新潟 市 コロナ ウイルス 最新 情報。 新潟)新潟市で分散登校開始、子どもたちの笑顔戻る [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

【最新75人目】新潟県新潟市東区中央区西蒲区コロナ感染者の感染経路や行動歴は?病院は?

新潟 市 コロナ ウイルス 最新 情報

【新型コロナウイルス感染症関係】 今後のスポーツ活動について(令和2年6月18日時点) 加盟団体会長 様 スポーツ少年団代表者 様 スポーツ振興課より、国や県の定める外出自粛等の段階的緩和の移行期間がステップ2に入ることから、これまで制限していた身体接触を伴う活動について、6月19日以降、解除される旨通知がありました。 つきましては、以下の添付ファイル記載のことに留意し、活動されるようお願いします。 ・ PDF ・ PDF ・ PDF ・ PDF 今後のスポーツ活動について(令和2年5月28日時点) 加盟団体会長 様 スポーツ少年団代表者 様 5月21日の市内公共屋外施設の利用解除に続き、市内の公共屋内体育施設も別紙のとおり再開することとなりました。 当協会としましては、5月8日付の文書にて、新型コロナウイルスの終息に向けて継続して活動の自粛をお願いしてきましたが、別紙 市の方針を踏まえ、6月1日 月 より活動自粛要請を解除いたします。 なお、スポーツ活動の再開にあたっては、感染拡大防止に充分な配慮をしたうえで、「運動やスポーツを行う際の留意点」を遵守していただくようお願いいたします。 最新の情報はをご確認ください。 今後のスポーツ活動について(令和2年5月21日) 加盟団体会長 様 スポーツ少年団代表者 様 5月14日の緊急事態宣言の解除を受けて、市内の公共屋外体育施設が別添のとおり再開することとなりました。 当協会としましては、5月8日付の文書にて、新型コロナウイルスの終息に向けて継続して活動の自粛をお願いしてきましたが、別紙 市の方針を踏まえ、5月21日 木 より活動自粛要請を解除いたします。 なお、スポーツ活動の再開にあたっては、感染拡大防止に充分な配慮をしたうえで、「運動やスポーツを行う際の留意点」を遵守していただくようお願いいたします。 最新の情報はをご確認ください。

次の

【最新75人目】新潟県新潟市東区中央区西蒲区コロナ感染者の感染経路や行動歴は?病院は?

新潟 市 コロナ ウイルス 最新 情報

新型コロナウイルスの影響で臨時休校が続く中、新潟市では11日、市内の小中学校などで日時をずらして登校する分散登校が始まった。 この日は、オリエンテーション目的の登校が行われ、久しぶりに子どもたちのにぎやかな声が教室に戻った。 「おはようございます」。 11日午前8時ごろ、新潟市中央区の市立上所小(児童数682人)に、児童が続々と登校してきた。 大井隆校長は、校門の前で笑顔で出迎えた。 同小では、各クラスの児童を名簿順に二つのグループに分け、午前と午後にそれぞれ登校させる分散登校を始めた。 5年4組の教室には、クラスの半数にあたたる16人が登校、間隔を空けて席に座った。 「休校中、何をしていましたか?」担任の早川佳江教諭は児童に休校中の生活を尋ねた。 家族と一緒に自宅でお菓子を作ったり、好きな映画作品を見たり、児童はそれぞれの過ごし方を発表し合った。 課題の確認や今後の登校の注意点などの説明を受け、午前10時半ごろに下校した。 女子児童(10)は「会えない子もいて悲しいけど、学校に来られるだけでうれしい。 我慢して、楽しい生活を送りたい」と話した。 早川教諭は「分散登校では全員は会えないが、クラスは一つ。 子どもたちのつながりやまとまりを大事にしたい」とし、別のグループの児童とメッセージをやりとりできる伝言板を用意するなどした。 登校にあたり、同小では児童に毎朝の検温、手洗いうがいの徹底、教室の換気などの感染予防策を取り入れた。 自宅学習用の教材はホームページでも閲覧できるようにし、授業時間の減少を補うためのカリキュラムも作成した。 大井校長は「小学校は子どもたちが一番成長する時期。 不安の声も当然あるが、安全対策を欠かさず、子どもにとって何が必要かを考えながらできることをしていきたい」と話した。 新潟市は、緊急事態宣言の延長を受け、休校期間を5月末まで延長。 6月1日の再開まで、生徒や児童の分散登校を実施する予定。 県教育委員会義務教育課の取りまとめによると、学校再開に向けた分散登校なども含めると、27市町村で登校が始まっている。 県内30市町村のうち、11日時点で学校を再開し、授業を始めているのは、糸魚川、妙高などの10市町村。 刈羽は小学校のみ再開。 学年や学級を分けた分散登校や、午前中のみ授業を行う一部再開は、新潟、上越、三条、柏崎など17市町村に上る。 胎内は中学校が11日から分散登校を開始、小学校でも13日から始める。 登校や授業を再開していない3市町のうち、聖籠も12日に分散登校を始める予定。 県教委によると、各学校の裁量を認めている市町村もあり、学校によって対応が異なる場合もあるという。 (杉山歩).

次の

新型コロナウイルス感染症に関連した施設の休館及びイベント等の中止について 新潟市

新潟 市 コロナ ウイルス 最新 情報

新型コロナウイルスの影響で臨時休校が続く中、新潟市では11日、市内の小中学校などで日時をずらして登校する分散登校が始まった。 この日は、オリエンテーション目的の登校が行われ、久しぶりに子どもたちのにぎやかな声が教室に戻った。 「おはようございます」。 11日午前8時ごろ、新潟市中央区の市立上所小(児童数682人)に、児童が続々と登校してきた。 大井隆校長は、校門の前で笑顔で出迎えた。 同小では、各クラスの児童を名簿順に二つのグループに分け、午前と午後にそれぞれ登校させる分散登校を始めた。 5年4組の教室には、クラスの半数にあたたる16人が登校、間隔を空けて席に座った。 「休校中、何をしていましたか?」担任の早川佳江教諭は児童に休校中の生活を尋ねた。 家族と一緒に自宅でお菓子を作ったり、好きな映画作品を見たり、児童はそれぞれの過ごし方を発表し合った。 課題の確認や今後の登校の注意点などの説明を受け、午前10時半ごろに下校した。 女子児童(10)は「会えない子もいて悲しいけど、学校に来られるだけでうれしい。 我慢して、楽しい生活を送りたい」と話した。 早川教諭は「分散登校では全員は会えないが、クラスは一つ。 子どもたちのつながりやまとまりを大事にしたい」とし、別のグループの児童とメッセージをやりとりできる伝言板を用意するなどした。 登校にあたり、同小では児童に毎朝の検温、手洗いうがいの徹底、教室の換気などの感染予防策を取り入れた。 自宅学習用の教材はホームページでも閲覧できるようにし、授業時間の減少を補うためのカリキュラムも作成した。 大井校長は「小学校は子どもたちが一番成長する時期。 不安の声も当然あるが、安全対策を欠かさず、子どもにとって何が必要かを考えながらできることをしていきたい」と話した。 新潟市は、緊急事態宣言の延長を受け、休校期間を5月末まで延長。 6月1日の再開まで、生徒や児童の分散登校を実施する予定。 県教育委員会義務教育課の取りまとめによると、学校再開に向けた分散登校なども含めると、27市町村で登校が始まっている。 県内30市町村のうち、11日時点で学校を再開し、授業を始めているのは、糸魚川、妙高などの10市町村。 刈羽は小学校のみ再開。 学年や学級を分けた分散登校や、午前中のみ授業を行う一部再開は、新潟、上越、三条、柏崎など17市町村に上る。 胎内は中学校が11日から分散登校を開始、小学校でも13日から始める。 登校や授業を再開していない3市町のうち、聖籠も12日に分散登校を始める予定。 県教委によると、各学校の裁量を認めている市町村もあり、学校によって対応が異なる場合もあるという。 (杉山歩).

次の