シェイプ オブ ユー 歌詞 日本 語 訳。 【歌詞和訳】The Last Waltz

インドネシアの西ジャワ州、「下品」な英語曲の放送を夜間のみに

シェイプ オブ ユー 歌詞 日本 語 訳

エド・シーランだからこそ出来た、スペシャルなコラボレーション。 収録曲 【LP1】 《SIDE A》 01. Beautiful People feat. Khalid 02. South of the Border feat. Cross Me feat. Chance the Rapper and PnB Rock 04. Take Me Back to London feat. Stormzy 《SIDE B》 01. Best Part of Me feat. Yebba 02. Antisocial with Travis Scott 04. Remember the Name feat. Feels feat. Put It All on Me feat. Ella Mai 03. Nothing on You feat. R 《SIDE D》 01. 1000 Nights feat. Way to Break My Heart feat. Skrillex 03.

次の

【歌詞和訳】Shape Of My Heart

シェイプ オブ ユー 歌詞 日本 語 訳

今回は、そんな彼の新曲"Shape of You"の歌詞と和訳をお届けします。 サウンド的な方向性としては彼の曲においてはかなり新しい感じですが、元々は Rihanna に楽曲提供することを意識して制作したと、本人がインタビューで語っていました。 約2年ぶりの新曲とあってか、YouTube の Video も公開後もの凄い勢いで View 数が伸びており、3週間足らずですでに1. 4億回以上の再生回数となっています。 同日に公開された"Castle on the Hill"が7千万なので、倍の勢いで伸びていることになりますね。 "Shape of You"のほうが人気が高いようです。 UKシングルチャートでは2曲がデビュー初週に1位と2位を飾り、史上初の快挙となりました。 USビルボードのシングルチャートでも、"Shape of You"が初登場で1位となっています。 ちなみにビルボードのシングルチャートではこの曲が Ed の初めての1位獲得だったようで、それは少し意外ですね。 (Thinking Out Loud は最高2位) UKやUSの他、カナダやオーストラリア、ドイツ、フランスなど、世界各国のシングルチャートで1位を獲得しています。 既にアルバムのワールドツアーも予定されており、日本公演も期待できそうですね。 関連コンテンツ• 110•

次の

Ed Sheeran / エド・シーラン ディスコグラフィー

シェイプ オブ ユー 歌詞 日本 語 訳

ポーカーフェイスのカードプレーヤーが求めていたのは 「神聖なる法則」でした。。。 Sting の曲はこれで2回目です。 1回目の Fields of Goldは解読がとても難しかったのですが、今回はどうかな。 Sting の曲ってとにかくリサーチが大変。 語法に文法に加えて背景知識も必要になるから、簡単に「はい出来ました」とはいきません。 だからこそやりがいがあるのですが。 今回の Shape of My Heart もいろいろ調べてやっと自分なりに納得できたという感じです。 またしても、 冠詞のあるなしで意味が大きく変わる単語があったり、 人称代名詞の it が指すものが何かと頭を悩ますものがあったりで、今週は悩みまくりでした。 ところで私がSting を知ったのは1978年だったと思います。 この頃イギリスでは失業率がかなり高かったと記憶しています。 若者の怒りはパンクロックというムーブメントを生み出し、多くのバンドが出たんですよね。 Sex Pistols, Crash, Stranglers, Jam とか思い出します。 Sting がいた Policeもちょうど同じ頃にデビューしたものだから、当時はパンクロックのくくりだったんです。 「またイギリスから新しいパンクバンドが出ました。 ポリスです。 」って日本のラジオ局で紹介されてたわ。 今となっては信じられないですね。 Shape of My Heart の詳しい解説はこのあと2回やります。 そこで、この詞の内容について Sting ご本人が1993年にインタビューで答えているのを発見しました。 訳しましたので、まずこちらを読んでいただければ幸いです。 --------------------------------------- Sting from a 1993 promotional interview: "I wanted to write about a card player, a gambler who gambles not to win but to try and figure out something; to figure out some kind of mystical logic in luck, or chance; some kind of scientific, almost religious law. So this guy's a philosopher, he's not playing for respect and he's not playing for money, he's just trying to figure out the law - there has to be some logic to it. He's a poker player so it's not easy for him to express his emotions, in fact he doesn't express anything, he has a mask, and it's just one mask and it never changes. " スティングの1993年のインタビューより 「カードプレーヤーについて書きたかったんだ。 勝つためでなく、何かを突きとめるために賭けをやっている、幸運や運命の中にある神秘的なロジック、科学的でほぼ神聖な法則のようなものを発見するために賭けをやっているギャンブラーについて書きたかった。 つまり、この男は哲学者なんだ。 尊敬されたいとか金のためにプレイしているのではなくて、ただ法則を知ろうとしている。 何かロジックがあるはずだということさ。 彼はポーカープレーヤーだから、自分の感情を表現するのは簡単なことじゃない。 実際、彼は何も表現しない。 仮面を被っているのさ。 それはただ一つの仮面で決して変わることはないんだ。 」 --------------------------------------- Shape of My Heart の訳詞の考察をこのあと2回していますので、よかったら読んでくださいね。 下記、2回目の考察に書きましたので、よかったら読んでくださいね。 Sting がちゃんと説明してくださっていました。 "that" means "the shape of the heart on the card ". コメントをありがとうございます。 大変うれしいです。 実は、私はこの箇所についてはあまり深く考えなかったのです。 というのも、洋楽の詞では、わざとくずす場合がありますよね。 理由のひとつとして、字余りになるのを避けるために don't をあえて使う場合があります。 昔、Bon Jovi の曲で She Don't Know Me という曲がありました。 これを doesn't にすると余ってしまって歌になりません。 あと聴いたときの響きが don't の方が好まれるというのもあるようです。 Shape of My Heart の場合、もう一つ大切な点があります。 この直前に He doesn't play for the money he wins とありますね。 ということは、くどさを回避するために doesn't の繰り返しを避けたのかもしれません。 そして、最初の he deals the card... の節の最後に来る文言なので、音としてきれいな余韻を残し、次の節である He deals the card to find the answer につなげるという意味もあったのではないかと個人的には思ったりしています。 作者の意図は作者にしかわからないのですが、Sting はどんな思いを込めたのかなあって思います。 こんなことを思いめぐらしながら曲を聴くのって楽しいですね。 素敵なコメントをありがとうございました。 かたなさん コメントをありがとうございます。 Shira さんのブログから来てくださったんですね。 とてもうれしいです。 一つ目のコメントは paraphrase してくださったんでしょうか。 ありがとうございます。 >瞑想と同じなんだ、ではなくて、瞑想なんだ、ではどうですか? そうですね。 「瞑想なんだ」の方が、語数も少なくすっきりしますね。 He deals the cards as a meditation のところで as をどう処理すべきかと悩んでしまいました。 つい細部にこだわってしまうのが私の癖です。 それがよいときもあるんですが、訳した結果、言い回しがくどくなることもあります。 直訳を基本にしているのですが、最近は少し言いたいことを、ざくっと表現することも多くなりました。 Shape of My Heart の訳は一年以上前になりますので、今読み返してみると恥ずかしい気もします。 洋楽の訳詞はとても難しいです。 単純なラブソングはそうでもないのですが、深い示唆のある曲の場合、いつも途中でつまずいてしまいます。 Shape Of My Heart も実に難解でした。 バックグラウンドは何なのかを調べたら、Sting の言葉を見つけて、それを元に四苦八苦しながら訳しました。 ここにコメントを書いてくださる皆様からは、いつも温かい言葉をいただきます。 私のブログを気に留めていただいて、わざわざ時間を割いてコメントを書いてくださったのだと思うと、感謝の気持ちでいっぱいになります。 バーテンダー 、ギタリストさんの温かなコメント、とてもうれしかったです。 ありがとうございました。

次の