ポケモン 剣 盾 ゲンガー 育成 論。 ゲンガー 育成論

ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

ポケモン 剣 盾 ゲンガー 育成 論

生半可な火力では突破できないほどの耐久力に加えて「じこさいせい」による回復で多くのポケモンの技を受けながら戦うことができます。 後続のサポートとして優秀 受けを崩しにくるかくとうタイプへの打点として優秀 ドラゴンタイプへの打点。 ドラパルトやサザンドラ対策として活躍 S0個体を使用する場合は採用。 耐久力の高さと「トリックルーム」による素早さの入れ替えでダイマックスへの切り返しや後半戦で逆転を狙うことができます。 また、技範囲の広さも優秀なので自分のパーティに合った技を採用することで、多くのパーティで活躍できる点も魅力のポケモンです。 ダイサイコを打つことで先制技を封じられる ほうでんとの選択。 威力重視の場合はこちらを採用 高い耐久力と相性の良い回復技。 採用する際はPPを増やしておくと便利 ポリゴン2の役割と立ち回り 圧倒的な耐久力 ポリゴン2は最終進化前のポケモンに持たせると防御・特防が1. 生半可な火力では突破できない耐久力を持つ上に、ノーマルタイプのため弱点がかくとうのみでタイプにも恵まれていることから、多くのポケモンの技を受けながら戦うことができます。 技範囲が広い特殊アタッカー ポリゴン2は覚える技範囲が広いため特殊アタッカーとしても活躍できるポケモンです。 技範囲の広さと持ち前の耐久力の高さから、多くのポケモンと対面で戦える攻防ともに優秀なアタッカーとして活躍できます。 ポリゴン2の対策 タイプ一致で弱点を突く ポリゴン2は耐久力が非常に高いため、弱点であるかくとう技をタイプ一致で打てるポケモンで対策しましょう。 特にかくとうタイプの中で攻撃種族値が高い「ルカリオ」と「ローブシン」がおすすめです。 「はたきおとす」や「トリック」などを活用するのがおすすめです。

次の

【ポケモン剣盾】ゲンガーの育成論と対策、入手方法まとめ!性格や技構成を元プロゲーマーが徹底解説!【ポケモンソードシールド】

ポケモン 剣 盾 ゲンガー 育成 論

【ポケモン剣盾】ゲンガーの育成論と対策【6割で勝てて受けポケモンをすべて飲み込む】 こんにちは 44 です。 やってますか? 今回はゲンガーの育成論と対策を考えていきたいと思います。 初代からいる人気ポケモンで前作メガゲンガーまではトップメタに君臨していたこのポケモン、今作ではめっきり見なくなってしまいましたが、本当に弱いのでしょうか。 一説にはピクシーのドッペルゲンガー、ピクシーの死後の姿、など多くのポケモン都市伝説のネタになっているゲンガーは、調べてみると面白いと思います。 あと、ゴーストポケモンの図鑑説明を見るとだいたいどこかに人間を連れ去ったり人が死んでるので意外とホラーですね。 公式からゲンガーの歌が出るほどの人気ポケモンですね。 キョダイマックスカビゴン・ゲンガー・カイリキーが出やすくなっているので今のうちに捕まえておきましょう。 なお、通常はゲンガーはシールドバージョン限定ですがレイドイベント中はソードバージョンにも出現します。 「」 ゲンガーの基本ステータス という神サイトを見てみると、下記のようなステータスになっています。 【ゲンガーの特徴1】高速高火力特殊アタッカー ゲンガーの特徴はなんといってもS110族で特攻種族値130の高速高火力特殊アタッカーという尖ったステータスでしょう。 鈍足が多い今作剣盾ではかなり高速ポケモンに分類されます。 しかし、同じくゴーストの高速アタッカーにはドラパルトがいる上に、今作御三家のインテレオン、エースバーンにも先手を取られてしまうことからやや評価が下がっています。 端的に言えば「ゲンガー入れるならドラパルトでよくね?」といった感じですね。 【ゲンガーの特徴2】特性のろわれボディ 夢特性でいいから浮遊を返してあげてくれ ゲンガーの特性は第6世代まで地面無効の浮遊だったんですが、その後のろわれボディになってしまいました。 紙耐久のゲンガーは弱点をつかれると一撃で倒されてしまうので、相手の素早さが速いポケモンばかりのときの持ち物は気合の襷が必須レベルになってしまいました。 とはいえS110族は速い方ではあるので、ほとんどのポケモンに対して上から1回行動できるのは強いですね。 【ゲンガーの特徴3】キョダイゲンエイ 相手は逃げたり交代できなくなる効果を付与しつつダイホロウのダメージを与えられるキョダイマックスゲンガー専用技 Bダウンのダイホロウ自体は特殊アタッカーのゲンガーとはアンチシナジーなのでキョダイゲンエイの方が強いのは間違いないもののキョダイゲンエイがかげふみをあわせた効果で、シングルバトルでは使いにくくほとんどのゲンガーは非ダイマックスで採用されます。 ダイアークによる崩し以外のキョダイゲンエイを使ったキョダイゲンガーの型は育成論の項目に後述します。 【ゲンガーの特徴4】ゲンガーのみの戦法:高速催眠タイプ一致祟り目 ゲンガーが「6割勝てるポケモン」と言われるのは高速さいみんじゅつ(命中率60%)をうてるからです。 高速さいみんじゅつができるのは• S115族ペルシアン• S110族ゲンガー• S109族アローラキュウコン• S105族ギャロップ だけですが、このうちゲンガーは状態異常の相手に対して威力が2倍(=威力130)になる「たたりめ」をタイプ一致で打てることから実質威力195のたたりめをうつことができる唯一のポケモンです。 とはいえ実践では眠りから回復するラムの実やカゴの実もちのポケモンは多いため、実際の勝率は必ずしも6割とは言えないのが実情です。 ゲンガーの育成論と戦い方 昔からいるポケモンなので、鬼火などによる起点作成型、紙耐久を逆に活かした道連れやほろびのうた型、前述した催眠型などそこそこたくさんの型があります。 今作はダイマックス相手に道連れが無効化されたりゲンガーの特殊高火力でもダイマックス相手にはほとんど削れないということもあり、立ち回りは比較的上級者向けのポケモンだと思いますが今回は初心者でも扱いやすいであろう型を紹介します。 【ゲンガーの育成論】6割で勝つ催眠祟り目ゲンガー• 特性:のろわれボディ• 個体値:A抜け5V• もちもの:気合の襷(こうかくレンズ)• といってもノーマルタイプには効かないので祟り目の代わりにきあいだまをうちましょう。 ラムのみやカゴのみ持ちが予想されるポケモンが出てきた場合は、こちらのほうが素早い&相手がダイジェット使いでなければ催眠術連打、そうでなければ交代が安定です。 調整 気合の襷を使うので耐久に振らずCSぶっぱ。 とりあえず基本はこれ。 運ゲーになりがちな催眠ゲンガーの唯一の安定技 【ゲンガーの育成論】フルアタ対面ゲンガー• 特性:のろわれボディ• 個体値:A抜け5V• もちもの:気合の襷• わざ:こごえるかぜ・シャドーボール・ヘドロウェーブ・きあいだま 特徴・戦い方 ドラパルトなどゲンガーより素早さが高い相手や、ダイジェットを積んできそうな相手にはこごえるかぜから入ります。 その他は特に気にせず対面で有効な技をうつだけのシンプルな型です。 調整 単純にCSぶっぱ。 【ゲンガーの育成論】受けポケモンを餌にするキョダイマックスゲンガー• 特性:のろわれボディ• 個体値:A抜け5V• もちもの:突撃チョッキ(こだわりスカーフ・命の珠・こだわりメガネ・毒針・呪いのお札・気合の襷・風船)• わざ:シャドーボール・かみなり・ヘドロウェーブ・きあいだま 特徴・戦い方 せっかくのキョダイマックスゲンガーを活躍させるための型です。 ドヒドイデ・ナットレイ・サニーゴ・ヌオー・ピクシー・トリトドン・アーマーガアなどの鈍足低火力物理高耐久受けポケモンを起点に、1. 9体以上倒すことが目標です。 受けポケモンでなくても、ダイマックスゲンガーが上から2回以上殴って突破できる相手=ダイジェット使いでなければ大抵のポケモンを食べられます。 キョダイゲンエイのタイミングで交代されたら相手が上手だったということで。 ダイアシッドはダイマックスしても威力が上がらない(むしろ「5」下がる)ものの、ゲンガーの特攻ランクを上げられるので受けポケモンを突破した後、そのまま次に出てきたアタッカーに上から強烈な一撃を加えてから退場できます。 ミミッキュや気合の襷持ちに止められてしまうところはこのゲームの定番。 立ち回り方としては初手ダイマックスを切るS2初期に流行った弱点保険ドラパルトの特殊アタッカーバージョンみたいな感じですかね。 弱点保険ドラパルトを知らないトレーナーはしてください。 ) 受けポケモンが採用しがちなどくどく無効、ボディプレス無効、特殊アタッカーなので鬼火や熱湯の火傷が痛くないというのが他の受け対策ポケモンにはない長所ですね。 相手にカビゴンが見えたときは選出を控えるか、初手キョダイゲンエイはやめて中盤〜後半に出しましょう。 Sを妥協すると最速アイアントやエレザードなど環境でみかけるポケモンにやられてしまいます。 なおSに4振ることで実数値131となり、最速アーマーガア(67族)まで抜けます。 (下図参照)これより速い受けポケモンはS80族のバルジーナ・ヌメルゴン、S81族ミロカロスくらいなので、耐久を伸ばしたい場合はHBDのどれかに特化するのもありです。 例えば特防ぶっぱするメリットとしてはドヒドイデやピクシーなど受けポケモンが特殊型が多いこと、アーマーガアなど受け物理はゲンガーが無効化できるボディプレス採用が多いこと、よくいる高速ゲンガーの鬼火警戒でトゲキッスなどの特殊エースが選出されやすいことなので、物理技が飛んでくることが多い場合はB特化、物理・特殊両方同じくらい飛んでくる場合はH特化にするといいでしょう。 受けポケモンに混じって選出される特殊アタッカー(トゲキッス・ラプラス・ロトム・サザンドラ)などの攻撃を1回耐えて打ち返せるようになります。 臆病スカーフ・控目メガネいずれのサザンドラの悪の波動もダイマックスで耐えてダイナックルがうてるくらいの耐久です。 チョッキを持たせない場合はキョダイマックスしてもスカーフサザンドラの悪の波動確定2発で落とされてしまいます。 ドラパルトが鈍足調整されてきた場合やスカーフ持ちが減ったなど、ゲンガーより鈍足ポケモンが環境に多い場合はこだわりメガネの方がおすすめ。 こだわりメガネをもたせた場合、受けポケモン突破後に出てきたエースに強烈な一撃を入れられます。 また、ダイマックスせずに使うパターンやダイウォールを想定する場合はこだわりスカーフ+道連れを採用するのもありです。 基本的にゲンガーは気合の襷を採用しているため、初手道連れをうてば気合の襷発動狙いで殴ってきた相手を1:1交換できます。 ゲンガーの対策 催眠術・鬼火・道連れ、格闘技に注意して立ち回ることが大切です。 ゲンガーにやられるパターンとしては• 催眠術で嵌め込んで封殺されるパターン• 鬼火で機能停止させられて餌にされるパターン• 道連れで1:1交換させられるパターン• 受けに出たポケモンに高火力きあいだまが入って倒されるパターン が多いです。 環境に数が多いポケモンではないのであえて対策ポケモンを採用するほどではありませんが、相手のパーティにゲンガーが見えたら具体的には下記のように注意しましょう。 催眠術や鬼火対策にラムのみやカゴのみや火炎玉守る持ちを選出する• ゲンガー以外の対面でダイフェアリー・ダイサンダーをうっておいて催眠術対策をする• 道連れをうってきそうなタイミングではダイマックスの餌にする• 格闘弱点のポケモンは可能なら選出しない• 運ゲーが始まると割り切って戦う まとめ:【ポケモン剣盾】ゲンガーの育成論と対策【6割で勝てて受けポケモンをすべて飲み込む】 いかがでしたでしょうか。 ファンも多い割にランクバトルではあまり見かけないゲンガー、試しに育てて遊んでみてはいかがでしょう。 では、今日もポケモン剣盾楽しみましょう! 構築については下記記事もおすすめです。 「」 Youtuberなどゲーム実況やりたい方はこちらの記事もどうぞ。 「」 長時間座ってポケモンやってると腰やお尻が痛くなる方は、ゲーミングチェアがコスパ最強でおすすめです。 このブログでは毎日更新で「過去の自分が知りたかったこと」をジャンル問わず書いているので、もしあなたの役にも立ちそうなことを書いていたらまた読みに来てください。

次の

【ソードシールド】テラキオンの育成論!サポートも可能な高圧力のアタッカー!【ポケモン剣盾】

ポケモン 剣 盾 ゲンガー 育成 論

ゲンガー(キョダイマックス)の育成論 ゲンガー(キョダイマックス)の育成論はこのようになります。 性格:おくびょう• 特性:のろわれボディ• 持ち物:命の珠、気合の襷など• 努力値:B4 C252 S252• 130の特攻に補正をかけたくなる気持ちもわかりますが、 素早さの110という値は補正をかけないと激戦区の100属までを抜くことができないラインとなっています。 素早さに補正をかけることで、アイアントやアローラキュウコンにも先制をとれるようになるため、よほどのことがない限り臆病を選ぶべきでしょう。 特性はのろわれボディ! 6世代までは『ふゆう』の特性を持っていましたが、仕様変更により現在のゲンガーは『のろわれボディ』の特性のみとなっています。 金縛り状態はダイマックスで無効化されてしまったり、そもそもダイマックスとの相性の兼ね合いで拘り系の道具の採用率が落ちていたりと微妙な特性ではありますが、これしか選択肢がないためゲンガーの特性は『のろわれボディ』で確定となります。 持ち物はダイマックス前提なら命の珠、普通のゲンガーとしての活躍を見込むなら気合の襷を選ぼう! 命の珠はダイマックスととても相性がよく、技範囲の広いゲンガーには特に適している道具となります。 ですが、ゲンガーはダイマックスさせずとも、高い素早さからのみちづれや高火力の押しつけが強いポケモンでもあります。 必要に応じてダイマックスも考えてはいくけど、基本的には普通のゲンガーとして運用したいというケースでは、耐久力の低さを補う気合の襷がベターとなるでしょう。 耐久調整はせずに、努力値はCSぶっぱでOK! ゲンガーの強みである特攻と素早さを活かすため、CS極振りしましょう! ゲンガーの耐久面にはあまり期待できないので、火力を伸ばして倒せる範囲を広げることが望ましいです。 おすすめの技 ゲンガー(キョダイマックス)のおすすめの技を紹介します。 シャドーボール ゴースト技は基本的にシャドーボールで確定でしょう。 鬼火、祟り目のコンボを狙うのもいいですが、『キョダイゲンエイ』の火力が120と低くなってしまうので一長一短となります。 ヘドロばくだん、ヘドロウェーブ ポケモン剣盾から、ゲンガーはヘドロウェーブをわざマシン(わざレコード)で覚えることができるようになりました! ヘドロウェーブのほうが威力は5上ですが、毒の追加効果はヘドロばくだんが3割、ヘドロウェーブが1割となっているため、この辺も考えてどちらを選ぶか決める必要があります。 毒技は範囲を見ると微妙ですが、ゲンガーのタイプ一致による最大の打点であること、フェアリーの処理が安定しやすい点が魅力です。 ダブルバトルでは、ヘドロウェーブが全体技で使いにくいので、ヘドロばくだんがおすすめです! きあいだま ゲンガーの格闘技は、シャドーボールとの攻撃範囲の補完に非常に優れています。 ゴーストの通らないノーマルや悪タイプには格闘タイプが有効で、格闘タイプの通らないゴーストタイプやエスパータイプにはゴースト技が有効となっています。 命中難ですが、それでも採用する価値はあるでしょう。 10万ボルト 技の範囲的には必要性をあまり感じないですが、命中安定で抜群も取りやすく、使いやすい技となっています。 ダイマックス時に『ダイサンダー』で催眠対策として使えるのも嬉しいところですね。 マジカルシャイン 気合玉の命中が気になる人は、悪タイプへの打点としてマジカルシャインを選択するのも良いでしょう。 ダイマックス時に『ダイフェアリー』で状態異常の対策として使えるのも嬉しいところですね。 ダブルバトルでは通りの良い全体技としても使えるので便利です! みちづれ 相手のポケモンを1匹突破したあとに、この技を使って2匹目と心中できればほぼ勝負が決まったような状況に持ち込める有能な技です。 不利対面でも無理やり1:1交換に持ち込めたりするのも便利だったりします。 ダイマックスには無効なので注意が必要です。 おにび 物理アタッカーを機能停止させることのできる技です。 命中が85とやや不安定なのがネックですが、持っていると便利な技です。 さいみんじゅつ 技スペが余ったときに採用しておくと、負け試合を拾える可能性のある技です。 6割の確率で寝かせることができますが、2ターン目に起きることもあるので、過信は禁物です。 わるだくみ ゲンガーで積むのは難しいですが、一度でも積めたら簡単には止まらなくなるので魅力的ではあります まもる ダブルのゲンガーには、まもるが欲しいところです。 素早さに優れているため、守っているターンに隣のポケモンで場を荒らして、次のターンに相手のポケモンを縛っていく動きがシンプルに強力です。 ゲンガー(キョダイマックス)の対策 ゲンガーは技の範囲が広いため、ダイマックスで火力を増強されることまで考慮すると、対策はそこそこ難しいポケモンです。 ゲンガーより早く行動できるポケモンを採用する ゲンガーの素早さの種族値は110と早い部類にはなりますが、これより高いポケモンも少なくはありません。 ドラパルトやエースバーンなど、 ゲンガーより素早さの高いポケモンが構築にいればかなり戦いやすくなります。 また、ゲンガーは耐久力の低いポケモンであるため、先制技持ちも有効だったりします。 かげうちを覚えたミミッキュなども良い対策になるでしょう。 特殊の数値受けポケモンで受け切る ゲンガーは技範囲が広いのでタイプ受けは難しいですが、特性による倍率の補正のようなものはないため、数値による受けは成立しやすいポケモンになります。 カビゴンやナットレイといった特防の高いポケモンにチョッキでも持たせておけば、打ち勝っていくこともできるでしょう。 まとめ ゲンガーは高い素早さから広範囲の特殊技を使ってくるポケモンです。 ゲンガーを対策するには、特防や素早さの高いポケモンを意識して採用していきましょう!•

次の