長野 オリンピック。 長野オリンピック1998 カーリング 日本代表選手団

1998年長野オリンピック

長野 オリンピック

概要 [ ] 会場は内にあるで実施された。 競技種目は以下の、男子と女子のシングル、混合ペア、アイスダンスの4種目である。 エキシビジョンはに設定された。 女子シングルではアメリカのが金メダルを獲得した。 15歳8か月での金メダルはでノルウェーのが記録した15歳10か月での金メダル獲得を上回る冬季オリンピック個人種目史上最年少記録となった。 アイスダンス種目でのオリンピック2連覇は史上初となった。 競技結果 [ ] 男子シングル [ ] 順位 名前 国・地域 順位点 SP FS 1 1. 5 1 1 2 4. 0 2 3 3 4. 5 5 2 4 5. 5 3 4 5 7. 0 4 5 6 10. 0 6 7 7 11. 5 11 6 8 14. 0 10 9 9 15. 5 9 11 10 16. 0 16 8 11 17. 5 7 14 12 18. 5 17 10 13 19. 0 12 13 14 20. 0 8 16 15 21. 0 18 12 16 21. 5 13 15 17 24. 5 15 17 18 25. 0 14 18 19 29. 0 20 19 20 29. 5 19 20 21 31. 5 21 21 22 33. 0 22 22 23 35. 0 24 23 24 35. 5 23 24 以下フリースケーティングに進めず 25 25 26 26 27 27 28 28 29 29• SP:ショートプログラム - 2月12日• FS:フリースケーティング - 2月14日• 0 2 1 2 2. 5 1 2 3 5. 0 4 3 4 5. 5 3 4 5 7. 5 5 5 6 10. 0 8 6 7 12. 0 10 7 8 12. 5 9 8 9 13. 5 7 10 10 14. 0 6 11 11 16. 5 15 9 12 17. 5 11 12 13 21. 0 14 14 14 23. 5 21 13 15 24. 5 19 15 16 25. 0 18 16 17 25. 5 17 17 18 26. 0 16 18 19 26. 5 13 20 20 27. 0 12 21 21 29. 0 20 19 22 34. 0 24 22 23 34. 0 22 23 24 35. 5 23 24 以下フリースケーティングに進めず 25 25 26 26 27 27 28 28• SP:ショートプログラム - 2月18日• FS:フリースケーティング - 2月20日• 0 20 20• SP:ショートプログラム - 2月8日• FS:フリースケーティング - 2月10日• 0 24 24 24 24• C1:コンパルソリーダンス1 - 2月13日• C2:コンパルソリーダンス2 - 2月13日• OD:オリジナルダンス - 2月15日• FD:フリーダンス - 2月16日•

次の

長野オリンピック施設のその後【2019年最新版】1998年の開催から20年で明暗が分かれた

長野 オリンピック

1997年、長野オリンピックの開催を記念して造られた 長野オリンピック記念硬貨。 発行されてからまだ20年ほどしか経っていない、比較的新しい記念硬貨です。 そんな 長野オリンピック記念硬貨、お持ちの方は 今売ったらいくらになるのか?気になっているかも知れません。 なかには額面通りの価値にしかならないと思い、そのまま使うか銀行で両替してしまおうと考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。 ですがそれは 非常にもったいない! 実は今、 長野オリンピック記念硬貨の価値が上昇しているんです。 その理由として挙げられるのが、2020年に開催される 東京オリンピック。 新たに記念硬貨が発行されるのを機に、日本で行われた過去のオリンピック記念硬貨を集めよう、という動きが国内外で活発になっているんです。 種類によっては 4万円ほどの価値がつくこともあるんですよ! ここでは、長野オリンピック記念硬貨の価値を詳しくお伝えします。 より高値で買い取ってくれる買取業者もご紹介しているので、ぜひ参考にしてくださいね。 実際の買取金額を保証するものではありません 長野オリンピック記念硬貨は、第一次から三次まで 計3回発行されました。 額面ごとに3つのデザインが存在しますが、どれも 買取額に大きな差はありません。 なので、査定額を確認する際は、額面だけ確認すれば大丈夫ですよ。 さて、表でご紹介した3種の中で、もっとも高価なのは10,000円金貨。 ジャンプ・フィギュアスケート・アイススケートのいずれも、 最大40,000円程度の査定が見込めます。 また、5,000円銀貨および500円白銅貨についても、プレミアという意味では見逃せません。 これらは当時 両替という形で発行されたものですが、現在ではそれぞれ 額面の1. 5倍以上となる 800円、 8,000円での買取に期待できます。 とくに500円硬貨は、現在流通しているものの大半が使用済みなため、もし未使用品やそれに類するものをお持ちの場合は さらに買取価格がアップする可能性も! 具体的な買取価格を知るためにも、ぜひ一度 プロの査定を受けてみることをオススメします。 さて、この通り 確かな価値のある長野オリンピック記念硬貨。 買い取ってくれる業者は数多くありますが、できれば 少しでも高く買い取って貰える業者にお願いしたいですね。 とくに、一度にたくさんの硬貨を売る予定の場合、査定額の わずかな違いで、受け取れる金額に 大きな差が出てきます。 思わぬところで損をしない為にも、買取業者選びは特に大切なんですよ。 そこで今回、当サイトでは大手古銭買取業者3社について、買取額や買取方法などを比較しました! もっともオススメな業者をご紹介しますね。 他の2サイトと比べて特に 記念硬貨の査定実績が多いため、より高額でのに期待できるのが特徴です。 業者によっては、長野オリンピック記念硬貨のような比較的新しい記念硬貨を あまり大事に扱わない所もあるのですが、買取プレミアムなら しっかりと価値を見定めてくれますよ。 長野オリンピック記念硬貨の査定は、 まず買取プレミアムに依頼しておけば間違いありません! また、そんな買取プレミアムの次にオススメしたいのが バイセル。 買取実績や査定額では買取プレミアムに及びませんが、査定を依頼してから 最短30分で家まで来てくれるスピード感が魅力です。 今すぐに記念硬貨を売りたい!という事情がある場合は を使い、それ以外の場合は を利用するのがオススメ。 しかし、ここまでお読みいただいた方は、 長野オリンピック記念硬貨に価値があるのは分かったけど… うちにあるコインは傷が多いから、まともな査定額はつかないだろうな… こんな風に、長野オリンピック記念硬貨の査定をためらっているかもしれません。 確かに、普通であれば傷だらけの硬貨にプレミアがつくとは思えないですね。 ですが2020年のオリンピック開催を間近に控えた近年、 傷や汚れがあっても、長野オリンピック記念硬貨が欲しい!という方がどんどん増えています。 かつて額面通りの値段しかつかなかったようなコインでも、 今ならプレミアがつくチャンスなんですよ! さらに今回ご紹介した買取プレミアムは、 サビやキズのついた記念硬貨の買取実績が豊富。 しっかりと 需要に応じた査定額をつけてくれますよ。 使ったり、両替に出したりしてしまう前に、一度査定に出してみるのがオススメです。 もちろん、査定額に満足できなければ、その場で断っても大丈夫。 出張料やキャンセル料などの 費用は一切かからないので、まったく損をすることなく、お手持ちの硬貨の価値を知ることができますよ! 逆にもしここで査定に出さずに売り時を逃してしまうと、 買取価格が下がって、損をしてしまう可能性も…。 長野オリンピック記念硬貨の需要が高まっている今のうちに、ぜひプロに鑑定をしてもらってください。

次の

長野オリンピック1998 カーリング 日本代表選手団

長野 オリンピック

本来は南長野運動公園内の施設のうちのひとつが「長野オリンピックスタジアム」ですが、地元の人からは 南長野運動公園全体をさして「オリスタ」と呼ばれています ・長野Uスタジアム 南長野運動公園内には「長野オリンピックスタジアム」の他に「総合球技場( 長野Uスタジアム)」という Jリーグ「AC長野パルセイロ」や「AC長野パルセイロ・レディース」のホームスタジアムもあります。 2015年3月に全面改築工事が完了し、2015年5月28日には「キリンチャレンジカップ2015 なでしこジャパン(日本女子代表) 対 イタリア女子代表」の一戦が開催されました。 体育館とテニスコートがあり、大相撲長野場所やワールドカップバレーボールの会場としても使用されています。 長野市内の他の施設でのイベント開催時に、シャトルバス乗換駐車場として使用されることも。 先ほど例に出した「キリンチャレンジカップ2015 なでしこジャパン(日本女子代表) 対 イタリア女子代表」のときもここから南長野運動公園までシャトルバスが出ました (追記) 2019年3月5日、バスケットボール男子Bリーグ2部の「信州ブレイブウォリアーズ」のホームアリーナが「ホワイトリング」に移転する方向に決まりました。 フィギュアスケートの公式国際競技会などが行われ、2015年に羽生結弦選手が当時の世界最高得点の322. 40点で優勝した「国際スケート連盟公認グランプリシリーズNHK杯国際フィギュアスケート競技大会」の会場もここビックハットでした。 〇〇展、〇〇フェスタなどのイベントや、アイドルやアーティストのライブなどでも使用されていて、規模でいうとビックハットよりも大きくなります 冬期はスケート施設としても利用されます。 スピードスケートのナショナルトレーニングセンター NTC 競技別強化拠点として指定されていて、2018年平昌オリンピックの金メダリスト 小平奈緒選手も練習場として使用。 2002年世界フィギュアスケート選手権が行われたり、さまざまな大会が開催されますが、一般営業もあるのでもちろん市民も利用できます。 毎年複数回の無料開放日があり、また、長野市周辺の学校のスケート教室もここエムウェーブのため非常になじみのあるスケート施設です。 また、日本で初めて加盟承認された「長野オリンピックミュージアム」も併設されています。 長野オリンピックミュージアムについてはこちらの記事で詳しく紹介しています。 道路をはさんで北側にある 長野県住宅供給公社の団地は、オリンピック当時メディア村(プレス用宿泊施設)として使われていました。 今まではアジア唯一の競技施設として長野市が運営してきましたが、維持費や老朽化の問題や、平昌オリンピックで同様の施設ができたことで「アジア唯一」でなくなったこともあり、冬季の製氷休止が決定。 地域住民らでつくる「浅川スパイラル友の会」も、施設の草刈りや小学生のそり体験教室、選手と地域との交流などの活動でこの1998年から2018年までの20年施設を支えてきましたが、2018年4月に解散しました。 里谷多英選手が金メダルを取ったモーグルコースは「里谷多英コース」と命名され記念碑も建てられましたが上級者向けで利用者が少なかったことから2007~2008年シーズンを最後に閉鎖されました。 (2009~2010年シーズンに復活) 今まで市開発公社が運営していましたがオリンピック後20年の 2018年5月に民間に事業譲渡する方針を発表。 譲渡先が見つからなければ閉鎖する方針です。 閉鎖後8月から再整備の工事が始まりました。

次の