筋 英語。 足底筋とは?部位ごとの筋肉の作用と役割を解説

筋筋膜性疼痛症候群

筋 英語

大阪メトロの英語サイトで、「堺筋線」(さかいすじせん)という路線名が「サカイマッスルライン」(堺筋肉線)などと。 3月19日には「サカイマッスル」がTwitterトレンドになるほど話題になった。 大阪メトロによると誤訳の原因は、米Microsoftの自動翻訳ツールによる翻訳をそのまま掲載していたこと。 このため、「MicrosoftのBing翻訳は精度が低いのでは」との指摘もある。 実際に、Bing翻訳の精度が低いのだろうか? 今回「誤訳」が指摘された単語を、Bing翻訳とGoogle翻訳に入力して比べてみた。 「堺筋線」はGoogle翻訳でも「マスキュラーライン」 まず「堺筋線」と入力。 意外なことにBing翻訳は「Sakaisuji Line」と正しく翻訳した。 対するGoogle翻訳は、「Muscular Line」(マスキュラーライン)……「筋肉線」と翻訳されてしまった。 ただ、両翻訳とも苦戦した「堺筋」「堺筋線」は、地名だと知らなければ、日本語話者でも「筋肉の名前かも?」と思ってしまうかもしれない。 文脈がない状態で正確に翻訳するのは、人間でも難しい。 文脈がある状態での精度はどうだろうか。 「堺筋」や「3両目」の誤訳があった大阪メトロのページのを、改めてBing翻訳とGoogle翻訳にかけてみた。 すると、両サービスとも「堺筋」は「Sakaisuji」(サカイスジ)と正しく翻訳した。 2019年時点での両サービスは、文脈があれば、「堺筋」を筋肉と間違えることはないようだ。 一方で「3両目」は微妙な結果に。 Bing翻訳は「the car near the 3rd」と原文に近い翻訳になっていたが、Google翻訳は「third eye」、「3番目の目」と誤訳。 Google翻訳は「3両目」の単語だけなら正しく翻訳できていたのに……。 関連記事• 「堺筋線」が「サカイマッスルライン」と誤訳されていた、大阪メトロの英文サイト。 誤訳はこれにとどまらず、「御堂筋線」は「ミドウスジマッスルライン」、「太子橋今市」は「プリンスブリッジ イマイチ」に。 大阪メトロが、公式サイトの外国語ページを非公開に。 「堺筋線」を「Sakai Muscle line」などと誤訳していた。 自動翻訳ソフトの利用が原因という。 東洋経済オンラインの翻訳記事に「JSONという気味の悪い拡張子」といった表現があり、「JSONは一般的なデータ形式だ」「原文と意味が違う。 誤訳では」などと物議に。 同誌は「原文とかい離した訳だった」とし、記事を訂正した。 AI(人工知能)による機械翻訳の精度が日々進化を続けている。 このまま自動翻訳が進化していけば、われわれはもう英語などの外国語を勉強する必要はなくなるのだろうか。

次の

筋筋膜性疼痛症候群

筋 英語

A ベストアンサー ご質問は名詞限定でしょうか? 形容詞になってしまいますが、 luminous なんてどうでしょうか。 名詞luminousnessっていうのは、ちょっと堅い単語になってしまいますが。。。 映画Starwars Episode 6の最後のほうで、改心したDarth Vaderが死ぬ直前、自分を助けてくれてありがとうと自分の実子であるLuke Skywalkerに言う直前の台詞で「我々は輝きの存在なのだよ、ルーク」という時にこの言葉を使っていました。 これを見た当時私は高校生でしたが、かなりグッときたのを覚えています。 たしか倒置法で"Luminous being are we, Luke. "だったと思いますが、最近Reviewしていないので、正確な文章かどうかはちょっと記憶が確かではありません その他に、 brilliant 形容詞 、brilliance 名詞 というのも、わりとカッコいいと思うのですがいかがでしょう? Q 海外に住んでいる者(女)です。 とても仲良しの男性が何人かいるのですが、それぞれ私に対して違った表現を使います。 オーストラリア人の50歳の友人は私のことを常に「sexy」と言います。 「gorgeous」「beautiful」とも表現します。 また、イギリス人の30歳の友人は「lovely」「sweet」と表現します。 「beautiful」とも言います。 私から見ると、この2人の表現には違いがあるような気がするんです。 前者は、どちらかと言うと私を大人としてみていて、後者は、かわいらしいと感じているような気がするんですが、どうなんでしょうか? 2.イギリス人の友人は常に私のことを「baby」「babe」「darling」と呼びます。 (恋人ではありませんが、それに近いくらい仲良しです。 )これってイギリスでは当たり前のことでしょうか?誰にでも使うんでしょうか?メールの最後にも必ずxxxxをつけてきます。 3.二人とも「you are beautiful」と常に言ってくれるのですが、これって本心なんでしょうか?(爆)自分では信じられないんですが・・・。 それとも、オーストラリアやイギリスでは女性に大してはそういうのが当たり前なのでしょうか?(私は自分でも飛び切り美人だとは思いませんが、いわゆる欧米人ウケするタイプの顔なんだそうです。 欧米人の友人によく言われます。 ) ちょっとcultual differenceを感じています。 (いい意味で) ご存知の方、教えてください。 海外に住んでいる者(女)です。 とても仲良しの男性が何人かいるのですが、それぞれ私に対して違った表現を使います。 オーストラリア人の50歳の友人は私のことを常に「sexy」と言います。 「gorgeous」「beautiful」とも表現します。 また、イギリス人の30歳の友人は「lovely」「sweet」と表現します。 「beautiful」とも言います。 私から見ると、この2人の表現には違いがあるような気がするんです。 前者は、どちらかと言うと私を大人としてみていて、後者は、かわいらしいと感じているような気がする... A ベストアンサー アメリカに36年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。 私はここで数回この点に書いてきましたが、「文字からではなく体全体で」言葉である英語の本当の意味あいを感じる事の重要性がこのご質問の中にあると思います。 たしかに単語自体がその人の持つフィーリングを適切に表すことはあるでしょう。 しかし、はっきり表しているのかどうか分からない物もあります。 ご質問の言い方がそれにあたるものと思います。 恋人にも使うし何ら関係ない人にも使える 使い方を知っているとして 表現でもあると言う事です。 だからこそ、トラック運ちゃんが良く行くような大衆食堂でウエイトレスが男のお客 女性のお客も に向かってsweety, honeyと言う言い方を単に「名前を知らないから代わりに使う」という状況もあるわけです。 日本の地方のそのような食堂や酒場などでは初見でも「兄さん、なんにする? 」なんて言う言い方をされる時があります。 これらは「全く知らない人」だと言う事で「意味の持たない呼びかけ」と言う事で聞き流してしまいますね。 そして、恋人同士であれば、意味のある呼びかけだとわかりますね。 これも問題ないですね。 問題が起こるのは間柄が中間 友達の間柄 にあるなときですね。 こちらアメリカでは知り合いの程度でご質問にある表現をしたら、まず嫌がれるでしょう。 女性によってはDon't call me that! と怒られてしまう可能性ですらあります。 例外として、そう言う言い方をいつもしている人だと分かっている場合や完全に見下げる人がいった場合 ですから、男性はまず言わないと言う事になります。 さて友達関係になるわけですが、これらの呼びかけはもう気が付いたと思いますが、親しみ・好意を示す表現とされます。 親が子供に対してこの表現する事で子供が怒ることはないわけです。 と言っても問題ないわけで、しかも子育てには必要な表現ともされます。 しかし、年頃の娘にYou are sexyと冗談抜きに言ったらかなりおかしいです。 それを聞いた周りの人はおかしいと思うでしょう。 それはbeautulにはないsexyと言う単語が持っているからですね。 では大人同士の友達だったらと言う事になりますね。 しかし、私個人の感じとしては、この表現を連発する人はまれだと思います。 つまり、少し変わっているなと感じます。 これらの人はあなた以外の友達にもこう言う表現をよくするのでしょうか。 特別なフィーリングを持っているように感じるのは私だけじゃないと思います。 2)はそれほどきつくは感じません。 その人好みの表現ととってしまいます。 しかし、大人の友達関係でこれを言うのはやはりあなたを異性と感じているからでしょう。 女性と感じさせない友達関係であれば、たぶん使わないでしょう。 少なくとも私の知り合いや友達は言わないですね。 必要のない問題を起こしたくない、と言うことでもあるでしょう。 xxxxがLoveであったら、それは単なる誰でもどんな関係でも使える表現です。 特別な意味はありませんので気にする必要はないと思いますよ。 3)は上にも書いたように、あなたが好きであることでしょう。 たぶん本心でしょう。 お世辞ではないと思いますよ。 しかし、上にも書いたように、簡単に女性にそういうことはやはり「変わっているな」と感じます。 少なくとも普通の習慣といえるものではないと思います。 人それぞれですが さて、すごく長くなってしまいましたが、問題点の本題です。 日本語が分かる日本人が、ある人の言った事の「真相」を見極めるにはどうするでしょうか。 それは、相手の全身から真相を掴み取る事です。 ボディーラングエージですね。 あなたに好意を持っている事は確かなようです。 、 それがあなたにとって良い事なのか、それとも、その逆の極端なことをいうと遊ばれているのか、英語と言う言葉ではなく全てから判断する事ができますね。 全くコミュニケーションの問題のない日本語ですら相手を判断する事は難しいですね。 でも、この人下心あるのかしら?、スケベ親父?、やさしい人? 、私を本当に思ってくれている人? 、などいろいろと日本語でも考える事ってありますよね。 アメリカでもDon't call me that! と言う事もある、と言うことを頭の隅において置いてください。 何か取り留めのない事を長々と書いてしまったようでごめんなさい。 これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。 アメリカに36年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。 私はここで数回この点に書いてきましたが、「文字からではなく体全体で」言葉である英語の本当の意味あいを感じる事の重要性がこのご質問の中にあると思います。 たしかに単語自体がその人の持つフィーリングを適切に表すことはあるでしょう。 しかし、はっきり表しているのかどうか分からない物もあります。 ご質問の言い方がそれにあたるものと思います。 A ベストアンサー 他の方が回答されている内容でまったく問題ないと思いますが、あえて別の表現で。 You are very welcome always to visit Japan. こうすると「来てください」という命令形にならず「いつでも歓迎します」という感じになります。 具体的なスケジュールが決まっていないわけですからこの方がいい?かな... You'll be missed very much. これは We miss you very much. の受動態ですが私自身がアメリカから帰国する際に送っていただいた言葉で「なるほどそういう言い方もできるのか」と印象に残ったフレーズです。 他には定番ですが Keep in touch 「連絡くれよ」というのもありますね。 A ベストアンサー イタリア語で、「光」に当たる言葉は、luce(ルーチェ, f)とlume(ルーメ, m)の二つが代表的にあります。 luce はラテン語の lux から来ていて、「光、輝き、電灯」などの意味で、「夜のルーチェたち」というと、「星」のことになります。 他方、lume は、ラテン語の lumen から来ていて、「光、明かり、輝くもの、灯火」で、luce と同じような意味です。 luce の方が辞書的には用例が多いです。 (キリストは、ラテン語の Credo で、「光からの光 Lumen de Lumine」と言われ、この場合、lumen です。 しかし、「ルクス, lux」の光も一般的です)。 音の響きのよう方を選ばれることです。 luce がやはりいいと思います。 「透明な光」は、「透明な」という形容詞を光に付ければよいのです。 普通、traspar[e]nte(トラスパレンテ, [e] は、eの上に左から下への斜め線=弱アクセントが付いています) という形容詞があります。 chiaro(チアロ)というのも、「明るい、澄んだ、透明な、清らかな」という意味の形容詞です。 定冠詞を付けると(不要なら外せば問題ありません): la luce traspar[e]nte(ラ・ルーチェ・トラスパレンテ) il lume traspar[e]nte(イル・ルーメ・トラスパレンテ) la luce chiara(ラ・ルーチェ・チアラ) il lume chiaro(イル・ルーメ・チアロ) 「柔らかい光」は、「柔らかい」という形容詞ですが、t[e]nue(テヌエ, [e] は弱アクセント,luce tenue かすかな光), gentile(ジェンティーレ)は、人の性質などに使い、英語の gentle に対応しますが、光や音にも使えます。 「柔らかい、薄い、細い、かすかな」などの意味です。 mite(ミーテ)は英語の mild に対応し、人柄などについて言い、気候にもいいますが、「柔らかい光」には少し合わないでしょう。 d[o]lce(ドルチェ, [o] は、右から左に下がる小さな斜め線=強アクセントをoに付ける)は、「甘美な、甘い」という意味がメインで、「優しい、柔らかい、穏和な」などの意味があります。 m[o]lle(モッレ, [o] は強アクセント)は、「濡れている、手ざわりが柔らかな、もろい、弱い」で、「柔らかい光」に適しているかどうか分かりません。 光の「感じ」で選ぶことができます。 mite は少し合わないと思いますが、それ以外は、違ったニュアンスで「柔らかい光」です。 光に「硬さ・柔らかさ」などないので、「光がまぶし過ぎない、強過ぎない、快い」というような感じでしょう。 以上の形容詞は、前が女性名詞、男性名詞に関係せず、形が変化しません。 好きな形容詞で、言葉を造ってください。 la luce tenue(ラ・ルーチェ・テヌエ) il lume tenue(イル・ルーメ・テヌエ) …… 「魂」は、anima(アニマ, f)は、一般的な「霊魂、魂」です。 psiche(プシケ, f)は、「霊魂、精神」で、神話に出てくるプシュケーのことですが、普通名詞もあります。 「静かなる心」は、「静かな心、平静な心」でしょう。 「心」は、cu[o]re(クオーレ, [o] は弱アクセント, m)で、これは英語の heart とほとんど同じ意味です。 ラテン語の cor が語源ででフランスの coeur と同じ派生語です。 「静かな」は、心ですから、「平静」でしょうし、そうなら、calmo a という形容詞になります。 calmo(カルモ,女性名詞に付く場合は、calma カルマ)は、天候と人の心の「平静さ」に用います。 「落ち着いた」というような意味です。 il cu[o]re calomo(イル・クオーレ・カルモ) イタリア語で、「光」に当たる言葉は、luce(ルーチェ, f)とlume(ルーメ, m)の二つが代表的にあります。 luce はラテン語の lux から来ていて、「光、輝き、電灯」などの意味で、「夜のルーチェたち」というと、「星」のことになります。 他方、lume は、ラテン語の lumen から来ていて、「光、明かり、輝くもの、灯火」で、luce と同じような意味です。 luce の方が辞書的には用例が多いです。 (キリストは、ラテン語の Credo で、「光からの光 Lumen de Lumine」と言われ、この場合、lumen です。 しかし...

次の

英語の筋肉名称・名前

筋 英語

ヒラメ筋の停止部、踵骨隆起 は踵骨の踵骨隆起です。 ヒラメ筋と腓腹筋はともにアキレス腱となり同じ位置に停止部を持ちます。 踵骨は踵の大きな骨でである、俗にいう足関節を構成し、ヒラメ筋が収縮することにより足関節が底屈します。 下腿三頭筋 ヒラメ筋と腓腹筋を合わせて下腿三頭筋(かたいさんとうきん)と呼び、足関節の底屈筋として一つにまとめて解説することもあります。 分離している起始部(筋肉の頭)は腓腹筋が2つ、ヒラメ筋が1つあるので下腿三頭筋というんですね。 ヒラメ筋の働き ヒラメ筋はその起始と停止を見ると足関節だけしかまたいでいませんので、足関節だけに作用する筋肉と推定できます。 (腓腹筋のように2関節をまたぐ筋肉は二関節筋と言い、2つの関節の動きに関与します。 ) ヒラメ筋の足首を底屈させる働き ヒラメ筋に多い障害 日常でもスポーツでもほとんどの動作において下腿への激しい負担がかかるので、ヒラメ筋のような下腿の筋肉は急性的、慢性的を問わず障害が発生しやすい筋肉です。 肉離れや、急性筋痙攣なども生じやすいヒラメ筋ですが、ふくらはぎの奥のヒラメ筋がつるということは誰でも経験したことがあるはずです。 ヒラメ筋がつってしまったときには、自動的にでも他動的にでもヒラメ筋の働きの反対をすればヒラメ筋を伸ばすことができますので、足関節を背屈させることで和らげられます。 またアキレス腱はヒラメ筋を踵骨に付着させている強力な腱ですが、しばしば完全断裂という損傷を受けることもあります。 機能強化 ヒラメ筋は足首を底屈することで鍛えられ、その働きの逆の動きをすればストレッチすることができます。 筋力強化 ヒラメ筋は膝を伸ばして踵を上げる運動(ヒール・レイズ、カーフ・レイズ)で可動域全体にわたって強化することができますが、膝を少し曲げて行うとよりヒラメ筋を集中的に鍛えることができます。 膝を少し曲げて、段差のふちでつま先だけで踵を上げ下げしたり、ダンベルをもって負荷をかければよりヒラメ筋の筋トレになります。 ストレッチング ヒラメ筋を伸ばすにはその働きの反対、足首の背屈でストレッチすることができます。 上記の方法で、膝を完全に伸ばした状態でもヒラメ筋は筋力強化できたり、ストレッチングができますが、膝を若干屈曲させて行うことで腓腹筋が緩み、集中的にヒラメ筋をトレーニングすることが可能になります。 参考リンク:.

次の