久保田 利伸 ミッシング。 Missing (久保田利伸の曲)

Missing (久保田利伸の曲)

久保田 利伸 ミッシング

切ない恋を歌ってるのではないでしょうか。 お互いの胸の中は、手に取るほどわかってるのに 彼は「もっと早く出逢っていれば・・・」と思ってるわけだから 遅すぎた出逢いを悔やんでいるわけですよね。 ここで、この恋には何らかの障害があるとわかります。 かなわないなら、忘れてしまいたいけど忘れられない、、、と うたってますから、この恋はかなわないのでしょう。 彼はときめくだけの恋は今までも経験があるようですが こんなに切ない恋は初めてのようなので よほど切なかったのでしょうか。 彼女に届かないのなら見つめ返さないけど 彼は瞳を奪われて動けないくらい彼女に惹かれてます。 だけど自分だけの彼女なら、すぐに逢いに行きたい。 と言ってますので 彼だけの彼女ではなかったかもしれません。 彼女は彼ではない誰かとお付き合いをしてたのかな。 けれど許されるなら彼女を抱きしめていたいようですから 彼は彼女を想っているようです。 許されない恋?といった感じでしょうか。 真実はわかりません。

次の

Missing 久保田利伸 歌詞情報

久保田 利伸 ミッシング

2010年は「ふわふわカーリーヘア」 個人的には大好きなカーリーヘア。 どんな髪型も似合ってしまうのがすごいですね。 2012年は「アフロヘア」? こちらは、ちょっとジャクソン5感がありますね。 笑 これでジャクソン5に混じって「I WANT YOU BACK」を歌っていても、まったく違和感ないです。 クールですね。 2018年になると、パーマがなくなります。 どの髪型をしてもオシャレでした。 スタイルはかなり変わっていますが、色を変えたのは金髪のみでしたね。 久保田利伸さんだからこそできる髪型もたくさん。 やはり独自の魅力がありますね。 2019年現在も久保田さんはこの髪型にしていますが、やはり1996年に大ブレイクした曲、『LA・LA・LA LAVE SONG』の時の印象が強いですね。 23年前とは思えない、現代でも違和感のないオシャレさです。 このPVでは前髪を垂らし、少し編み込んでいますね。 かっこよすぎます。 笑 そして先程も紹介しましたが、現在の久保田さんがこちら。 2019年現在、57歳の久保田利伸さんですが、23年前となんら変わりないのがすごいですね。

次の

久保田利伸 Missing 歌詞

久保田 利伸 ミッシング

概要 [ ] にリリースされた1stアルバム『』に初収録。 シングル曲ではないものの自身の代表曲の1つであり、数々のアーティストにもカヴァーされている楽曲である。 系「」ではとコラボレーションし、歌唱している。 本作の初出から29年8ヶ月後の、2016年5月度リリースにおいて、フル配信でのダウンロード75万件(プラチナ)が認定された。 1980年代の楽曲がフル配信75万ダウンロード以上を達成した例は、本作とプリンセス プリンセス『M』の2例のみである。 [ ] 曲情報 [ ] 作詞・作曲:久保田利伸 編曲: 収録アルバム [ ]• オリジナル・アルバム『 』()• 4曲目に収録。 ベスト・アルバム『 』()• 4曲目に収録。 ベスト・アルバム『 』()• 4曲目に収録。 タイアップ [ ] 共に番組エンディングテーマとして使用された。 () 他 他アーティストによるカバー [ ]• - 英語詞でカバーし、後に日本語でもカバーしている。 - 広東語でカバーしている。 脚注 [ ].

次の