クメール語 翻訳。 クメール語訳聖書

クメール語(カンボジア語) 翻訳 翻訳会社ジェスコーポレーション

クメール語 翻訳

翻訳・通訳 カンボジアで約20年の経験を持つトップ通訳・翻訳者 山崎幸恵(クメール語・日本語)をはじめ、レベルの高いプロのクメール語翻訳・通訳が対応します。 専門性の高い内容、協議や交渉など複雑な通訳もお任せください。 料金についてはご相談ください。 延長料金 規定時間を超えて業務の延長があった場合は超過料金をいただきます。 出張、宿泊手当 業務に伴う交通費、宿泊費等はお客様にご負担いただきます。 また通訳に伴い移動を要する場合は、移動拘束料金、食事手当等を申し受ける場合があります。 キャンセル料金 案件確定後のキャンセルは、キャンセルのタイミングにより一定のキャンセル料を頂戴しております。 ただし、別途料金が発生する場合がございますのでご相談ください。 問い合わせ時に必要な情報(お問い合わせフォーム用) ・通訳言語 ・日時 ・場所 ・内容 (視察、研修、会議、商談、講演会、セミナーなど) ・方法 (同時通訳、逐次通訳など) ・分野 (交通、食品、医療、農業など) 通訳者用資料はなぜ必要なのですか? 事前知識があるかないかで通訳の質が異なってきます。 通訳者は必ずしもその分野の専門家とは限りませんので、スムーズに通訳を行うために、内容が確認できるプレゼンテーションの資料や原稿等、事前に共有をお願いいたします。 プロフィール 氏名 山崎 幸恵(やまざき ゆきえ) 生年月日 1972年7月20日生まれ 略歴 1993年3月 神奈川大学短期大学部商学科卒業 1993年4月 日本語教師養成講座終了 1994年7月 青年海外協力隊日本語教師隊員としてカンボジア観光省赴任 1996年9月 プノンペン王立大学社会人文学部クメール文学科入学 2000年6月 プノンペン王立大学社会人文学部クメール文学科卒業(外国人で初めてのプノンペン王立大学私費留学卒業生) 以後 プノンペンにて個人経営カンボジアインフォメーションサービスを運営し、現地新聞の翻訳配信サービスを行う 2003年4月 日本でカンボジアインフォメーション合資会社創設。 日本人初のプロのクメール語・日本語通訳・翻訳者として活動 2003年10月 カンボジアの生活情報誌(フリーペーパー)「NyoNyum」創刊 2004年7月 カンボジア法人Cambodia Joho Service inc. を設立 2009年1月 ニョニュムショップオープン 2009年10月 カンボジア伝統陶器プロジェクト開始(日本財団助成)プロジェクトマネージャー 2012年10月 Kampong Chhnang Pottery Galleryオープン(インターコンチネンタルホテル プノンペン) 2014年1月 日本情報を発信するクメール語情報誌「NyoNyum Khmer」創刊 2014年6月 Souvenir Shop NyoNyumをAEON内にオープン 2015年4月 カンボジア日本人商工会(JBAC)副会長(2016年3月まで) 2016年12月 株式会社カンボジア情報サービス代表取締役社長(日本新法人) 講演• 2015年3月 カンボジア市民フォーラム(上智大学にて)• 2015年8月 ソーシャルフェスタ(麹町・河合塾にて)• 2016年11月 九州アジア経営塾(プノンペンにて)•

次の

クメール語無料翻訳

クメール語 翻訳

インド文字とタイ文字の中間にあると言えるクメール文字は、東南アジアの文字の中では最も歴史のある文字と言われ、サンスクリット語やパーリ語を語源とする言葉が大変多いです。 現代のカンボジア文字は、子音字母33、母音記号20で構成され、声調を持つことがない代わりに、母音組織が発達し、結果として多くの母音記号が使われています。 また、表音文字であるクメール文字は、左から横書きし、英語のように単語と単語の間にスペースを置きません。 コンピューター上においては、クメール文字の表示・入力環境は未だ完全とは言えないため、文字化け等に対し注意する必要があります。 < クメール文字 サンプル > こんにちは おやすみなさい お元気ですか? 元気です ジェスコーポレーションでは幅広い分野の技術文書、法律文書、その他専門文書のクメール語翻訳が対応可能です。 日本語とクメール語の双方向、あるいは英語とクメール語の双方向、いずれの翻訳も承っております。 どうぞお気軽にお問い合わせください。 初めてのお取引の場合には、前払いでお願いすることがございます。 個人様の場合: すべて前払いでお願いしております。 悪しからずご了承ください。 詳しくは弊社営業までお問い合わせください。

次の

無料オンライン翻訳一覧

クメール語 翻訳

音韻 [ ] 、の存在しない言語である。 しかし、最近の地方のには声調が見られる。 弛喉母音とは、発声の際に、声帯の緊張が不十分であるが故に、息が洩れてくる母音である。 また、通常の母音よりも口の開きがやや狭くなる。 子音には、の対立がある。 というからの呼気を用いない特殊な子音がある。 また、 二重子音がある。 文法 [ ] であり、・・といった語形変化は全くせず、文法関係は語順によって示される。 基本語順 [ ]• 主語 - 動詞 - 目的語• 被修飾語 - 修飾語 は動詞の直前に置く。 その他 [ ]• 痕跡的な・がある。 単独では使用できず、他の語に 随伴するだけの語が存在する。 を踏むものが多い。 語彙 [ ] カンボジア本来の語は、単音節か、二音節語である。 古くからインド文化の影響を受けているため、やからのが圧倒的に多い。 また、日常語においては、、、からの借用語も多い。 また、からの借用語も少なからず残っている。 文字 [ ] 詳細は「」を参照 記述には、南インドから伝わった文字を改良した()を使用する。 横書きで、左から右へ書き、各単語間の分かち書きをしない。 主な33字を以下に示す。 子音字はa系(赤)とo系(青)の2系統に分かれる。 『カンボジア語実用会話集』10頁参照• 坂本恭章著『カンボジア語入門』(大学書林、1989年)1~5頁より• 上田広美、岡田知子編著『カンボジアを知るための62章』(明石書店、2014年)26、27頁より• 上田広美、岡田知子編著『カンボジアを知るための62章』(明石書店、2014年)34、35頁より引用 参考文献 [ ]• ラオ・キム・リァン、ラオ・えりか共著『カンボジア語実用会話集』(連合出版、1993年)• ラオ・キム・リァン、ラオ・えりか共著『カンボジア旅行ポケット会話集 改訂版』(1994年)• 上田広美著『CDエクスプレス カンボジア語』(白水社、2002年)• 上田広美著『ニューエクスプレス カンボジア語』(白水社、2008年)• 上田広美、岡田知子編著『カンボジアを知るための62章』(明石書店、2014年)• ペン・セタリン著『クメール語入門』(連合出版、2008年)• 坂本恭章著『カンボジア語辞典』(大学書林、1988年)• 坂本恭章著『カンボジア語入門』(大学書林、1989年)• 峰岸真琴、ペン・セタリン共著『日本語カンボジア語辞典』(めこん、1991年) 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ] のがあります。 - 各OS版のクメール語フォントと入力システムを配布している• - フリーのクメール語フォント集• - (2019年1月1日アーカイブ分) - いろいろ無料で利用できる教材(日本語) この項目は、に関連した です。 などしてくださる()。 この項目は、に関連した です。

次の