アドセンス 稼ぐ 方法。 アドセンス以外のアフィリエイトで稼ぐ方法!違いや併用の危険性も!

Googleアドセンスってどれくらい稼げるの!?ぶっちゃけどうなのか教えます│hiroki's blog

アドセンス 稼ぐ 方法

よく「アドセンス」とか「アドセンス広告」と呼ばれる。 で、この広告は、グーグルアドセンスのサイトに登録(申請)して、承認された人だけが貼れる広告である。 日本では、2003年の12月頃から開始された。 サイトやブログにアドセンス広告のコード(パソコンが読み込む文字)を貼ることで、表示される仕組みである。 あと貼れる広告は、3つまでとされている(最近では、この上限は撤廃された)。 サイト内容に合った広告を配信してくれる(動的広告) 広告には大きく分けると、商品などを紹介する記事にだけ貼る広告(商品紹介)と、一旦設置してその後何も手を加えない広告(動的広告)がある。 Googleアドセンスは、後者の「動的広告」と言われている。 動的広告とは何ぞ! 動的広告とは、サイトやブログに一度貼り付けるだけで、あとは自動でいろんな広告を表示してくれる広告である。 Googleの「コンテンツマッチ広告」が有名である(Googleアドセンスのこと)。 ちなみに、Googleの広告ではないのだが、ランキング情報などを表示する広告もある。 アドセンス広告の報酬は入札制 アドセンス広告は、企業や個人などの広告主から広告費をもらい運用されている。 私たちに支払われる報酬は、そこから絞り出される。 アドセンス広告のワンクリック当たりの単価は、入札形式で決められている。 「広告オークション」とも言う。 広告主(買いたい人)が多いほど、広告の単価が上がる仕組みになっているのである。 なので、基本的にはアドセンス広告は大きい方が、ワンクリック当たりの単価が上がりやすくなる(目立つので)。 ただし、単純に大きい広告を貼ればいいというものでもなく、その広告に関連するコンテンツや広告位置なども単価上昇に関係しているから、少し複雑なのである。 アドセンス広告はとにかくPVさえ集められればお金を稼ぐことができる広告 アドセンス広告というのは、基本的に何の「戦略的工作」を行わなくてもいいのである。 要するに何も考えなくてもいいので、とにかくPVを集める記事を書いてくれればいい、という便利な広告である。 ちなみに、「アドセンス広告」はアフィリエイトなどの商品紹介サイト(ブログ)との併用も可である。 一般的に多くの人は、この手法をとる。 アドセンス広告が初心者向きと言われる理由 正直、アフィリエイトなどの物を売る商売は、ある程度購買意欲のあるキーワードで上位表示されなければ大きな報酬を得ることができない。 例えば、 「ダイエット」「FX」などのキーワードで上位表示されれば、月100万円以上は稼げる、と言われている。 だがしかし、アドセンス広告であればそんなのは関係ない。 何でもいいのでとにかく検索エンジンから、アクセス(PV)を集めればいいのである。 要するに、お金(購買意欲の高い)に直結するようなキーワードでなくてもいいのである。 「漢字」「何かの意味」「英語」「名前」「動物」「ライフハック」「気になること」何でもござるなのである。 以上の理由から、アドセンス広告は「 初心者向き」と言われている。 アドセンスとPVの関係 Googleアドセンスは、PVと大きな関わりがある。 「PV」とは、「ページビュー」のことである。 「ユーザー」=「UU」が人の数だとすると、このページビューはその人が移動した「足跡」のようなものである。 要するに、自分のサイトページが表示されるたびに1PVずつ増えていくのである。 でこのアドセンス広告は、PV数によってある程度「稼げる額」というのがわかるようになっている。 一般的には、1万PVあると、だいたい2,000円~4,000円稼げると言われている(この場合、広告が3つの状況)。 つまり、単純に 1日1万PV以上のアクセスを集めれば、 月10万円以上 の収入を安定的に得ることが可能なのである。 ちなみに、 100PVでアドセンス広告は1回クリックされるとも言われている。 Googleアドセンスの登録方法 実際に、アドセンス広告をサイトやブログに設置したい場合には、Googleアドセンスへの登録(申請)を行う必要がある。 登録の流れとしては、下記のようになる。 サイトやブログを持っていない方は、(下記)のページに進んで下さい。 ここでは、「PINコード」の入力を画面上で行う。 それにより、グーグル側は「住所」や「人物確認」を行えるのである。 そして、銀行口座の登録を行うと同時に「テストデポジット」を行う。 テストデポジットとは、グーグルがお金を振り込み、その額を自分で確認しパソコン上に金額を打ち込む作業である。 以上が、Googleアドセンスの登録(申請)の流れになる。 でこの審査、基本的には通常のサイト(ブログ)を運営している場合には通るようになっている。 私が申請して登録されたサイトを紹介する。 こちらからどうぞ(下記) このサイトは、今現在30記事のページ数がある(最近読み返してみたら、恥ずかしくなった為、投稿記事を非公開にした)。 「主婦の副業」をテーマにしたサイトである(今は放置している)。 ただ、Googleアドセンスへの申請時には、5~7記事程度しかなかったので、このくらいの記事数であっても普通にアドセンスの審査に通るようだ。 Googleアドセンス広告の種類には、 まず、「テキスト広告」と「ディスプレイ広告」の2種類がある。 そして、最近使用できるようになった「関連コンテンツ」で合計3種類の広告がある。 ただし、「関連コンテンツ」に関しては、 ある程度のPVがあるサイトで、Googleアドセンスチームからの許可が与えられたサイトに限られるため、実際に使用できるのは「テキスト広告」と「ディスプレイ広告」になる。 *関連コンテンツに関しては、アドセンスで収入を得られるようになれば、アドセンスの管理画面に通知がくるので、その時は使用してみるのもいいかもしれない。 テキスト広告とディスプレイ広告 「テキスト広告」は、文字の広告になる(上記)。 「ディスプレイ広告」は、画像などの広告になる(上記)。 そして、基本的にこの二つの広告は両方とも使用することで、収益が上がりやすいとされている。 なので、アドセンスの広告を貼る際には「テキスト広告とディスプレイ広告」の広告タイプを選択することをおすすめする。 ちなみにこの広告は、それぞれサイズを選ぶことができる(下記に表示しているのは推薦された広告サイズである)。 レスポンシブは、広告サイズを自動で調整することが可能なので、「パソコン、スマホ、タブレット」などの広告サイズに、自動的に合わせてくれるからである。 以上で、広告の種類についての説明は完了である。 下記では、実際にアドセンス広告をサイト(ブログ)に貼る方法を紹介する。 * Googleアドセンスの注意事項 Googleアドセンスは、誰でも簡単に収益を得られる反面、「利用規約」や「プログラムポリシー」なるものが、かなり厳しい。 そしてこれらの行為を行うとグーグル神から、違反行為を行ったと見られてしまう。 最悪、 「広告停止」や「アカウントの剥奪」など、グーグル神からかなり重い制裁を加えられてしまうのである。 ちなみに、Googleアドセンスのアカウントは、 原則一人一つまでしか取得することができないから、こうした制裁は命取りとなる(ただし、個人事業主としてビジネス用口座を持っている人は、ビジネスアカウントを作成することもできないことはない)。 下記のページでは、Googleアドセンスの規約について紹介する。 アドセンス狩りとは また、アドセンス広告を用いたアドセンス狩りなるものもある。 以前「オヤジ狩り」が流行っていたが、それとは少し違うようだ。 コピペ、ダメゼッタイ! そんな恐ろしいアドセンス狩りの対策としては、「許可サイトの申請」を行うことが唯一の対処法である(不正クリックを防ぐための方法や手段は、現状ではないのである)。 許可サイトの申請方法は、下記のページで紹介する。 Googleアドセンスの稼ぎ方 Googleアドセンスの稼ぎ方としては、基本的に「一にアクセス、二にアクセス、三四がなくて、五にアクセス」といったようにアクセス数が全てなのである。 そうすると、Googleアドセンスで最も稼ぎやすいのは 「特化ブログ」や「特化サイト」になる。 特化サイト(ブログ)については、次のページで詳しく紹介する。 あと、アドセンスで収益を多く上げるには、広告位置も大事なポイントであるからして、 下記のページでは、「アドセンスの稼げる広告位置」「私のアドセンス実績」「稼げない理由」などを紹介する。 次のページは、の巻.

次の

グーグルアドセンスのCPC(平均クリック単価)を上げる4つの方法

アドセンス 稼ぐ 方法

アドセンスで稼ぐ方法!初心者の私でも十分稼げる! グーグルアドセンスは、クリックされた時に 収入を得ることができます。 アフィリエイト初心者だからこそ 稼ぐことが簡単だとも言われています。 私も実際に、アドセンス初心者にもかかわらず、すぐに実績を出すことができました。 そして今ではアドセンスを初めて6ヶ月しか経ちませんが、1日の報酬は、 約55,000円〜60,000円ほどあります。 このようにアドセンスは、なぜ初心者にオススメとされているのでしょうか?その点について説明していきたいと思います。 アドセンスは適切な広告を選んでくれる アドセンスは画期的なシステムを採用しています。 それは 「適切な広告を勝手に選んでくれる」というものです。 読者が興味を持っている、あるいは関心を示している商品やサービスに関連した広告が掲載されることになります。 そのため、同じページにあるアドセンスでも読者が違えば、 広告内容も変わります。 誰か特定の人に合わせた広告を勝手に自動に選んでくれるのです。 スポンサーリンク これは素晴らしいことではないでしょうか?通常のアフィリエイトであれば、ジャンルに合わせて広告を選んでいます。 そのため、興味がある人しか集まることがありません。 ただページに貼るだけで、広告が勝手に動いてくれます。 とても気軽で簡単に設置できるので、非常に有効的に活用することが可能となっているのです。 初心者でもオススメということが理解できる内容です。 アドセンスはクリックだけなので十分稼ぐことが可能 通常の成果報酬型広告収入(アフィリエイト)では、商品やサービスを購入したり登録したりする事により収入を得ることができます。 しかし、アドセンスでは クリックをしただけで収入を得ることができるのです。 つまり、収入を得るハードルがかなり低くなっているのです。 稼ぐ方法として紹介されているのは、まさにここにあります。 初心者でもすぐに成果が出ることもあり モチベーションアップにつながりやすいのです。 アドセンスで稼ぐ方法としてはクリックしただけで収入を得ることができるのが魅力的です。 最近はアドセンスを取り入れるサイトやブログは非常に多くなりました。 何気なく見ている広告が実はアドセンスだったりもします。 それだけ気軽に活用することができている証拠でもあります。 では、自分でクリックしたら良いじゃないか!って思うかもしれませんね?それはごもっともな意見ですが、グーグルでは 「不正クリック」として扱われます。 禁止行為になっていますので発見されしだい アカウント停止処理を受けてしまいます。 不正行為に関して、グーグルはかなり力を入れていますので、そういったことは絶対にしてはいけません! アクセスが集まるアドセンスのサイトやブログを作る ではアドセンスで稼ぐ方法として最大の武器は何でしょうか?これはやはり 「アクセス数を増やす」に尽きます。 クリックしてくれるだけで報酬が発生しますので、見てくれる人が多ければそれに比例してクリックをしてくれる人が増えるようになります。 ではアクセス数を増やすにはどうすれば良いでしょうか?そこでたどり着くのが 「人が見たくなる記事を書く」です。 これはどんなジャンルでも同じことが言えます。 興味をもたれる記事を常に書き続けるのが、とても 重要なポイントになります。 アクセス数の高いサイトやブログをすぐに作るのが難しいでしょう。 長い時間をかけてコンテンツを充実させていくことでその部分を作りだすことが可能となります。 ここは地味にコツコツと続けるというのがミソになります。 平均的に1日に1万PVを達成しているサイトやブログでは2000円〜2500円程度の収益を得ることができるのです。 30日あれば6万円〜7万5千円です。 しかも一度作ってしまえばブログやサイトは資産になります。 そうなれば長期的に稼ぐのも可能なのです。 アドセンスで稼ぐ方法として挙げられるのはアクセスアップがかなり重要になるのでアクセスアップに関する記事を紹介します。

次の

Googleアドセンスのやり方と稼ぎ方

アドセンス 稼ぐ 方法

覚えてました?今回は Google Adsenseのクリック率 CTR を改善することに特化した内容になります。 Google Adsenseで収益が増えない人でその3つの理由について詳しく知りたい方は『』をご覧ください。 シンプルな内容ですが、とっても大事なポイントになりますので見られてない方は、ぜひ見られてくださいね。 では具体的な話をしていきたいと思います。 劇的にGoogle Adsenseの収益がアップする!簡単な4つの対策 Google Adsenseのクリック率 CTR を改善し、劇的に収益アップをさせる方法を紹介させて頂きます。 少ないアクセスでも効果はありますが、1日500ページビュー以下の方は、まずアクセスを集めることから集中されてくださいね。 アクセスが少ない方は『』をご覧ください。 Google Adsenseの収益をアップする方法として、1番簡単な方法はページCTRを上げる方法です。 ページCTRはページクリック率のことで、見られて記事に対してどのくらいのクリック率があったかという指標です。 Google Adsenseはクリックを増やすことで多くの収入を得られます。 クリックを増やす方法は• CTR クリック率 を増やす• ページビューを増やす の2つしかありません。 そしてCTR クリック率 を増やす方法は4つあり、• 適切な数の広告を増やす• 適切な位置に広告を配置する• 適切なサイズの広告を表示する• 適切な種類の広告を表示する の4つです。 それではGoogle Adsenseで収益アップする4つの方法をより具体的に説明します。 適切な数の広告を増やす Google Adsense広告の数を適切にすることはとても大切です。 Google Adsense広告は、ただ増やせば収益アップに繋がるわけではありません。 多いですが、適切な位置に貼るとユーザービリティを下げずに広告を露出できますよ。 広告配置しているものは6つ程度でGoogle Adsenseの『』が2つほど自動配信されています。 自動広告はGoogle Adsenseが独自に分析し、広告の位置を決定しますので、 読者の使いやすさをできるだけ損なわずに広告を配信してくれます。 その為、自動広告を取り入れると良いかと思います。 関連記事: 適切な位置に広告を配置する 僕自身広告を配置している部分を紹介させて頂くと、PCの場合は• アイキャッチ上部• タイトル下• 記事中• 記事下• SNSのシェアボタン下• フッター• 右カラム最上部• 右カラム関連記事下 です。 SPの場合は• アイキャッチ上部• タイトル下• 記事中• 記事下• コメント下• フッター です。

次の