バッカル ファット と は。 下膨れ改善手術 バッカルファット除去の効果・デメリット・リスク・痛み・費用などプラストクリニック(東京)より実際のバッカルファットの写真とともに紹介。

症例写真一覧 バッカルファット除去 : 美容整形の高須クリニック

バッカル ファット と は

ばれづらい腫れづらい小顔術 バッカルファット とは? 頬の脂肪には、浅い層にあるもの(皮下脂肪)と深い層にあるもの(バッカルファット)があります。 浅い層にある脂肪(皮下脂肪)は、脂肪吸引や脂肪溶解注射で量を減らすことができます。 一方、深い層にある脂肪(バッカルファット)は、お口の中に約5mmの小さな入り口をつけることで皮下出血や青タンを極力生じさせることなく、最小限のダメージで量を減らすことが可能です。 また自然に溶けてなくなる糸で縫うので抜糸も不要。 「ばれづらい腫れづらい小顔術(バッカルファット)」では、会社や学校を長期間お休みすることなく、最小限のダウンタイムで小顔・顔やせの施術が可能です。 「バッカルファット」は『口の中で吸える、噛んでしまう脂肪』『笑った時につまめる脂肪』というと分かりやすいと思います。 バッカルファットは加齢とともに下垂するため、法令線・ブルドッグのようなたるみが出る前に除去することで、たるみを予防し、下膨れにより顔が大きくなるのを予防することができます。 バッカルファットは、口の中の数ミリの小さな入り口から、最小限のダメージで量を減らすことが可能です。 脂肪細胞そのものを除去するため、その効果は永久的。 会社や学校を長期間お休みすることなく、最小限のダウンタイムで小顔になることができます! 稀に、頬骨下部がこけるなどのリスクもあります。 そのため、除去する脂肪量や施術方法、適応かどうかの判断が非常に重要になります。 専門の医師を選ぶこと。 これが一番のポイントです。 秋葉原院院長 名倉 俊輔 医師 保有資格 日本形成外科学会専門医/日本美容外科学会(JSAPS)専門医/日本美容外科学会(JSAPS)正会員/国際美容外科学会(International Society of Aesthetic Plastic Surgery)Active Member/医学博士(東京医科歯科大学)/サーマクール認定医 経歴 1992年 東京医科歯科大学卒業 以降、同大学医学部、国立がんセンター、他総合病院にて皮膚科、頭頸部外科、形成外科、美容外科を研鑽。 2007年 東京医科歯科大学臨床教授 2009年 リッツ美容外科東京院入職 2013年 リッツ美容外科東京院院長に就任 2014年 湘南美容クリニック 入職 脂肪吸引ページをご覧の皆様へ 世の中には頑張って運動したり、様々なダイエットに挑戦してもなかなか体重が落とせず、体重や見た目に対してコンプレックスをお持ちの方が数多くいらっしゃいます。 このページではそんなお悩みや、部分痩せをご希望の方に対して、当院で提供している脂肪吸引やレーザーなどを使用した痩身施術の解説、各料金のご紹介、ダウンタイム、保証サービス等をご確認頂けます。 また、実際に行った脂肪吸引、痩身施術に関する症例写真を数多く公開し、お客様が術後のイメージを連想しやすい環境も用意させていただきました。 湘南美容クリニックでは複数の脂肪吸引施術をご用意しており、カウンセリング時にお客様のお悩みやご要望を医師が伺い、お客様にとって最適な治療方法をご提案させていただきます。 また、ダウンタイムが気になる方には、機械による医療痩身施術や、注射などで脂肪を溶かす治療もございますので、ご質問などがあればお気軽に医師までご連絡ください。 我々は、「美容整形をもっと身近に」を合言葉に脂肪吸引の治療内容、治療経過、カウンセリング内容をオープンにし、 クリニック内の顔が見える運営を心がけると共に、美容外科に携わるスタッフすべてが胸を張って仕事ができる環境を作ることを使命とし、 技術向上、積極的な情報開示、社会貢献に取り組んでいます。 湘南美容クリニックは第103回日本美容外科学会学会長を務めた相川佳之をはじめ、日本美容外科学会(JSAPS)専門医、日本美容外科学会正会員、日本形成外科学会専門医 、 先進医療医師会 参与、日本再生医療学会 理事長補佐、国際美容外科学会(International Society of Aesthetic Plastic Surgery)Active Member、医学博士、厚生労働省認定臨床研修指導医、日本整形外科学会・専門医、日本麻酔科学会認定医、厚生労働省麻酔科標榜医、日本外科学会専門医・正会員、日本胸部外科学会正会員 、日本頭蓋顎顔面外科学会会員、日本静脈学会会員医学博士、日本医師会認定産業医、日本抗加齢医学会会員、日本マイクロサージャリー学会会員、GID(性同一性障害)学会会員、日本脂肪吸引学会会員、美容皮膚科学会正会員、日本レーザー治療学会会員などの資格を保有した医師が在籍しております。

次の

バッカルファット除去 : エイジングケア・老化予防: 美容整形の高須クリニック

バッカル ファット と は

お疲れ様です。 美容外科専門医の名倉俊輔です。 バッカルファットの失敗について質問されることが多いです。 これは 術前の診察で防げます! 今回は バッカルファットのデメリットとやらない方が良い方について解説します。 たるみは皮膚や筋膜や靭帯などの支持組織の弾性の低下で発生します。 支持組織が緩んでいる場合はバッカルファットを取っても、その分のほほが引き締まらない事が多いです。 それどころかバッカルファットを除去すると、その部分に上部の脂肪が移動し『貧相な顔・より老けた印象の顔』になるケースもあります。 頬骨の出ている方。 バッカルファットの領域のボリュームが減ることでバランスが崩れる方も多くいます。 逆にエラのボトックスを打ちすぎて、バッカル領域が目立って『おかめ顔』になっている方も多くいます。 顔はバランス良く小さくしないとかっこ悪いですよ。 バッカルファット手術の特徴 小顔治療の中には脂肪を取り除く治療がありますが、顔は重要な血管、神経などが多く、特に脂肪吸引や深い部位の脂肪であるバッカルファット除去は繊細な治療となります。 怖がって十分な量の脂肪が除去できていないと効果が出ず、お客様に満足していただくことができません。 かといって脂肪を取りすぎると頬がこけたように見えてしまったり、表面がでこぼこになってしまう可能性があります。 安全性を保ちつつ、しっかり効果を出すにはギリギリのラインの手術が求められ、そこには医師の経験や技術力が非常に求められます。 そういったところに、すごくやりがいを感じます。 耳の下に手をあてて食いしばったときに、ぽこっと出るのが咬筋です。 普段 歯をくいしばったり歯ぎしりが癖になっている方は咬筋が発達してマッチョになっているので、ベース型のフェイスラインに見えて大顔に見えてしまいます。 筋肉(咬筋)が原因で顔が大きく見えてしまうタイプにピッタリの施術は、 「エラボトックス」です。 ボツリヌストキシンという筋肉を動かなくさせる成分を、エラの筋肉に注射し、筋肉の動きを多少麻痺させることにより筋肉を細くし、小顔にする治療です。 治療時間は約10分。 注射だけなのでダウンタイムもほぼありません。 手軽に受けられるので大変人気の治療です。 ボトックス治療を受けた人のほとんどが、 治療後3日位に効果が見られ始め、7日間程度で実感できるようになります。 体と同じで、顔にも脂肪があり、その脂肪がつきすぎると顔が大きくみえてしまいます。 頬がまんまるに見える、下を向いたときに二重あごが気になる…という方は脂肪が原因かもしれません。 太ると顔に脂肪がつきやすい方、ダイエットをしても顔だけなかなか痩せない方が多いです。 脂肪タイプの方は、いくら骨を削ったり、筋肉を細くしても、その上に脂肪が乗っかっているため、劇的に小顔にはなることはできません。 脂肪が原因で、顔が大きく見えてしまう脂肪タイプの方にぴったりの施術は、 「脂肪溶解注射」「脂肪吸引」です。 治療時間は20分~30分程度。 手術中は麻酔が効いているので痛みはありませんが、術後3日は圧迫が必要です。 また、術後3日~1週間程度は腫れや内出血があらわれるケースが多いです。 脂肪自体を取り除いてしまうのでリバウンドの心配がなく、 確実に効果が欲しいかたにおススメ。 顔を構成している 表情筋が衰えることが原因で、目の下や口周り、あごなどの皮膚にたるみが生じてしまいます。 たるんだ部分には脂肪がつきやすく、むくみも引き起こしやすいので、顔のたるみを放っておくと、脂肪やむくみとの相乗効果で 輪郭がぼやけてしまいがちです。 脂肪が原因で、顔が大きく見えてしまう脂肪タイプの方にぴったりの施術は、 「スレッドリフト」です。 バレないリフトは溶ける糸を挿入し引っ張り上げることでリフトアップ効果をもたらします。 糸が溶けた後もそこにはコラーゲンが生成されているため、 肌のハリがキープされます。 また、 お顔に針穴ができずダウンタイムもほとんどないのでこっそり小顔になりたい方におススメです。 あごがシャープに尖って、きゅっと引き締まったフェイスラインは、小顔効果をより際立たせてくれます。 あごが小さい人、引っ込んでいる人は輪郭がぼやけてみえるので顔が大きくみえてしまいます。 あごが引っ込んでいる原因で顔が大きくみえるタイプの人は あごをだすことで逆に小顔効果が得られます。 あごを形成する方法としては 「ヒアルロン酸注入」「アゴプロテーゼ」があります。 施術中の 痛みもなく、傷痕もほとんど目立ちません。 ヒアルロン酸は時間とともに自然になくなります。 持続効果は個人差によりますが、「クレヴィエル」というヒアルロン酸であれば 1年~1年3ヶ月ほど持ちます。 ダウンタイムもないので手軽に受けられる人気の施術です。 口の中からの施術なので 傷痕は外から見えません。 施術時間は30分~1時間、ダウンタイムは1~2週間程度です。 おひとりおひとりのアゴの形に合わせてプロテーゼを形成しますので、 仕上がりは自然になります。 プロテーゼは半永久的ですので、少しでも 長い効果を期待したい方は、この治療がオススメです。 そのような場合には骨を削る治療が必要です。 まずは医師のカウンセリングをうけて、あなたの顔が大きく見えてしまう 原因を明確にし、適切な治療をうけることをおススメします。 先日、あるお客様から「近日中に撮影があるが、どうしても今後顔を小さくしていきたい」というご相談がありました。 ご希望にそえるよう全力で執刀させていただいた結果、撮影も腫れることなく終了し、その後顔も小さく仕上がってきたと喜ばれている写真を拝見してお役に立てたと感じ、とても嬉しかったです。

次の

症例写真一覧 バッカルファット除去 : 美容整形の高須クリニック

バッカル ファット と は

この記事は、先生が監修しています。 最近顔の大きさが気になってきたという、20代女性のあーやさん。 さらに、真顔だとさほど分からないかもしれませんが、笑ってみるとほうれい線も目立つかも……。 「別に分からないよ」とまわりから言われても、 気になるものは気になるんです! ということで、今回は「バッカルファット」を除去する施術を行うことに! バッカルファット除去ってどんな施術? バッカルファットとは、 頰の深い部分にあり、年を重ねることで頬下へ垂れてしまう脂肪のこと。 バッカルファットが頬下へ下垂すると、 ほうれい線やたるみが深くなる原因となってしまいます。 そんなバッカルファットを除去することで、ほうれい線やたるみの解消・小顔効果をもたらし、理想の輪郭形成を目指すのがバッカルファット除去手術。 口の中にメスを入れて取り出すので、皮膚表面に傷が残らずダウンタイムも短めなのが特徴です。 現時点でほうれい線やたるみに悩んでいない人でも、除去手術を受けることによって 予防になるんだとか! バッカルファット除去手術のカウンセリングスタート! 今回バッカルファット除去の施術を担当してくださったのは、の名倉先生。 名倉先生へのご相談はにお問い合わせくださいませ。 気になったことを質問してみました。 「麻酔を含め、施術全体を通しての痛みは実際どれくらい感じるんでしょうか?」 バッカルファット除去は溶ける糸でメスを入れた傷口を縫うので、 粘膜の傷は明日にはふさがっちゃいますし、1か月くらいで溶けます。 糸は歯を磨いている最中に取れてもまったく問題ないですし、食事中に糸を食べちゃっても問題ないです。 初めてのカウンセリングだと、あーやさんのように極度に緊張してしまって、 さまざまな不安があってもあまり質問できないこともあるかも。 しかし先生は、 こちらから質問しなくても、その人に合った施術法を提案してくれました。 バッカルファット除去の施術後の傷跡やダウンタイム、痛み、細かい施術内容まできちんと先生が話してくれるので、 カウンセリングだけでもかなり不安が除けます! カウンセリング中は終始穏やかな雰囲気で、あーやさんの緊張もすっかりほぐれていました。 いざバッカルファット除去手術へ! カウンセリングで和んだとはいえ、 やっぱりいざ手術台に寝ると緊張でドキドキのあーやさん。 すでに顔へのマーキングは終わっていて、心臓バックバクです……!! ちなみに、バックではYUIの曲がエンドレスで流れています。 そんなこんなしているうちに、腕に麻酔の点滴が始まりました。 「気分悪くないですか?」と看護師さんがこまめに確認しながらあーやさんの鼻に笑気麻酔の管を通し始めて、なんだか結構大がかりになってきました。 点滴の麻酔と笑気麻酔を同時に行いながら、顔や口のなかをコットンで消毒し、口のなかにガーゼを詰めて、 手術の準備は万端! 名倉先生はあーやさんの頬にマーキングをしたあと、口のなかから両頬に麻酔注射をして、 早速メスを入れていきます。 どうせならボトックス注射も打っていきますか? という先生の提案で、最後に、エラにボトックス注射を打ってみることに! すでにさまざまな麻酔をかけているのでそれ以上麻酔はせずに、右のエラと左のエラに注射を打っていきます。 仕上がりが楽しみです! バッカルファット除去のビフォーアフター画像 まずは、バッカルファット除去手術を受ける前と手術直後の画像を比較してみます。 バッカルファット除去手術を受ける前より、 ほうれい線がかなり薄くなってる!!! あーやさんに 「笑ってみてください!!」と思わずお願いすると…… こんなに笑顔の可愛さが違います……! 少しわかりづらいかもしれませんが、横顔を見ると、 ほうれい線の影がかなり薄くなってたるみが解消されているんです! バッカルファット除去手術前より、あーやさんは多くの笑顔を見せてくれるようになりました! バッカルファット除去手術後の腫れ具合とダウンタイムはまったくなし?! 術後直後から1年後まで 最初に先生からバッカルファット除去手術後の顔の腫れは、ほとんどの人が出ないといわれていましたが、実際はというと……。 3日後 1週間後 術後1週間では、 特に腫れもなく、痛みもなかったよう。 ちなみに 口の中にできた傷口は小さな口内炎のような感じになったそうです。 1か月後 術後1か月には、 すでに小顔効果がはっきりとあらわれていて、その小顔効果のおかげからか、あーやさんの笑顔も全然違います! 小顔効果のある美容整形なのにダウンタイムが短めなのは、かなりうれしいメリットといえますね。 3か月後 施術前と術後3か月の画像を見比べてみると、 かなりほうれい線が薄くなっていて、頬の脂肪が少なくなっているのが分かります。 しわやほうれい線が気にならなくなることで、今までよりも気持ち良く笑えるようになるかも! 半年後 あややさんは、 今では手術したのを忘れたくらいで違和感もなにもないよう。 友達にも顔がシュッとなったねと言われてとてもうれしいそうです。 1年後 バッカルファット除去の施術後、1年後が経っても小顔はキープできたまま。 施術の内容にも満足していますが、気持ちの面でも変化があったようで、 「自分でも笑顔が増えたことがわかる。 いままでは積極的に話しに行けなかったママ友にも、自分から話しかけられるようになった」と言っていました。 バッカルファット除去手術のダウンタイムや失敗例とは? 頬の深い部分にある脂肪のかたまり「バッカルファット」の除去手術は、受けることで小顔効果やたるみ予防の効果が期待できます。 脂肪細胞を取り去るため、一度受ければ半永久的に効果が持続する手術ですが、 なかにはダウンタイムが出ることや失敗してしまう症例もあります。 施術に伴って起こり得るリスクについても理解しておきましょう。 バッカルファット除去後のダウンタイムや副作用 バッカルファット除去は、比較的腫れやダウンタイムが出にくい手術法だといわれています。 とはいえ、 医師の腕やクリニックによって術後の経過に違いが出やすいようです。 実際、クリニックによってバッカルファット除去のダウンタイムについての記載内容が異なっています。 しかし、なかでもほぼ共通して記載されていることとしては以下の内容が挙げられます。 麻酔による腫れ …早ければ翌日にはひき、遅くとも大抵1週間以内には治まる。 内出血 …施術中に細かい血管が傷つくことでまれに起こる。 約2〜3週間で治まる。 むくみ …まったく出ないケースも多いが、術後数日経ってから出ることも。 大抵1週間以内には治まる。 違和感 …皮膚の感覚がやや鈍くなることがある。 約1〜3か月程が目安。 バッカルファット除去で起こり得る失敗例 バッカルファット除去手術で起こるおもなトラブルとしては 「頬がこけること」「皮膚がたるむこと」のふたつが挙げられます。 前者は 頬下の脂肪を必要以上に除去してしまった場合に起こります。 このような失敗例では、ヒアルロン酸もしくは脂肪を注入して修正します。 後者は たるみがバッカルファット以外の要因で起こっていた場合や、 皮膚が脂肪に沿って縮まず皮が余ってしまった場合に起こります。 このような失敗例では、余った皮膚を切り取ることで修正します。 どちらも修正が可能とはいえ、体に余分な負担を掛けてしまいますし、修正手術によって傷跡が残ってしまうこともあります。 そもそもバッカルファット手術は、名医だけが行うといわれることもある 比較的難度の高い施術方法です。 事前に 医師とのカウンセリングを十分に行ったうえで、信頼できるクリニックを探すと良いでしょう。 気になるバッカルファット除去手術の料金は? 湘南美容外科のバッカルファット除去の手術の費用は、 177,370円(税抜)です。 分割払いにも対応しています。 しわを薄くしたり小顔を目指したりする整形術の中には、効果が持続する時間が決まっていて、再び受ける必要があるものもあります。 一方、 バッカルファットは一度除去してしまえば増えることはないそう。 そのことも念頭に入れて考えてみると良いかもしれません。 また、別途初診料や麻酔料がかかるかなどはクリニックにお問い合わせください。 バッカルファット除去に興味を持ったらカウンセリングへ バッカルファット除去で、 気になるほうれい線を薄くするだけでなく、小顔に近づけることができるかも。 とはいえ、メスを入れる手術をするのは不安ですよね。 あーやさんもバッカルファット除去の施術前は怖かったそう。 ですが、町田院の方や名倉先生がとても良い方で、「何か聞きたいことある?」「大丈夫?」などと話かけて下さったり、握手をしてくださったりしたので、 安心して施術を受けられたのだそう。 担当の先生が腕利きの名医かどうかはもちろん重要なこと。 しかし、やはり担当の先生やスタッフの方が リラックスできる環境を積極的につくってくれるクリニックを選ぶことも重要です。 人によって合う合わないもあるので、実際に無料カウンセリングに行って先生との相性やこれまでの症例画像などを見て、しっかり確かめるようにしましょう。

次の