ラルク ヴェール 千葉。 [第32回]GK根岸凪月(ラルクヴェール千葉U

[第34回]MF池田祐樹(ラルクヴェール千葉U

ラルク ヴェール 千葉

[第34回]MF池田祐樹 ラルクヴェール千葉U-15 「成長できたと思える場所」 by 長谷川望 ラルクヴェール千葉は、千葉明徳高等学校で練習を行っている千葉県の強豪クラブだ。 高円宮杯U-15サッカーリーグ2015千葉 1部リーグを2位で終え、なかでも失点数は最も少なかった。 有働友勝代表は「得意なことだけではなくて、苦手なこともやらせるようにしている。 どうしても攻撃をするのが好きな子が多いのですけれども、やはり守るというのもサッカーで大事な部分なので、『両方できるようにしよう』と選手たちに話しています。 そういった意味で、攻撃も守備もする『我慢する力』というのがあるのでそれがゲームに出ているのかなと思います」と、チームのストロングポイントについて話す。 今回はジュニアからラルクヴェール千葉に所属している中学三年生に注目したい! 来年卒業を控えた選手のクラブに対する想いとは……!? PICK UP選手 池田祐樹くん 15。 ポジションは右サイドハーフ。 得意なプレーはカットインと右足であげるクロスボールだ。 中学三年生の池田くんは既に先を見据えて行動している。 「来年から高校に入るので、走る距離を伸ばしたり、走るスピードを上げたり、身体づくりに気を遣っています」と話してくれた。 どんな選手!? ジュニアの頃から池田くんを見てきた有働代表は「祐樹は3人兄弟の長男で、とにかく真面目です。 すごく努力家なので、高校に行っても心折れずに頑張っていける選手だと思っています。 是非活躍してもらいたいですね」と、これからの活躍を心待ちにしている。 そんなラルクヴェール千葉で育った彼は、ここでどのようなことを学んだのか。 卒業を前にして今の気持ちを聞いた。 「ラルクヴェールは一人ひとりが日々の練習から一生懸命取り組んでいたので、大会が楽しかったと言うよりか日々の練習が楽しかったです。 サッカーもそうなんですけど、学校に行くよりも人間性の部分でとても成長できたなと思います」。 選手からこのような言葉が聞けることは、育成という現場では何よりも価値あるものだと思う。 高校での活躍にも期待したい!! 「レアル・マドリーのイスコ選手です。 「プロサッカー選手になることです。 「音楽を聞くのが好きです。 「高校で全国大会出場を目指してがんばります!! 福島県出身。 ロンドン五輪で女子レスリング金メダリスト伊調馨を取材。 2020年東京五輪を見据え、サッカーを中心にスポーツの育成年代を精力的に取材している。 フジテレビ『とくダネ! 』、TBS元旦スポーツ祭り『2013年にかけるアスリートたち』、WOWOW『金曜カーソル』などテレビ番組でも活躍中。 スポーツライター長谷川望facebookファンサイトは.

次の

[第32回]GK根岸凪月(ラルクヴェール千葉U

ラルク ヴェール 千葉

練習等の見学、ファンサービスの中止について 新型コロナウイルスの感染予防対策および拡散防止のため、 当面の間、練習等の見学、ファンサービスを中止させていただきます。 日 付 スケジュール 詳 細 3. 2 月 3. 3 火 3. 4 水 3. 5 木 3. 6 金 3. 7 土 3. 9 月 3. 10 火 3. 11 水 3. 12 木 3. 13 金 3. 14 土 3. 16 月 3. 17 火 3. 18 水 3. 19 木 3. 21 土 3. 22 日 3. 23 月 3. 24 火 3. 25 水 3. 26 木 3. 27 金 3. 28 土 3. 29 日 3. 30 月 3.

次の

菓子工房 ル・ヴェール(千葉市緑区/おゆみ野駅)|ケーキのネット予約ならEPARKスイーツガイド

ラルク ヴェール 千葉

[第34回]MF池田祐樹 ラルクヴェール千葉U-15 「成長できたと思える場所」 by 長谷川望 ラルクヴェール千葉は、千葉明徳高等学校で練習を行っている千葉県の強豪クラブだ。 高円宮杯U-15サッカーリーグ2015千葉 1部リーグを2位で終え、なかでも失点数は最も少なかった。 有働友勝代表は「得意なことだけではなくて、苦手なこともやらせるようにしている。 どうしても攻撃をするのが好きな子が多いのですけれども、やはり守るというのもサッカーで大事な部分なので、『両方できるようにしよう』と選手たちに話しています。 そういった意味で、攻撃も守備もする『我慢する力』というのがあるのでそれがゲームに出ているのかなと思います」と、チームのストロングポイントについて話す。 今回はジュニアからラルクヴェール千葉に所属している中学三年生に注目したい! 来年卒業を控えた選手のクラブに対する想いとは……!? PICK UP選手 池田祐樹くん 15。 ポジションは右サイドハーフ。 得意なプレーはカットインと右足であげるクロスボールだ。 中学三年生の池田くんは既に先を見据えて行動している。 「来年から高校に入るので、走る距離を伸ばしたり、走るスピードを上げたり、身体づくりに気を遣っています」と話してくれた。 どんな選手!? ジュニアの頃から池田くんを見てきた有働代表は「祐樹は3人兄弟の長男で、とにかく真面目です。 すごく努力家なので、高校に行っても心折れずに頑張っていける選手だと思っています。 是非活躍してもらいたいですね」と、これからの活躍を心待ちにしている。 そんなラルクヴェール千葉で育った彼は、ここでどのようなことを学んだのか。 卒業を前にして今の気持ちを聞いた。 「ラルクヴェールは一人ひとりが日々の練習から一生懸命取り組んでいたので、大会が楽しかったと言うよりか日々の練習が楽しかったです。 サッカーもそうなんですけど、学校に行くよりも人間性の部分でとても成長できたなと思います」。 選手からこのような言葉が聞けることは、育成という現場では何よりも価値あるものだと思う。 高校での活躍にも期待したい!! 「レアル・マドリーのイスコ選手です。 「プロサッカー選手になることです。 「音楽を聞くのが好きです。 「高校で全国大会出場を目指してがんばります!! 福島県出身。 ロンドン五輪で女子レスリング金メダリスト伊調馨を取材。 2020年東京五輪を見据え、サッカーを中心にスポーツの育成年代を精力的に取材している。 フジテレビ『とくダネ! 』、TBS元旦スポーツ祭り『2013年にかけるアスリートたち』、WOWOW『金曜カーソル』などテレビ番組でも活躍中。 スポーツライター長谷川望facebookファンサイトは.

次の