ベランダ 突っ張り 棒。 【通販モノタロウ】

【楽天市場】物干し 洗濯干し 突っ張り つっぱり ベランダ 物干し SVI

ベランダ 突っ張り 棒

こんにちは!現役アウトドアガイドのAKです。 突然ですが、洗濯物を干す時にもう少し高さがあればなーと思った事はありませんか? 私は賃貸のマンションに住んでいるのですが、ベランダの物干しの位置が低く、洗濯物が地面に着いちゃうんですよね。 地面に着くと、せっかく洗濯したのにがっかりしますよね? そこで今回は、ベランダの物干しの位置をもっと高くできる、突っ張りタイプの物干しを紹介したいと思います。 また、突っ張りタイプの物干しは、倒れたりして使いにくいというイメージが私もあったのですが、今回紹介する物干しは安定感抜群ですよ。 更に部屋干しにも使えますし、賃貸に住んでいる人も使いやすい物干しです。 もし私と同じように、悩んでいる方がいれば、参考にして下さい。 リンク 私が実際に使用ている、突っ張りタイプ物干しになります。 評価(レビュー)の数や内容を読んでも安心できそうだったので購入しました。 勝手なイメージですが、こういう突っ張りタイプは、倒れやすく洗濯物もあまり干せない(重さ的に)と思っていたのですが、実際かなりの数の洗濯物を干す事が可能です。 参考に下記画像を貼っておきます。 これぐらいなら楽勝で干せ、具体的な重さは30kgまでなら問題ありません。 ちなみに、 この画像は2020年の5月に撮影したものでして、約2年ほど使用していますが、壊れることなく使えています。 料金の割に耐久性も高く、コスパは非常に高いですね。 我が家の使い方 我が家の使い方ですが、室内用の物干しとして活用しています。 本当は、ベランダが低く洗濯物が地面に着くので、屋外用として購入したかったのですが…私の家のベランダは天井が高く、物が干しを限界まで突っ張っても天井には届きませんでした。 この物干しは2m75cmあるので、余裕で天井まで届くと思っていましたが、まさかの届かず 笑 ちゃんと高さを調べず、購入してしまった事を反省しています。 正にオールラウンダーで屋外、室内とどちらでも使える優れものです。 本来は屋外用なので、ベランダの高さが2m75cm以下なら、屋外用としても活用できます。 ただ、私のようにベランダが高い人でも屋外で使える物干しを次の章で紹介します。 天井が高い人はスタンドタイプ! 色々調べてみたのですが、更に高さがある物干しは中々見つけられませんでした。 私のベランダは3m20cmあるのですが、この高さに届く物干しは見つけられず…でも、「他のアパートの住民はどうやって屋外で干しているの?」 という事で、他の人のベランダを外から少し拝見させてもらいました。 多かったのが、突っ張りタイプではなく、 スタンドタイプの物干しを使用している人が多かったです。 そこで、スタンドタイプで色々調べて私が、これはいいのでは!という商品を見つけたので紹介します。 突っ張り物干しのメリット では、次は今回紹介する突っ張りタイプの物干しのメリットを一緒に見ていきましょう。 突っ張りタイプの物干しは、 伸縮タイプなので、高さも低さも自由自在に、調節できるのも魅力です。 また、画像のように洗濯棒が2本あるので、長いバスタオルは上の棒に、Tシャツ等の短いのは下の棒お使い分けれるので、洗濯物が地面に着くという事はなくなります。 更に、2本の洗濯棒のおかげで、かなりの量の洗濯物を干せます。 それ以外にも、たくさんのメリットがあるので紹介します。 部屋干しにも使える 我が家の使い方で、紹介しましたが、私はこの物干しを室内物干しとして、使用しています。 本来は屋外用ですが、私のように高さを調べず購入してしまったりしても、部屋干しの物干しとして使えます。 部屋干しなんていらないよ!と思う方もいるかもしれませんが、近年は急な天候の変化で雨が降ったり、黄砂が大量発生している日も多いです。 そういった時の為に、部屋干しできる物干しがあると凄く助かります。 私は、アウトドアガイド以外の仕事で、泥や汚水を扱う仕事をするのですが、毎日仕事した後は、作業着が泥まみれで洗濯が必須です。 毎日天気が良いとは限らないので、部屋干しできる環境は私には必須なので、とても助かっています。 賃貸の人でも利用しやすい 他にも突っ張りタイプのメリットとして、壁や天井に穴を空けなくても設置できる事です。 賃貸はあくまで、借りている物件なので、退出時に壁に穴があったりすると、修理費を請求される場合もあります。 そのため、良い物干しを見つけても、先ほどの理由で設置できない事もあります。 ただ、今回紹介している 突っ張りタイプの物干しでは、そういった心配がないので、賃貸の方でも安心して設置できます。 設置が簡単 設置の仕方ですが、道具もいらないので、とても簡単に設置できます。 時間にすると5分もかからないで設置できます。 設置場所を少し変えたい時は、突っ張り棒を緩くする事ができるので、スムーズかつ簡単にできます。 安さと、実用性 お値段もかなり手頃に購入できます。 約3500円ほどで購入できるので、引っ越しをしたばかりで財布が厳しい時でも助かります。 他にも、耐荷重30kgまでの洗濯物を干せるので、 3500円でこの使い勝手はコスパ的にも、かなり優秀だと思います。 30kgの洗濯物の量は具体的に説明すると• Tシャツ15枚• バスタオル5枚• タオル5枚• 小物24枚 これだけの量の洗濯物が干せます。 私は妻と2人暮らしですが、これだけ干せるとかなり便利です。 デメリット さて、良いところばかりを紹介してきましたが、デメリットを書いて行きたいと思います。 まあ、人によってはデメリットと感じない部分もあるかもしれません。 今回書いて行く内容は、あくまで私が実際に使ってみての感想です。 そのため参考程度に見て下さい。 スペースを取る 今回紹介している突っ張りタイプの物干しですが、横幅もかなりのスペースを取ります。 私の部屋の横幅は2m30cmほどですが、画像のようにかなり、横のスペースをかなり取っていますよね。 まあ、私の場合は1回に干す量が多いので、2本の物干し棒を広く使うので1m80ほどの横幅になっています。 ただ、横幅もある程度調節できますし、そもそもこの商品は屋外のベランダに設置するので、横幅はあまり気にならないと思います。 私のように室内用として使う場合は、スペースをかなり取るので注意してください。 私は、畳の部屋に設置しているのですが、特に邪魔になると思った事はないので、2畳ぐらいあれば、スペースも気にならないと思います。 ベランダの(高さ)によっては設置できない 最初に触れましたが、振り返りの意味も含めて改めて伝えておきますね。 もともと屋外用なので、おそらく殆どのベランダの天井に届くと思うのですが、一応自分のベランダの高さを調べてから購入して下さいね。 最悪届かなければ、私の用に室内物干しとして利用ができますよ。 倒れる可能性(設置の仕方次第) この物干しは、天井に突っ張るだけなので、「私も始めは倒れないのか?」と気になっていましたが、しっかり固定すると安定しています。 棒を天井まで伸ばして、ぴったりくっつける こんな感じで、 突っ張り棒をしっかりと、天井に突っ張れば安心ですが、緩かったりすると倒れるので気を付けて下さい。 また、 横の洗濯物を干す棒も、片方だけに重みが掛かると一気に不安定になるので気を付けて下さい。 この2つさえ守れば、倒れたりしないので安心して使えますよ! まとめ 今回は、突っ張りタイプの物干しで、私が実際に使ってみて良いと思ったのでオススメしました。 物干しは色んなタイプがあるので、自分が気に入った物を使うのがいいと思います。 私がこの物干しを気に入った理由は、安いし、簡単に設置できる、部屋干しもできると3拍子揃ったオールラウンダーな物干しなので、紹介させてもらいました。 また、賃貸でも気軽に設置できるのも、魅力ですしレビューを見ても購入者の満足度はかなり高かったのも買った理由です。 本当は、屋外の物干しで買ったのですがコレはコレでアリという事にします 笑 今回は、たまたま、室内干しにできましたが、次からは、物干しに限らずちゃんと寸法を測ってから物買いたいと思います。

次の

ニトリの突っ張り棒が超便利!強力・伸縮式で収納棚やカーテンレールに活用

ベランダ 突っ張り 棒

特にネットの張り方が難しい。 ベランダにネットを掛けるフックなどの金具がなければ、ネットを張るのが難しくなります。 最初の頃は、180cmの園芸支柱にネットを張ってみましたが、高さも横幅も足りず、緑のカーテンとして、ほとんど機能しませんでした。 それよりもネットを支える支柱が安定せず、強風が吹くとぐらぐらと大きく揺れて、支柱が落下するのではないかと、暴風雨のたびに心配していました。 そこで、園芸ネットを張る良い方法がないかと、いろいろ調べているうちに、突っ張り物干しに巡り合いました。 支柱を固定する金具やフックがなくても、ベランダの床と天井が平面であれば、どこにでも設置できるので、突っ張り物干しなら、何とかなりそうだと感じました。 実際、突っ張り物干しを試した結果、きれいにネットを張ることができるうえ、強風でも揺れが少なくなって、頑丈な緑のカーテンに仕上げることができました。 突っ張り物干し 当初はアイリスオオヤマの「SVI-275」を使っていましたが、ホームセンターやインターネットでもっと良いものが無いかと探していたら、よさそうな突っ張り物干しを見つけることができました。 写真を見ても分かるように、この突っ張り物干しは、ベランダに斜めに取り付けられるので、しっかりと固定できるうえ、さおの段数が5段あったので、ネットもきれいに張れると思いました。 突っ張り棒の高さも十分あり、設置が簡単そうだったので、すぐに購入しました。 この突っ張り物干しは、とても良かった。 さおの段位置も簡単に移動でき、横棒に使う園芸支柱も簡単に固定できるうえ、段数が多いので、ネットもたるまずにピンと張れました。 もちろんベランダにしっかりと固定できました。 突っ張り棒の間隔は160cm 最上段のさおは、太目の直径11mm、長さ180cmの園芸支柱を、その下2段目~5段目までの4段は、直径8mm長さ180cmの園芸支柱を使いました。 支柱が突っ張り物干しからずり落ちないように、園芸用輪ゴム「ニチカンバンド」で固定しました。 このバンドは丈夫で、数年間使っても切れません。 突っ張り物干しは、横幅を広く取れるので、大きめの緑のカーテンを作ることができます。 さお受けの段数が多ければ、ゴーヤやへちまのつるをしっかり支えるので、ネットがたるまず、見た目がきれいになります。 【注意】残念ながら、現在この突っ張り物干しは販売されていません。 ベランダ用には、アイリスオーヤマの「ステンレスベランダ物干し SVI-275NR・SVI-300NR」がおすすめです。 我が家の突っ張り物干しは、古いバージョンなので、バネが入っていませんが、この突っ張り棒にはバネが入っているので、より頑丈に設置することができます。 さおは別売りなので、別途園芸支柱を購入して園芸ネットを張れば、たるまずにきれいに仕上がります。

次の

【楽天市場】物干し 洗濯干し 突っ張り つっぱり ベランダ 物干し SVI

ベランダ 突っ張り 棒

なんだかね、ベランダに日除けのカーテンってエコな感じじゃない? 電気代だってバカにならないしね・・・ / ̄ ̄ ̄ \ / :::::\:::/\ / 。:::::。 毎年夏の電気代. ベシベシベシ 取り付け方法はイロイロあるんだろうけど、とりあえずベランダの外側ギリギリの位置にポール 突っ張り棒 を立てて、それぞれにワイヤーを取り付けて日よけカーテンを取り付け、日の当たる時間帯はカーテンを閉めて夜間とか早朝はカーテンを開けて外の景色も見えるようにしたいのよ。 そんなワケでね、材料をイロイロ取り揃えてみたよ。 材料購入してみた! 購入した!って言う前にね、まずはベランダの横幅を測ってみたよ。 今回使用する予定の日除けカーテンは横幅2mのものなので、ポールが3本必要だね。 ちなみに、出来上がりの予定はこんな感じになる予定。 こんな感じでポールを3本立てて、それぞれの間にワイヤーを張り日除けカーテンを4枚取り付けるって感じかな? ポールに直接カーテンを縛り付けての取り付けでもいいんだけど、それだと使わないときにしまうことができないのでワイヤーを使うことにしたよ。 by 建築現場の内装工事に養生するときなんかに使われるやつだよ。 こんな感じで使われてんのな 外で使うんだから、あんまり華奢だと心配なのでなるべくガッシリしたものが欲しくてコレにした! 実際取り付けてみるとグラグラしないし、簡単にシッカリ固定できてGoodな感じ。 次にワイヤーはホームセンターで太さ2mmのものを適当に購入するとして、ワイヤーロープを固定するものが必要ね。 一般的にはワイヤーロープの固定ってオーバルスリーブとかサーキュラスリーブとかで取り付けるんだろうけど、専用工具が必要になるし、ワイヤーをピンっと張った状態で圧着するのも大変だろうから、今回は【リーズロック】ってのを使ってみることにした。 これな。 by どうやって使うのかっていうと、横に穴が開いているのでそこにワイヤーロープを突っ込んだらワイヤーのテンションでロックがかかるって代物。 ただね、これってワイヤーの太さによって種類が変わるから使うワイヤーに応じてリーズロックを選ばないといけないんだけどね。 オーバルスリーブでも同じだけど・・・ あと、日除けカーテンが風で煽られないようにするために100円均一ショップでカラビナフックを2つ購入しておいたよ。 ・・・というわけで、必要な材料が決定したよ。 特にワイヤーロープが気になるみたいね。 箱に入ったままだと分りづらいので、とりあえず一本箱から出してみた。 さて、必要な資材を購入してにゃんこ達による検品も終ったら早速取り付けだ! 取り付けた! ポールを立てんのはいわゆる「突っ張り棒」の要領だから簡単! ある程度の高さまで伸ばして、ロックしたらポール自体を回して固定。 必要本数分ポールを立てたらワイヤーを取り付けするね。 これベランダの天井部分の画像なんだけど、わかるかな? こんな感じでリーズロックを使ってワイヤーで輪を作って、ワイヤーにテンションがかかればシッカリとロックがかかるって仕組み。 ちょっと手元でやってみるね。 まずリーズロック自体はこんな感じで穴が開いているので、そこにワイヤーを突っ込んでみるの。 で、ワイヤー自体に張力がかかるとロックがかかるので、ワイヤーをピンと張るだけでシッカリ固定されるって仕組み。 あと、日除けカーテンが風で煽られないようにポールの足元にカラビナフックを紐でくくりつけておいたよ。 ここまでできたらワイヤーロープに日除けカーテンを取り付けるだけ! 今日はちょっと風が強いので少しカーテンがたわんでるけど、風が収まるとカーテンがピンっと張ってキレイな感じに出来上がったよ。 出来上がりはこんな感じだ。 もう少し全体像が分りやすい画像を用意すればよかったんだけど、ちょっと洗濯物も干してあるし、角度的に難しいのよ・・・ でもまぁ、簡単に開け閉めできるし見た目も良いし、それなりに満足な出来栄えっす。 うむぅ・・・ これで夏の西日から我が家を守ってもらうことにしましょう!! さいごに・・・ まぁ、そんなワケで我が家のベランダに日除けカーテンを取り付けたんだけど、マンションのベランダってあんまり好き勝手にできないから苦労するよね・・・ 一戸建ての家だったら天井部分にアンカーを打とうが、壁面に直接フックを取り付けようが好きにできるんだろうけど、マンションでは勝手に穴を開けることもできないから、こうやって取り外しが容易にできる仕組みにしとかないといけないのよな。 それに、マンションの管理組合とかの方針によってはこうやって外から見える部分にカーテンやポールを取り付けること自体がNGだったりする場合もあるしな。 それからどうやってドコにポールを立てるのか、どうやってワイヤーを固定するのか、日除けカーテンが風に煽られないようにする方法・・・とか、ある程度考えてから実行しないと無駄な買い物が増えたりする可能性があるから注意! 実際私もポール3本で良かったのに、4本買っちゃったしな・・・ 日除けカーテンは計画的に!だ.

次の