コバルト の 季節 の 中 で。 ♪視聴No.9 沢田研二/コバルトの季節の中で (1976年)

心に残る名曲 No.10 『コバルトの季節の中で』 沢田研二 : 坂の上のサインボード

コバルト の 季節 の 中 で

スポンサーリンク 沢田研二 コバルトの季節の中で 70年代秋の歌 オータムソング 「コバルト」と聞くと一瞬「夏」を思い起こしますね。 「コバルトブルー」は南方の海を連想させます。 1976年9月10日、ジュリー・沢田研二の『コバルトの季節の中で』がリリースされました。 異常気象がもたらす最近の気候では、9月の声を聴いても暑い日が続きますが、明らかに空は「秋の空」になります。 ココでの「コバルト」とは吸い込まれそうな秋空を表す色表現なのです。 もちろんこの曲を知っているわたくし達世代には、秋の歌とわかっていますが。 イントロからジュリーの曲っぽくて、かっこいいですね。 作曲はジュリー本人なのは、うかつにも当時は知りませんでした。 彼が作曲した楽曲は70以上に上るらしいです。 ある時耳に挟んだのですが、かの井上孝之が「ジュリーは、我々プロが考え付かないようなコード進行のメロディを作る」と言ったとか。 中でもこの曲が歌詞と共に印象的なのは、リリース時期にあるのではないでしょうか。 前年の75年には『時の過ぎゆくままに』というジュリー最大と言っていいヒット曲が発売され、翌年には『勝手にしやがれ』で日本レコード大賞を受賞します。 その狭間に発売された曲ではありますが、この間いろいろございました。 75年には7年間の交際を経てザ・ピーナッツの伊藤エミと結婚しますが、75年、76年と続けて暴行事件を起こしてしまいます。 まぁ、ファンに絡まれたりしての事件ではありましたが、若気の至りでした。 そんなことがあって、76年には1か月の謹慎を余儀なくされ、期間が解けたのち、『コバルトの季節の中で』を発表しました。 つまり、新婚時代の謹慎期間に作曲した曲なのですね。 作詞は、小谷夏。 聞いたことのない女性作詞家と思っておりましたら、かの名プロデューサー・久世光彦のペンネームです。 久世光彦はジュリーファンでもあり、彼自身をプロデュースして推しておりました。 想像するに、ジュリーの謹慎期間中、彼の状況・心境を見つめての作詞だったのでは。 しかるに、ジュリーの曲の中では比較的地味な落ち着いた雰囲気の爽やかなラブソングし仕上がったのでございましょう。 使われている言葉にも感ずることができます。 他のジュリーの歌のような派手さはなく、優しい気分になれる気がしますね。 ジュリーの歌唱力はさすがで、のびやかに歌い上げるところは聞きほれてしまいます。 抜けるような青空を見上げながら、この曲を聴くとちとモノ想いにふける歳になりました。

次の

♪視聴No.9 沢田研二/コバルトの季節の中で (1976年)

コバルト の 季節 の 中 で

1951年に東亰に生まれた船山基紀 ふなやま・もとき は、早稲田大学高等学院から早稲田大学政治経済学部に進んだが、大学3年の時にアルバイトで始めたヤマハの「ポピュラーソングコンテスト(ポプコン)」の仕事で、編曲の基礎を学んだことから音楽の道に進んだ。 1974年からフリーの作編曲家として仕事をするようになり、75年にはポプコン出身だった中島みゆきのデビュー・シングル「アザミ嬢のララバイ」と、世界歌謡祭でグランプリに選ばれた「時代」を続けて手がけたことで、名前を知られるようになった。 そしてアグネス・チャンや山口百恵の仕事などで評価が高まり、77年には日本レコード大賞を受賞した沢田研二の「勝手にしやがれ」で、歌謡曲のヒットメーカーとして認められた。 その一方で五輪真弓「恋人よ」や渡辺真知子「迷い道」、庄野真代の「飛んでイスタンブールなど、ニューミュージック歌謡と呼ばれるタイプの作品でも、次々に斬新なサウンドによるヒット曲を生み出していった。 船山の全仕事をまとめた単行本「ヒット曲の料理人 編曲家・船山基紀の時代」(リットー・ミュージック)には、1970年代に全盛期を迎えた歌謡曲とニューミュージックについて、多忙な日々の体験ともに貴重なエピソードが語られている。 船山が最初に沢田研二の作品に起用されたのは1976年のことで、シングルの「コバルトの季節の中で」だった。 作詞した小谷夏はTBSの演出家・久世光彦、これは詞が先にできていたものに沢田自身が作曲した。 船山はその楽曲をフォーク調にアレンジして完成させたのだが、沢田研二のプロジェクトを仕切っていた渡辺プロダクション側のプロデューサー、木崎賢治にやり直しを命ぜられてしまった。 しかし木崎は出来上がった作品をボツにしたにもかかわらず、ここでもう一度、自らが抜擢してきた船山にチャンスを与えてくれたのだ。 しかも、やり直しとなったバージョンでは「時の過ぎゆくままに」を作曲した大野克夫が、イントロの印象的なギターのフレーズを書いてくれたという。 「コバルトの季節の中で」の次に「さよならをいう気もない」を挟んで作られたのが、「勝手にしやがれ」、「憎みきれないろくでなし」、「サムライ」と続く作詞が阿久悠、作曲が大野克夫コンビの作品である。 そこに至る流れについて、船山がこのように語っていた。 録り直しをしてもクビにならなかったのだから、昔の業界はすごい。 そこまでで1曲分の予算を使っているのだから。 その後はしばらく大野さんの作曲が続くことになり、これ以降の曲は、イントロもすべて大野さんが作るようになった。 大野のデモテープはきちんとしたリズム隊で録音されていたので、船山はそのデモテープを派手にしてヒット・チューンに仕上げる役に徹していった。 なかでも「勝手にしやがれ」は、「時の過ぎゆくままに」と並ぶ沢田研二の代表作となった。 しかし大野克夫のデモテープはリズムが16ビートで、それを聴いた木崎が8ビートに変更することにしたという。 木崎によれば、それについての判断基準は、「キックの4打ちは日本語が浮き出やすい」という、実際に体験して得ることができたヒットの秘訣にあった。 そうしたプロデューサーの意向を理解して、船山は大胆で力強いサウンドに仕上げていったのだ。 船山は仕上げを行ったエンジニアの吉野金次について、そのテクニックをこんなふうに絶賛していた。 沢田研二さんの曲は、同じ時代の他の歌謡曲に比べ音の奥行きが違っている、と言われたことがあるが、それは吉野金次のテクニックに他ならない。 エンジニアによって音の音色は全く変わる。 勝手にしやがれも全体の音像がキラキラしていて、ハネケンさんのピアノも良い音を奏でていた。 それを活かすエンジニア吉野金次のテクニックも素晴らしく、沢田さんのヒット曲は、吉野金次の腕前によるところがかなり大きいと個人的には思っている。 アーティストとプロデューサー、アレンジャーとミュージシャン、そしてエンジニアが同じ方向に向かって持っている技術とアイデアを集積させることで、後世に残るヒット曲が仕上がっていたのである。 後に大野克夫がセルフカバーした「勝手にしやがれ」と聴きくべると、船山の個性もまた鮮やかに浮かび上がってくる。

次の

コバルト

コバルト の 季節 の 中 で

1951年に東亰に生まれた船山基紀 ふなやま・もとき は、早稲田大学高等学院から早稲田大学政治経済学部に進んだが、大学3年の時にアルバイトで始めたヤマハの「ポピュラーソングコンテスト(ポプコン)」の仕事で、編曲の基礎を学んだことから音楽の道に進んだ。 1974年からフリーの作編曲家として仕事をするようになり、75年にはポプコン出身だった中島みゆきのデビュー・シングル「アザミ嬢のララバイ」と、世界歌謡祭でグランプリに選ばれた「時代」を続けて手がけたことで、名前を知られるようになった。 そしてアグネス・チャンや山口百恵の仕事などで評価が高まり、77年には日本レコード大賞を受賞した沢田研二の「勝手にしやがれ」で、歌謡曲のヒットメーカーとして認められた。 その一方で五輪真弓「恋人よ」や渡辺真知子「迷い道」、庄野真代の「飛んでイスタンブールなど、ニューミュージック歌謡と呼ばれるタイプの作品でも、次々に斬新なサウンドによるヒット曲を生み出していった。 船山の全仕事をまとめた単行本「ヒット曲の料理人 編曲家・船山基紀の時代」(リットー・ミュージック)には、1970年代に全盛期を迎えた歌謡曲とニューミュージックについて、多忙な日々の体験ともに貴重なエピソードが語られている。 船山が最初に沢田研二の作品に起用されたのは1976年のことで、シングルの「コバルトの季節の中で」だった。 作詞した小谷夏はTBSの演出家・久世光彦、これは詞が先にできていたものに沢田自身が作曲した。 船山はその楽曲をフォーク調にアレンジして完成させたのだが、沢田研二のプロジェクトを仕切っていた渡辺プロダクション側のプロデューサー、木崎賢治にやり直しを命ぜられてしまった。 しかし木崎は出来上がった作品をボツにしたにもかかわらず、ここでもう一度、自らが抜擢してきた船山にチャンスを与えてくれたのだ。 しかも、やり直しとなったバージョンでは「時の過ぎゆくままに」を作曲した大野克夫が、イントロの印象的なギターのフレーズを書いてくれたという。 「コバルトの季節の中で」の次に「さよならをいう気もない」を挟んで作られたのが、「勝手にしやがれ」、「憎みきれないろくでなし」、「サムライ」と続く作詞が阿久悠、作曲が大野克夫コンビの作品である。 そこに至る流れについて、船山がこのように語っていた。 録り直しをしてもクビにならなかったのだから、昔の業界はすごい。 そこまでで1曲分の予算を使っているのだから。 その後はしばらく大野さんの作曲が続くことになり、これ以降の曲は、イントロもすべて大野さんが作るようになった。 大野のデモテープはきちんとしたリズム隊で録音されていたので、船山はそのデモテープを派手にしてヒット・チューンに仕上げる役に徹していった。 なかでも「勝手にしやがれ」は、「時の過ぎゆくままに」と並ぶ沢田研二の代表作となった。 しかし大野克夫のデモテープはリズムが16ビートで、それを聴いた木崎が8ビートに変更することにしたという。 木崎によれば、それについての判断基準は、「キックの4打ちは日本語が浮き出やすい」という、実際に体験して得ることができたヒットの秘訣にあった。 そうしたプロデューサーの意向を理解して、船山は大胆で力強いサウンドに仕上げていったのだ。 船山は仕上げを行ったエンジニアの吉野金次について、そのテクニックをこんなふうに絶賛していた。 沢田研二さんの曲は、同じ時代の他の歌謡曲に比べ音の奥行きが違っている、と言われたことがあるが、それは吉野金次のテクニックに他ならない。 エンジニアによって音の音色は全く変わる。 勝手にしやがれも全体の音像がキラキラしていて、ハネケンさんのピアノも良い音を奏でていた。 それを活かすエンジニア吉野金次のテクニックも素晴らしく、沢田さんのヒット曲は、吉野金次の腕前によるところがかなり大きいと個人的には思っている。 アーティストとプロデューサー、アレンジャーとミュージシャン、そしてエンジニアが同じ方向に向かって持っている技術とアイデアを集積させることで、後世に残るヒット曲が仕上がっていたのである。 後に大野克夫がセルフカバーした「勝手にしやがれ」と聴きくべると、船山の個性もまた鮮やかに浮かび上がってくる。

次の