りんどう 育て 方。 リンドウとは

リンドウの育て方

りんどう 育て 方

りんどうとは? このブログの管理人めぐです^^ お花屋さんで働いていました。 ということで、今日は敬老の日のプレゼントとしてとても人気の「りんどう」の鉢植えのお世話の仕方をお伝えしたいと思います。 りんどうは多年草で、ちょうど秋の9月から11月に開花時期を迎えます。 敬老の日はりんどうの開花時期にあたりますから、きれいに咲いている鉢植えがお店に並んでいる様子を見たことがある人も多いでしょう。 りんどうの名前の由来 りんどうという名前は、中国の【竜胆】【龍胆】という漢名が転訛したものです。 なぜ可憐な花が「竜の胆(きも)」と呼ばれるようになったのか不思議ですよね。 実際に漢方で使われる「竜胆」はお花を楽しむりんどうとは種類の違うトウリンドウなどの根を乾燥したものです。 日本だけではなく海外でも「りんどう」はとても人気のお花で、英語ではゼンチアンと呼ばれています。 閉じたままのリンドウは、いくら待っても開くことなくそのまま花が終わります。 お花屋さんにいた時クレームが多くて困ったのは、もともと開かないお花を買われて「開かない!」とお怒りになるお客様(笑)です。 また、置き場所によっては開くはずのお花が開かないこともありますので、それについてはのちほどお話しますね。 開かない種類もそれはそれでとてもかわいいものですが、花が開くものと思って買って開かないとがっかりしますので、買う前にお花屋さんにどちらの種類のりんどうか確認したほうがよいでしょう。 切り花も、その可憐な姿から主役として、それから主役を引き立てる脇役のお花として人気です。 仏花としても使われますが、決して「縁起が悪い」ことはありません。 むしろ、縁起がよいお花として敬老の日をはじめ、いろいろな場面で使えますので、今度お花屋さんに行ったらチェックしてみてくださいね。 スポンサードリンク りんどうの育て方 鉢植えはラッピングをとって、中が蒸れないようにしてください。 鉢の下に受け皿を置くときには、水やりのあとの水が溜まったままにしないよう、お水が出てきたら捨ててください。 (そのままにしておくと「根腐れ」やカビの原因になります) りんどうの「つぼみ」は日に当てることで開花します。 「花びらが開く種類のりんどう」でも、十分に日光にあててやらないと、花が蕾のまま終わってしまうこともあります。 ただ、どちらかというと冬につよく夏に弱い性質なため、西日の直射日光の当たる熱いところは避けるようにしましょう。 りんどうの置き場所は? 鉢のりんどうをどこに置くか悩みますよね。 もしかしたら、お客さんに見てもらえるように玄関先とか、テーブルの上とか考えると思いますが、室内に置く場合は.

次の

リンドウ(竜胆)の育て方|種まきや苗植えの栽培、植え替えの方法は?

りんどう 育て 方

栽培環境・日当たり・置き場 日当たりのよい、やや乾燥したところを好み、やせ地でもよく育ちます。 ロックガーデンのような環境だと生育良好です。 高温期の多肥多湿は株が腐りやすく、多年草の種は水はけをよくして、蒸れに注意します。 水やり 庭植えではほとんど必要ありませんが、土が乾いたらたっぷりと与えます。 鉢植えでは、用土が乾き始めたらたっぷりと与えるのが基本です。 タネまき後、苗が小さいうちは乾燥しないよう注意が必要ですが、大きく育ってからは乾燥にも強く、過湿にならないように管理します。 肥料 春と秋の成長期に、月2~3回、規定倍率より薄い液体肥料を施します。 病気と害虫 高温多湿や水はけが悪い場合の根腐れに気をつければ、病害虫はほとんど見られません。 用土(鉢植え) 赤玉土7、腐葉土3の配合土など、一般の草花用培養土が利用できます。 山野草用培養土や鹿沼土などを3割くらい混ぜておくと、夏越しが容易になります。 植えつけ、 植え替え 植えつけ:ポット苗を花壇などに植えつける場合は、早春か晩秋に行います。 鉢植えでは春か秋に行います。 あまり移植を好まないので、根を切らないようにして植え、根づくまでは水やりをします。 スキロイデス種はよく発根するので移植が容易です。 植え替え:多年草のスキロイデス種は、根詰まりや用土の劣化で株が老化して生育が悪くなるので、1~2年ごとに植え直すのが確実です。 適期は秋です。 ふやし方 3月から4月、または9月から11月ごろが適期です。 タネは微細で、移植時に根が切れると生育がよくないので、ポットにまいてそのまま育てるのが確実です。 混みすぎないよう薄くタネをまき、覆土はしません。 必要に応じて間引きます。 タネまき:タネでふやします。 小町りんどうやベニバナセンブリは発芽がよく、こぼれダネが周囲の鉢植えの中からも芽生えて育つほどです。 株分け、さし芽:多年草のスキロイデス種は、タネまきのほか、株分けやさし芽でもふやすことができます。 株分けは早春か晩秋、さし芽は10月が適期です。 主な作業 刈り込み:多年草のスキロイデス種は、開花後の6月ごろに刈り込んで、形を整えておきます。 特徴 小町りんどうが属するケンタウリウム属(Centaurium、シマセンブリ属)には30種ほどがあり、日本には沖縄などの海岸に近い場所にシマセンブリ(C. japonicum、Schenkia japonica)が自生しています。

次の

リンドウの育て方

りんどう 育て 方

根元の葉がロゼット状につく。 本州、四国、九州から朝鮮半島、中国へと分布する。 ) フデリンドウ (山野の日なたに自生し、ハルリンドウよりやや小型。 根元の葉はロゼットにならない。 北海道、本州、四国、九州、朝鮮半島、中国、サハリンなどに分布。 コケリンドウは夏の暑さを回避のため抗火石鉢や断熱鉢の使用もよい。 中深の5号鉢ほどに赤玉土4、軽石砂4、腐葉土2で植える。 植え替えは1〜2年ごとに行う。 適期は花後と秋。 通年日なたで雨よけをする。 水やりは表土の乾きを見て与える。 夏期は抗火石鉢、断熱鉢は越水する。 施肥は緩効性肥料を元肥に施し、花後と秋に固形肥料を置肥し、薄い液肥を併用する。 殖やし方は実生と植え替え時の株分けによる。 ) (北海道、本州、中部地方以北の山地に自生。 切り花として売られているリンドウは、エゾリンドウの栽培品。 ) (東北から中国地方、四国の亜高山に分布し、エゾリンドウに似るが花冠の上部が平開しない。 ) コケリンドウ (山野の日なたに生える小型種。 花茎が分岐してたくさんの小花を咲かせる。 根元の葉がロゼット状につく。 ) (北海道と本州の中部地方以北に分布し、亜高山帯から高山帯の湿原に生え、全体が小さく、また花茎の数が少なく、花もやや小型で淡紫色〜白色のもの。 ) (日本各地に分布するつる性の多年草。 ) (本州の中部地方以北の高山帯の草地や風衝地、時に湿地の周辺に生え、花色が日本産のリンドウ属との種としては例外的な淡黄白緑色の多年草。 ) (日当たりがよく、湿り気のある草地に生える越年草。 冬はロゼットで冬越しする。 ) (北海道・本州の中部地方以北に分布。 花冠裂片の副片は平開する。 ) (本州、四国、九州に分布する山野や田の畦などに生える多年草。 筆竜胆。 和名は花、つぼみの形が筆の穂先を思わせることによる。

次の