西日本 スポーツ 新聞。 採用案内

日刊スポーツ新聞西日本

西日本 スポーツ 新聞

どうも、マスコミブロガーのみやてうです。 2019年に入り、新聞業界でも多くの新聞社が本体価格の値上げを発表してきましたが、遂に、ブロック紙(複数の都道府県に跨って新聞を発行している全国紙以外の新聞社)でも西日本新聞が値上げの先陣を切りました。 西日本新聞といえば、九州地方在住の方は知らない方はいないでしょう。 西日本新聞の公式サイトを見ても、値上げの関することは載っていなかったので(当方調べ)、社告の内容や、値上げの内容についてご紹介していきたいと思います。 具体的には、福岡県、佐賀県、長崎県、大分県、熊本県の5県で発行されているブロック紙となります。 以前まで宮崎県や鹿児島県、沖縄県でも発行されていましたが、今ではその地域での発行は行なっていません。 日本ABC協会調査の正式な発行部数は、朝刊が60万7,945部、夕刊が6万7,274部となっており、九州地方では多大な影響力を誇っていることを伺い知れます。 ソフトバンクホークス関連の取材に強い印象があります。 西日本スポーツ自体は10万部くらい発行されています。 創刊140年以上も経過している歴史ある新聞ですね。 さて、値上げの内容ですが、2019年5月1日から、月極め購読料金を、朝夕刊セット価格は現行の4,037円から363円引き上げて4,400円に。 統合版(朝刊のみ)は現行の3,093円から307円引き上げて3,400円に改定。 また、駅の売店やコンビニなどの一部売り価格は現行の140円から150円へと10円引き上げる。 いずれも税込み。 ちなみに、消費税関係の値上げ以外での本体価格の値上げは、1994年(平成6年)以降、実に25年ぶりの値上げになるということです。 社告の内容です。 「本体価格を25年間据え置いてきましたが、この間、新聞輸送や配達に使うガソリン代、新聞の原材料費の上昇、情報技術の進展に伴う紙面編集・制作の機材の導入、システム構築、更新に要する設備投資など、経営の根幹に関わる費用が増大しております」 と説明した上で、 「本社は要員削減や発行区域の見直し、取材網再編、経費節減など合理化の経営努力を続け、購読料を維持してきたが、こうした自助努力も限りがあり、苦渋の決断の元に購読料を改定させていただきます」 と理解を求めていました。 また、各種主催事業への招待券も抽選で贈呈するなど、読者サービスを充実します」 と値上げ後のサービス拡充も説明していました。 更に、「西日本新聞は九州を代表する広域郷土紙として、これからも暮らしに役立つ質の高い情報を発信し、戸別配達網を守って皆様の元に確実に届けます。 不断の経営努力を続け、一層魅力ある紙面づくりと読者サービスに努めます。 変わらぬご愛顧をお願いいたします」 と西日本新聞社の広報部からもコメントが掲載されていました。 西日本新聞が値上げの社告を出して以降、ツイッター上で反応を見てみましたが、あまり大した反響は見られず・・・。 しかし、その中で今後の業界全体の流れに沿うようなツイートを発見。 別の記事で、2019年1月から値上げを実行した全国紙の読売新聞についてまとめていますが、今回の西日本新聞と読売新聞の値上げ後の対応策って、結構似通っているんですよね〜。 どういうことかと言うと、両社ともに、「値上げをするけど、その代わりに新聞を購読していれば電子版を無料で利用できるよ」と唄っているのです。 ここでのポイントは2つあります。 一つ目は、新聞電子版をあくまで紙の新聞を補完するものとして捉えているということ。 二つ目は、今年に入り値上げをした地方紙(県紙)の社告では、基本的に値上げの理解を求めるだけで、新たなサービスについて言及している新聞社がほとんどいないことに対して、全国紙とブロック紙で値上げを先行している読売新聞社と今回の西日本新聞社は、値上げ後のサービス拡充として明確に社告にそのことを載せているということです。 一つ目に関しては、読売新聞と西日本新聞は、基本的に今後も紙の新聞を第一にして販売していくという姿勢を対外的にもはっきりと表明していることになります。 販売部数が多いということは、系統販売店も多いということ。 系統販売店が多いということは、紙の新聞が無くなったら路頭に迷う店長やスタッフが大勢出るということになります。 日本経済新聞のように、ほとんど系統販売店を持たない新聞社は電子版へ簡単に舵を切り替えられますが、系統販売店が多い新聞社はそうゆうことが出来ないんですよね〜。 逆に、きちんと取引先である系統販売店のことを考えている新聞社ということにもなります。 値上げをすると同時に、新事業を起こすということは、やはり人手やお金がかかることですから。 そういう点でも西日本新聞は九州地方の中でも強い新聞社ですね。 西日本新聞は2019年5月から値上がりしますが、購読者は電子版を無料で利用できるようにするなど、これから面白いサービスも始まりそうです。 いま西日本新聞を購読中の方は、すぐに購読を中止するのでは無く、電子版の使い勝手を見てから購読を続けるか辞めるか検討されてみてはいかがでしょうか? 僕も、西日本新聞が今後どのような具体的サービスを行っていくのか、とっても気になっています。 いま西日本新聞を購読されていない方で、電子版などが気になる方は、 こちらのリンクから購読申し込みページに飛べます。 いまなら 1週間無料で試し読みもできるようです。 その時のことを記事にしてみました。 以上、みやてうでした。 miyateu.

次の

お問い合わせ

西日本 スポーツ 新聞

どうも、マスコミブロガーのみやてうです。 2019年に入り、新聞業界でも多くの新聞社が本体価格の値上げを発表してきましたが、遂に、ブロック紙(複数の都道府県に跨って新聞を発行している全国紙以外の新聞社)でも西日本新聞が値上げの先陣を切りました。 西日本新聞といえば、九州地方在住の方は知らない方はいないでしょう。 西日本新聞の公式サイトを見ても、値上げの関することは載っていなかったので(当方調べ)、社告の内容や、値上げの内容についてご紹介していきたいと思います。 具体的には、福岡県、佐賀県、長崎県、大分県、熊本県の5県で発行されているブロック紙となります。 以前まで宮崎県や鹿児島県、沖縄県でも発行されていましたが、今ではその地域での発行は行なっていません。 日本ABC協会調査の正式な発行部数は、朝刊が60万7,945部、夕刊が6万7,274部となっており、九州地方では多大な影響力を誇っていることを伺い知れます。 ソフトバンクホークス関連の取材に強い印象があります。 西日本スポーツ自体は10万部くらい発行されています。 創刊140年以上も経過している歴史ある新聞ですね。 さて、値上げの内容ですが、2019年5月1日から、月極め購読料金を、朝夕刊セット価格は現行の4,037円から363円引き上げて4,400円に。 統合版(朝刊のみ)は現行の3,093円から307円引き上げて3,400円に改定。 また、駅の売店やコンビニなどの一部売り価格は現行の140円から150円へと10円引き上げる。 いずれも税込み。 ちなみに、消費税関係の値上げ以外での本体価格の値上げは、1994年(平成6年)以降、実に25年ぶりの値上げになるということです。 社告の内容です。 「本体価格を25年間据え置いてきましたが、この間、新聞輸送や配達に使うガソリン代、新聞の原材料費の上昇、情報技術の進展に伴う紙面編集・制作の機材の導入、システム構築、更新に要する設備投資など、経営の根幹に関わる費用が増大しております」 と説明した上で、 「本社は要員削減や発行区域の見直し、取材網再編、経費節減など合理化の経営努力を続け、購読料を維持してきたが、こうした自助努力も限りがあり、苦渋の決断の元に購読料を改定させていただきます」 と理解を求めていました。 また、各種主催事業への招待券も抽選で贈呈するなど、読者サービスを充実します」 と値上げ後のサービス拡充も説明していました。 更に、「西日本新聞は九州を代表する広域郷土紙として、これからも暮らしに役立つ質の高い情報を発信し、戸別配達網を守って皆様の元に確実に届けます。 不断の経営努力を続け、一層魅力ある紙面づくりと読者サービスに努めます。 変わらぬご愛顧をお願いいたします」 と西日本新聞社の広報部からもコメントが掲載されていました。 西日本新聞が値上げの社告を出して以降、ツイッター上で反応を見てみましたが、あまり大した反響は見られず・・・。 しかし、その中で今後の業界全体の流れに沿うようなツイートを発見。 別の記事で、2019年1月から値上げを実行した全国紙の読売新聞についてまとめていますが、今回の西日本新聞と読売新聞の値上げ後の対応策って、結構似通っているんですよね〜。 どういうことかと言うと、両社ともに、「値上げをするけど、その代わりに新聞を購読していれば電子版を無料で利用できるよ」と唄っているのです。 ここでのポイントは2つあります。 一つ目は、新聞電子版をあくまで紙の新聞を補完するものとして捉えているということ。 二つ目は、今年に入り値上げをした地方紙(県紙)の社告では、基本的に値上げの理解を求めるだけで、新たなサービスについて言及している新聞社がほとんどいないことに対して、全国紙とブロック紙で値上げを先行している読売新聞社と今回の西日本新聞社は、値上げ後のサービス拡充として明確に社告にそのことを載せているということです。 一つ目に関しては、読売新聞と西日本新聞は、基本的に今後も紙の新聞を第一にして販売していくという姿勢を対外的にもはっきりと表明していることになります。 販売部数が多いということは、系統販売店も多いということ。 系統販売店が多いということは、紙の新聞が無くなったら路頭に迷う店長やスタッフが大勢出るということになります。 日本経済新聞のように、ほとんど系統販売店を持たない新聞社は電子版へ簡単に舵を切り替えられますが、系統販売店が多い新聞社はそうゆうことが出来ないんですよね〜。 逆に、きちんと取引先である系統販売店のことを考えている新聞社ということにもなります。 値上げをすると同時に、新事業を起こすということは、やはり人手やお金がかかることですから。 そういう点でも西日本新聞は九州地方の中でも強い新聞社ですね。 西日本新聞は2019年5月から値上がりしますが、購読者は電子版を無料で利用できるようにするなど、これから面白いサービスも始まりそうです。 いま西日本新聞を購読中の方は、すぐに購読を中止するのでは無く、電子版の使い勝手を見てから購読を続けるか辞めるか検討されてみてはいかがでしょうか? 僕も、西日本新聞が今後どのような具体的サービスを行っていくのか、とっても気になっています。 いま西日本新聞を購読されていない方で、電子版などが気になる方は、 こちらのリンクから購読申し込みページに飛べます。 いまなら 1週間無料で試し読みもできるようです。 その時のことを記事にしてみました。 以上、みやてうでした。 miyateu.

次の

西日本新聞が5月から購読料金を値上げ。内容や理由をまとめたよ。

西日本 スポーツ 新聞

入社時期 2021年4月まで 応募資格 生年月日が1991年4月2日以降で、四年制大学または大学院を21年3月までに卒業・修了見込みか、同程度の学力を有する方。 社会人経験者も歓迎しますが、新聞社、テレビ局などでの記者経験を有する方に関しては、「記者経験者採用」へのエントリーをお願いします。 応募方法 まずは「」に登録してください。 「」上でエントリーシートに入力し、締切までに送信してください。 締切は5月8日(金)正午です。 選考について Web面接などを利用して、選考を実施します。 日程などを含めて詳細は「」でご案内します。 問い合わせ 人事部==平日午前9時半から午後5時半まで 当社の事業内容や社員の仕事について理解を深めていただくためのインターンシップを2020年1、2月に開催します。 今回は、取材記者、編集記者を対象とした「冬の記者講座」(開催地は福岡と東京、計4日程)と、販売戦略や広告ビジネス、地域プロモーションなどの業務を行う総合ビジネス部門を対象とした「冬の総合ビジネス講座」(開催地は福岡、計2日程)を開催します。 実際に「地域づくり」を担う社員たちとの交流もできるうえ、「冬の記者講座」では取材体験や文章指導を実施します。 「冬のビジネス講座」ではグループワークなどを通じて、本格化する就職活動に向けた準備の場にもなります。 主に21年3月までに大学、大学院を卒業見込みの方を対象としますが、四年制大学と大学院に在学中の方なら応募できます。 応募については、「採用マイページ2021」の応募フォーム内からお願いします。 詳しいプログラムと応募方法は「採用マイページ2021」でご案内しています。 エントリー後、ログインしてご確認ください。 採用案内• よくある質問 Q ブロック紙としての西日本新聞の特徴を教えてください。 A 複数の県をまたぐ広域エリアで発行する新聞をブロック紙といいます。 西日本新聞は「九州のブロック紙」となります。 地域に根差した取材を身上としていて、九州各地の取材拠点から九州の「今」を伝え、人々の営みや出来事などを「九州の日記」として記録しています。 一方、東京の政治や経済(首相官邸、国会、霞が関の中央官庁、日銀、民間企業など)にも取材記者を置き、その動向を追っています。 ただ、全国ニュースを全国紙と同じように伝えるのではなく、九州の読者にお届けする新聞として「九州の視点」を大事にしています。 Q 九州出身者が採用では有利なのですか。 A 九州出身かどうかはまったく関係ありません。 社員には東京出身も関西出身もいますし、外国籍の人もいます。 出身学部も関係ありません。 九州の人には当たり前のことでも、九州以外で生活してきた人にとっては真新しく映ることもあるでしょう。 その新鮮な驚きが記事を書く上で役に立つこともあります。 Q 転勤があるのですか。 A 記者部門の場合、九州の主要都市、東京、大阪、海外の取材拠点への転勤があります。 ビジネス部門の場合は、配属先によって、東京、大阪、北九州への転勤の可能性があります。 毎年1回、希望職場を上司に申告する制度がありますが、人事異動は本人の適性などを踏まえて判断されるので、希望通りになるとは限りません。 Q 西日本スポーツ記者として働きたいのですが。 A 「西日本新聞」と「西日本スポーツ」は、ともに当社が発行していますが「西スポ」専属という形での採用はしていません。 人事異動によって、西スポに記事を書く運動部の記者になり、その次は社会部に配属というケースもあります。 若い段階では可能な限りさまざまな経験をし、その中で専門性を身に付けていってほしいと思っています。 Q 特別な資格が必要ですか。 A 勤務地や担当によっては車で取材や営業回りをすることもあります。 入社までに自動車運転免許を取得するようお願いしています。 それ以外は特に必要な資格はありません。 Q どんな勉強をすればいいですか。 A 学生時代は、大いに遊んだり(卒業に支障のない範囲で)、何かに一生懸命に取り組んだりしてほしいです。 さまざまな経験を通し、何を感じたか、どう成長したか、そして、仕事として何をやりたいのか-を面接では聞きたいです。 大切なのは「磨けば光る」という可能性を感じさせてくれるかということです。 新聞を読み、自分はどう考えるか、自分自身の視点を養うことも大事です。

次の