ヒアルロン酸 豊胸 相場。 ヒアルロン酸注射の相場はいくら?人気クリニック4選の値段を徹底調査!

医師が教える!ヒアルロン酸豊胸(プチ豊胸)の効果と注意点

ヒアルロン酸 豊胸 相場

この記事の目次• ヒアルロン酸豊胸の失敗例• 思ったより小さくなるのが早い• 触り心地が固い• しこり化が起きる 大きな胸を維持するのに費用が高額になる 施術を受ける人の体型や希望カップ数、注入する部位などによって、必要量は異なります。 クリニックの料金に「1cc3,000円」「10cc25,000円」と書いてあるのを見て「思ったよりも安くプチ豊胸ができる」と思う人も少なくないのですが、実は一桁二桁上の費用が必要です。 またプチ豊胸は 0. しかも継続効果は短期間なので、大きなバストをヒアルロン酸注入だけで維持しようと思うと、かなりのお金がかかります。 使用する種類、注入量、注入する部位、体質によって変わります。 また注入後、ヒアルロン酸は徐々に体内へ吸収されていくので「数ヶ月経ったら元の大きさに戻る」ことも考えておく必要があります。 短期間のバストアップや「自分の胸が大きくなったらどんな感じだろう?」という豊胸体験には向いていますが、半永久的に大きなバストを保ちたい場合は、豊胸バッグ挿入法を利用した方が良いです。 ヒアルロン酸注入法豊胸した人の体験談で良く聞かれるのが 「思っていたよりも固い」ということ。 施術直後から数日は注入による痛みや腫れがあるので「柔らかさが無い」のは、どの豊胸手術法にも当てはまります。 「短期間で吸収される」デメリットを克服する為には、粒子を大きくして、なるべく吸収を遅くする必要があるのですが、 粒子が大きくなればなるほど、触り心地も固くなります。 「継続効果が長い種類を選ぶと、その分、胸が固くなる可能性がある」と覚えておくと良いです。 また固さはヒアルロン酸を注入する部位によっても変わります。 普通は乳腺下と大胸筋下に入れるのですが、皮膚から近ければ近いほど、ヒアルロン酸の固さが強調されやすくなります。 特に元々バストサイズが小さく、脂肪が少ない人は、固さをより強く実感すると思います。 【対策】 ・「柔らかい」を売りにしたヒアルロン酸を選ぶ。 ・担当医師と注入場所を良く話し合う。 ・大量に注入し過ぎない。 ・バストマッサージを良く行なう。 ・脂肪注入法豊胸を検討する。 参照: しこりが起きる バストに注入されたヒアルロン酸は、時間が経つごとに体内に吸収されて無くなります。 ただし体内の拒絶反応で、コラーゲン繊維の皮膜がヒアルロン酸を厚く固く覆う「しこり化」が起こる可能性もあります。 しこりの原因としては「使用したヒアルロン酸の質が悪かった」「なるべく継続効果をもたせようと、一部分に大量注入された」の2通りのケースが考えられます。 小さいしこりであれば徐々に小さくなりますが、大きなしこりは長期間残ります。 気になるようであれば、手術で除去したり、上から脂肪注入をして目立たなくしたりする必要があります。

次の

豊胸手術の費用はだいたいいくらくらいが相場なんでしょうか。有名なクリニック...

ヒアルロン酸 豊胸 相場

ヒアルロン酸注入による豊胸術とは ヒアルロン酸注入による豊胸術とは、 注射器を用いて乳房にヒアルロン酸を注入することで乳房を大きくしたり、乳房の形をととのえたりする治療法です。 乳房の形には個人差があり、形成したい乳房の形状も、個々のケースにより様々に異なります。 ヒアルロン酸注入による豊胸術では、 注入箇所や量を以下のように調節することで、さまざまな形状の乳房の形成が可能です。 形成したい乳房の形 ヒアルロン酸の注入箇所 乳房の形は現状のまま、全体的にサイズアップしたい場合 乳房の全体に、数か所にわけて注入 乳房の谷間を形成したい場合 両乳房の内側部分へ注入 乳房の左右差をなくしたい場合 小さいほうの乳房へ多めに注入 乳房上部のボリュームを増したい場合 乳房の上半分へ多めに注入 乳房全体をリフトアップさせたい場合 乳房の下半分と外側へ多めに注入 ヒアルロン酸注入による豊胸術で期待できる効果 ヒアルロン酸注入による豊胸術では、 片方の乳房につき約100ccのヒアルロン酸の注入で、およそ1カップのサイズアップが効果できるとされています。 しかしヒアルロン酸注入による豊胸術は、 乳房の大幅なサイズアップには適していません。 これは、大量のヒアルロン酸を乳房に注入した場合には、しこりが形成されやすい傾向があるためです。 したがって、ヒアルロン酸注入による豊胸術では、乳房のサイズアップの上限を「1〜2カップ」としているクリニックが多いようです。 ヒアルロン酸注入による豊胸術で注入するヒアルロン酸の量は、もともとのバストの形や、形成したい乳房の形や大きさにより異なります。 やせ型体型の人は20〜30ccの注入がおすすめ やせ型体型の人がはじめてヒアルロン酸注入による豊胸術を受ける場合は、 片方の乳房につき20〜30ccと、少量の注入にとどめることが推奨されます。 これは、 乳房の脂肪が少ない人の場合、ヒアルロン酸注入により、乳房がゴツゴツとした感触になってしまうことがあるためです。 このことを防ぐために、やせ型体型の人は、初回は少量のヒアルロン酸注入にとどめ、問題がなければ追加注入する方法をとる医師もいます。 皮下脂肪の多い人でも50〜100ccの注入がおすすめ 一度の施術でのヒアルロン酸の注入量は、片側の乳房につき50cc~100ccが推奨されています。 これは、 普通体型やふくよかな体型で、乳房にある程度脂肪がある場合にもあてはまります。 この理由は、 一度に大量のヒアルロン酸を注入すると、乳房の感触が固くなってしまうリスクがあるためです。 豊胸術では粒子の大きなヒアルロン酸製剤を使用します。 ヒアルロン酸製剤は、粒子が大きいほど質感が硬くなります。 同じ量の注入でも、体の大きさにより効果が異なる ヒアルロン酸注入による豊胸術では、 同じ量の注入でも、体の大きさにより、得ることのできる豊胸効果が異なります。 豊胸効果を得ることができるヒアルロン酸の注入量には、 100cc=1カップのサイズアップという目安はありますが、乳房の体積も関係します。 そのため、小柄な体型の人では100ccの注入で十分な豊胸効果が得られても、大柄な体型の人の乳房は、 体積がより大きいためより多くのヒアルロン酸の注入が必要となります。 そのためヒアルロン酸注入による豊胸術は、同程度の豊胸効果を得る場合でも、大柄な体型の人はより高額な費用がかかる傾向にあります。 ヒアルロン酸注入による豊胸術の効果の持続期間 ヒアルロン酸注入による豊胸術の 効果の持続期間は、通常は約1年ほどであるとされています。 しかし実際は、 使用するヒアルロン酸製剤の種類により、持続期間は様々に異なるようです。 クリニックのなかには、豊胸術に 「長期持続型ヒアルロン酸」 や 「低吸収ヒアルロン酸」などと銘打ったヒアルロン酸を使用しているところがあります。 これらのなかには、 「効果が5年ほど持続する」と宣伝されているヒアルロン酸製剤もあるようです。 ヒアルロン酸製剤には、さまざまな種類があり、これらのうち、 粒子が小さいほど周辺組織になじみやすく、微調整が可能である反面、体内で早く吸収されます。 一方、 粒子が大きいヒアルロン酸製剤は、隆鼻術や豊胸術など、しっかりとした形や高さを形成する必要のある施術に適しています。 体内での吸収速度は比較的遅いため、ヒアルロン酸注入の効果がより長く持続します。 そのため、どのようなヒアルロン酸製剤が使用されているのか事前に確認しておくと良いでしょう。 「効果を実感できる期間」と「体内で吸収されるまでの期間」は異なる ヒアルロン酸注入による 豊胸術の効果の持続期間は約1年ほどですが、体の中に吸収されるまでには2〜3年を要します。 つまり、注入から1年が経過しても、乳房内部にはヒアルロン酸がまだ残っているのです。 そのため、前回の注入から約1年後に再度施術を行う場合は、残っているヒアルロン酸の上に注入することになります。 この結果、 前回よりも少量の注入で、同じような効果が期待できるようです。 ヒアルロン酸注入による豊胸術にともなう痛みとダウンタイム クリニックのサイトでは、 「ヒアルロン酸注入は麻酔下で行うため、施術中は痛みを感じない」と説明されています。 多くのクリニックでは、局所麻酔が用いられます。 しかし 体験者の声をみると、痛みを感じなかった人もいる反面、注入量が多い場合などには、局所麻酔下でも痛みを感じる人も少なくないようです。 そのためクリニックによっては、眠った状態になる「静脈麻酔」を行うところもあるようです。 また、ヒアルロン酸注入による豊胸術は、ダウンタイムが短くすぐに日常生活に戻ることが可能であるものの、 痛みや腫れ、内出血などの症状があらわれます。 施術後に起こる痛みは、 筋肉痛のような鈍い痛みが1週間ほど続くようですが、処方される鎮痛薬で対処可能な場合が多いです。 内出血はかならず起こるわけではありませんが、注入時に注射針が血管に触れてしまうことがあり、この場合は内出血が起こります。 内出血があらわれた場合は、1〜2週間かけて徐々に消失していきます。 ヒアルロン酸注入による豊胸術の失敗例 ヒアルロン酸注入による豊胸術では、失敗例が起こることがあります。 よく見られる失敗例には、以下のようなケースが存在します。 失敗例1:しこりができてしまった ヒアルロン酸注入による 豊胸術の失敗例として多く見られるのは、しこりが形成されてしまったケースです。 体は、体内に注入されたヒアルロン酸を「異物である」と認識し、コラーゲン線維でできた膜で覆うことで、周辺組織から隔離します。 この膜は、ヒアルロン酸を溶解する体内の酵素「ヒアルロニダーゼ」の作用により、徐々に分解されていきます。 しかし体質やヒアルロン酸の量によっては、膜をつくる反応が強く出て、厚い膜が形成される場合があります。 この場合は、 ヒアルロニダーゼが分解しきれない膜が残り、しこりとなることがあります。 失敗例2:乳房の感触が硬くなってしまった ヒアルロン酸注入による豊胸術では、ヒアルロン酸を乳腺組織の下、つまり乳腺組織と胸筋の間に注入します。 しかし、乳腺組織の上、つまり皮膚と乳腺組織の間に注入されることがあります。 豊胸術では粒子の大きなヒアルロン酸製剤が用いられるため、この場合は 皮膚の上からヒアルロン酸製剤の硬い触感が感じられることになります。 ヒアルロン酸注入による豊胸の施術の流れ クリニックにより細かな点は異なるものの、ヒアルロン酸注入による豊胸の施術は、一般に以下のような手順に沿って行われます。 手順1:カウンセリング カウンセリングでは、 医師が診察し、ヒアルロン酸注入による豊胸術で患者が希望する仕上がりの状態をつくり出すことが可能か否を判断します。 ヒアルロン酸注入施術が適応可能な場合は、治療のデザインやヒアルロン酸の注入量などを決めます。 施術日を予約して、帰宅します。 クリニックによっては、カウンセリング当日に施術を受けることも可能です。 手順2:施術当日の準備(麻酔と治療デザイン確認) 施術の予約日に来院し、受付で手続きをすませます。 局所麻酔を用いる場合は、 まず患部に麻酔クリームを塗布します。 これは、局所麻酔注射の痛みをやわらげるための処置です。 麻酔クリームが効果を発揮するのを待ち、局所麻酔注射を行います。 または、眠った状態になる「静脈麻酔」が用いられることもあります。 医師が患者とともに、カウンセリング時に作成した治療デザインを最終確認します。 続いて、ヒアルロン酸の注入箇所に医師がペンで印をつける「マーキング」が行われます。 手順3:ヒアルロン酸注入開始 局所麻酔が効いていることを確認したのち、患者が処置台に横になり、ヒアルロン酸注入が開始されます。 デザインに沿って、ヒアルロン酸を少量ずつ、極細の針の注射器を用いて注入していきます。 ヒアルロン酸の注入に要する時間は、15〜40分間と、注入量により異なります。 手順4:施術終了 ヒアルロン酸の注入が終わると、 注入箇所の傷口はテープで保護され、乳房には形を維持するために包帯が装着されています。 この包帯は、翌日まで装着します。 施術後、患部にとくに異常がなければ、帰宅できます。 手順5:術後の診察 クリニックにより方針が異なりますが、施術から1週間後に診察を行い、患部に異常がないか確認する場合が多いようです。 ヒアルロン酸注入による豊胸術の費用相場 ヒアルロン酸注入による豊胸術の料金の相場を調べるため、大手クリニック5軒の料金を比較してみました。 ヒアルロン酸を片方の乳房あたり100ccずつ、両乳房で合計200ccを注入した場合の料金は、以下のような結果になっています。

次の

ヒアルロン酸注射の相場はいくら?人気クリニック4選の値段を徹底調査!

ヒアルロン酸 豊胸 相場

バストのサイズが小さくて自分に自信が持てない、垂れたバストが悩みなどバストにコンプレックスを抱えている女性も少なくありません。 このようなバストの悩みを解消するのに効果的なのが豊胸手術です。 ただ、興味はあっても費用が気になって一歩踏み出せないという人も多いのではないでしょうか。 現在、行われているメジャーな豊胸手術の種類と、各施術法の値段相場をチェックしてみました。 まずは豊胸の種類をチェック 豊胸手術の値段相場を知る前に、まずどのような手術が行われているのかを知ることが必要です。 豊胸手術として行われている施術法は、バッグ挿入法・脂肪注入法・ヒアルロン酸注入法が主流となっています。 「バッグ挿入法」は人工シリコンをバストに挿入するという豊胸手術です。 挿入する人工シリコンには様々な種類がありますが現在は安全性に優れており、なおかつ見た目や触り心地が自然ということもあり「コヒーシブシリコン」という種類が多く選ばれています。 「脂肪注入法」は文字通り、脂肪を使いバストのサイズをアップしたり希望の形へと整える豊胸手術です。 使用する脂肪は自分の身体についているものです。 お腹や太ももなど余分についている脂肪をまずは吸引し、定着しやすいよう加工をしてからバストへと注入します。 自分の脂肪を使った豊胸手術ですので、見た目だけでなく触り心地も違和感がありません。 また、異物を身体の中に入れることはしないので、アレルギー反応が起こり難いという特徴もあります。 さらに、気になる脂肪を吸引することで、ボディラインを整えるといった嬉しい効果もある豊胸手術です。 豊胸手術の中でも最も手軽にチャレンジできると言われているのが「ヒアルロン酸注入法」です。 ヒアルロン酸注入法はメスを使わない、いわゆるプチ整形でもあります。 弾力性のあるヒアルロン酸を注射器でバストに注入して、サイズアップします。 個人差はあるもののヒアルロン酸注入法では、1カップ程度のバストアップが期待できるようです。 身体にメスを入れないという手軽さと、施術後に腫れや痛みといったダウンタイムが長引かないことから、まずはヒアルロン酸注入法から初めてみるのも良いかもしれません。 美容整形は自由診療 「美容整形は施術費用が高い」というイメージを持っている人も、多いのではないでしょうか。 豊胸手術をはじめとする美容整形は健康保険が適用されず、施術費用は全て患者の自己負担となります。 また、美容整形の場合は自由診療でもあるので、同じ豊胸手術法であっても各美容外科クリニックで費用が異なるのです。 ですが施術を受ける上であらかじめ値段の平均相場を知っておけば、予算を決める参考にもなります。 また、あまりにも費用が高すぎる・低すぎるといったクリニックを避けることもできるので、豊胸手術を受ける上で平均相場をチェックしておくことは必要です。 バッグ挿入法の相場 人工シリコンの大きさによっては3カップもバストアップできる「バッグ挿入法」、大幅にバストサイズを変えたいという人に選ばれています。 バッグ挿入法の金額はクリニックによってだけでなく、使用する人工シリコンの種類によっても異なるようです。 一般的な相場は70万円から100万円前後です。 決して安いとはいえない金額ですがバッグ挿入法の場合、1度の手術でバストアップの効果が半永久的にキープされます。 そして、バストアップできるサイズも大きいので、バストのサイズに悩んでいる人には向いている豊胸手術と言えるでしょう。 脂肪注入法の相場 脂肪注入法は通常の脂肪注入法と、吸引した脂肪を加工するピュアグラフト法・コンデンスリッチ法といった施術法が行われています。 脂肪を加工する分、ピュアグラフト法・コンデンスリッチ法のほうが少し金額が高めです。 ですが、老廃物などを取り分けた脂肪を使うピュアグラフト法・コンデンスリッチ法は、より脂肪の定着が高いと言われています。 通常の脂肪吸引の値段は50万円から70万円程度です。 コンデンスリッチ法になると約70万円から90万円、コンデンスリッチ法は約100万円から120万円という費用がかかります。 ヒアルロン酸注入の相場 ヒアルロン酸注入法はバストに注入するヒアルロン酸の量で、価格が変わるという特徴があります。 ヒアルロン酸1ccあたりの相場は、約3000円から4000円程度です。 どのくらいバストアップしたいかによって値段は変わりますが、1カップのバストアップを目指すのであれば、片胸あたりにつき、100cc程度のヒアルロン酸が必要と言われています。 両胸に施術を行うケースが大半ですので、ヒアルロン酸注入法でかかる相場は約50万円前後を想定しておくと良いでしょう。 まず血液を採取して少血小板血漿と多血小板血漿を血液中から取り出し、特殊な機器でジェル化したものをバストへと注入していきます。 自分の血液ですから注入しても、アレルギーや副作用といった症状が起こる心配もありません。 採取できた血液量によって変わりますが、1カップから2カップ程度のバストアップが期待できます。 予算や効果に合わせて自分に合った施術法を選ぼう このように豊胸手術は種類も豊富で、また施術法によって値段の相場も変わります。 ですので、豊胸手術を受ける場合は施術の効果や予算などに合わせて、自分に合った方法を選ぶということが満足の行く仕上がりを得るためには必要です。 ヒアルロン酸注入法の場合、豊胸手術の中でも費用がリーズナブルでさらにプチ整形ということもあり、初めて美容整形を受ける人でもチャレンジしやすいという魅力があります。 ただ、バストに注入したヒアルロン酸は約1年から2年程度で吸収されてしまいます。 より長くバストアップの効果をキープしたいなら、バッグ挿入法をチョイスすると良いでしょう。 クリニックによって得意としている豊胸手術の種類があるので、どの施術法の症例数が多いのか・得意としているのかもチェックして、より安心して手術を受けられるクリニックを選ぶようにすることも覚えておきたいポイントです。

次の