インスタ 保存 確認。 インスタで相手のプロフィール画像を拡大できない?保存は?方法を徹底解説

【PC・スマホ対応】インスタグラムの写真を保存する方法

インスタ 保存 確認

IGTVをインスタのアプリ内に保存する方法 IGTVの動画を開いたら「…」をタップして「保存」を選択してください。 動画の保存先はインスタのコレクションです。 そうするとIGTVで保存した動画を見ることができます。 保存した動画が見当たらない方は、IGTVにログインしているアカウントとインスタにログインしているアカウントが一致していることをご確認ください。 IGTVを端末に保存する方法 上記でご紹介したインスタのアプリ内に保存する方法は非常に簡単なのですが、投稿者が動画を削除してしまうとアプリ内からも同時に削除されてしまいます。 そのようなリスクを避けたい方は、お使いの端末に直接保存するようにしてください。 それでは具体的な保存手順に移ります。 そしてIGTVのリンクをペーストして開きます。 」の順にタップしてください。 そして「OK」をタップしてマイコレクションにIGTVの動画を保存します。 完了と表示されたらホーム画面の「マイコレクション」へ進んでください。 続いて画面右上の「Actions」をタップして保存された動画にチェックを付けて「選択されたアイテム:1」を左にスワイプます。 最後に「カメラロール」をタップするとIGTVの動画をカメラロールに保存できます。 ですので、アプリ内から動画を削除したり、アプリ自体をアンインストールしてしまうと保存したIGTVの動画も削除されてしまいます。 そこで本記事ではIGTV Downloaderを使った保存方法をご紹介いたします。 続いてにアクセスしてコピーしたリンクを貼り付け、画面をスクロールして「Download Now」をタップします。 これでギャラリーに直接保存できます。 PCから行う場合 まずはにアクセスして保存したいIGTVの動画をクリックしてください。 続いてIGTVの保存サイト「」にアクセスしてコピーしたリンクを貼り付け「Download Now」をクリックしてください。 動画のプレビューが表示されたらプレビュー画面で右クリックし「ビデオをダウンロード」でPC上に保存できます。 IGTVを保存できない時の対処法 このページはご利用いただけませんと表示される場合 IGTVの動画を保存できない場合は、一度コピーしたリンクをSafariやChromeなどのアドレスバーに貼り付けてみてください。 この時、動画が削除されていないにも関わらず、「このページはご利用いただけません」と表示される場合はインスタ側で一時的に不具合が発生しています。 時間を置いてから改めて保存するようにしてください。 Clipboxで保存できない場合 「このページはご利用いただけません」と表示されていないものの、ClipboxでIGTVの動画を保存できない場合は以下の記事を参照ください。 様々な対処法を詳しく解説しています。

次の

簡単!インスタの「ストーリー」をiPhoneのアノ機能で保存する方法

インスタ 保存 確認

スポンサードリンク 「インスタライブ」って基本的にリアルタイムでの配信となるため、仕事が遅くなってしまったり、学校などの都合でどうしてもゆっくり視聴することができないことも結構ありますよね。 「お気に入りのあの人のインスタライブを見逃してしまった…」 「ライブ配信の内容を後からゆっくり見返したい!」 などなど、 「インスタライブ」をあとから見たいという声は以前から結構上がっていました。 ですがどうしてもあとから見たい場合は、 外部アプリなどを利用して録画するくらいしか方法が無く、諦めているユーザーもかなりいたみたいです。 そんな中、Instagramの公式アプリにてライブ配信を終了した後でもその対象の ライブ配信内容を動画としてあとから見ることができる再視聴機能が実装されました。 「インスタライブ」をあとから見る方法 当初はライブ配信を行った配信者本人しか端末に保存することができなかったんですが、この機能によって視聴者側も リアルタイムでなくとも動画を視聴することが可能になりました。 肝心のこの再視聴機能を使用するための手順ですが、扱いとしては「 インスタライブの配信内容をストーリーの動画として投稿する」という形式を取っているため、特にかわった方法は必要ありません。 普段ストーリーやインスタライブを視聴する時と同じように、Instagramアプリ内のホーム画面を開き、 画面上部の「ストーリー」の項目内を確認するだけです。 再視聴可能な動画に関しては、 アイコン上に「 」マークが表示されているので、タップするだけで過去のライブ配信を観ることができます。 ちなみに配信時に投稿されていた 「コメント」や「いいね」なども全て再現されるため、配信時とほとんど同じような臨場感を味わうことも可能です。 視聴中に自分のコメントを追加することも可能ですが、もちろん配信者からの反応などは返ってきませんのであしからず。 配信者側の設定方法 ご紹介しているこの 「インスタライブの再視聴機能」に関してですが、もちろん配信者側の意向で 再視聴できないように設定しておくことも可能です。 手順としては事前に設定しておくわけではなく、インスタライブの配信終了後の画面で特定の操作をすることで変更が可能です。 インスタライブ終了後、上のような画面が出るかと思うので、 動画のシェアに関するスイッチをオンにした状態で「シェアする」をタップすれば、自動的に動画が「ストーリー」に投稿されて、ほかのフォロワーからも再視聴が可能になります。 逆に再視聴できないようにしたい場合は、 スイッチをオフにして「破棄する」をタップすればOKです。 「インスタライブ」再視聴機能の注意点 インスタライブをあとから見る方法についてご紹介してきましたが、 利用する際の注意点についても少し触れておきたいと思います。 上にも書いた通り、 再視聴可能と言ってもあくまで「ストーリー」として投稿されているだけの状態です。 つまり ストーリーの特性上24時間経過すると投稿内容が自動的に消去されてしまいますので注意してください。 保存しようと思っていたのに、忘れてしまっていて、 気づいたら消えちゃってた…なんてことの無いようにしてくださいね。 まとめ 今回は インスタライブをあとから見る方法について詳しく解説してみました。 この 再視聴機能のおかげで、仕事や学校などでどうしてもライブ配信の時間にスマホやパソコンを触れないって方でも、気軽に配信内容をチェックできるようになりました。

次の

Instagram(インスタ)のストーリーとは?保存・シェア・非表示方法など解説!

インスタ 保存 確認

— Instagram instagram Instagramが一般に使われるようになった当時は、投稿を作るところから実際に投稿するまでを、リアルタイムで行う必要がありました。 つまり、決まった時間に投稿するために、素材を準備し投稿時間にInstagramを操作する必要がありました。 しかし、この機能が改善され下書き保存機能が実装されたことにより、投稿の作り置きができるようになりました。 ただし「予約投稿」ができるようになった訳ではありません。 基本的にポストする際は人の手が必要となりますが、投稿を準備しておけるだけで運用担当者の方にとっては嬉しいでしょう。 以降で下書き保存の使い方・やり方を解説します。 Instagramの投稿を「下書き保存」する方法• 保存したものを破棄する方法• 投稿の下書き保存ができない場合• 注意点• まとめ Instagramの投稿を「下書き保存」する方法 下書き保存は、画像・動画に何らかの編集を加えたときに利用できるようになります。 以下に解説する手順ではキャプション入力画面まで進んでいますが、画像選択~加工の画面で画像を編集した場合、その時点から下書き保存は可能です。 必要に応じて写真を加工して進みましょう。 下書き保存したいときは左上(上図の赤枠)を押して、戻ります。 保存の操作はこちらで完了です。 下書き保存した投稿は、下部のメニューの真ん中の投稿作成ボタンから確認できます。 複数の投稿を保存している場合も、この画面で一覧に表示されます。 加工した画像もキャプションの文章も保存できるようになりました。 まず、ホーム画面のなかから 「カメラロール」(上図の赤枠)へ。 「下書き」から投稿したい下書きを選択して、画面右上の 「次へ」をタップします。 下書き保存された画像について、もしお使いのデバイスの「カメラロール」から元画像を削除してしまったとしても、Instagramアプリ内には保存され続けます。 保存したものを破棄する方法 先ほどの画像から 「管理」を押すと、ストックした個々の投稿を 「編集」(上図の赤枠)できます。 そのなかで消去したくなったものは、画像を選択して 「投稿を破棄する」を押すことで可能となります。 複数パターンを作ってみて、ならべてみたイメージで余分なものだけを消していく過程が可能です。 投稿の下書き保存ができない場合 「<」ボタンを推しても下書き保存のボタンが表示されない場合は、次のことを確認してください。 お気をつけください。 注意点 運用に取り入れる際に気を付けておくべきこととしては、 「下書き保存」は個々のデバイスにされるため、チームで共有したりできないという点です。 このため、あくまであらかじめ運用メンバーそれぞれが携わる投稿を決め、個々で対応する時に使えるテクニックにとどまります。 今後、仕様が変わることもあるかもしれませんが、2018年9月現在はできません。 ご注意ください。 まとめ 実際、ラボ編集部が手を動かしてみて感じた、 「下書き保存」をつかうメリットを簡単にまとめてみました。 あらかじめ作り置きができるため、リアルタイムで 投稿に必要な時間が減らせる• 作り置きができることで、用意した画像や文章をそれぞれ 見比べて検討できる 運用担当者にとって時間的にもクオリティ的にも嬉しい効果が期待できそうです。 ぜひ参考にしてみてください。

次の