ボーナス 税金 高い。 ボーナスが多い会社と月給が多い会社、どっちがお得?

ボーナスにも税金ってかかるの?手取り金額の計算方法も紹介|転職Hacks

ボーナス 税金 高い

ボーナスを貰えた時は非常にうれしいですが、ボーナスって税金はかかるのでしょうか。 実際に、どのように計上されるのかがわからない方は非常に多いと思います。 今回はボーナスと、税金の関係についてご紹介したいと思います。 ボーナスからなぜ社会保険料が引かれるのか ボーナスから社会保険料が引かれるようになったのは、平成15年に社会保険料が「総報酬制」に改正されてからです。 従来の社会保険料の特徴は以下のようになります。 月々の給料から天引き• 社員のボーナスの手取りが増える• 企業も社会保険料の節約が可能 ボーナスからは天引きせず、給料から社会保険料を支払うことで、従業員の給与の手取りは減るがボーナスの手取りが増えます。 企業側にとっても社会保険料を抑えることができ、節約ができたのです。 しかし、この制度ではボーナスを出す大企業とボーナスを出さない中小企業との間に、収める社会保険料に差が生じてしまいます。 この不平等を解消するためにボーナスから天引きするようになったのです。 関連相談• ボーナスにも税金は掛かる? 所得税法上、働いたことへの対価として手にする 給与は10種類の所得に分類され、すべてに住民税や源泉所得税などの税金がかけられます。 これらを滞納すると、のちのち返納が大変になり、大きな損をすることになります。 あるサイトを見た所、住民税は5年ほど経てば、時効になり消滅するということを聞きました。 これって本当なのでしょうか?また、時効になった場合のデメリットとは何でしょうか?お詳しい方いましたら、ご回答お願いします。 確か民法にあったと思います。 うろ覚えですが「払ってください」旨の通知が来て5年で時効ですが、金額が30万円を超えるとかなりの確率で給与を差し押さえられます。 それに法定延滞金もつきますので、早めに役所に行って相談し … 税金は滞納せずにしっかりと払うべきだと言えるでしょう。 滞納することによって後々損をする可能性があります。 ボーナスから引かれるものは何か ボーナスからは、税金や保険料が引かれます。 惹かれるものは以下の4つとなります。 源泉所得税• 健康保険料• 厚生年金保険料• 雇用保険料 以上のように、各種保険料と源泉所得税のみがボーナスから引かれる対象となります。 ですので、前年1年間の所得を基に年間の納税額が決まる住民税はボーナスから引かれず、毎月の給与から引かれます。 また社会保険関連に関しては、一定の割合で引かれる額が決まっております。 健康保険料:4. 厚生年金保険料:7. 144%• 雇用保険料:0. 6% 以上の割合がボーナスの額面に対してかかる割合になります。 住民税はボーナスから引かれない ボーナスから住民税は引かれません。 住民税とは、前年1年間の所得を参考にして、納税額が決まります。 ですので、住民税はボーナスに関係なく、毎月同じ額が引かれるという仕組みになっています。 ただしボーナスが貰える月に税金が多く引かれてる場合、その月の支給額を常に貰っているとして一時的に計算するために引かれます。 ですが、年末調整に税金が多く引かれていることが分かれば、しっかりと年末調整で戻ってきます。 また、保険の支払いをボーナスが貰える月と合わせて半年払いにしている会社もありますので、毎月保険料が支払われない分、ボーナスが貰える月に多く引かれるという場合もあります。 ですので、ボーナスが貰える月に多く税金が引かれている方は、給与明細を確認してみると良いでしょう。 ボーナスと税金の関係については知っておこう その中でも税金は少し特殊な位置にあり、源泉所得税だけが差し引かれる所得です。 一般的には「ボーナスから税金がどのくらい差し引かれるか?」という表現をしますが、源泉所得税は前月分の前月の給与のうち社会保険料を控除した後の金額を基準とし、税率が決定されます。 また、扶養親族の数によっても変動があり、扶養親族が以内場合には6万8000円未満、扶養親族が3人いる場合では17万1000円までは所得税は課されません。 この基準を超えると、前月の給与と扶養家族の人数に応じて、2. 042%〜45. 945%の税率が賞与へ課されるというシステムです。 そのため、 前月いくらの給与を手にしているかがボーナスの金額に大きく影響していることになります。 社会保険料や厚生年金保険料などの税金以外の部分でも差し引かれる項目がありますので、あらかじめ計算方法を含めた確認をしておくとよいでしょう。 昔はボーナスの税金が安かった? 以前はボーナスにかかる税金は安かったと言えるでしょう。 2003年からボーナスにも社会保険料をかける「総報酬制」というものができました。 これにより、給与以外にも社会保険料をかける方になりました。 なぜ、「総報酬制」ができたのかというと、支払う税金の割合を平等にするためです。 ボーナスに税金がかからないと、同じ年収であっても、ボーナスで多くの給与を貰っている人とボーナスではあまり給与を貰っていない人の給与の総支給量から引かれる税金の割合が変わってきてしまいます。 ですので、結果的に「総報酬制」によって平等に税金が支払われるようになったと言えるでしょう。 関連相談• ボーナスの手取りの計算方法をご紹介 次に、ボーナスを手取りで受け取った際、どの程度の金額になるのかを計算する方法をご紹介いたします。 ボーナスの手取りは平均して何割なのか? ボーナスの手取りは平均して8割程度と言えます。 8をすると良いでしょう。 ボーナスの手取り額は、前月の給与や扶養人数によって変わってきますが、ボーナス全体の7. 5~8. 5割ほど受け取るのが一般的と言えます。 ボーナスの手取りの詳しい計算方法 ボーナスの手取りの詳しい計算方法は以下の通りになります。 ただし、上記の計算方法で計算できるのは、年3回までのボーナスを受け取っている方のみで、年4回以上のボーナスを受け取っている方は、ボーナスと月給を合わせた額から社会保険証を計算しなくてはいけません。 各種社会保険料や源泉所得税の計算方法 また各種社会保険料や源泉所得税の計算方法は以下の通りになります。 また介護保険料を払う40歳以上になると、39歳以下の時と料率も変わってきます。 003 雇用保険料は、企業の事業内容によって変動しますが、ほとんどの場合0. 3%となっています。 雇用保険料率は、毎年変わる可能性がありますので、詳しくは厚生省のホームページを確認すると良いでしょう。 詳しく調べたい場合は、国税庁のホームページを参考にすると良いでしょう。 ボーナスが30、40万の時の税金はいくらなの? これまでのボーナスにかかる源泉所得税の解説からわかることは、月々の給与とボーナスの額面のギャップが小さいほど、差し引かれる金額が大きくなるためお得感がなくなるということです。 ボーナスの額面を給与1ヶ月分と定めているケースでは、年2回で60万円に源泉所得税がかけられます。 額面の総額が100万円で月々の給与が30万円の独身の方に課せられる税率が6. 126%ですので、仮にボーナスの額が小さくとも課せられる税率は同じです。 50万円のボーナスに対する3万円と30万円のボーナスに対する18,000円の割合の違いは、かなり大きく感じられるのではないでしょうか。 さらに 、最近では業績の悪化からボーナスを減額する企業も少なくありませんので、月々の給与とボーナスの額面に差がつきにくい状況に近づいていると考えたほうが無難ともいえそうです。 関連相談• ボーナス100万円の場合の税金はいくらなの? 年2回のボーナスで50万円ずつ、総額100万円が支給され、月々の給与が30万円だった場合にはいくらの税金が課されるのでしょうか? ボーナス100万円の場合の税金の計算方法 独身で前月の給与から社会保険料を差し引いた金額が25万円〜30万円の場合には、6. 126%の税率が適用されます。 しかし、 副業をしている方の場合は、また別の計算となるので注意してください。 また、社会保険料と厚生年金保険が差し引かれた後に、源泉所得税が課される順番になっていますので、厳密には差し引かれる金額が多少小さくなります。 関連相談• いつボーナスへの税金は導入されたのか ボーナスにも税金が課せられるようになったのは、 総報酬制が導入された2003年4月ごろといわれています。 それまではボーナスは額面のすべてを手にできる給与と考えられており、差し引かれる金額が全くない対価とされていました。 15年も前に導入されたシステムであるため今時は源泉所得税がかけられることに驚く方もそういないとは思いますが、ボーナスの全額が受け取れた時代はボーナスによって年収の変動が大きかったとされています。 ボーナスの大きさが社会的なステータスとして、今以上に影響していた時代といえそうです。 ボーナスへ課される税金が高すぎる? ボーナスの金額から差し引かれている額面を見てしまうと、多くの方は「税金が高い」と感じてしまいます。 しかし、月々の給与と比較しても課されている税金に住民税などが含まれていない分、課されている金額はボーナスのほうが小さいはずです。 それでも税金が高いと感じられる理由は、金額の大きい給与だからでしょう。 最近では少なくなってしまいましたが、月々の給与の2ヶ月分・3ヶ月分が一度に支払われるボーナスでは50万円や100万円など、非常に大きいと感じられる金額です。 もともとの金額が大きければ、税率が小さくても、差し引かれる税金は大きくなり、その結果税金が高いという感覚をもってしまうのでしょう。 しかし、損はしていませんので、そこはしっかりと理解しておきましょう。 関連相談• ボーナスから差し引かれる税金の割合とは 源泉所得税がいくら引かれるかなどの細かい計算は、ボーナスの額面がわからなければ、算出できません。 そのため、自分はどのくらいの金額をもらえるかという目安ともつために、事前に一般的な割合を把握しておきましょう。 扶養親族の数や月々の給与によって差はあるものの、 額面の8割が受け取れる金額といわれています。 差し引かれる2割には社会保険料や厚生年金保険料などの金額も含まれていますので、口座に振り込まれる金額と考えて大丈夫です。 関連記事: ボーナスに掛かる税金の目安は? 新卒や転職などで就業から間もないような状況で、どのくらい振り込まれるか不安という場合には月々の給与から額面を算出し、その金額に80%の数字をかけることで大まかな目安とすることができます。 シミュレーションとして、ボーナスの支給額が100万円のケース、30万円・40万円のケースを取り上げましたが「自分の場合はどうなの?」と疑問をもつ方は、国税庁のホームページを確認するようにしましょう。 国税庁のホームページでは、扶養親族の数と前月の給与額で決められる源泉所得税をわかりやすく表で記載してくれています。 また、細かくボーナスの金額を計算する場合には、ボーナスの額面から社会保険料と厚生年金保険料を引いた金額から、源泉所得税を差し引かなければなりません。 そのため、社会保険料や厚生年金保険の率についても把握しておく必要があります。 関連相談• ボーナスって税金対策になるの? ボーナスは金額が大きい割に課される税金が小さいため、一部では税制上お得な所得と考えられています。 しかし、税金対策といえるほどのものではありませんので、ボーナスを使って税金を節約しようとしないほうが無難といえます。 というのもボーナスをもらったタイミングだけを切り取れば、低い税率で大きい金額支給されます。 ただし、年収という長い期間で考えてみるとボーナスが大きいほど所得税が大きくなるため、翌年の税率も大きくなる傾向にあります。 もちろん、所得税の税率が変わるぎりぎりのラインを狙うことで税金対策とすることもできますが、注力すべきポイントとはいえません。 関連相談• 新入社員は手取りでいくらボーナスを貰えるか 新入社員のボーナスは、夏のボーナスも寸志程度、冬のボーナスは全額であっても 平均すると基本給の2か月程度です。 手取り金額は下がる? しかし、ボーナスの支給額は、それぞれ10万円や35万円ぐらいあっても、実際に手にする「手取り金額」はそれよりも少なく7〜8割程度に下がってしまいます。 その理由は、ボーナスには税金がかかるだけではなく、保険料などが差し引かれたうえで振り込まれるからです。 ボーナスは基本給以外に支給される臨時収入のようなものですが、税法上は毎月の給与と同じで「給与所得」としてしっかりと税金がかかります。 ボーナスから差し引かれる税金・保険料 ボーナスから差し引かれる税金や保険料は、健康保険料、厚生年金保険料、雇用保険料、所得税になります。 結果的に総額50万円のボーナスも税金や保険料が差し引かれて40万円前後の金額で振り込まれます。 業種や前月の給与支給額にもよりますが、ボーナスの手取りは額面の7〜8割程度だと覚えておきましょう。 関連相談• ボーナス税金のまとめ 一見すると税金が高いと感じられるボーナスですが、源泉所得税などの項目を一つ一つ紐解いてみると、決して税率が高いというわけではありません。 扶養親族や前月の給与を基準に平等な税率で運用されており、むしろ月々の給与よりも低い税率が適用されています。 「自分のボーナスの金額は正しいのか?」また「どのくらいのボーナスが振り込まれるのかしりたい」という方は、適用される税率を確認してみましょう。 細かい数字を確認するため多少面倒かもしれませんが、扶養親族・前月までの給与・社会保険料・厚生年金保険料を把握しておくことで計算できますので、情報を集めてみることをおすすめします。

次の

ボーナスにかかる税金と手取りの計算方法【2020年】 [税金] All About

ボーナス 税金 高い

ボーナスから引かれた税金が安すぎる・高すぎる場合の注意点 ボーナスの支給を受ける際には、毎月の給与と同じで所得税等が差し引かれます。 この差し引かれた所得税等について、ボーナスの金額に対して安いと感じたり、高いと感じたりすることもあるかと思います。 ボーナスから引かれる税金が少なすぎた場合は、年末調整時に5万円近くの追加徴収をされてしまうこともあるので、注意が必要です。 ボーナスから天引きされる税金は、前月の給与により率が異なる? 賞与から差し引かれる所得税等の計算方法は複雑です。 詳細は、 にて確認して下さい ボーナスから差し引かれる所得税等の計算は、 賞与の額に一定の率を掛けて計算します。 その率は、 前月の給与により異なることになります。 つまり、同じ賞与の金額であっても、人により、差し引かれる所得税等が異なるのです。 同じ金額のボーナスでも人によって引かれるお金は異なる 給与等年収540万円、所得控除は、社会保険料控除 給与等の15% 、配偶者控除38万円、基礎控除38万円の場合の計算 前提条件として、いずれのケースにおいても、給与等年収は540万円、所得控除は、社会保険料控除 給与等の15% 、配偶者控除38万円、基礎控除48万円のみとします。 ケース1 前月の給与:35万円 給与の社会保険料 5万2500円 差引29万7500円。 差額は20,828円。 年2回の賞与だとすると、 41,656円の差になります。 ボーナスから引かれる税金が高すぎたり・安すぎたりしても、年末調整により精算されます 人により異なるということは、同じ給与等年収 年間給与・賞与収入 であっても、賞与の所得税等は異なることを意味します。 でも、安心して下さい。 給与や賞与の支給時に差し引かれた所得税等は、 年末調整により精算されますので、原則として、給与等年収が同じで、所得控除などの他の条件も同じ場合には、所得税等の金額も同じです。 021 復興特別所得税 = 年税額 126,000円 端数処理後 ケースごとの年末調整過不足は? ケース3は、 16,164円 142,164円 - 126,000円 の還付。 追加徴収 ケース5は、 15,600円 141,600円 - 126,000円 の還付。 ということになります。 ケース4が一番差し引かれた金額が少なかったため、結果的に年末調整時に 5万円近くの追加徴収をされてしまうことになります。 毎月の給与の額 例:20万円 と比較して、賞与が多い 例:150万円 場合には、差し引かれている所得税等額が 不足する可能性が高くなりますので、年末調整時に追加徴収されてもあわてないように、賞与の時に蓄えておくなどの準備が必要です。 出典: 当サイトはYouTube・Twitter等各動画共有サイトSNS等で閲覧できるストリーミング動画のURLやtweet・画像などをまとめているリンク集サイトです。 運営者は各動画・画像のアップロード、またはそれを推奨、援助する行為は一切行っておりません。 Twitter利用規約「3. 本サービス上のコンテンツ」に則り、ツイートを引用しております。 動画・音声・画像など著作権物に関しましてはすべて著作者・団体に帰属しております。 また、当ブログは著作権等の侵害を目的としたものではありません。 動画のアップロードや削除、仕様などの質問は各動画共有サイト・SNSサイトへ直接おねがい致します。 当ブログは可能な限り注意を払ってブログを運営・管理しておりますが、その正確性や適切性に問題がある場合、告知無しに情報を変更・削除する事がございます。 当サイトの利用で生じた損害に対し、当サイト運営者は一切の責任を負うものではありません。

次の

ボーナスから引かれた税金が安すぎる・高すぎる場合

ボーナス 税金 高い

普段の給与からは、「所得税」と「住民税」という2つの税金が差し引かれています。 ほかにも「社会保険料」に分類される「健康保険料」、「厚生年金保険料」、「雇用保険料」の3つが控除されています。 それではボーナスから引かれるのはどのような項目かというと、 「所得税」、「健康保険料」、「厚生年金保険料」、「雇用保険料」です。 ボーナスには住民税がかからないのかというと、残念ながらそういうわけではありません。 住民税は、所得税等とは違い、前年の所得に対してかかっているものです。 つまり、 今の給与から控除されている住民税は、「去年の所得にかかっている税金」ということです。 住民税は、1年分の所得が確定した後で決まり、決定した金額を12等分した額が月々の給与から差し引かれます。 今年のボーナス分にかかる住民税は「来年の給与」から控除されることになります。 少しわかりにくい制度ですが、要するに 「ボーナスから住民税が控除されることはないが、ボーナスに住民税がかかっていないというわけではない」ということです。 実際にボーナスから引かれることになる4つの控除項目について、概要を見てみましょう。 所得税は、1年間の所得に対してかかるものですから、実際の税額が確定するのは、その年のすべての給与やボーナスの金額が確定した後になります。 しかし、一時期に一括して支払うのでは負担が大きくなりすぎるため、毎月の給与や賞与から仮の所得税が徴収されているのです。 これを「源泉所得税」と呼びます。 ボーナスにかかる所得税の税率は、前月の給与から社会保険料の額を差し引いた金額と、扶養家族の人数によって決まります。 ボーナスにかかる健康保険料率は一律ではありません。 協会けんぽの場合は住んでいる地域によって、健康保険組合に加入している場合は各組合の規定により異なります。 なお、 満40歳以上で介護保険の加入対象になっている人は、健康保険料と同時に介護保険料も徴収されます。 ボーナスにかかる厚生年金保険料率はすべての人が一律9. 15%(2019年5月現在の自己負担分)です。 ボーナスにかかる雇用保険料率は、一般の事業を営む会社に勤めている人の場合で0. 3%(2019年5月現在)、農林水産、清酒製造、建設業の場合は0. 4%(2019年5月現在の自己負担分)です。 実際にボーナスの額面別に、支給額と手取り額をチェックしてみましょう。 なお、ここでは東京都内に住んでいて協会けんぽに加入している、一般の企業で働く人の場合を想定して計算しています。 具体的な金額はそれぞれの人の状況によって異なります。 336%=13万8,423円 手取り額:70万8,927円 このように、 ボーナスの金額にかかわらず、社会保険料の税率は一律です。 しかし、 所得税については、前月の給与から賞与を引いた金額が高ければ高いほど、また、扶養親族が少なければ少ないほど税率が高くなります。 具体的な税率が知りたい方は、国税庁が公表している一覧表を確認してください。 年末調整では、所得税を払いすぎていた場合還付(払いすぎた所得税の返還)が受けられ、所得税が足りなかった場合は追加で徴収されることになります。 ボーナスの場合、前月の給与の支給額に応じて税率が変動するため、普段の給与額に対してボーナス額が極端に高かった場合、追加で所得税を徴収される可能性が高まります。 一方、業績が悪いなどの理由で、普段の給与に対してボーナス額が低いと、年末調整で所得税の還付を受けられる可能性が高くなるでしょう。 ただし、年末調整での所得税の徴収や還付は、ボーナスだけでなく、それ以外のさまざまな要素を総合して決まります。 ボーナスの額が低かったからといって、絶対に年末調整で所得税が戻ってくるとは限りませんから注意しましょう。 給与やボーナスの受取口座をに指定すると、翌月の他行振込手数料が3回無料になったり、給与を受け取るごとに楽天スーパーポイントがもらえたりと特典が満載です。 他にも金利アップキャンペーンなどが定期的に開催されているので、サイトを要チェックです。

次の