リクルート キャリア ログイン。 リクルートHD、キャリアなどを中間持ち株会社に統合 :日本経済新聞

リクルートHD、キャリアなどを中間持ち株会社に統合 :日本経済新聞

リクルート キャリア ログイン

派遣について 派遣とは、直接派遣される正社員、契約社員、パート、アルバイトとは異なり、派遣会社から、派遣契約を結んでいる企業に派遣され、そこで仕事の指示を受け、実際の仕事をします。 あなたの雇用者は派遣会社になり、仕事の指揮命令等は派遣先が行なうことになります。 紹介予定派遣について 紹介予定派遣とは、派遣期間が終了した後にその会社に採用されることを「予定している」システムです。 あくまで「予定」ですので、派遣期間が終了した時に、派遣先企業、もしくはスタッフのどちらかが望まなければ、採用に至らないケースもあります。 アウトソーシング契約社員について アウトソーシング契約社員とは、リクルートスタッフィングアウトソーシング事業部との直接契約の契約社員となります。 場所は請負先の場合がほとんどですが、仕事上の指揮命令は弊社の社員が行ないます。 紹介予定派遣• アウトソーシング契約社員 派遣期間• 長期 3ヶ月以上• 期間限定 休日• 土日休み• シフト勤務 勤務日数• 週5日勤務• 週4日勤務• 週3日以下勤務 残業時間• 残業なし• 残業20時間未満• 残業20時間以上•

次の

リクルートHD、キャリアなどを中間持ち株会社に統合 :日本経済新聞

リクルート キャリア ログイン

リクルートキャリアってどんな会社? リクルートキャリアは2012年にリクルートが分社化されて出来た会社で、 リクナビやリクナビネクスト、リクルートエージェント等の就職・転職領域の事業を扱っている事業会社です。 売上高は非公表とされていますが1000億円以上はあると想定されます。 リクルートといえばリクナビを真っ先に思い浮かべる方も多いでしょうから、リクルートキャリアはリクルートの中でも中心的な事業会社の1つと言って差し支えないかと思います。 リクルートキャリアに転職するには リクルートキャリアで募集している職種 リクルートキャリアで募集しているのは主に下記の4つがあり、リクルートキャリアの構成人数の大部分を占めているのが1つめの顧客折衝職の中のRA リクルーティングアドバイザー とCA キャリアアドバイザー です。 RAは主に法人への営業職で、CAは転職を希望する個人へ相対するアドバイザーの事を意味しています。 WEB職種や企画職に関しては狭き門のため中途入社や部署移動でも入るのは至難の業と言われています。 実際社内でもそう言った会話は行われていました 1. 顧客折衝職 上記で説明したリクルートエージェントの法人営業であるRA リクルーティングアドバイザー と転職を希望する個人へのアドバイザーであるCA キャリアアドバイザー を募集しており、他にもリクナビ等の新卒領域、リクナビネクスト等の中途領域、SPIでそれぞれ営業職を募集しています。 人数的には圧倒的にRAとCAが多いかと思います。 企画・開発職 サービス・商品企画とシステム開発ディレクション、メディアプランナーでそれぞれ募集しています。 サービス・商品企画ではその名の通りサービスの企画や設計、進行管理等を行い、商品によってはプロモーション企画まで自分で担うこともあるそうです。 システム開発ディレクションはプロジェクトマネジメントを任せられ、サービスや商品の課題の特定からソリューションの立案等も含めて工程管理をしていく事が仕事になります。 メディアプランナーは億単位の予算が投下されて、その予算でリクルートキャリアのサービスのプロモーションやメディアプランニングをおこなっていきます。 コンサルタント職 RPOコンサルタントという名称で活動することになります。 RPOとはリクルートメント・プロセス・オプティマイゼーションの略称で、簡単に言うと企業の採用戦略を一緒にプランニングしていくコンサルタントであると思っていただければ問題ないかと思います。 特徴としては、リクルートのサービス以外も状況によっては使用してコンサルティングを行うというところが挙げられるかと思います。 コーポレートスタッフ職 人事や広報、総務、経理、法務、経営企画などで募集を行っています。 この職種では主に他部署がスムーズに働けるように動いていくのがミッションとされています。 イメージ的にはあまり人数を募集していなそうな印象なので、この職種での入社も企画開発と同じく中々困難である事は予想されます。 リクルートキャリアへ転職する3つの方法 リクルートキャリアへ転職する際は3通りの方法があります。 公式サイトからの応募 1つめはから応募する方法です。 一番オーソドックスな方法ですが、公式サイトからエントリーを行います。 自己PR等も記入することになるかと思うので、あらかじめ準備しておくとスムーズにエントリーできるかと思います。 また、も用意されているようなので、WEB系の職種での転職に興味がある方はそちらもチェックしてみる事をおすすめします。 転職エージェント経由で応募 2つめはリクルートエージェントやDUDA、en転職等のエージェント経由で応募する方法です。 リクルートキャリアが運営するリクルートエージェントに登録すると合格率が上がるというわけでは無いですが、対応してくれるのはまさにリクルートキャリアの中の人なので色々参考になる話は聞けるかと思います。 友人紹介 リファラル採用 で応募 3つめは友人紹介で応募する方法です。 実はリクルートキャリアでは リファラル採用という知人紹介採用を行っており、筆者はこの方法でリクルートキャリアへ入社しました。 僕がリクルートキャリアに入社できたのは体感的にやはりこの友人紹介で受けたのが大きかったと思いますので、社員で知り合いがいればこの方法で応募するのが実のところ圧倒的にオススメです。 リクルートキャリアへ転職する際の内定までの流れ 書類選考 まずはエントリーした内容を基に書類選考が行われます。 志望動機や自己PR等はしっかりと考えたものを記入しましょう。 エージェント経由の場合は特に個別に用意しなくても大丈夫です。 前述した友人紹介採用の場合、履歴書と職務経歴書は用意しなければならないものの、書類選考自体は免除されるケースもあるようです。 一次面接 リクルートグループの面接は基本的にはどこもかなりフランクな雰囲気で行われます。 ちなみに筆者はリクルートホールディングス、リクルートライフスタイル、リクルートキャリアの3社に面接に行ったことがありますw 基本的に1次面接は人事担当か現場担当者と1対1で行われる事が多く、現在過去未来の3つの軸でそれぞれの質問されるような流れになるケースが多いです。 リクルートグループの面接の特徴として、例えば『なぜアメフト部に入ったか?』『なぜ日本一を目指そうと思ったか?』等、目標についてなぜその目標を目指そうと思ったか等を聞かれる事が多いです。 1つ1つの質問をかなり深堀されて聞かれるので、事前にしっかりと想定される質問に対する答えを深堀して用意しておいた方が良いでしょう。 SPI 私のケースですと、一次面接の後にSPI試験をオンラインで受験しました。 SPIに関してはオンラインで学習するのも良いと思いますが、おすすめはSPIノートの会というところが出版している対策本です。 すごく丁寧に解説が書かれており、 SPIに関してはこの1冊を1日やれば十分でしょう。 SPIは各社ごとにボーダーが設定されているケースが多いですが、 リクルートキャリアの場合は6~7割程度正解すればよいかと思います。 SPIの得点と1次面接の評価が総合的に判断されて2次面接に進めるかが決定されます。 二次~三次面接 二次面接も一次面接と大きく聞かれる事は変わらないかと思いますが、現場の担当者が出てくるケースも多いと思いますので実際のスキルについても深堀されると考えてしっかりと回答を準備しておきましょう。 最終面接 最終面接は私の場合は役員の方と1対1の面接でした。 面接官の方がこちらが話しやすい雰囲気を作ってくれたので緊張せずに望むことが出来ました。 聞かれたことに関しては志望動機やなぜリクルートグループなのか?なぜリクルートキャリアなのか?リクルートキャリアの中でどの職種を希望するか?といった事だったかと思います。 最後の質問に関しては 『今まで0ベースの営業を経験しており、人と打ち解けることが得意です。 ですので、コミュニケーション能力が生かせるRAかCAを希望しています。 今までのキャリア上はRAが向いているかと思いますが、個人の幸せを追求できるのでCAにも魅力を感じます』のように答えたかと記憶しています。 参考までに、他の人が聞かれたという質問事例を記載しておきます。 ・他の選考状況はどうか?どんな思いでこの面接に来たか ・リクルートはきついがやっていく自信はあるか ・3年後、5年後、10年後の将来のキャリアプラン ・リクルートに入って苦労しそうなところを全部あげてください ・チームのパフォーマンスを最大限に上げるために必要だと思う事 ・自分と違う価値観の人と仕事をすることになるがうまくやっていけるか。 自分を出していけるか 私の場合は最終面接から何日か時間が経っても連絡が無かったので落ちたか・・・と思っていたのですが1週間ほどしてから連絡があり内定をいただく事が出来ました。 リクルートキャリアの年収はどれくらい? リクルートキャリアの年収は公式には発表されていないので下記にはリクルートホールディングスの年収を記載しておきます。 リクルートキャリアは新卒でも年収400万は超えており、中途採用の場合ですと下限で年収546万円だったかと思います。 年代別の推移 リクルートホールディングスの直近の年収推移は下記のようになりました。 平成27年:904万円 平成26年:966万円 実際に入社してみての印象としては年収500万円~700万円のレンジの人が多いかな、というところです。 RAとCAに関しては1000万円はマネージャークラスにならないともらえなそうです。 年齢別の推移 年齢 年収 月額給与 ボーナス 20~24歳 533. 0万円 33. 3万円 133. 2万円 25~29歳 663. 9万円 41. 5万円 166. 0万円 30~34歳 729. 3万円 45. 6万円 182. 3万円 35~39歳 832. 2万円 52. 0万円 208. 0万円 40~44歳 935. 0万円 58. 4万円 233. 8万円 45~49歳 1,047. 2万円 65. 5万円 261. 8万円 50~54歳 1,122. 0万円 70. 1万円 280. 5万円 55~59歳 1,112. 7万円 69. 5万円 278. 2万円 60~65歳 757. 4万円 47. 3万円 189. 他の会社ですと新卒で月収20万円弱といった会社が多いかと思いますので、新卒でもらえるベースの給料としては高い方の水準に入るかと思います。 また、リクルートキャリアでは給与以外に 年1回4連続以上で有給休暇を取得すると6万円もらえるというなんとも素敵な制度があったり、月ごとに達成のインセンティブもあったりするのでそれらが給与に上乗せされる形になります。 リクルートキャリア30代の年収 リクルートキャリアの30代の年収は546万~1000万程とかなり差が出てくるかと思います。 リクルートキャリアの給料は ミッショングレード制という制度で管理されており、個人に与えられるミッションの大きさに対して給与が決定される制度なので、同期入社でも評価によって非常に大きな差が生まれてくるといって良いでしょう。 内定者インタビュー Q. 面接はどんな雰囲気でしたか?また、どんな事を聞かれましたか? A. かなりフランクな雰囲気の面接でした。 1次面接では大学でアイドルグループのプロデュースを行った話や、学生起業をした事等を話したらそこに興味を持ってもらえたような印象でした。 実際に入社してみてのギャップはありましたか? A. カルチャー的なところでは特にギャップはなく、本気で仕事に取り組むが遊びやプライベートも充実させるというバランス感覚が良い人が多い印象でした。 唯一ギャップがあるとすると、意外と印刷物が多かったり、経費に関して結構うるさかったりするところでしょうか。 ぶっちゃけた話、お給料とかどうでした? A. 自分は中途入社時に賞与込みで546万円でした。 部署での平均年収で言うと700万円ちょっとくらいの印象なので、正直高くもなく安くもなくという一般的な感じかと思います。 ただ、4連続で有給を取ると6万円もらえる制度があったり、5年ほど勤めるだけで年収+@程の退職金がもらえる制度があったりするので給与面であまり大きな不満を感じる事はないかと思います。 これからリクルートキャリアを受ける方々にメッセージをお願いします。 リクルートキャリアに内定をもらえるかは正直カルチャーに合っているかというところが非常に大きいかと思います。 ポイントはタフであるか、仕事に前向きで一生懸命取り組めるか、指示待ちではなく自ら動いていけるか、人と違う発想で藩が得ることが出来るか、等のところがポイントであるかと思います。 会社は本当にいい会社なので、是非入社する事をおすすめします! まとめ 今回はリクルートキャリアへ転職するための情報や年収、評判などについて話していきましたが如何でしたでしょうか? リクルートキャリアへ転職したいと考えている方はぜひ参考にしてみてください。

次の

株式会社リクルートキャリアの年収・給与(給料)・ボーナス(賞与)|エン ライトハウス (2659)

リクルート キャリア ログイン

リクルートキャリアってどんな会社? リクルートキャリアは2012年にリクルートが分社化されて出来た会社で、 リクナビやリクナビネクスト、リクルートエージェント等の就職・転職領域の事業を扱っている事業会社です。 売上高は非公表とされていますが1000億円以上はあると想定されます。 リクルートといえばリクナビを真っ先に思い浮かべる方も多いでしょうから、リクルートキャリアはリクルートの中でも中心的な事業会社の1つと言って差し支えないかと思います。 リクルートキャリアに転職するには リクルートキャリアで募集している職種 リクルートキャリアで募集しているのは主に下記の4つがあり、リクルートキャリアの構成人数の大部分を占めているのが1つめの顧客折衝職の中のRA リクルーティングアドバイザー とCA キャリアアドバイザー です。 RAは主に法人への営業職で、CAは転職を希望する個人へ相対するアドバイザーの事を意味しています。 WEB職種や企画職に関しては狭き門のため中途入社や部署移動でも入るのは至難の業と言われています。 実際社内でもそう言った会話は行われていました 1. 顧客折衝職 上記で説明したリクルートエージェントの法人営業であるRA リクルーティングアドバイザー と転職を希望する個人へのアドバイザーであるCA キャリアアドバイザー を募集しており、他にもリクナビ等の新卒領域、リクナビネクスト等の中途領域、SPIでそれぞれ営業職を募集しています。 人数的には圧倒的にRAとCAが多いかと思います。 企画・開発職 サービス・商品企画とシステム開発ディレクション、メディアプランナーでそれぞれ募集しています。 サービス・商品企画ではその名の通りサービスの企画や設計、進行管理等を行い、商品によってはプロモーション企画まで自分で担うこともあるそうです。 システム開発ディレクションはプロジェクトマネジメントを任せられ、サービスや商品の課題の特定からソリューションの立案等も含めて工程管理をしていく事が仕事になります。 メディアプランナーは億単位の予算が投下されて、その予算でリクルートキャリアのサービスのプロモーションやメディアプランニングをおこなっていきます。 コンサルタント職 RPOコンサルタントという名称で活動することになります。 RPOとはリクルートメント・プロセス・オプティマイゼーションの略称で、簡単に言うと企業の採用戦略を一緒にプランニングしていくコンサルタントであると思っていただければ問題ないかと思います。 特徴としては、リクルートのサービス以外も状況によっては使用してコンサルティングを行うというところが挙げられるかと思います。 コーポレートスタッフ職 人事や広報、総務、経理、法務、経営企画などで募集を行っています。 この職種では主に他部署がスムーズに働けるように動いていくのがミッションとされています。 イメージ的にはあまり人数を募集していなそうな印象なので、この職種での入社も企画開発と同じく中々困難である事は予想されます。 リクルートキャリアへ転職する3つの方法 リクルートキャリアへ転職する際は3通りの方法があります。 公式サイトからの応募 1つめはから応募する方法です。 一番オーソドックスな方法ですが、公式サイトからエントリーを行います。 自己PR等も記入することになるかと思うので、あらかじめ準備しておくとスムーズにエントリーできるかと思います。 また、も用意されているようなので、WEB系の職種での転職に興味がある方はそちらもチェックしてみる事をおすすめします。 転職エージェント経由で応募 2つめはリクルートエージェントやDUDA、en転職等のエージェント経由で応募する方法です。 リクルートキャリアが運営するリクルートエージェントに登録すると合格率が上がるというわけでは無いですが、対応してくれるのはまさにリクルートキャリアの中の人なので色々参考になる話は聞けるかと思います。 友人紹介 リファラル採用 で応募 3つめは友人紹介で応募する方法です。 実はリクルートキャリアでは リファラル採用という知人紹介採用を行っており、筆者はこの方法でリクルートキャリアへ入社しました。 僕がリクルートキャリアに入社できたのは体感的にやはりこの友人紹介で受けたのが大きかったと思いますので、社員で知り合いがいればこの方法で応募するのが実のところ圧倒的にオススメです。 リクルートキャリアへ転職する際の内定までの流れ 書類選考 まずはエントリーした内容を基に書類選考が行われます。 志望動機や自己PR等はしっかりと考えたものを記入しましょう。 エージェント経由の場合は特に個別に用意しなくても大丈夫です。 前述した友人紹介採用の場合、履歴書と職務経歴書は用意しなければならないものの、書類選考自体は免除されるケースもあるようです。 一次面接 リクルートグループの面接は基本的にはどこもかなりフランクな雰囲気で行われます。 ちなみに筆者はリクルートホールディングス、リクルートライフスタイル、リクルートキャリアの3社に面接に行ったことがありますw 基本的に1次面接は人事担当か現場担当者と1対1で行われる事が多く、現在過去未来の3つの軸でそれぞれの質問されるような流れになるケースが多いです。 リクルートグループの面接の特徴として、例えば『なぜアメフト部に入ったか?』『なぜ日本一を目指そうと思ったか?』等、目標についてなぜその目標を目指そうと思ったか等を聞かれる事が多いです。 1つ1つの質問をかなり深堀されて聞かれるので、事前にしっかりと想定される質問に対する答えを深堀して用意しておいた方が良いでしょう。 SPI 私のケースですと、一次面接の後にSPI試験をオンラインで受験しました。 SPIに関してはオンラインで学習するのも良いと思いますが、おすすめはSPIノートの会というところが出版している対策本です。 すごく丁寧に解説が書かれており、 SPIに関してはこの1冊を1日やれば十分でしょう。 SPIは各社ごとにボーダーが設定されているケースが多いですが、 リクルートキャリアの場合は6~7割程度正解すればよいかと思います。 SPIの得点と1次面接の評価が総合的に判断されて2次面接に進めるかが決定されます。 二次~三次面接 二次面接も一次面接と大きく聞かれる事は変わらないかと思いますが、現場の担当者が出てくるケースも多いと思いますので実際のスキルについても深堀されると考えてしっかりと回答を準備しておきましょう。 最終面接 最終面接は私の場合は役員の方と1対1の面接でした。 面接官の方がこちらが話しやすい雰囲気を作ってくれたので緊張せずに望むことが出来ました。 聞かれたことに関しては志望動機やなぜリクルートグループなのか?なぜリクルートキャリアなのか?リクルートキャリアの中でどの職種を希望するか?といった事だったかと思います。 最後の質問に関しては 『今まで0ベースの営業を経験しており、人と打ち解けることが得意です。 ですので、コミュニケーション能力が生かせるRAかCAを希望しています。 今までのキャリア上はRAが向いているかと思いますが、個人の幸せを追求できるのでCAにも魅力を感じます』のように答えたかと記憶しています。 参考までに、他の人が聞かれたという質問事例を記載しておきます。 ・他の選考状況はどうか?どんな思いでこの面接に来たか ・リクルートはきついがやっていく自信はあるか ・3年後、5年後、10年後の将来のキャリアプラン ・リクルートに入って苦労しそうなところを全部あげてください ・チームのパフォーマンスを最大限に上げるために必要だと思う事 ・自分と違う価値観の人と仕事をすることになるがうまくやっていけるか。 自分を出していけるか 私の場合は最終面接から何日か時間が経っても連絡が無かったので落ちたか・・・と思っていたのですが1週間ほどしてから連絡があり内定をいただく事が出来ました。 リクルートキャリアの年収はどれくらい? リクルートキャリアの年収は公式には発表されていないので下記にはリクルートホールディングスの年収を記載しておきます。 リクルートキャリアは新卒でも年収400万は超えており、中途採用の場合ですと下限で年収546万円だったかと思います。 年代別の推移 リクルートホールディングスの直近の年収推移は下記のようになりました。 平成27年:904万円 平成26年:966万円 実際に入社してみての印象としては年収500万円~700万円のレンジの人が多いかな、というところです。 RAとCAに関しては1000万円はマネージャークラスにならないともらえなそうです。 年齢別の推移 年齢 年収 月額給与 ボーナス 20~24歳 533. 0万円 33. 3万円 133. 2万円 25~29歳 663. 9万円 41. 5万円 166. 0万円 30~34歳 729. 3万円 45. 6万円 182. 3万円 35~39歳 832. 2万円 52. 0万円 208. 0万円 40~44歳 935. 0万円 58. 4万円 233. 8万円 45~49歳 1,047. 2万円 65. 5万円 261. 8万円 50~54歳 1,122. 0万円 70. 1万円 280. 5万円 55~59歳 1,112. 7万円 69. 5万円 278. 2万円 60~65歳 757. 4万円 47. 3万円 189. 他の会社ですと新卒で月収20万円弱といった会社が多いかと思いますので、新卒でもらえるベースの給料としては高い方の水準に入るかと思います。 また、リクルートキャリアでは給与以外に 年1回4連続以上で有給休暇を取得すると6万円もらえるというなんとも素敵な制度があったり、月ごとに達成のインセンティブもあったりするのでそれらが給与に上乗せされる形になります。 リクルートキャリア30代の年収 リクルートキャリアの30代の年収は546万~1000万程とかなり差が出てくるかと思います。 リクルートキャリアの給料は ミッショングレード制という制度で管理されており、個人に与えられるミッションの大きさに対して給与が決定される制度なので、同期入社でも評価によって非常に大きな差が生まれてくるといって良いでしょう。 内定者インタビュー Q. 面接はどんな雰囲気でしたか?また、どんな事を聞かれましたか? A. かなりフランクな雰囲気の面接でした。 1次面接では大学でアイドルグループのプロデュースを行った話や、学生起業をした事等を話したらそこに興味を持ってもらえたような印象でした。 実際に入社してみてのギャップはありましたか? A. カルチャー的なところでは特にギャップはなく、本気で仕事に取り組むが遊びやプライベートも充実させるというバランス感覚が良い人が多い印象でした。 唯一ギャップがあるとすると、意外と印刷物が多かったり、経費に関して結構うるさかったりするところでしょうか。 ぶっちゃけた話、お給料とかどうでした? A. 自分は中途入社時に賞与込みで546万円でした。 部署での平均年収で言うと700万円ちょっとくらいの印象なので、正直高くもなく安くもなくという一般的な感じかと思います。 ただ、4連続で有給を取ると6万円もらえる制度があったり、5年ほど勤めるだけで年収+@程の退職金がもらえる制度があったりするので給与面であまり大きな不満を感じる事はないかと思います。 これからリクルートキャリアを受ける方々にメッセージをお願いします。 リクルートキャリアに内定をもらえるかは正直カルチャーに合っているかというところが非常に大きいかと思います。 ポイントはタフであるか、仕事に前向きで一生懸命取り組めるか、指示待ちではなく自ら動いていけるか、人と違う発想で藩が得ることが出来るか、等のところがポイントであるかと思います。 会社は本当にいい会社なので、是非入社する事をおすすめします! まとめ 今回はリクルートキャリアへ転職するための情報や年収、評判などについて話していきましたが如何でしたでしょうか? リクルートキャリアへ転職したいと考えている方はぜひ参考にしてみてください。

次の