シンチャン ウイグル 自治区。 東トルキスタン、ウイグル支援者の皆様へ 日本ウイグル協会

日本で「ウイグル問題を報じづらい」3つの深刻な理由

シンチャン ウイグル 自治区

中国成都から電車でなんと48時間も移動してきました。 それでもまだ中国。 改めて大きさを実感します。 やってきたのは ウイグル自治区のウルムチ。 中国本土に住んでいるのは大部分が漢民族(一般的にイメージする中国人)ですが ここ ウイグル自治区にはイスラム系の人々が多く住んでいます。 というのも ウイグル自治区はもともと東トルキスタンという一つの国だったんです 中国に統治されて以来、漢民族の流入(民族浄化)してきて、今では人口比が逆転しているそう。 街は中国の地方都市そのものと言った感じです。 *ウルムチはウイグル自治区で1番大きな街なので民族浄化が顕著なようです。 他の地域はまた状況が異なるみたい。 異様なのが公安(警察)の数。 駅内では何重にも荷物チェックがあり、町中には戦車が至る所に配置されてます。 どの店にも警備棒・ヘルメットが配備されてたりします。 街を歩いていると、 両者の居住区域が完全に分かれているのに気付きました。 メインストリートの大きなショッピングセンターでは漢民族が働き、街の清掃員は全員がトルキスタン人でした。 中国語の看板と人々の顔がアンバランスに感じます。 一歩裏道に入ると、所狭しとアパートが建ち並んでいます。 この地域には漢民族の姿は一切ありません。 日本人のボク達が歩いても浮いてしまうほどでした。 観光客御用達のバザールへ お土産品のデザインも独特の模様で綺麗。 文化的にはイスラム圏に入ったんだな〜と実感します。 実用性抜群であります。 このナイフで、果物切ったり自炊したい! と狙っていたけど、またどこかで買えるだろうと思い買わずじまい。。 後にウルムチでしか買えない事を知って後悔しました。 食事も中国とは全然違います 中央アジアでよく食べられている分厚い 「ナン」が売っていました。 イスラム教では、多くの料理に羊の肉が使われます。 こちらはトマト煮込み麺の 「ラグマン」 お味の方はというと メエエ〜。。。。 食べたら胃の中から羊の声が聞こえる。。 羊独特の臭さがハンパじゃなくて、肉だけ残してしまいました。 これから中央アジアに向かうボク達だけど、そこも全部羊料理らしいので先が不安です。。 モスクもありました。 イスラム帽を被った人々が1日5回のコーランをしていました。 先ほど「顔が変わった」と書きましたが、ウイグル、モンゴル、カザフ、ロシア系etc さまざまな人種がいます。 う、ウルムチ美人もいる気がしますね〜。 完全に個人的な見解ですが、トルキスタン人の方は人懐っこい感じがしました。 やたらテンションが高いです。 笑 「お〜い!お前ジャパニーズか?コレ食えよ!!は?じゃあコレ食えよ!!」みたいな。 言葉では説明しづらいけど、感覚として中国人と若干違うんですよね。 これは人々の見た目や、文化、宗教の違いから感じた事です。 そして2つ目は トルキスタン人は本当に住みにくそうだな ということです。 トルキスタン人が話すのはウイグル語、ロシア語などなのにも関わらず、街の行政・教育は中国語です。 言語面のハンディキャップにより、社会参加しずらかったり、知識階級の仕事に就きづらいということが想像できます。 また、中国は儒教の教えが基本のため、イスラム教を信仰する事さえ制限していること。 もともと住んでいたにもかかわらず、多くの自由を奪われ、漢民族が力により街を牛耳っているのだから、反乱したくなる気持ちも分かる気がします。 (もちろんウルムチ駅で起こった悲しい事件は許されないことだけど) 他民族、多様な文化・宗教が混在する国家はたくさんあるわけで、それ自体はいいんですが 問題なのは 漢民族とトルキスタン人が共生できる雰囲気はゼロだということ。 (それも1旅行者がたかだか3日間滞在しただけで問題を感じるほどに。 ) だと思いました。 街を歩いてると、目新しいイスラムの生活を実感できて新鮮ではあったのですが 「楽しい」という気持ちよりも妙な違和感ばかりを感じた3日間でした。 次回は、中国ウルムチからカザフスタンへの国境越えです。

次の

東トルキスタン、ウイグル支援者の皆様へ 日本ウイグル協会

シンチャン ウイグル 自治区

去る2014年4月30日、5月22日に相次いで爆発事件が起きた中国の新疆ウイグル自治区。 民族間の衝突がたびたび報じられる同地区だが、ウイグル地域はロプノールで地下核実験が行われたことでも知られている。 中国政府の公式発表によると、核実験は水爆実験を含め1964年から96年までに46回行われたとのこと。 そんな のでご報告しておきたい。 ・日本人旅行者も被爆している可能性がある!? ちなみに一説によると、核実験の影響で同自治区のウイグル人を中心に19万人が急死し、中国国内の健康被害者は129万人にのぼると言われている。 さらに、シルクロードを訪れた27万人の日本人旅行者も被爆している可能性があるとされる。 お、恐ろしい……。 ・実際に「エアカウンター」を持ちこんで測定してみた 使用したのはごく普通の、「ST 家庭用放射線測定器 エアカウンター」である。 ……やる気があるのか? いずれにしろロプノール以外の地域で10回ほど測定した結果、以下のような数値となった。 ウルムチ市内: 0. 11~0. 11~0. 12~0. ただしロプノール以外! 計測結果はすべて0. 10~0. なお、中央アジアに接するカシュガル近辺一帯は含んでいない。 さらに精度を求めたいのであれば、当然ながら高品質のガイガーカウンターを持ちこむことをお勧めする。 参考リンク: Report: Photo:RocketNews24.

次の

イェンギイェルの「教育による改心」のための強制収容所はまるで刑務所だ

シンチャン ウイグル 自治区

略称はシン 新。 中国,西北地方の1級行政区。 3特別市,8地区,5自治州に分れ,13市,66県,5自治県から成る。 行政中心地はウルムチ 烏魯木斉 特別市。 1884年清の新疆省となり,1955年自治区となった。 アジア大陸のほぼ中央にあり,アルタイ山脈,カラコルム山脈,クンルン 崑崙 山脈,アルトゥン 阿爾金 山脈などに囲まれる。 中央にの東半が延びて,省を北部のジュンガル 準 噶爾 盆地と南部のタリム 塔里木 盆地に分ける。 は比較的湿潤な西風によって固定あるいは半固定の砂丘とステップから成っている。 タリム盆地の大部分は移動性砂丘の多いタクラマカン 塔克拉瑪干 砂漠である。 ほぼ全域が内陸河川の流域である。 高山の雪どけ水が山麓で伏流となり,扇状地末端で湧出してオアシスを形成したのち,砂漠に入って涸れ川となる。 オアシスや井戸の周辺では農業が行われる。 食糧作物はコムギ,トウモロコシ,工芸作物ではワタ,アブラナ,ゴマ,テンサイがあり,果樹栽培も盛んである。 テンシャン山脈のふもとにあるトゥルファン 吐魯番 盆地はブドウ,メロンと長繊維のワタの産地。 南西部のホータン 和田 県,ヤールカンド 葉爾羌 県一帯は養蚕が盛ん。 牧畜はヒツジ,ヤギを主に,ウマ,ウシ,ラクダも飼育。 イリ 伊犁 馬,バルクル 巴里坤 馬,ターチョン 塔城 牛,細毛羊など多くの優良種がある。 テンシャン山脈は石炭,鉄,アルタイ山脈は金などの非鉄金属に富む。 ジュンガル盆地には石油の大鉱床があって,カラマイ 克拉瑪依 市を中心に採掘されている。 工業では鉄鋼,石油製精,冶金,機械,綿紡織,絹紡織,皮革,製糖,製紙などがある。 主要都市はウルムチ市のほか,イリ盆地の中心であるクルジャ 固爾札 市,南西部の広いオアシスに立地するカシュガル 喀什 噶爾 市,自治区の出入口にあたる交通の要衝クムル市などがあげられる。 ランシン 蘭新 鉄道がウルムチ市まで乗入れており,トゥルファン県から分岐するナンチヤン 南疆 鉄道がカシュガル市まで延びている。 面積 164万 7000km 2。 人口 1515万 5778 1990。 出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について.

次の