ウナギ説』が持ち出されたきっかけになったのが、ネス湖で生物由来のDNAを採取した時に、 大量にウナギのDNAを発見したためです。 ネス湖があるイギリスと言えば、昔からウナギをよく食べることでも知られていますよね。 ウナギが巨大化すると言ってもイメージが湧きませんよね? 一般的にウナギの仲間で大きなサイズになるのは、『オオウナギ』という種類です。 新しいバージョンの寝相を披露する当館のオオウナギさん。 ただ、オオウナギの生息域は『熱帯・亜熱帯域』と、温かい地域を好むので、 ネス湖の気候には適応できないとも言われております。 こういったことからも、 『巨大化したオオウナギがネッシーの正体』ということ可能性は極めて低いです。 そこで次の候補として出る種類が、 ヨーロッパウナギと呼ばれているものです。 筒があったら入りたい、たとえ短くても。 ヨーロッパウナギ。 — なそり 2doragonssong ヨーロッパウナギはその名前の通り、ヨーロッパに生息しているウナギで、昔から食用としても利用されていました。 最大サイズは約130cn程度と、見た目や大きさに関してはニホンウナギとほぼ同じですね。 ちなみにこのヨーロッパウナギですが、 『すき家』や『なか卯」』などのチェーン店でも使用されているそうです。 味が気になった方は食べてみて下さい 笑 もしかすると・・・ 我々はすでにネッシーを食べたことがあるのかもしれませんね 笑 過去のデータによると、これまで ヨーロッパで捕獲されたウナギ(おそらくヨーロッパウナギ)は最大で5. 38kgという記録があるそうです。 ただこのサイズでは、残念ながらネッシーと呼べるほどの大きさではありません。 しかし、過去にこのような記録がある以上、まだ捕獲されていない巨大ウナギがネス湖に隠れていても不思議ではないでしょう。 スポンサーリンク ヨーロッパウナギの寿命が驚き!ネッシーになる可能性もある? 続いてはヨーロッパウナギの寿命についてです。 まず、生物が巨大化するには長い年月がかかる場合が多いです。 そういったことからも、 ウナギの巨大化で重要な要素の一つになるのがその寿命になります。 一般的にあまり知られていませんが、ウナギはかなり長寿です。 野生か養殖によって寿命は違いますが、 その寿命は50年以上になるとも言われています。 ヨーロッパウナギでは過去に、推定 155年以上も飼育されたヨーロッパウナギがいたことも知られています。 しかも絶食にも強く、一年以上何も食べなくても平気という話しもあります。 こういったことからも、ネス湖で長い時間をかけて成長した巨大ウナギがいる可能性は否定できないですね。 ちなみに下の画像は、 イギリスで捕獲された全長6メートル・体重60kgのアナゴです。 大きすぎてアナゴと言われてもわかりませんね 笑 ウナギの近縁種であるアナゴがここまで大きくなるのですから、ネス湖のウナギもこちらの想像を上回るほどのサイズになって欲しいですね 笑.

次の

\驚きの半額/ 巨大 うなぎ蒲焼 1尾 約400g ウナギ 鰻 蒲焼 かば焼き 土用丑 土用 丑の日 のし対応可能 送料無料 冷凍便 本 お中元 ギフの通販はau PAY マーケット

巨大 ウナギ

沖縄に生息している天然物のウナギは「オオウナギ」である。 オオウナギは「ウナギより不味い」のは本当なのか、試してみた。 オオウナギに憧れて 沖縄では鰻を食べる文化がなさそうなものだが、養鰻場もあり、比較的よく鰻の蒲焼がスーパーで売っている。 今では土用の丑の日にスーパーで鰻丼セールもするし、鰻専門店だってある。 まぁ、今回の主役はウナギではなく、 「オオウナギ」である。 私たちが食べるウナギとは別種で、 日本では南西諸島に生息し、最大で体長2m、体重20kgにも達するらしい。 本サイトを昔から知っている人は、が以前捕りに行ったのを覚えているだろうか。 そちらにも書いてあるがには「鹿児島県南部や南西諸島、台湾などでは食用や強壮剤にされるが、 ウナギより不味いとされている」と書かれている。 そんなこと言われたら食べてみずにはいられないじゃないか! オオウナギを捕まえよう miooonは、どこかの洞窟的なところで手づかみでオオウナギを捕まえようとしていたが、ウナギの手づかみはかなり大変そうだ。 あと洞窟とか怖い。 暗いし。 というわけで、とりあえずググって仕掛け的なものをつくってみた。 ペットボトルに道糸をつけて、先っぽに重りと針というシンプルな仕掛けである。 こいつに餌をつけて投げて、ウナギが食いつくとペットボトルが倒れるので、ゆっくり捕まえる、という仕掛けらしい。 えさをつけた針にウナギが食いつくと… ペットボトルがガターン! やんばるに行ってきた ではどこに仕掛けを置くのか。 こんな時はヤンバル(沖縄北部)である。 人生で大切な事も、でぃーおきなわのネタもだいたいヤンバルにある。 困ったときはヤンバルにいけばいいのだ。 というわけで、通りすがりの人のアドバイスを聞きつつ国頭村の川沿いで仕掛けを設置することにした。 いきなりで恐縮ですが で、経過を吹き飛ばしていきなり結果なのですが、 爆釣(バクチョウ)でした。 投げ入れる先からペットボトルが倒れ、入れ食い状態。 ヤンバルすげえ。 あまりの凄さにペットボトルの仕掛けにかかるウナギの写真を撮り忘れましたので、とりあえずオオウナギ本体をご紹介。 ウナギと違うのは背中の模様。 なんだかまだら模様になってます。 あと太い。 長さはあまり無いけれど結構な太さがあります。 大きいものが直径20cmというのもなんとなく信ぴょう性があるなぁ。 ここで本題 さて、忘れてはいけない。 この記事のタイトルは 「オオウナギでつくる鰻丼はうまいのか」である。 さっそくオオウナギをひらいて、背骨と内蔵を取り 適当なサイズに切り分けます。 そして、炭火でよく焼きます。 よく焼かないと泥臭いらしい。 ウナギを焼いているうちに、ご飯も炊いておきます。 ほどよく焦げてきたら、タレを塗り、さらに焼きます。 そして、ウナギをご飯にのせたら オオウナギ丼完成! 香りはうな重のままで、唾液がでてくる(この時すでに夜になっていたので何も食べていなくて空腹なのもある)。 早速味見をしてみると …? ウナギというより鶏肉の味である。 ササミにウナギのタレを塗ったらこんな味になるのかもしれない。 しかしたまにウナギの味もする。 なんだか不思議な食べ物だった。 でも決して「ウナギより不味い」わけではなかったと思う。 次回はオオウナギパイを目指したい というわけで、結構さっくりオオウナギをとれたのだけど(全然ググった結果を信用してませんでした。 ごめんなさい運命の神様とGoogle先生) 意外にテンパって、写真を余り撮らなかったので全然臨場感がない記事になってしまった(想定では釣れるはず無いよねーみたいな終わり方だったのに!)。 次はウナギが釣れていても、冷静にカメラを構えるクールさを身につけたい。 あと鰻丼だけでは「ウナギより不味い」かよく分からなかったので、次は沖縄大人のお菓子、「オオウナギパイ」をつくりたい。 きっとうなぎパイより美味しいはずである。

次の

まるで大人の腕! 巨大ウナギ次々 日田・三隈川のアユやな場 大分県|【西日本新聞ニュース】

巨大 ウナギ

最新の調査によれば大量のウナギの可能性があるとのこと 国際的な科学者チームは2019年9月5日ネッシーは存在しなかったとし、正体は確定ではないが、巨大ウナギだとして発表しています。 昔からネッシーの目撃があいついでいるネス湖250カ所でDNA調査を行い、巨大ウナギのDNAを発見したとして、今回の結論に至ったそうです。 ウナギは本来よりも異常に大きく成長するケースがあるため、その可能性があるとのことでした。 出典:gremlin-iStock また、スペインでは体長3メートルにも及ぶ巨大ウナギを少女が釣り上げたと話題になったそうです! その写真がこちら! もはやウナギではありませんね。 確かに、これほどの巨大ウナギが水面をジタバタすればネッシーと見間違える可能性も考えられます。 巨大ウナギは近隣の台湾などでも多く発見されています。 世界中の熱帯地域で発見されているそうです。 管理人の感想 う~ん。 確かに動画の浦内川で発見された巨大ウナギを見ると、ネッシーと思っちゃうかもしれませんね。 数々の目撃情報は、巨大ウナギがたまたま水面下に顔を出していたシーンの可能性もあでしょう。 個人的にはネッシーやっぱり実在したとなって欲しいですね。

次の