す が 官房 長。 歴代の内閣官房長官

官房

す が 官房 長

杉下右京と小野田官房長 小野田官房長と言えば、相棒が始まった頃からの、相棒主要メンバーの一人です。 フルネームは 小野田公顕(おのだこうけん)。 正式には「こうけん」ではなく「きみあき」と読むようです。 彼は 警察庁長官官房室長と言う、警察庁の中でも絶大な権力を持つ地位にいた人物です。 右京さんとは古くからの付き合いで、過去には深い因縁もあります。 演じているのは 岸部一徳さん。 特命係が誕生するに至った原因を作った張本人でもあり、相棒内でのキーパーソンでした。 ドラマの中では、キレ者ながらも、温厚でどこかのんびりした雰囲気を醸し出していて、そこが逆に怖かったりもしました。 笑 右京さんとは時には良好な関係であり、時には対立する関係でもあります。 官房長自身は右京さんの能力をとても高く評価していて、それを利用している節もあり、時には強力な後ろ盾にもなってくれています。 ある意味で特命係が自由に捜査できるのは官房長がいるおかげでもあり、お互い持ちつ持たれつの関係でもあります。 そんな二人はしばしば対立するんです。 元々はその対立がきっかけで特命係ができたようなものですし、一見良好に見える二人の関係性でも、その対立が解消されることは決してありませんでした。 対立の原因は「 正義」に対する考え方です。 右京さんは、どんな悪も一切許しません。 どんな理由があれ、どんな事情があれ、法に反する行為は一切許さない「 絶対的な正義」が信念の人です。 それに対し小野田官房長は、大きなものを守るためには、小さな罪は見逃してもいい。 「 大局的な正義」が信念の人です。 それが大きな正義を守ることに繋がると。 この正義の対立は、 相棒の中での大きな一つのテーマでもありました。 この対立があるが故に成り立っていたストーリーも少なくはありません。 さらには特命係が自由に動けるためには、必要な存在だった小野田公顕。 僕は、まさか官房長が死んでしまうなんて思ってもいませんでした。 小野田官房長と右京さんの関係は、正義の対立を続けながら、ずっと続いて行くんだろうな~と思ってました。 ですので劇場版2で逆恨みされ、突然刺されて死んでしまうなんて…。 かなり衝撃的な事件でした。 え?小野田さん死んじゃうの?マジで? こんな重要人物の小野田さんが死んじゃって、大丈夫なのか?と。 劇場版2のストーリーからすると、小野田さんが刺されて亡くなったのは、特に不自然と言うか無理やり感があったわけではありません。 小野田さんは警察の大規模な改革を目指していました。 その改革を行うには、多少強引な手段を取らざるを得ません。 そしてそれには犠牲が伴います。 改革を進めることで恨みを買ってしまったんですね。 それで結局刺されてしまいました。 官房長の死と言うのは、 劇場版2での一つの目玉だったと思います。 本筋は警視庁占拠事件でしたが、それと並行して進行していった、もう一つの軸ではありました。 これまでの相棒で主要人物が死ぬという展開はこれが初めてでしたので、相棒史上に残る大きな事件となりました。 小野田官房長の死には裏がある? 小野田官房長が突然死んでしまったことは、やはり相棒ファンの中でもかなり大きな事件だったようです。 ですので、何か裏があるのでは?とかそう言った噂が出るのも止むを得ないかもしれません。 例えば、水谷豊さんとの不仲説で降板とか、岸部一徳さんの体調の問題とか。 しかしその後も水谷さんと岸部さんは共演もされていますし、岸部さんも普通にドラマや映画にも出演されていますので、それらの線は単なる週刊誌的な憶測に過ぎないと思われます。 ではなぜ、ストーリー上も大変重要だった 小野田公顕が死ななければならなかったのか? もちろん僕は相棒の制作サイドの人間だったり関係者ではありません。 単なる一視聴者ですので、その真相が知れる立場にはありません。 とは言え相棒を心から愛していますし、それなりにじっくり見ているつもりです。 それを踏まえて小野田さんの死の理由を考えた結果、辿り着いたのは、やはりこれしかありません。 それは「 相棒にとっての起爆剤」という役割です。 官房長退場の真相は? 相棒にとっての起爆剤と書きましたが、 マンネリ化の打破と言ってもよいです。 相棒は2000年から放送されているドラマで、小野田官房長も2002年のシーズン1から登場しています。 小野田さんは右京さんと正義の対立を繰り返しつつも、なんだかんだ 特命係の後ろ盾にもなってくれている存在ですので、彼がいる限りはある意味特命係は安泰なんです。 そんな安泰の状態を一度ぶち壊し、今後の相棒はどうなるんだ?と敢えて波乱を巻き起こしたのではないかと。 相棒はシーズン7の半ばにて、初代相棒の亀山くんが卒業しています。 この卒業には様々な憶測が囁かれてはいますが、結果的に相棒にとっては一種の起爆剤になったかと思います。 小野田さんの死は亀山くんの卒業と同じく、 相棒にとってマンネリ化を防ぐという意味では大変効果的なんです。 主要メンバーがまさかの急死というのはインパクトも大きいですし、今後どうなるんだ?という不安もプラスの意味で生み出し、さらには話題性も上がります。 僕は漫画(アニメ)のワンピースが大好きなんですけど、ワンピースで例えると、主人公ルフィの兄であるエースが途中で死んじゃうようなものです。 画像出典:prcm. jp インパクトのある事件が起きることにより、さらに物語の魅力が増すんです。 相棒の場合には、そんな大事件が毎週水曜の通常版の一話としてではなく、劇場版と言う特別な舞台が用意され、これは小野田官房長と言う特別な存在に対する敬意も込められているのではないかと、そうも思っています。 それ以降、特命係は小野田公顕という後ろ盾を失ったまま、いつ誰に潰されてもおかしくない状態になってしまったわけです。 しかしです。 小野田さん亡きあと、特命係の後ろ盾になり得る権力を持った人物が新たに登場します。 2012年10月スタートのシーズン11より登場した、 石坂浩二さん演じる 甲斐峯秋(かいみねあき)です。 画像出典:xn--p8j2bhdbq15a. com 三代目相棒、 甲斐享の父親でもあり、肩書は 警察庁次長。 これは 小野田さんと同格のポジションです。 つまり小野田さんと同じくらいの権力を持っている人物なわけです。 小野田さんが亡くなってから、シーズン9、シーズン10と後ろ盾がないまま乗り切った特命係に、またしても新たな後ろ盾が誕生したことになります。 小野田さんと甲斐さんはまた違ったタイプですし、設定上も違う点は多々ありますが、役割としては近いものがあります。 この甲斐次長、現在は息子のカイト君が起こしたダークナイトの事件のせいで、警察庁長官官房付と言う少し格下げはされていますが、いまだに力は持っています。 甲斐峯秋の登場あたりから、相棒の人物相関図にも次々と新しく書き換えられるようになった気はします。 小野田さんが生きているままだったら、 人物相関図自体がマンネリ化してしまっていた可能性もあり、そう言った意味でも官房長の死は、 新しい相棒を生み出す一手だったと言えるかもしれません。 官房長の突然の死はとても残念でしたし、淋しかったですけれど、きっと彼の死は相棒にとって無駄ではなかったと、僕はそう思うことにしています。 笑 以上、今日は 小野田官房長の死について書いてみました。 最後に愛を込めて叫びます。 かんぼうちょぉぉぉぉ!!! 記事トップ画像出典: blog. goo. jp こちらの相棒記事もおすすめ inudenchi.

次の

内閣官房長官とは?わかりやすく、仕事や内閣官房の組織を解説 [社会ニュース] All About

す が 官房 長

内閣書記官長 [ ] 代 氏名 内閣 就任日 退任日 出身 1 1885年12月22日 1888年4月30日 2 1888年4月30日 1889年12月24日 3 1889年12月24日 1891年5月6日 4 1891年6月15日 1892年8月8日 5 1892年8月8日 1896年8月31日 6 1896年9月20日 1897年10月8日 7 平山成信 第2次松方内閣 1897年10月28日 1898年1月12日 8 1898年1月12日 1898年6月30日 9 1898年6月30日 1898年11月8日 10 1898年11月8日 1900年10月19日 11 鮫島武之助 1900年10月19日 1901年6月2日 12 1901年6月2日 1906年1月7日 13 1906年1月7日 1908年1月4日 14 第1次西園寺内閣 1908年1月4日 1908年7月14日 15 柴田家門 1908年7月14日 1911年8月30日 16 南弘 1911年8月30日 1912年12月21日 17 1912年12月21日 1913年2月20日 18 1913年2月20日 1914年4月16日 19 江木翼 1914年4月16日 1916年10月9日 20 1916年10月9日 1918年9月29日 21 1918年9月29日 1921年11月13日 22 1921年11月24日 1922年6月12日 立憲政友会 23 1922年6月12日 1923年9月2日 24 1923年9月2日 1924年1月7日 25 1924年1月7日 1924年6月11日 26 江木翼 1924年6月11日 1925年8月2日 27 1925年8月2日 1927年4月20日 28 1927年4月20日 1929年7月2日 立憲政友会 29 1929年7月2日 1931年4月14日 30 1931年4月14日 1931年12月13日 31 1931年12月13日 1932年5月26日 立憲政友会 32 1932年5月26日 1933年3月13日 33 齋藤内閣 1933年3月13日 1934年7月8日 34 1934年7月8日 1934年10月20日 35 岡田内閣 1934年10月20日 1935年5月11日 36 岡田内閣 1935年5月11日 1936年3月9日 37 1936年3月10日 1937年2月2日 38 1937年2月2日 1937年6月4日 39 1937年6月4日 1939年1月4日 40 1939年1月5日 1939年4月7日 41 平沼内閣 1939年4月7日 1939年8月30日 42 1939年8月30日 1940年1月15日 43 1940年1月15日 1940年7月22日 44 1940年7月22日 1941年7月18日 内務省 45 1941年7月18日 1941年10月18日 46 1941年10月18日 1944年7月22日 47 1944年7月22日 1944年7月29日 48 小磯内閣 1944年7月29日 1945年2月10日 49 小磯内閣 1945年2月10日 1945年2月21日 50 石渡荘太郎 小磯内閣 1945年2月21日 1945年4月7日 51 1945年4月7日 1945年8月15日 大蔵省 52 1945年8月15日 1945年10月5日 貴族院無所属 53 1945年10月9日 1946年1月13日 貴族院同成会 54 幣原内閣 1946年1月13日 1946年5月22日 貴族院同成会 55 1946年5月29日 1947年5月2日 内閣官房長官 [ ] 代 氏名 内閣 就任日 退任日 出身 備考 内閣官房長官(非) 1 林讓治 第1次吉田内閣 1947年5月3日 1947年5月24日 日本自由党 旧・待遇 - (欠員) 2 1947年6月1日 1948年3月10日 国務大臣兼内閣官房長官/叙・一級 3 1948年3月10日 1948年10月15日 国務大臣兼内閣官房長官/叙・一級 - (欠員) 4 1948年10月17日 1949年2月16日 官僚() 叙・一級 5 1949年2月16日 1949年6月24日 叙・一級 6 1949年6月24日 1950年5月6日 国務大臣 7 1950年5月6日 1951年12月26日 叙・一級 8 1951年12月26日 1952年10月30日 叙・一級 9 緒方竹虎 1952年10月30日 1953年3月24日 自由党 国務大臣/(1952年11月28日以降) 10 1953年3月24日 1953年5月21日 自由党 叙・一級 11 1953年5月21日 1954年9月24日 叙・一級 12 1954年9月24日 1954年12月10日 国務大臣 13 1954年12月10日 1955年3月19日 叙・一級 14 1955年3月19日 1955年11月22日 叙・一級 15 1955年11月22日 1956年12月23日 叙・一級 16 1956年12月23日 1957年2月25日 自由民主党 叙・一級 17 1957年2月25日 1957年7月10日 叙・一級 18 1957年7月10日 1958年6月12日 自由民主党 叙・一級 19 1958年6月12日 1959年6月18日 自由民主党 叙・一級 20 1959年6月18日 1960年7月19日 自由民主党 叙・一級 21 1960年7月19日 1960年12月8日 自由民主党 叙・一級 22 1960年12月8日 1962年7月18日 叙・一級 23 1962年7月18日 1963年6月11日 自由民主党 叙・一級 内閣官房長官(認証官) 23 黒金泰美 第2次池田内閣第2次改造内閣 1963年6月11日 1963年12月9日 自由民主党 24 1963年12月9日 1964年7月18日 25 1964年7月18日 1964年11月9日 自由民主党 26 1964年11月9日 1966年6月28日 自由民主党 内閣官房長官() 26 橋本登美三郎 第1次佐藤内閣第1次改造内閣 1966年6月28日 1966年8月1日 自由民主党 27 愛知揆一 1966年8月1日 1966年12月3日 自由民主党 28 福永健司 1966年12月3日 1967年2月17日 自由民主党 29 1967年2月17日 1967年6月22日 病気による途中退任 30 1967年6月22日 1968年11月30日 自由民主党 前任者の途中退任に伴う就任(中途入閣) 31 保利茂 1968年11月30日 1970年1月14日 自由民主党 32 1970年1月14日 1971年7月5日 33 1971年7月5日 1972年7月7日 自由民主党 34 1972年7月7日 1972年12月22日 自由民主党 35 1972年12月22日 1974年11月11日 36 竹下登 1974年11月11日 1974年12月9日 自由民主党 37 1974年12月9日 1976年12月24日 自由民主党 38 1976年12月24日 1977年11月28日 自由民主党 39 1977年11月28日 1978年12月7日 自由民主党 40 1978年12月7日 1979年11月9日 自由民主党 41 1979年11月9日 1980年7月17日 自由民主党 (1980年6月11日以降) 42 1980年7月17日 1982年11月27日 自由民主党 43 1982年11月27日 1983年12月27日 自由民主党 44 1983年12月27日 1985年12月28日 自由民主党 45 後藤田正晴 1985年12月28日 1986年7月22日 自由民主党 46 1986年7月22日 1987年11月6日 47 1987年11月6日 1989年6月3日 自由民主党 新元号「」発表 48 1989年6月3日 1989年8月10日 自由民主党 49 1989年8月10日 1989年8月25日 自由民主党 による途中辞任 50 1989年8月25日 1990年2月28日 自由民主党 前任者の途中辞任に伴う就任(閣内移動) 「女性初」 51 1990年2月28日 1991年11月5日 自由民主党 52 1991年11月5日 1992年12月12日 自由民主党 53 1992年12月12日 1993年8月9日 自由民主党 54 1993年8月9日 1994年4月28日 - 1994年4月28日 (内閣総理大臣として)内閣官房長官事務取扱 55 1994年4月28日 1994年6月30日 新生党 56 1994年6月30日 1995年8月8日 日本社会党 57 1995年8月8日 1996年1月11日 日本社会党 58 1996年1月11日 1996年11月7日 自由民主党 59 1996年11月7日 1997年9月11日 60 1997年9月11日 1998年7月30日 自由民主党 61 1998年7月30日 1999年10月5日 自由民主党 62 1999年10月5日 2000年4月5日 自由民主党 (2000年4月3日以降) 63 2000年4月5日 2000年7月4日 64 2000年7月4日 2000年10月27日 自由民主党 による途中辞任 65 2000年10月27日 2001年4月26日 自由民主党 前任者の途中辞任に伴う就任(中途入閣) 66 2001年4月26日 2003年11月19日 67 2003年11月19日 2004年5月7日 に伴う途中辞任 68 2004年5月7日 2005年9月21日 自由民主党 前任者の途中辞任に伴う就任(中途入閣) 69 2005年9月21日 2005年10月31日 70 2005年10月31日 2006年9月26日 自由民主党 71 2006年9月26日 2007年8月27日 自由民主党 72 2007年8月27日 2007年9月26日 自由民主党 73 2007年9月26日 2008年9月24日 自由民主党 74 2008年9月24日 2009年9月16日 自由民主党 75 2009年9月16日 2010年6月8日 76 2010年6月8日 2011年1月14日 民主党 77 2011年1月14日 2011年9月2日 民主党 78 2011年9月2日 2012年12月26日 民主党 79 2012年12月26日 2014年12月24日 自由民主党 80 2014年12月24日 2017年11月1日 81 2017年11月1日 在任中 新元号「」発表• 太字は、のちに内閣総理大臣となった人物。 初代・林讓治は下の内閣書記官長からの自動的な継続的在任(法令に基づく)であり、1947年5月3日に改めて内閣官房長官に任命するための辞令は発出されていない。 第2代以降の非認証官たる長官(原則として一級官吏つまり旧待遇に叙される)との権衡のため、旧憲法下最後の日である1947年5月2日付けで「特ニ親任官ノ待遇ヲ賜フ」との辞令を受けている。 内閣官房長官は日本国憲法施行後1949年5月31日までは行政官庁法に基づく職であり、同法には「国務大臣をもって充てることができる」旨の規定がなかったため、その期間中に就任した第2代・西尾末廣、第3代・苫米地義三、第4代・佐藤榮作及び第5代・増田甲子七のうち国務大臣でもあった前2名は、「国務大臣に 任命する」との官記に加え「内閣官房長官に 兼ねて任命する」との辞令が出され一級(官吏)に叙されている(後2名の辞令は「内閣官房長官に 任命する」)。 同法の失効に伴い内閣官房長官の根拠規定は1949年6月1日から内閣法となり、こちらには「国務大臣をもって充てることができる」と規定されたため、以後の「非認証官」時代の内閣官房長官で備考欄に「国務大臣」の記載のある者は、「国務大臣に 任命する」との官記に加えて出される辞令は「内閣官房長官を 命ずる」となっており一級に叙されていない。 「任命して兼ねて任命」の場合は並列の兼任であるため大臣でありながら同時に一級に叙され得るが、「任命して命ずる」場合の「命ずる」はいわゆる補職であって並列ではないためこの適用がない。 この表では当該制度上の差異を区別して記載した。 なお、第5代・増田甲子七の在任期間のうち1949年5月31日までと同6月1日からでは前述のとおり根拠法が異なるが、これに関して改めて辞令は発されておらずそのまま在任している。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

次の

相棒について。官房長のポジションはどれくらい、何番目くらいに偉い...

す が 官房 長

日本の行政組織における官房の位置 [ ] 官房は、いずれも共通して内部部局の(行政組織法制上の並び順)において筆頭に位置し、、、、、、、、、、など、行政組織の内部管理と行政事務の総合調整を掌る。 官房には、官房の所掌事務の一部を掌るが複数置かれる。 大臣官房など、規模の大きい官房では、官房業務の中でも最も枢要な人事、文書(総合調整)、会計(予算と会計)の3つをそれぞれ掌るいわゆる「」がほぼ必ず置かれ、官房の中心を為す。 現在、官房は府と省には必ず置かれ、その外局である庁と行政委員会においては必要に応じて設けられるものとされている(例として、と にはあり、やには置かれていない)。 官房を置かない外局でも、局制ないし部制を取っている場合は、官房に相当する事務を所掌する局・部が建制順の筆頭に置かれる(の総合政策局、の総務部、の林政部など)。 なお、外局ではないが官房を置かないの場合、事務総長の下に直属する総務・人事・会計などの5課を「官房部局」と総称している。 官房の長としては、局長級の幹部職員が任命される官房長があるが必置ではなく、外局には官房長の存在しない長官官房・事務総長官房もある。 外局以外では、に官房長がいるが、と会計検査院事務総局の事務総長官房には官房長が存在しない。 なお、官房を除く各局、各部の建制順上の筆頭にある課(筆頭課)は、各局における人事・文書・会計等の総括管理を掌っており、各局における官房の機能を有する。 官房、筆頭課に対して、実際の行政事務を掌る各局、各課は「原局」(げんきょく)、「原課」(げんか)と称される。 官房と原課からなる行政組織の編成原理は、国の行政機関以外でもや、等の公的機関にはほぼ必ず存在するが、官房という名称は用いられず、公室(、など)・総務部・庶務部・政策企画部など、様々な名称が用いられる。 しかしこうした公的機関においても、国の行政機関の官房に相当する部署で行う業務を「官房系業務」ということがある。 歴史 [ ] 官房制度の歴史的由来は、期のにおいて発生した官僚制に起源を有するとされている。 日本語の官房という言葉は、のにおいて、君主の側近が執務した部屋のことを指した Kammer という言葉の訳語であり、もともとは領邦の行政に関する機密を処理した君主直轄の行政機構を指した。 官房の制度はの官僚制をモデルとして受容した期の日本に導入され、制のもとで機密を扱う書記局に庶務、会計を行う諸部門が統合され、各省の大臣に直属して行政を管理する部門を官房と称するようになった。 官房の制度は戦後の行政組織の改革でもほとんど改変されることなく存続した。 とくに近年、行政機関においてトップの政策機能強化のため、行政機関の総合調整機能を果たす部署として官房は再活性化がはかられている。 脚注 [ ] [].

次の