タイ トラベルバブル。 タイのトラベルバブルがなんだか見えてきた!

7月2日タイの朝のニュース紹介。トラベルバブル検討状況、今月は黄色の服着用、幽霊の出る国会で予算審議中、等

タイ トラベルバブル

由来 [ ] がする際、が「」ではなく「Stay in your bubble(自身の泡の中にいてください)」と温和な表現を用いて宣言を発令した。 ここでいうバブルは・や狭い範囲でのを指していた。 その後、間の外出規制の緩和やが解除される中で、隣国で同じ島国であったこともあり感染者数を抑えていたとの間で「トランス・タスマン・バブル」(両国間を隔てる「を跨いだ一つの泡」という意味)を締結し、自由往来を再開させることに合意したことでトラベルバブルが誕生した。 具体例 [ ] ではの・・が5月15日にを開放し自由往来を再開した。 これがヨーロッパにおけるトラベルバブル第一号とされる(バルティック・バブル)。 さらににより審査なしで加盟国民の越境が認められていたでは自由往来の再開が容易であり、二国間・多国間でトラベルバブルを締結する動きが盛んになっており、においても議論が浮上している。 そうした中、EUが7月よりからのの受け入れを再開することにしたが、日本は6月末時点では・・オーストラリア・ニュージーランドの4ヶ国に限り目的での渡航を1日あたり250名程度を上限に迎え入れるに留まっており、トラベルバブルが成立したとはいえない状態にある。 エアブリッジ [ ] トラベルバブルを実施するにあたり、相互往来の前提として「エアブリッジ協定」を結ぶことになる。 これはバブル内で移動する2地点(出入国)間において、双方への到着後に感染を警戒する経過観察としてのを免除することで、旅行者の不安・負担を軽減する。 免除条件としては、互いにが1を下回っていることなどが上げられる。 安全策 [ ] トラベルバブルは感染症対策が確立していることが前提となる。 具体的にはが自国出発前になどを受診して無感染であることを提示する健康証明や搭乗前の検温実施、目的地到着時に再度の検査・検温や、滞在中の行動予定(訪問・宿泊先)を提出し、感染が発生した際に(感染者追跡)ができるよう連絡先やのによる移動履歴の掌握ができるようにしておく必要がある。 課題 [ ] トラベルバブルのに乗り遅れまいと早急に自由往来を再開することで、感染症の再流行が起きてしまうことが危惧される。 前述のようにトラベルバブルが締結されていない日本とEU間をがすると、感染指定地域からの帰国と見なされ、からのの利用自粛や経過観察処置として2週間の自宅待機など自主隔離が求められることになる。 脚注 [ ].

次の

トラベルバブル:日本とタイの二国間協議で旅行泡圏は形成されるのか

タイ トラベルバブル

タイが新型コロナ流行第一波の収束を宣言!でもトラベルバブルは延期に… タイ国内での新型コロナ第一波が収束! タイ保健省疾病管理局は、過去44日間に渡ってタイ国内で新規にコロナ感染者が出ていないことから、 「新型コロナによる国内での第一波流行は収束した」と発表しました。 このコロナ期間中にタイに居らっしゃった方であれば分かると思いますが、タイは本当に国を挙げて徹底したコロナ対策をよくやってのけたと思います。 もちろん第二波への警戒を緩めることはできませんが、ひとまずは新型コロナ対策における良い手本を世界に示すことができたのではないかと思います。 とはいえ今回のコロナ対策でダメージを受けた経済をどのように立て直していくのかも、今後の重要な課題の一つと言えるでしょう。 先日、再開された近所のナイトマーケットを歩いてみましたが、やはり経済面でのダメージは確実に残っている様子を感じました。 本来の計画ですとこの8月1日より日本、韓国、中国から、観光目的での外国人を積極的に誘致する計画がなされていました。 しかしそれらの国での新型コロナウイルス流行第二波が見られ始めていることから、 タイの民間航空局は当初予定されていたトラベルバブル8月スタートを 無期限に延長すると発表しました。 まとめ タイ国内ではコロナ第一波の収束が宣言され、多くの人たちがホッと一息つくことができているでしょう。 これから経済面でどのように立て直していくかが課題となっていきますが、そこに来てのトラベルバブル無期限延長はどのように影響していくのでしょうか? まず言えることは、これで年内のタイへの観光入国は一層厳しくなったということです。 「観光」が国の経済を回す主要な方法となっているタイでは決して無視していけない状況だとも言えるでしょう。 さらなる計画のアップデートがあるかもしれませんので、今後もアンテナを張っていきたいと思います。

次の

タイのトラベルバブル入国は延期?前職BTS社員と夜遊びタニヤ!

タイ トラベルバブル

東南アジアと豪州、日中韓など約10カ国で旅行を再開させようというトラベルバブル構想が萎みそうだ。 タイ政府も新型コロナウイルスのリスクの低い国で「トラベルバブル」の枠組みを作り、その中で外国人旅行者を2020年8月末までに受け入れる方向で計画を進めていた。 しかし、中国、日本で感染が拡大している事から、タイ首相を始め、状況を注視しており、トラベルバブルの開始時期が遅れる可能性が高まってきた。 感染を抑え込んだタイ、台湾、ベトナム、ミャンマー、それに感染者がいない中国の地方都市をメインに進めた方が本来の狙いに合致しているので、日本は一歩、引き下がるしかない。 タイ民間航空局(CAAT)によると、「トラベルバブル」の枠組みに入るように計画していた新型コロナウイルスを抑え込んだいくつかの国が、再度感染拡大傾向に入ったため、「トラベルバブル」の開始時期が遅れる可能性があるという。 バンコクポストによるとCAAT事務局長は、中国、日本、韓国など多くの国で「トラブルバブル」の話が取りざたされているが、再度感染拡大しているため、この計画は延期されるだろうと述べた。 そのバンコクポストは経営難で本社社屋を売却した😂 またプラユット首相も、「トラベルバブル」での早期の外国人旅行者受け入れに懸念を表明。 さらにチュラロンコン大学の医学博士ティラ・ウォラタナーラット氏も、依然として新型コロナウイルスは世界の脅威のため、「トラブルバブル」には細心の注意を払うよう政府に要請をした。 なおタイでは、7月8月まで44日間連続で国内の感染者は出ていない。 BTSの座席にあった間隔が無くなり、国内にはコロナウィルスはいない。 それでもみんなマスクをしている。 何日も同じマスクをしてたら、自分の臭い息でめまいを覚えたアナタ。 綺麗な砂浜のビーチ🏖 ホテルは800円。 アパートは月6000円z フォーが70円、アイスコーヒー70円。 ティーは可愛かったな😂 サイコパスだったけどね.

次の