私は今、シンガポールにいます。 30年間日本で生まれ育った私が、今シンガポールで新たにチャレンジする理由

シンガポールで新型コロナ感染者と接触があった私 これが彼らの迅速な対応だ

私は今、シンガポールにいます

サーキットブレーカーの実施 シンガポールでは、現在「サーキットブレーカー(部分的封鎖と同等)」の措置が実施されています。 期間は4月7日から5月4日までの4週間(潜伏期間2回分)。 小売店は閉鎖され、必要不可欠な分野のサービスに従事する人々以外は、在宅勤務となっています。 人材開発省(MOM)は企業への監督を強化し、在宅勤務に関する勧告に従わなかった企業に対して、業務停止命令や是正命令を出しています。 また、スーパーマーケットや薬局、レストランなどの飲食店はテイクアウトのみに切り替え、引き続き営業を続けています。 学校や高等教育機関は完全な在宅指導に移行し、プレスクールや学童保育を停止。 私立の教育機関も家庭学習に完全に切り替えられている状況です。 4月7日、サーキットブレーカー開始日前後の様子 サーキットブレーカーの開始前には、2月の上旬より何度もスーパー・小売店でのパニック購買がみられました。 政府は、日本でいうLINEのような国民的アプリ「WhatsApp(ワッツアップ)」のコロナ対策専用アカウントを開設するなどして、登録者へ迅速にメッセージを配信しています。 人々の行動をいち早く関知し、その日の新たな感染者数、入院者数、そのうちICU(集中治療室)に入っている患者数、退院者数の状況を含め、1日あたり1~3通程のメッセージが送信されてきます。 Photo:十分な食料の確保があるため、パニック購買をしないように訴えるメッセージ 食品や生活必需品は? オンラインでの食品購入は困難な状態です。 主要な「レッドマート」「アマゾン」などのオンラインスーパーでは購入不可の状態が続いています(4月9日現在)。 知名度がレッドマートよりも低い「OpenTaste SG」では、5日待ちで配達日設定が可能でした。 サーキットブレーカー発表後には最大の混乱が起き、スーパーは混雑を極めていました。 レジまでは数十分にも及ぶ長い行列が、そしてスーパーの外には入店するための行列もできました。 入店している人の数がカウントされており、中にいる買い物客が一定数に達すると退店した人数分だけ中に入れる、というような措置がとられているからです。 そして、いざサーキットブレーカーが実施された後は、スーパーも公共交通機関も閑散としていました。 Photo:サーキットブレーカー4日目のスーパー。 人はまばら。 床の赤いテープがソーシャルディスタンスを示します 教育関連の対応は? 小学生の子どもを持つ同僚によると、以下のように自宅学習が行われているようです。 ・授業はビデオ機能にて開催。 アプリを使った体育なども実施される予定 ・提出物は写真を取り、シェアフォルダにアップロード ・音読の宿題は携帯で録音して指定場所へアップロード また、普段は乳幼児用託児所に通っている筆者の息子のスクールの対応は以下の通りでした。 ・アプリを使用した子どもの健康状態管理。 毎日4回の体温測定やおむつ交換食事の記録などを先生と共有 ・毎日のウェブビデオ通話(マイクロソフトのTEAMを使用) ・1か月間の自宅アクティビティとして絵本2冊の支給 Photo:政府開発アプリ「Trace Together」 Bluetoothを利用して人々の行動を追跡し、万が一自分が感染した場合は、政府がこのアプリを通じて過去21日間分の情報を拾い、感染の疑いがある人々を特定することができるというものです。 また、自分が逆の立場で感染者の近くにいたことが判明した場合は、政府機関から連絡があるとのこと。 合言葉は「Stay Safe」 外出は必要最小限とされ、人と会えない厳しい状況が続くなか、友達や取引先との電話やメールでは「Stay Safe」が合言葉のように使用されています。 また、前述のお得情報やアプリによる情報共有をはじめとした助け合いの輪が急速に広がっており、「皆でなんとかこの難局を乗り越えよう」という雰囲気を肌で感じています。 アメリカで最も健康・環境に対しての意識が高いと言われるロサンゼルス。 少しでも、パッケージやプロモーションの商品開発のヒントになるような現地生情報をママ目線でお届けしていきたいと思っています!• ノルウェー、スウェーデン、デンマーク、フィンランド。 気候危機・環境負荷やSDGsを意識し始めた「北欧デザイン」の新しい動きを、オスロからリポートします。 各国の社会性や国民性は、スーパーの棚や冷蔵庫の品揃えに、今どのような影響を与えているのでしょうか?• 新旧東西の文化が混在し、活気あふれるアジアの国際都市・香港。 次々と新店がオープンする中、既存店も鮮度を保つために積極的に動いてます。 新しいもの好きで好奇心旺盛な香港の消費者をひきつけるために、香港でどのようなパッケージが使われているか、プロモーションが展開されているか、日々の取材活動を通じて知り得たことをお伝えしていきます。 海外在住ライターの皆さんの情報に発見が多くあります。 そうした刺激を受けつつ、パッケージや店舗は日本国内ではどうなっているのか、皆さんと一緒に捉え考えていきたいと思います。 1年間ほどの滞在のつもりで訪れたベルリンの自由な空気に魅せられ、予想外に長いこと住みついています。 変化し続ける刺激的な都市の様子を、店舗や商品の紹介を通してご紹介していきます。 お楽しみに。 「包装」というのはきわめてニッチな分野ですが、その小さな窓を通して、世界(経済、社会、人々)が見えます。 また、未来も見えてくるところにその面白さがあります。 米国のシアトルに住んでいる家族の助けも借りながら、最新の情報をお届けします。 ノスタルジックな街並みに古いものと新しいものが混在するブダペストからユニークなパッケージ、プロモーション情報をお届けします。 オーガニックの聖地、サンフランシスコからエコで創造的なパッケージトレンドと オーガニックなSFライフスタイルをお届けします。 多民族多文化社会ががもたらすエスニックな発想、ユニークなアイディア、健康志向を象徴したパッケージ等、バラエティな 内容をリポートします。 通勤ラッシュ時ですら、笑顔で女性に席を譲ってくれる紳士が多い英国。 そんなレディファーストな文化に、まだまだ新鮮な喜びを感じながら、英国生活3年目に突入。 古いものに価値をおくイギリスが生み出す新しいもの。 長年フランスに関するさまざまな情報を日本に向けて発信してきましたが、「パッケージ」という切り口での執筆は初めてなので楽しみにしております。 2人とも在仏15年以上の経験を生かして、楽しくためになるフランスならではの情報をお届けできるよう頑張ります。 アメリカの中でも特に様々な人種や民族が暮らし、「人と変わっていること」を肯定的に捉える街、ニューヨークから、デザインを差別化の一つの手段として活用している商品を中心に開発のヒントになるような情報をお届けしたいと思っております。 「全米で最も住んでみたい都市」として世界の注目を浴びたポートランドには、地元密着型の独創的な文化が根付いています。 そんなポートランドから、この街ならではのユニークなパッケージデザインやプロモーション情報をお届けしたいと思います!• 皆さんにとってのヒラメキにつながったら何よりです。 大都市ニューヨークから車で4時間ほどの田舎町クーパーズタウン在住です。 アメリカは特に都市部と農村部の文化の差が大きい国。 都市からは見えない「リアルな」アメリカ人の生活を支えるパッケージや商品デザインを紹介します。 流行に敏感なニューヨークから、ニューヨークらしい感性の高い情報を発信していきたいと思っております。 私にとってパッケージング・リサーチは初めての試みです。 新鮮な目で、良いものに出会い、皆さんにご紹介できますように!• 9年間ハワイ州ホノルルに住んだ後、オレゴン州ポートランドから車で1時間のワイナリーに囲まれたエリアに引っ越し、現在ハワイとオレゴンの2拠点生活中。 世界的な観光地ハワイは移民の歴史背景を持ち、人種やカルチャーのメルティングポットでもあります。 そんなハワイならではのユニークなビジネスアイデアと、生産業が盛んなオレゴンおよびアメリカのパッケージデザインやプロモーションについてお伝えします。 ニューヨークにて、「Petite New York」を運営している、Mikissh (ミキッシュ) です。 「Petite New York」では、ニューヨークや世界各地の旅行情報、アメリカの最新ビジネス・マーケティングの動向や注目すべきニュースなど多岐に渡り楽しく役に立つ情報を発信しています。 人々の心をつかむ一工夫されたパッケージやディスプレイの情報を、各ブランドのマーケティング戦略と最新トレンドを絡めながら紹介していきます。 ダッチデザインで有名なオランダは、柔軟で自由な発想で新しいものを生み出す躍動感があります。 グラフィックデザインにも強い国ならではのパッケージ、コンセプト命のプロモーションなど、大国に挟まれているからか(?)なかなか聴こえてこないオランダの「旬な情報」をお届けします。 2001年から2016年までモロッコのマラケシュ、2016年からドイツのベルリン在住です。 マラケシュのカラフルなスーク(旧市街のマーケット)のワクワクするようなディスプレイから、ドイツ人のエコロジカル&サスティナブルな見せ方まで。 パッケージ、プロモーションの切り口で様々な情報をお届けします。 海外在住のライターの皆さんのフレッシュな切り口の記事を拝見し、感じたことを読者の皆さんと共有していくことを楽しみにしています。 職業柄、ロンドン市内の飲食店や小売店の取材は頻繁にしますし、プライベートでも大の食いしん坊で食べ歩きや街歩きをよくするのですが、気づくと、お店の人の視点でプロモーション手法やサービスについて観察している自分がいます(笑)。 いかに消費者とコミュニケートし、いかにビジネスに結びつけていくか。 そこはもともと興味ある分野ですので、ロンドン/イギリスらしいやり方やヒントを見つけ出して、皆様とシェアできれば幸いです。 世界で一番幸せな国、フィンランド。 サステナブル(持続可能)な社会の暮らしの中にある素敵なデザイン。 デザインのインスピレーションは森にある。 ちょっと不便だけど、美しい大自然の中で人々が共存しているからこそ生み出される、アイデアや知恵。 自国のものを愛し地産地消に根付いた生活習慣。 ものに愛着を持ち長く大事に使い、次の世代へ受け継いでいく文化。 私のヘルシンキ暮らしから見る、ユニークなマーケティングやプロモーション、センスの良いパッケージデザインをご紹介していきます!• 中華、マレー、インド系の3つの主要文化に加え、西洋文化が見事に融合する国、シンガポール。 人種や宗教、文化の違う約560万人の人々が、兵庫県の淡路島とほぼ同じ面積の島に住んでいます。 常に最新のシステムがアップデートされ続けるシンガポールから マーケティング手法や面白いパッケージなど、パケトラ読者のみなさまのお役に立つ情報を発信してまいります!• 芸術の都パリでは、街並みの美しさもさることながら、視覚に訴えかけるようなグッズが豊富に存在しています。 日常の生活にちょっと華を添えるデザインのアイテムや、「物を大事に使う」フランス人のアイデアなどもご紹介していきたいと思います。 パッケージが好きで日々コレクションしています。 その中から、毎日日常の生活の中にあるパッケージをピックアップしていきます。 パッケージを通じて人々の文化やライフスタイルの変化を紐解いていければと思っています。 パケトラを運営しています。 日本ではあまり報道されませんが、アルゼンチンはユニークなアイデアに溢れた国です。 現地の暮らしから見える、アルゼンチンのパッケージデザインやビジネスアイデアをお伝えします。

次の

「同窓会には行けません。私は今、シンガポールにいます」ってCM、何...

私は今、シンガポールにいます

CMのツッコミどころ しかしこのCM、 ツッコミどころが多いことからネット上で話題に。 まず最初の「ごめん、同級会には行けません。 」だが、映像では友人からのメッセージに「同級会、始まってるよ!」と書かれており、今まさに 同級会の真っ最中であることがわかる。 それに対して「行けません。 」と断りの返信をしているわけだが、 当日にドタキャンはいかがなものか。 同級会の予定は以前から決まっていただろうから、事前に「行けません」を伝えるべきだし、仮に当日、急に海外へ行くことになったのだとしても、それがわかった時点で連絡できたのではないだろうか。 さらに、「いまどこ?」と聞かれ「いま、シンガポールにいます。 」と返信。 ここまでは良いが、その後聞かれてもいないのに「この国を南北に〜」と長めの 自分語りが始まってしまう。 ただし、映像では「いま、シンガポールにいます。 」まではスマホで入力されているが、「この国を〜」からの部分はそういった描写はないため、単に主人公が 心の中で思っている事のナレーションだとも考えられる。 「自分はシンガポールで忙しく働いてます」という発言で同級生に対してを取ろうとしているのでは、という意見も多く見られ、このCM自体を「 シンガポールマウント」、主人公を「 シンガポールマウントネキ」と呼ぶ人もいるようだ。 海外で忙しそうにしているわりには、わずか 1分で返信しているあたりもポイント。 と、ネット上ではこういった見方が多く、「同級生に思いを馳せながら未来に向かっていきいきと仕事をする姿を描いた」このCMだったが、視聴者には少し違った印象で捉えられ、ネタにされている。 Twitterで見られる改変ネタ Twitterでは「ごめん、同級会には行けません。 」や「いま、シンガポールにいます。 」を用いた 改変ネタが数多く投稿されている。 ツイ廃の僕「ごめん、同級会には行けません。 今、地方のアスファルト タイヤを 切りつけています。 この国を南北に縦断する暗闇を 私は走り抜けています。 本当は、チープなスリルに 身をまかせたいけれど… でも、今はもう少しだけ 明日におびえてみます。 — zbpt zbpt ごめん、同級会には行けません。 いま、マルハンにいます。 いま、刑務所にいます。 — 異端 ThePa1eEmperor ごめん、同級会には行けません。 いま野獣邸の屋上にいます。 この私の後輩を虜にする睡眠薬を私は作ってます。 あの頃が恋しいでも… 今はもう少しだけ、ノンケのふりをします。 いまシンガポールにいます。 この国の南北に縦断する地下鉄を私は作ってます。 あの頃が恋しいけど、でも… 今はもう少しだけ、知らないふりをします。

次の

「今、シンガポールにいます」斬新すぎる同窓会の断り方に反響

私は今、シンガポールにいます

著: シンガポールは、都市か、それとも国か?シンガポールが独立国家として世界的に認識された今、この質問は、ばかげていると思うかもしれない。 しかし、シンガポールの法務大臣であるにとっては、シンガポールは都市として扱われるべきであるのだ。 この意見は、インターネット上で議論を引き起こした。 ニューヨーク州弁護士会国際セクション(New York State Bar Association International Section)の会議における講義の中で、シャンムガム氏は、シンガポールを他の国々と比較するからシンガポールの政治は一党支配型だという批判的な世論が大勢を占めようになるのだ、と述べている。 彼は、シンガポールを都市と見なすべきだと、主張している。 「…ニューヨークでは、民主主義かどうかは誰も疑問に思わない…これは多くの人が間違えるところである。 私は、シンガポールは違うのだと説明しようとした。 シンガポールは国ではなく、都市だ。 」 カヴァリエリオは、シンガポールの独裁主義ルールを正当化するための「ねじり論理」の法務大臣を責めた。 そして今、宝石のような国を作ろうと骨身を惜しまず努力してきたのに、結局、シンガポールは国ではないと伝えられた。 それは野卑に聞こえたし、責任転嫁のようにも聞こえた。 また、職務怠慢のようだ。 シンガポールよ、国でないのであれば、一体何なのだ? シャンムガム氏の動機は、そこまで高尚なものではない。 彼はシンガポールの政治システムは、「普通の国」の基準で評価すべきでない、普通の国の基準で見れば、シンガポールの政治システムはきっと非民主的に見えるだろう、普通の国と比較するのではなく、シカゴ、サンフランシスコ、ニューヨークのような「都市」と比較すべきであると、主張した。 そして、これらの都市は、従来から一党支配を認めてきたし、民主的な都市であると言っている。 私たちが問題の核心に到達する時、私たちは度々、それがまた新味のない話であることに気づく。 つまりそれは、支配者の都合の良いように理論を捻じ曲げて民主主義を装った、独裁主義的支配者のご都合主義的な昔からある陳腐な話なのである。 結局は、シャンムガム氏が先週アメリカ人のゲストにもたらしたシンガポールのプレス、司法制度、政治システムについての答えは、本当の答えでなかったのだ。 きちっと答えてもらいたい質問に対しては、合理的な答えのように見えるが答えになっていない答弁を隠れ蓑にして、はぐらかされてしまった。 レイチェル・ゼン氏は、このような考え方を理解できなかったため、シャンムガム氏に要点を詳細に述べるよう。 個人的に、話をそのまま受け入れるのは少々難しいと考える。 シンガポールが国ではなく都市だとしたら、私たちの都市はどの国に所属するのだろうか…。 私は納得していない。 私たちの敬愛するK・シャンムガム氏は、シンガポール市の統治の役割を担うために、高い給料をもらっているのだ。 だから、彼が誠意をもって私たちを啓蒙してくれるのならば、私は心から彼に感謝したい。 このブログ投稿を論評して、アノン氏は、シャンムガム氏の主張である「シンガポールは、国ではなく都市だ」という文脈を正しく理解するためには、評論家はまず彼の講演の全台本を読むべきであると。 台本を読んでみたまえ。 シャンムガム氏は、シンガポールについて「国」ではなく「都市」であると論評した。 そのとき、シンガポールには自由で公平な選挙制度があるにも関わらず、なぜシンガポールの選挙はひどく歪められているのか、その理由を説明していた。 彼はシンガポールとアメリカの都市を比べ、いくつのアメリカ都市が数十年に渡って一党支配選挙を行ってきたかを比較した。 彼がシンガポールは「国ではない」と言ってはいるものの、本当に言葉通りに考えているわけではないのだ! クレメント・タン氏は、新世代のリーダーであるシャンムガム氏が、このような物議を醸し出す主張をあえてしようとしたことに失望した。 私は、シンガポールの法務大臣が述べたことにとても困惑している・・・少なくともリー・クアンユー氏と守旧派が政権をとっていた時代には、彼らの政策に賛同するかどうかはさておき、彼らに何を期待したらよいのかは分かっていた。 しかし、シンガポールの政治指導者の中の新世代の一員であるK・シャンムガム氏については、自分が主張していることを本当に信じ理解しているのか、そして何に関連付けているのか、私にはさっぱりよく分からない。 (訳注:シンガポールの政府が所有する投資会社テマセク・ホールディングの年次報告書)はシャンムガム氏の主張のを分析する。 シャンムガム氏は「うっかりミス」すなわち、フロイト的失言をしたのだろうか?シンガポールが国ではないならば、私たちはまだ主権のある独立国家として考えられているだろうか?それでは、どの国がシンガポールの都市の主権を持つのだろう? シンガポールは、国であり、同時に都市であるという意味では、ユニークである。 シンガポール閣僚内の重要な大臣として、シャンムガム氏の言葉は強い影響力を持つ。 国家でなく都市を防衛するだけなのに、シンガポールの男性はなぜ兵役に服しているのか。 シンガポールの首相は誰に対して報告義務を負うのか。 ピンクのICカード(訳注:)を持つことにどんな価値があるのだろうか。 私たちは国民なのか、それとも都市の住民なのだろうか。 シンガポールは常に都市である。 Journey of a Decadeは、そう確信している。 私の言うことをよく聞いてほしい・・・上記の文は多くのシンガポール人を怒らせたように見える・・・事柄を整理してみよう・・・誰もシンガポールに関しては、国だとは言っていない。 シンガポールは以前からずっと都市だったのだ。 シンガポールは、以前からずっと島の都市国家だった。 国防を特に取り上げて議論しているのをしばしば耳するので、議論しているとは知っている・・・しかし、その議論は全く間違っている。 都市の防衛について議論されるべきなのだ。 This article was originally published. Read Translated by. Proofreading:.

次の