ジンギスカン なんの肉。 ジンギスカンって何?~ジンギスカン特集

北海道ジンギスカン(味付)の焼き方・食べ方レシピ

ジンギスカン なんの肉

調理中のジンギスカン ジンギスカンは、(成羊肉)や(仔羊肉)などのを用いたの料理。 に分類されることもあるが調理方法はの調理方法である。 一般的にはを代表するとされる 他、 、 など一部地域でも盛んに食される。 発祥は・の店という説もあり 、現在では各地にジンギスカン料理を出す飲食店や、家庭調理用の肉・を販売する小売店がある。 中央部が凸型になっている ジンギスカン鍋を熱して羊肉の薄切りと野菜を焼き、羊肉から出る肉汁を用いて野菜を調理しながら食す。 北海道の地方によっては、中央が凹型のジンギスカン鍋(円板状)を使用する場合もある。 使用する肉には、調味液漬け込み肉の「味付け肉」、冷蔵(チルド)肉の「生肉」、冷凍肉の「ロール肉」があり、一般的に「生」とは1度も冷凍されていない肉を示し、調味液に漬けたかどうかは問わない。 国産の生ラムなどは、近年高級肉として扱われる場合もある。 ジンギスカンの元になったとされる烤羊肉串 起源については、俗説で「かつてを率いたジンギスカン()が遠征の陣中で兵士のために作らせた」と説明される場合もある が、実際にはとはかけ離れている。 ジンギスカン料理の起源自体はにあると言われ、大日本帝国陸軍の旧(現中国東北部)への進出などを機に、前述の 烤羊肉から着想を得たものが日本人向けにアレンジされ、現在のような形式となったものとみられる。 料理の命名には諸説あり、が北海道を経由してモンゴルに渡ってジンギスカンとなったという都市伝説()から想起したものであるとも言われている。 命名した人物として、農科大学(の前身)出身で、の建国に深くかかわったが、(大正元年)から9年間の社員時代に命名したものであるとする説がある。 この説は全日本司厨士協会北海道本部相談役の日吉良一が北海道開拓経営課の塩谷正作の談話(冗談)を元に『L'art Culinaire Moderne』にに投稿した「蝦夷便り 成吉斯汗料理の名付け親」 や、駒井徳三の娘の満洲野(ますの)が(38年)に発表した「父とジンギスカン鍋」が根拠となっている が、いずれも後の伝聞によっている。 日本では時代から北海道で肉用を含めた綿羊の飼育が行われており、(7年)に軍隊、、鉄道員用の素材となる自給を目指す「緬羊百万頭計画」が立案され、滝川や札幌の月寒など全国5カ所に種羊場が開設された。 このため北海道は(大正14年)の時点で全国の42. 7%が飼育される最大の飼育地となっていた。 計画の早期実現のために羊毛のみならず羊肉をも消費させることで、農家の収入増加と、飼育頭数増加が企図され、その流れの中からジンギスカンが出現したものと考えられている。 しかし、当時の日本人には羊肉を食べる習慣がほとんどなく、日本で受け入れられる羊肉料理を開発する必要に迫られ、農商務省は東京女子高等師範学校(の前身)に料理研究を委託している。 それらを裏付けるものとして、北海道の(現・北村)で(大正9年 に北海道初の羊食会が北村飼羊組合員の間で実施されていた事、その後(大正13年)に北村緬羊組合によって『羊肉料理法』のパンフレットが発行されていた事、その中に記載された「羊肉の網焼」のレシピが後の(昭和2年)に糧友會の『羊肉料理講習会』で紹介される「鍋羊肉(成吉思汗鍋)」のレシピと類似していた事などが記録されている。 「成吉斯汗鍋」(じんぎすかんなべ)という言葉が初めて掲載されたのは(大正15年)の『素人に出来る支那料理』 で、(中国)在住の日本人が命名したもので「本当の名前は 羊烤肉と云う」とあり、当時のものは屋外で箱火鉢や鍋に薪の火をおこし、上に金網や鉄の棒を渡して羊肉をあぶり、現地の醤油をつけて食べた「原始的な料理」としている。 この説明通りであれば、当初、「鍋」は食品を加熱するためではなく、火鉢代わりに使われたことになる。 に満田百二が雑誌『糧友』に書いた「羊肉料理」という記事でも、羊肉網焼の別名の「成吉斯汗鍋」は、本名式には 烤羊肉というと書かれていて 、鍋料理ではなかったことがわかる。 かつてがあり、などに羊肉を出荷していたが発祥地とする説もある。 他にも、 や 等がそれぞれ、上記の東京や北海道のものとは発祥を異にする、独自のものとしてのジンギスカン鍋の起源を主張している。 での普及は、綿羊の飼育が(5年)に始まった 後の(昭和11年)に開催された「料理講習会」から始まる。 羊の臭みを減らして食べやすくするために、地元名産の信州を使用した特別なタレに羊肉を漬け込む。 ジンギスカン鍋が一般にまで普及したのは、後のことと言われている。 最初のジンギスカン専門店は、(昭和11年)にに開かれた「成吉思(じんぎす)荘」とされる。 北海道での営業としての最初の店は、に札幌にできた精養軒である。 にはの一つに 、にはの主催で選定されたで北海道のの一つに 選出されている。 頃から頃にはによる牛肉離れの影響に加え、牛肉と比べ脂肪分が少ないイメージからジンギスカンはブームとなった。 しかし、ブームが下火となった頃にはやからの羊肉の輸入も大きく減少し、牛肉や豚肉の価格が下がった。 羊肉は相対的に割高になり、特に国産の羊肉を使ったものは高価となったことから、北海道でもジンギスカン離れが指摘されるようになった。 一方、のにはに開業した 烤肉苑飯荘やに開業した 烤肉季飯荘などが、薄切りの羊肉と野菜を鉄鍋で焼いて作る、現在のジンギスカンに類似した料理、の「 烤羊肉」を提供している。 後にこの方式が日本に取り入れられるようになったのか、偶然似たのかは定かでない。 ジンギスカン鍋 [ ] 穴なしタイプのジンギスカン鍋(左:生肉用 右:味付け肉用) 調理には専用の鍋であるジンギスカン鍋が用いられる。 この鍋は、など、主に製で、中央部分がのように盛り上がった独特の形状をしており、その表面には溝が刻まれている。 これは盛り上がった中央部で羊肉を、低くなった外周部で野菜を焼くことによって、羊肉から染み出した肉汁が溝に沿って下へと滴り落ちて野菜の味付けとなることを意図した設計である。 1950年代当時は北海道でもジンギスカン料理そのものが一般に普及しておらず、精肉店がジンギスカン鍋を貸し出すなども行っていた。 その後、北海道の花見や運動会、海水浴などで現在の形のジンギスカンパーティーが広まっていった (「ジンパ」と略称されることもある )。 なお、鉄板 や焼き網、などで代用する場合もある。 種類 [ ] 専用鍋には主に2種類がある。 鉄・アルミ製で穴なしのものと、スリット状に穴が開けられているものである。 穴なしのものは、味付け肉でもたれが落ちない構造であり、穴あきのものは、主に・炭火焼きで行われる生肉用で余分な脂を落とす役割を持っている。 近年のジンギスカンブームにより、店舗オリジナルの鍋など様々なものが製造されている。 「専用鍋は鍋が焦げ付きやすく使用後に洗うのが面倒」「数を揃えやすく片付けも簡単」などの理由から、北海道では屋外での「ジンギスカンパーティー」等の場合を中心に、アルミ製の穴なし簡易鍋を使い捨てすることも多い。 道内では等で、100円〜500円程度の安価で販売されている。 で2015年、過去に使われた各種の専用鍋を溝口雅明教授が集めた「ジン鍋博物館」が仮オープン。 私設博物館の形態で2016年11月には正式に開館した。 その他 [ ] では、ジンギスカン鍋に専用の焼き台を用いて調理される。 東北地方のジンギスカンの定番品である。 メディアでの紹介もあり、現在は北海道でもアルミ製で鍋付きのものが販売されるようになった。 で開催される、では、を焼き台にしたジンギスカン「しばれ焼き」が名物となっている。 調理 [ ] 味付け肉以外の場合 ジンギスカン鍋・などを炭火やガスなどで下から熱し、油を引いてから、、、、のほか、、、などの季節の野菜などを(ジンギスカン鍋の場合外周部周辺に)広げ、上方でスライスされた羊肉を焼き、専用のタレに付けて食する。 野菜の上に羊肉を乗せて蒸すように焼いて食す場合もある。 味付けの場合 同様に調理し、そのまま食する。 下茹でした玉や焼きそば用の中華麺、角が加えられる場合もある。 ただし、北海道の名寄などでは煮込みジンギスカンと言い、漬け汁と野菜を肉と共に煮込むものもある。 前述のように、ジンギスカン鍋を用いる場合は凸状に盛り上がった中央部分で肉を焼き、低くなった外周部で野菜を焼く。 観光名所となっている店舗では、調理の際の油跳ね防止用のビニールもしくは紙製の専用が支給され、それを着用して食するのが一般的である。 使用肉とたれ [ ] ジンギスカンは、事前にタレ(調味液)に漬け込んだ「味付け」 と、味付けではない肉を焼いてからタレにつける「後付け」に大別される。 ラム肉は味付け、後付けの両方で好まれる。 一般的な味付けジンギスカンは、肉をスライスし、タレに漬け込み、それを冷凍保存されて販売される。 また、味付けに使うたれも様々なを組み合わせて使うことで多種のものが作られている。 生ジンギスカン [ ] 成吉思汗たれ(ベル食品) 羊肉の臭みを抑えて、食味を向上させる技術は、明治時代から色々試みられており、などと同様にを使うことは大正時代までに知られていた が、改良が進んだのは昭和時代からである。 現在、タレは味付け、生ともにベースと味噌ベースのものがあり、主流は、醤油ベースである。 タレには醤油、味噌、、果汁、、、などが配合される。 市販されるジンギスカンの付けダレもと同様に多種多様存在する。 北海道ではとの醤油ベースの製品が代表的である。 また、青森県のタレメーカーが当初ジンギスカンのタレとして開発した「スタミナ源たれ」は、醤油、野菜、リンゴ、ニンニクを材料としており、現在は焼肉・など多用途に使用されている。 この節にはが含まれているおそれがあります。 問題箇所をしして、記事の改善にご協力ください。 議論はを参照してください。 ( 2017年8月) 地域によって、使用する肉の種類や事前に味付けをするか否かなど、習慣、好みが分かれる。 北海道では、などの上川地域やなどのといった道央内陸部では「味付け」、のほかやなどの道央海岸部、を中心とした道南海岸部、などの道東海岸部では「生肉」が主流だった。 この二つの食文化の境目にあたるのが、滝川市と札幌市の中間付近に位置する岩見沢市と考えられており、昭和50年代に同市で営業していた温泉宿の名前が刻印された、二つの食べ方を同時に行える「仕切り付きジンギスカン鍋」が発見されている。 またの地域や地域では独特の「豚ジン」と呼ばれる豚肉を使った味付きジンギスカンも有り、を中心とするでは羊や豚、鳥に加えて鹿肉の味付きジンギスカンが販売されており、ジンギスカンは羊肉に限らないという事実も有る。 豚ジンは一般スーパーでも販売されている。 は北海道としては例外的にジンギスカンよりも一般的な焼肉店が多く、市も焼肉の街としてPRするほどで、市民でジンギスカンは一般的ではない。 ジンギスカンで知られる店として、滝川市に本店を構える「松尾ジンギスカン」、岩見沢市にある「タレ付きジンギスカン発祥の店 松龍」、の「かねひろジンギスカン」、札幌市の「さっぽろジンギスカン」「だるま」などがある。 道内の観光地には、ジンギスカン料理を売りにしている所が多く有る。 多くの観光地で今も「ジンギスカン」の旗を立っているが郷土料理としての取り扱いであり地場産肉を売るという事ではない。 しかし逆に地場生産を売りにする地域もあり、や滝川市など道内各地でサフォーク種などの羊を飼養して地元に食肉提供している。 観光名所となっている各園の主流も生ラムジンギスカンである。 ただし、近年では双方の地域でどちらの食べ方も浸透が進んでおり、違和感なく受け入れられている。 本州では地域別に分類することは難しい。 では「生肉」が好まれる。 地方には独自のブランドをもった味付けジンギスカンのメーカーが存在する。 北海道の他にも、ではの県北沿岸部や、、長野県、同県、の、の、、古殿町など、局地的に常食されている地域がある。 また、のやのなどでは、創業以来ジンギスカンが名物メニューとなっている。 これらの地域では、をはじめとした宴会や集会の打ち上げなどで食べられることが多い。 北海道では、アウトドアで行われる「焼肉」がすなわちジンギスカンを指す場合が多い。 また、「ジンギスカンパーティー」略して「ジンパ」の語句も生まれ、出演のののでも使用された。 頃には全国的なジンギスカンブームがあり 、関東地方などにも急速に広まった。 これは()が注目され牛肉の需要が減少し 、羊肉に多く含まれる「L(エル)-」という物質が注目されるなど 、健康需要 がその要因と言われている。 後半になると外食でのジンギスカン専門店は減少したが、スーパーなどの小売店での羊肉の扱いは安定するようになった。 北海道のジンギスカン店では羊肉しか提供していない場合が多いが、東京や、ブーム後の後発地域などのジンギスカン店ではたいてい、羊肉を食べなれない客のために牛肉なども提供していることが多い。 そのほか店によるが豚、鶏、鴨、猪、畜肉加工品、海鮮物なども出される。 近年では、北海道のビール園などでも、本州からの観光客を多く受け入れるために羊肉以外の牛肉・豚肉・鶏肉や海鮮物を提供する店が増えている。 ただし「ジンギスカン専門店」を称する場合は、ほぼ羊肉のみである。 長野県では、の一部を「信州新町ジンギスカン街道」と呼んでいる。 多くのジンギスカン料理店が並び、伝統的な漬け込んだ調味法 の他にオリジナルな味付けの店など多様である。 (昭和57年)より、味の優れた「」も飼育されるようになった。 高知では、の終戦直後の時期に羊毛を刈るための羊を食肉にも用いることが推奨されていた時期があり、ジンギスカンの店が何軒も開店した時期もあったものの、一時的な流行に留まった。 脚注 [ ]• 財団法人農村開発企画委員会 2007年. 2010年4月18日閲覧。 の2012年2月3日時点におけるアーカイブ。 2012年1月31日閲覧。 探偵団がたどる ジンギスカン物語. 2003年1月8日. 2012年2月7日時点の [ ]よりアーカイブ。 2013年3月1日閲覧。 『読売新聞』 東京 : pp. 2013年8月10日• モーニング娘。 2020年6月26日閲覧。 探偵団がたどる ジンギスカン物語. 2003年1月9日. 2010年1月21日時点の [ ]よりアーカイブ。 2010年4月18日閲覧。 日吉良一、「蝦夷便り 成吉斯汗料理の名付け親」『L'art Culinaire Moderne』昭和36年10月号、1961年、p29、東京、全日本司厨士協会• www. city. takikawa. hokkaido. 2018年11月9日閲覧。 農林省畜産局、『本邦内地ニ於ケル緬羊の飼育』pp23-26、、東京、農林省。 山田喜平、『緬羊と其飼ひ方』、1935年、子安農園出版部。 2019年7月23日閲覧。 岩見沢市議会議員 平野義文 Official Web Site. 2019年7月23日閲覧。 山田政平、『素人に出来る支那料理』p141、1926年、東京、婦人之友社• 満田百二、「羊肉料理」『糧友』昭和6年1月号 第6巻1号 p110、東京、糧友會• 【探訪・繁盛店】ひつじや(千葉県成田市)ジンギスカン「発祥」PR『』街づくり面(2017年2月12日• 福田克彦『三里塚アンドソイル』平原社、2001年、447頁。 2008年3月9日, at the. (元祖ジンギスカン・シロー)• (昭和30年創業の店 ジンギスカンのあんべ)• 日吉良一、「農村食事閑談 成吉思汗料理事始」『北海道農家の友』昭和36年12月号、1961年、札幌、北海道農業改良普及協会• 北海道遺産構想推進協議会. 2010年5月26日閲覧。 財団法人農村開発企画委員会 2007年. 2010年5月26日閲覧。 490. , (), , , 2010年4月18日閲覧。 北海道経済産業新聞 2006年6月14日• 北海道新聞(2016年11月12日)2016年11月13日閲覧• 北海道ねっと. 2019年6月24日閲覧。 探偵団がたどる ジンギスカン物語. 2003年1月7日. 2010年1月26日時点の [ ]よりアーカイブ。 2010年4月19日閲覧。 永峰春樹、『緬羊の飼方』p103、、旭村、子安農園。 読売新聞 夕刊 東京 : pp. 2005年3月11日 関連項目 [ ]• - を展開• - ジンギスカンPRキャラクターとして2013年にデビュー。 - 南部地方(東部と北部・中部)の郷土料理。 - の郷土料理。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - 信州新町観光協会.

次の

ジンギスカンって何?~ジンギスカン特集

ジンギスカン なんの肉

北海道のお肉といえば「ジンギスカン」 ジンギスカンというと、羊(ラム)肉を焼いて食べるお肉料理ですが、北海道に行ったことがある方は、札幌のビール園で食べたことある!なんて方もいるのではないでしょうか。 羊肉(ラム肉)は豚肉と同じくらいのタンパク質やビタミンBの栄養があるんです。 それに比べて脂肪分が少ないというのが、ヘルシーなポイント。 また、「カルニチン」と呼ばれる脂肪を燃焼させる効果のあるアミノ酸の一種が、多く含まれていることもあって、ダイエット効果があるといわれているんです。 しかも、ジンギスカンは野菜と一緒に食べる事が多いので、焼肉のように肉をメインで食べるより野菜も一緒に食べる事からもヘルシーと言われているんです。 そんなヘルシーなラム肉。 お店もいいけど、自宅でも美味しく食べたいですよね。 という事で、本日は、ご自宅で美味しくラム肉を食べる方法をご紹介いたします。 「生ラム肉」と「味付けラム肉」ジンギスカンの違い 焼き方のご紹介の前にもう少しだけ。 ラム肉には、味のついていない「生ラム肉」と味付けされている「味付けラム肉」があります。 ・生ラム肉 生ラム肉は言葉そのままで、味付けされていないラム肉で、塩コショウで焼いて食べたり、焼いたあとにタレにつけて食べるものです。 ・味付けラム肉(ジンギスカン) 味付けラム肉は、専用の漬けタレに漬け込まれている状態のものです。 北海道の家庭では、味付けジンギスカンを食べるほうが多いので、ジンギスカンというとこちらの味付けジンギスカンを指すことが多いです。 今回は、味付けのジンギスカンの食べ方・焼き方のご紹介ですので、ご自宅で購入されたジンギスカンがどちらなのか確認をお願いいたします。 ジンギスカンと一緒に焼く野菜 また、気になるのが、ジンギスカンと一緒に入れる野菜は何がオススメ?というところです。 一緒に入れる野菜ははっきりいって何でも良いです。 一般的なのが、もやし、たまねぎ、にんじん、ピーマンあたりでしょうか。 もう北海道人に聞くと家庭料理なので、にんじん、ピーマン、たまねぎ、もやし、とうもろこし、かぼちゃ、なす、キャベツ、行者にんにく、あとね・・・とあげていくときりがありません(笑)北海道出身の方が近くにいましたら、ぜひ「ジンギスカンに入れる野菜って何?」と聞いてみると面白いかもしれません。 ・皮付きじゃがいも 皮付きのまま入れることで崩れないという事もあるのと、ジンギスカンの旨みがしみこんだジャガイモは絶品ですよ~そして、こちらも北海道らしい野菜。 ・行者にんにく(アイヌネギ)ニラとにんにくを両方あわせたような野菜で、北海道では春に山菜採りで取ったこの行者にんにくとジンギスカンを一緒に焼いて食べるのが毎年恒例という人も多いんです。 そして、変わっているな~と思ったのが、「生麩」なんていう方も。 この鍋の上というか中心の部分でお肉を焼いて、外周の溝でお野菜を煮るようなイメージ。 そうすると、上からお肉の肉汁がたっぷり落ちてきて、溝の野菜に味がしみこみ、最高なんです。 1.油をひき、周りに野菜をのせます。 お肉をのせる中央部分は空けておいて、外側から円を描くように野菜を入れていきます。 2.野菜に火が少し通ってきたら、ジンギスカンを投入! 野菜に少し火が通ってきたら、主役のジンギスカンをたっぷり!野菜を煮込んでやわらかく食べたいという方は、野菜の上から、ジンギスカンのつけダレをかけておくといいですよ~ グツグツしてお肉が焼けたら、ぜひ白いごはんとビールを用意して完成です!ジンギスカンの途中で、うどんを入れるのが個人的には最高に好きです。 野菜とお肉の旨みがたっぷり染み込んだ絶品焼きうどん!ぜひ試してみてくださいね~。 フライパンでジンギスカンの焼き方・食べ方 フライパンでジンギスカンを焼くときも基本的に同じです。 少し違うのが、フライパンは鍋に厚みがあるので、焼くというより「蒸し焼き」に近い仕上がりになります。 こちらは、野菜はしっかり火が通り、お肉もふわふわで柔らかく仕上がるので、北海道のジンギスカンという雰囲気はでないかもしれませんがオススメの食べ方です。 野菜に火が通ってきたら、ジンギスンをタレごと投入 フライパンに油を引かずに、野菜を炒めていきます。 そうして軽く火が通ってきたら、ジンギスカンのタレごと入れます。 ジンギスカンのタレと野菜からの水分が出て、蒸し焼きのような仕上がりになります。 お肉をひっくり返しながら焼いていきます。 どんな雰囲気になるか動画でも撮ってみました!(少し曇ってみにくいかもしれません).

次の

なんぽろジンギスカン ジンギスカンはなんぽろジンギスカン

ジンギスカン なんの肉

ジンギスカン鍋は、羊の肉を専用鍋で野菜と一緒に焼いて食べる羊肉焼き肉だ。 ジンギスカン(チンギス・ハン)と言えば、モンゴルの遊牧民をまとめ上げ、中国から中央アジア、イラン、東ヨーロッパまでにまたがる大モンゴル帝国を作り上げた皇帝の名前だ。 だからジンギスカンもモンゴル料理かと思いきや、実は 日本発祥の料理だという。 もちろん羊は太古の昔から世界で飼われている家畜だし、羊肉も地中海沿岸から中央アジア、中国北部まで、広い範囲で食べられている。 だからジンギスカンに似た食べ方もありそうなんだが、羊肉は、柔らかい部分はロースト(あぶり焼き)や串焼きにし、硬い部分はシチューなどの煮込みにすることが多いようだ。 日本のジンギスカンのように、薄切りにした肉を、鉄鍋で焼いて食べるような食べ方はしないモノらしい。 羊肉と羊肉料理 羊肉には、ラムとかマトンと言った種類がある。 ラムは臭みが少なく、軟らかいと言われる。 マトンはラム肉よりも硬めで、獣臭さが嫌われると言う。 このラムとかマトンとかいうのは、品種の違いではない。 羊を屠畜(とちく)して肉にするときの、羊の年齢によって分けられている。 ラム肉は主に生後1年以内の子羊の肉のことで、マトンは生後2年以上の羊の肉を指す。 ニワトリで言えば、若鶏にあたるのがラムで、成鶏にあたるのがマトンになる。 ただしこれは日本で流通している羊肉の話で、実はこの間に「ホゲット」という段階もある。 羊肉の種類 羊は群れで飼うため年齢が分かりにくいので、門歯の数で年齢を推定する。 ラム(Lamb) … 永久門歯が生える前の羊、およそ生後12か月未満• ホゲット(hogget) … 永久門歯が1-2本生えている羊• マトン(mutton) … 永久門歯が2本より多い羊 ジンギスカンの名前の由来 ジンギスカン鍋の起源には、様々な説がある。 日本では、明治時代に羊毛生産のために全国5カ所で緬羊(めんよう)を飼い始めた。 それと同時に、羊肉料理もあちこちで生まれた。 「ジンギスカン鍋」とか「ジンギスカン料理」と呼ばれ始めたのにも、諸説ある。 一説には、昭和10年頃、東京の杉並にできた専門店の店主が、モンゴル帝国のチンギス・ハンの大ファンだったらしい。 そのため、店の名前を「 成吉思荘(じんぎすそう)」として、羊肉の焼き肉料理をジンギスカンの食べた鍋として大々的に売り出したため、ジンギスカンという名前が定着したという。 ジンギスカン鍋の形の由来 ジンギスカンに使われるジンギスカン鍋は、中央が盛り上がって穴が空いている、変わった形の鍋だ。 この鍋は、中央の高くなったところで肉を焼き、周辺で野菜を焼くという形になっている。 なぜこういう鍋を使うかというと、 羊肉独特の臭いが油と共に落ちるかららしい。 あぶり焼きや串焼きの場合は、自然に油が下に落ちて臭みが抜けるが、平らな鍋で焼くと臭みが残る。 そのため、中央部が盛り上がった鉄鍋で、油を落としながら焼くことができるジンギスカン鍋が開発されたらしい。 ラム肉はなぜ丸い? ジンギスカン料理屋では、丸い薄切りのラム肉が出てくることも多い。 このラム肉を、ラムロールのスライスという。 これは、屠畜(とちく)してバラしたラム肉を、ハムや焼豚のように丸めて冷凍して「 ラムロール」として保存するからだ。 このラムロールをスライスして、ジンギスカンや羊肉しゃぶしゃぶ用に使うわけだ。 一方、あぶり焼きにして食べる場合は、ラムチョップと呼ばれる骨付きのラム肉が使われる。

次の