西宮 ケーソン。 西宮ケーソンにタンカー座礁!西宮浜も台風被害で釣り場が

【釣り場紹介】西宮ケーソンの釣りポイント・アクセス・釣れる魚種まとめ

西宮 ケーソン

西宮ケーソンの概要 西宮ケーソンは西宮浜に位置する防波堤で、隣接する新西宮ヨットハーバーの一部となっています。 防波堤は全長1キロにわたる長い防波堤で、 テトラポットや沈み根などポイントがたくさんあります。 人口島の沖向きに突き出た防波堤のため潮通しがよく、年間を通して様々な魚を狙うことができます。 近年この周辺では釣りマナーの悪化によって様々な釣り場が閉鎖されているため、しっかりゴミを持ち帰るなどのマナーを守りたいですね! 西宮ケーソンのアクセスと設備 西宮ケーソンへは車やバスを用いて行くことができます。 車で行く場合、ヨットハーバーの駐車場を用いましょう。 路上駐車場はトラックの迷惑になるので避けましょう! 駐車場の料金は 夜間は1時間100円、昼間は1時間200円となっています。 トイレや売店などはないため近くのコンビニなどを活用しましょう。 釣り場は広く足場も良いですが、 柵などはないため小さな子供を連れて行く場合はライフジャケットなどを着させるようにしましょう! 西宮ケーソン周辺の釣り具屋 西宮ケーソンに釣具屋はありません。 そのため近くの釣具屋で仕掛けや餌などは購入しておきましょう。 大阪や尼崎から行く場合はフィッシングマックス武庫川店が通り道にあります。 西宮ケーソンの釣りポイント紹介 西宮ケーソンは広大な釣り場であるため いくつか釣りポイントがあります。 狙う魚種に合わせて釣り場を変えるようにしましょう。 初心者向けの湾内ポイント ケーソン内に位置するこのポイントでは小型回遊魚などを狙うことができます。 歩く距離も短く足場も綺麗なので ファミリーなどに最適のポイントでしょう。 チヌやスズキも釣れているので、先の方が混んでいる場合はこちらで釣っても良いでしょう。 第一カーブから第二カーブの間 第一カーブから第二カーブの間に位置するこのポイントでは チヌやスズキから青物まで色々な魚種を狙うことができます。 両端のカーブ付近にはテトラが沈んでいるのでその付近はチヌやスズキの好スポットとなっています。 また、沖向きに投げると青物を狙うこともできます。 ナブラが立っている時を狙うようにしましょう。 第二カーブから先端 かなり歩かなくてはいけませんが、 沖に突き出たポイントなので魚影が濃いです。 青物などを狙う場合、ここからジギングなどを行うといいでしょう。 もちろんスズキやチヌなどを狙うこともできるので、ここまで歩く価値はあると言えるでしょう。 西宮ケーソンの駐車場と行き方 西宮ケーソンへは行き方が少し複雑なので、初めて行く場合は注意が必要でしょう。 まずは新西宮ヨットハーバーの駐車場に車を停めましょう。 そこから徒歩3分ほどで西宮ケーソンの入り口に到着します。 ここを直進すると西宮ケーソンの入り口に行けます。 ガードレールなどで少し行きづらいですが進んでいくとここへ進みます。 ここが西宮ケーソンの入り口になります。 駐車場からはそこそこ距離があるので、キャリーなどがあると便利です。 西宮ケーソンで狙える魚 西宮ケーソンでは多くの魚を狙うことができます。 阪神間ではトップクラスの釣果を誇る防波堤なのでいろいろな釣りにチャレンジしてみましょう! エビ撒き釣りやルアーで狙うシーバス 西宮ケーソンはシーバスのストック量が多く、毎日たくさんのシーバスが釣り上げられています。 例年春頃にはエビ撒き釣りが盛んになり、多くのアングラーで賑わいます。 通年を通してルアーやノマセ釣りなどでも狙うことができます。 エビ撒き釣りや落とし込み釣りで狙うチヌ 西宮ケーソン全体でチヌを狙うことができます。 エビ撒き釣りや落とし込み釣り、ブッコミ釣りなどでも釣れています。 第一カーブや第二カーブ周辺のテトラ付近では特にチヌの魚影が濃いようなので狙ってみると良いかもしれません。 夏から秋には青物 夏から秋にかけては青物が回遊を始めます。 西宮ケーソンでも 早朝にはよくナブラがたつのでジギングで狙ってみましょう。 ジギングをしているとシーバスや太刀魚などの嬉しい外道が釣れることもあります。 秋の味覚「タチウオ」 秋になるとタチウオの回遊が始まります。 年によっては12月の末ごろまで釣れるので人気のスポットとになっています。 防波堤は夜になると暗くなるので足元に注意して釣るようにしましょう。 釣り方はワインドやウキ釣り、引き釣りで狙うと良いでしょう。 ハイシーズンには人で混雑することも多いので竿数は少なめにしておくのが無難でしょう。 西宮ケーソンでオススメの釣り具 西宮ケーソンでは不意にアジやサバ回遊してくることがります。 そんなときにアミエビがないから釣れない! なんてことが起こらないよう 持ち運べるアミエビを持っていても良いでしょう。 またシーバスや青物どちらも狙いたい場合、VJ-16などがオススメでしょう。 シーバスにはもちろん有効ですが、青物も十分狙うことができるので一つ持っておいて損はないでしょう。 西宮ケーソンでは様々な魚を狙うことができるので、ぜひ一度行ってみましょう!.

次の

西宮ケーソンにタンカー座礁!西宮浜も台風被害で釣り場が

西宮 ケーソン

西宮ケーソンに タンカーが座礁して、 台風被害が大きい現状に 西宮浜の釣り場も足場が悪くなり立ち入りが危険な状況となっています。 今回の大型台風21号は、関西方面の売り場の名所がことごとく大きな台風被害を発生させていおり、釣り人にとっては苦痛の連続です。 西宮浜の南東に位置する西宮ケーソンは、サビキ釣りから青物釣り、そしてシーバスや太刀魚の名所として知られています。 また、西宮ケーソンの釣り場はコウイカやアオリイカも釣れるというまさに釣り人の隠れスポットとして地元のエギンガーにも愛されていただけに、 タンカー座礁(プッシャーバージのガット船)による台風被害は想定外のアクシデントにより大ダメージを受けてしまいました。 西宮ケーソンのタンカー座礁による台風被害 西宮浜の西宮ケーソンに大型台風21号の影響で、大型タンカーが流されて突き刺さる(座礁)という事故が発生しました。 大型タンカーは、西宮ケーソンの堤防を完全に乗り上げている状態となっていて、途中でケーソン先に入れない状況となっていました。 もちろん、大型タンカーを突っ込んでいる状態で西宮ケーソンに行くことは危険なので、様子を見に行くついでにタンカー周辺で釣りをしようなどと考えないようにお願いしたいです。 西宮ケーソンに乗り上げたタンカー撤去作業が進んでいるのでその一部がいつ落下してきたり、倒れてきたりするかもわからないので台風被害による二次的な被害に巻き込まれてないためには少しでも危険性のある釣り場へは近づかないことが一番です。 そして、西宮ケーソンにタンカー座礁の被害が発生してから今現在の防波堤の状況は、無事に撤去作業が終わって危険な状況の改善が図られました。 大型台風による西宮ケーソンへの大型タンカーの座礁当時の状況は以下のようなものでありました。 このビジュアルでもおわかりの様に、西宮浜の西宮ケーソンに乗り上がった大型タンカーはケーソン部分で 「への字」に挟まってしまった状態となり自力での身動きがとれません。 神戸港によく釣りに来る方でプッシャーバージのガット船に詳しい方から教えていただいた話しでは、大型タンカーの曲がって見える部分を境界として、ケーソン左側と右側の2隻がドッキグして移動能力を持つ仕組みとなっています。 つまり、この大型タンカーはジョイント部分が稼働するため、現状ケーソン部分に乗り上げているタンカーの曲がって見えるところに 「白い柵」があります。 これは、可動部分での事故を防ぐための安全柵として機能しています。 そのため、西宮ケーソンに現状乗り上げている大型タンカー(西宮港防波堤座礁船)に挟まれれしまう可能性も少なからずあるので、歩いて行けるエリアのケーソン部分が一番危険性が高いことが誰しも釣り人でなくともわかるはずです。 絶対に今後このような事が発生しても、西宮ケーソンに乗り上げたタンカーを目の前で見に行こうとは思わず、立ち入り禁止エリアを守って安全を優先に考えてください。 西宮ケーソンの防波堤に座礁した第18久栄丸(押船第拾八久栄丸)は、主に石灰石の海上運搬作業を行う船舶でありその全長は約80メートル、船幅18メートル、船体重量3,434トンとう巨大なタンカー(プッシャーバージのガット船)でした。 西宮ケーソンに座礁した巨大タンカーには、砂利などの運搬物が積まれている可能性もありますので、尚更興味本位で近づいたり釣りに行くのは危険ということがわかります。 西宮浜の台風被害 西宮ケーソンの防波堤の台風被害は、とても大きなものでしたがこの防波堤がかったからこそ、直ぐ近くの新西宮ヨットハーバーへのハーバー内へのタンカー座礁が回避できた可能性も少なからずあるかもしれません。 新西宮ヨットハーバーも西宮浜に位置しますが、致命的で大規模な台風被害はそれほどなく、停電と断水が一時的に発生しました。 また、新西宮ヨットハーバーは台風被害により、大型クレーンの設備がダメージを受けてしまいボートやヨットなどの上げ下ろしが当面の間出来ない状態となりました。 そして、給油施設もダメージを受けたので臨時的に復旧作業へと移っているものの、係留されているボートなどへの大きなダメージは新西宮ヨットハーバー内では確認されていません。 同じ西宮浜の係留施設でも、新西宮ヨットハーバーから北側の 「西宮マリーナ」や北東側の 「神戸マリーナ(西宮)」などは大きな台風被害を受けて、係留しているボートが沈没したり、流されてしまったり、係留設備が崩壊したりといった状況です。 西宮浜の停泊所、エラい事になっている。

次の

西宮ケーソンにタンカー座礁!西宮浜も台風被害で釣り場が

西宮 ケーソン

西宮ケーソンの概要 西宮ケーソンは西宮浜に位置する防波堤で、隣接する新西宮ヨットハーバーの一部となっています。 防波堤は全長1キロにわたる長い防波堤で、 テトラポットや沈み根などポイントがたくさんあります。 人口島の沖向きに突き出た防波堤のため潮通しがよく、年間を通して様々な魚を狙うことができます。 近年この周辺では釣りマナーの悪化によって様々な釣り場が閉鎖されているため、しっかりゴミを持ち帰るなどのマナーを守りたいですね! 西宮ケーソンのアクセスと設備 西宮ケーソンへは車やバスを用いて行くことができます。 車で行く場合、ヨットハーバーの駐車場を用いましょう。 路上駐車場はトラックの迷惑になるので避けましょう! 駐車場の料金は 夜間は1時間100円、昼間は1時間200円となっています。 トイレや売店などはないため近くのコンビニなどを活用しましょう。 釣り場は広く足場も良いですが、 柵などはないため小さな子供を連れて行く場合はライフジャケットなどを着させるようにしましょう! 西宮ケーソン周辺の釣り具屋 西宮ケーソンに釣具屋はありません。 そのため近くの釣具屋で仕掛けや餌などは購入しておきましょう。 大阪や尼崎から行く場合はフィッシングマックス武庫川店が通り道にあります。 西宮ケーソンの釣りポイント紹介 西宮ケーソンは広大な釣り場であるため いくつか釣りポイントがあります。 狙う魚種に合わせて釣り場を変えるようにしましょう。 初心者向けの湾内ポイント ケーソン内に位置するこのポイントでは小型回遊魚などを狙うことができます。 歩く距離も短く足場も綺麗なので ファミリーなどに最適のポイントでしょう。 チヌやスズキも釣れているので、先の方が混んでいる場合はこちらで釣っても良いでしょう。 第一カーブから第二カーブの間 第一カーブから第二カーブの間に位置するこのポイントでは チヌやスズキから青物まで色々な魚種を狙うことができます。 両端のカーブ付近にはテトラが沈んでいるのでその付近はチヌやスズキの好スポットとなっています。 また、沖向きに投げると青物を狙うこともできます。 ナブラが立っている時を狙うようにしましょう。 第二カーブから先端 かなり歩かなくてはいけませんが、 沖に突き出たポイントなので魚影が濃いです。 青物などを狙う場合、ここからジギングなどを行うといいでしょう。 もちろんスズキやチヌなどを狙うこともできるので、ここまで歩く価値はあると言えるでしょう。 西宮ケーソンの駐車場と行き方 西宮ケーソンへは行き方が少し複雑なので、初めて行く場合は注意が必要でしょう。 まずは新西宮ヨットハーバーの駐車場に車を停めましょう。 そこから徒歩3分ほどで西宮ケーソンの入り口に到着します。 ここを直進すると西宮ケーソンの入り口に行けます。 ガードレールなどで少し行きづらいですが進んでいくとここへ進みます。 ここが西宮ケーソンの入り口になります。 駐車場からはそこそこ距離があるので、キャリーなどがあると便利です。 西宮ケーソンで狙える魚 西宮ケーソンでは多くの魚を狙うことができます。 阪神間ではトップクラスの釣果を誇る防波堤なのでいろいろな釣りにチャレンジしてみましょう! エビ撒き釣りやルアーで狙うシーバス 西宮ケーソンはシーバスのストック量が多く、毎日たくさんのシーバスが釣り上げられています。 例年春頃にはエビ撒き釣りが盛んになり、多くのアングラーで賑わいます。 通年を通してルアーやノマセ釣りなどでも狙うことができます。 エビ撒き釣りや落とし込み釣りで狙うチヌ 西宮ケーソン全体でチヌを狙うことができます。 エビ撒き釣りや落とし込み釣り、ブッコミ釣りなどでも釣れています。 第一カーブや第二カーブ周辺のテトラ付近では特にチヌの魚影が濃いようなので狙ってみると良いかもしれません。 夏から秋には青物 夏から秋にかけては青物が回遊を始めます。 西宮ケーソンでも 早朝にはよくナブラがたつのでジギングで狙ってみましょう。 ジギングをしているとシーバスや太刀魚などの嬉しい外道が釣れることもあります。 秋の味覚「タチウオ」 秋になるとタチウオの回遊が始まります。 年によっては12月の末ごろまで釣れるので人気のスポットとになっています。 防波堤は夜になると暗くなるので足元に注意して釣るようにしましょう。 釣り方はワインドやウキ釣り、引き釣りで狙うと良いでしょう。 ハイシーズンには人で混雑することも多いので竿数は少なめにしておくのが無難でしょう。 西宮ケーソンでオススメの釣り具 西宮ケーソンでは不意にアジやサバ回遊してくることがります。 そんなときにアミエビがないから釣れない! なんてことが起こらないよう 持ち運べるアミエビを持っていても良いでしょう。 またシーバスや青物どちらも狙いたい場合、VJ-16などがオススメでしょう。 シーバスにはもちろん有効ですが、青物も十分狙うことができるので一つ持っておいて損はないでしょう。 西宮ケーソンでは様々な魚を狙うことができるので、ぜひ一度行ってみましょう!.

次の