ディズニームービー。 ディズニームービーブック アナと雪の女王 (ディズニーストーリーブック)

ディズニームービーブック アナと雪の女王 (ディズニーストーリーブック)

ディズニームービー

ほとんど見てますが、私が好きなディズニーオリジナルムービーはこちら。 これは初回に見た時からハマりました。 ディズニーとは思えない異色の青春の描き方(笑)。 オタク男と、アイドル的女子。 受け付けない二人に恋愛の発展はあるのか?ってテーマが面白かったです。 しかも泣ける。 うちの母親もこれは泣きながら見てました。 表ではいきがってるディラン(ヒロイン)の心のうちには、秘めた母親の存在がある、ってのが泣けたのかな。 じつはオタクに負けない博識と知性の持ち主だった、というのも良かった。 ディランの父親が、なぜオタク男ならBFにしてもOKで、バスケ男ではダメなのか?ってとこが、オジサンってば、わかってるね~、って感じで好きでした(笑)。 オタク男の母親も2人を微笑ましく見守っているのが良かったなー。 個人的には、ピンクの髪の毛のエイミー役の子が可愛かった(「プリティ・リトル・ライアーズ」で見かけて、役柄が全然違ったからさらに印象的)。 ディランがオタクの作った映画のせいで恥をかいたと家に引きこもってしまって、昔から鍵のありかを知ってるエイミーが心配して家に入って来て、エイミーらしくほほえんで慰める、ってシーンは私も泣いた。 サブリナ・カーペンターのファンなので(笑)。 最近頻繁に再放送されてますね。 何か見ちゃう。 ラップするシーンにくぎ付け。 クソマジメなアタシだって羽目くらい外すんだからね、みんなで「いくよ!チース!」みたいな(笑) 後ろで「彼女はあきらめない!」とかずっと言ってるラッパーにも大ウケです。 古すぎてわかんないか(苦笑)しかもちっとも再放送しなくなっちゃったし。 本編の連続ドラマを見ていた人にはこの映画は物語の最後の締め、って感じで、とりあえず幼馴染と結ばれてホッとしました。 イタリアに修学旅行なんて、いいよなぁ。 カラン・ブラァくんが「ジェシー!」の雰囲気を捨てて自然体ですごくいい。 ローワン演じるクレオとくっつくのかと思ったら、あ、その子なんだ~、ニッキーなんだ~、でもまぁ幸せそうだし2人ともいい子だし、いっか~、と微笑ましく思ったエンディング。 モリーが着ぐるみ着て、クレオの為にカーターとデートの約束取り付けてしまうシーンがバカバカしくて一番好き。 カランくんの「いつものクレオと違うけど大丈夫?」「昨日のズボン笑っちゃった」「そう。 それでこそいつものクレオだ」ってシーン。 あと、一見チャラいのに、実は理数系が大得意だったというカーター役の子がよかった。 クマのプーさんのはちみつの仮装、サイコー(笑)。 最初と最後の話が好き。 犬と美人彼女、どっちを選ぶ?ってのと、そっくりな2人が入れ替わってお互いの生活と恋愛を変えてみたらどうなるか?っての。 どちらの話にも登場してくるサヴァンナ役の女の子が健康的で可愛かった。 金持ちのほうの女の子の、自己中でナルシストなフィアンセ男が、彼女にフラれても自分自身の顔が好き、というこれまたバカバカしいラストのほうのシーンに笑った。 最初は何とも思ってませんでしたが、たまに見るうちに、いいムービーだなぁと思うように。 トップアイドルと、そんなのに興味ない女の子が何となくデートする形になって、スターの素顔を知って、スターはスターで普通の女の子の冷たい反応が新鮮だから気になって・・・というのは夢を与えてくれますね。 これは面白かった。 やっぱ「グッドラック・チャーリー」のエイミー、最高!!ローラ・マラノ演じるヒロインの彼氏みたいなのが二股男で、それを見つけて報復してやるシーンと、自動車を持っていかれてしまって取り返すために、2人でアレコレ連係プレーして悪事を働く、ってシーンに笑いました。 海外ではものすごく評価が低いんですが、嫌いじゃないです。 主演の子、可愛いし、歌も上手い。 このドラマはリンジー・ローハン主演の「フォーチュン・クッキー」のリメイクなんだけど、リンジーのイメージが強い人は受け付けないのかな。 設定をイマドキな形に変えてて好きなんだけど。 何回放送されても見てしまう。 やっぱり最初のドラマから見てた人間には欠かせないムービー。 お金はかけてないらしいけど。 撮影時に台風が来ちゃってぜんぜん撮影できなかったという裏話ももう流れませんね。 何回やっても見てしまう。 セレーナ・ゴメスもデミ・ロヴァートも、若くて可愛かったなぁと思う。 ボーリングがしたくなるドラマ(笑)。 デビー・ライアンはあまり好きではないのですが、この物語自体は好きです。 ラストでヒロインがお隣の女の子と仲直りして、屋外パーティーでその子と、その子が好きな男子とをくっつけようと助言するシーンが微笑ましかった。 何てことないシーンですが(笑)。 でも何であの妖精(年いってるけど)はあんな試練を彼女に与えたのか、何度見てもさっぱりわかりません。 「家族や友達に愛されてる事を忘れないように!」という警告なのか? こんな感じですかね。 たぶんまだありそう。 普通のドラマだと、中盤までの「ウェイバリー通り~」と「リジー&リジー」、「ティーンスパイK.C」「スイート・ライフ」が好きかな。 久々にディズニーを語れたので書いてしまった。 長文、失礼しました。

次の

私はディズニーチャンネルオリジナルムービーが大好きです。その中...

ディズニームービー

旅先での疲れを癒す、快適な宿をお探しですか?オーランド滞在時にはDisneys All Star Movie Resortをおすすめします。 お財布に優しいで食べるにも遊ぶにも便利なロケーション。 Disneys All Star Movies Resortでオーランドを思い切り楽しみましょう。 ゆったりとした時間が過ごせるよう、客室には薄型テレビ、冷暖房完備、および客室内冷蔵庫をご用意しております。 また、ディズニーズ オールスター ムービーズ リゾートではゲスト用の無料wi-fiをご利用になれます。 このリゾートではコンシェルジュをご用意しております。 また、ディズニーズ オールスター ムービーズ リゾートではプール、および朝食ありも提供されます。 お車でお越しの場合は、駐車場をご利用になれます。 ディズニーズ オールスター ムービーズ リゾート滞在中はクイーン オブ ザ ユニバース マリア教会 2. 2 km 、およびDisney's Boardwalk 3. 8 km を要チェック。 オーランドの人気観光スポットです。 オーランド滞在中にオイスターはいかがでしょう?近くにあるレストラン、The Boathouse、Cape May Cafe、またはJohnnie's Hideawayがおすすめです。 このエリアの観光スポットをお探しですか?ディズニーズ オールスター ムービーズ リゾートの徒歩圏内には、人気観光スポットのCharacters in Flight 0. 6 km があります。 ディズニーズ オールスター ムービーズ リゾートはオーランドでの滞在を忘れられないものにします。 ディズニーのバリュークラスは入り口と窓が通路に面しているので、通行人が気になります。 基本的に日中は出かけているので私達には関係ないです。 9泊して、衣類、食料品、洗面道具など物が色々あったので、タンスや洗面所周りの棚や冷蔵庫の上の棚の収納が多く使いやすい。 USBとコンセントの場所や数が多く充実している。 洗濯物を干す場所がないのが残念。 部屋の床掃除はしてなくて、髪の毛などいっぱい落ちていたので、毎日自分で掃除しました。 お風呂もその日の担当によって掃除してある時としてない時がありました。 寒い日がありましたが、暖房が付かなかったです。 かなり敷地が広いです。 私達はトイストーリー棟だったのでかわいいし、1階の部屋で出入りしやすく、フロントやパークへのバス乗り場にも比較的近いので満足です。 リノベしたばかりなのできれいです。 ムービーのマイティダック棟に宿泊しました。 マイティダック棟から確かにフロントやレストランまでは少し距離がありますが、大人の足で歩いて3分位ですし、フロントに行くまでに101匹わんちゃんの撮影スポットがあったりと、私は全く苦になりませんでした。 部屋もリノベーションされており、とても清潔で綺麗でした。 最初にレストランでカップを買えば、滞在中は飲み放題ですのでとても便利でした。 フロントは当たり外れがあります。 私は女性3人の方に対応をしてもらいましたが、2人の方は素晴らしい対応でしたが、1人の方に嫌な気分にさせられました。 シフトの関係もあるかもしれませんが、対応が良かったお二人は夜遅くにフロントをおられた方です。 長期GWの友人との旅行で使用しました。 価格に関してはパッケージ・GWだったこともあり評価不能。 帰りも同じルートの予定だったのですが、帰りにゴタゴタがあり…その詳細は省きます。 オーランド空港からホテルまでの送迎付きだったので、アクセスも省きます。 マジカルエクスプレスではなく、LookJTBの車でした。 SUVでかっこよかった! 車で30分くらいだったかな。 ホテルに関しては、工事がまだ終わっておらず、以前のタイプの部屋だったようです。 私たちの泊まった棟の向かいの棟が工事中でした。 友人と三人で行き、2部屋予約。 コネクティングルームとなっており、2人部屋と1人部屋に分かれて使用しましたが行き来が楽で助かりました。 部屋も広く、ベッドも大きい。 工事前だったので、バスタブもあるタイプでした。 部屋のアメニティは、スリッパと寝間着、歯ブラシはないのでご持参を。 固形石鹸、フェイスタオル、タオル、バスタオルがあります。 浴室は、シャンプー・コンディショナー・ボディーシャンプー・固形石鹸完備。 ホテルのショップでも同じ銘柄のものが売ってます。 ホテルについて即出かけてしまったので、留守電にハウスキーパーさんからメッセージが残っていました。 多分ホテル内のショップでの使用なのかな? 今回1週間ほどいるので、お断りして掃除してもらいました 笑 エコ意識の高いオーランドならではですね。 各パークにもバスが通っており、行く場所や交通状況に寄って15〜25分くらいかかりますが、とても楽です。 行き先もはっきり明記してあり、バス停付近のホテルの壁に、一応何時からバスが出る、などの電光掲示板もありました。 ホテルのショップでも、グッズ、アメニティ、スナックなどがあります。 あと23時までやっているカフェテリア、24時間やっているコインランドリーもあり。 コインランドリーはクレジットのみ使用可能 VISAで使用しました。 何か2種類くらいしか使えなかったような?JCBは、不可でした。 入り口入り、空いているコインランドリーを選んで、壁にある機械で操作・支払いを済ませての使用になるようです。 洗剤も自販機で売っていましたが、私たちは持参したものを使用していました。 これで最低ランク、とは聞いていましたが十分すぎるほどです。 HPからチェックインを済ませておけば、ホテルへの部屋に関してのリクエストもできます メインロビーに高い建物、低いフロアーがいい、など。 パークまでのバスを使うなら、「メインロビーに近いところ」のリクエストを出しておくことをお勧めします。

次の

ディズニーチャンネルオリジナルムービー一覧【~2019年】

ディズニームービー

ディズニートゥーン・スタジオ DisneyToon Studios 以前の社名 ディズニー・ムービー・トゥーン 企業形態 内の別動班 業種 映画 設立 1990年4月1日 (30年前) ( 1990-04-01) 解散 2018年6月28日 (23か月前) ( 2018-06-28) 本社 、 主要人物 社長 チーフ・クリエイティヴ・オフィサー 製品 所有者 親会社 1988—2002 2003—2018 ディズニートゥーン・スタジオ( DisneyToon Studios)は、のに本社を置き、かつては ディズニー・ムービートゥーンズ( Disney Movietoons )の名で知られたの。 の下で、短編映画、テレビスペシャル作品を主に製作していた。 スタジオはとは別々に活動し(両スタジオ共、のの一部である) 、スタジオは閉鎖される2018年6月までに47本の長編を公開し、最初の作品は『』(1990年)、最終作は『』(2015年)であった。 2007年に重役のとが社長及び ()となった。 翌年の『』以降からスタジオは続編のビデオ映画よりもディズニー及びピクサー作品のスピンオフに重きを置き始めた。 2018年6月28日、スタジオの閉鎖が行われた。 歴史 [ ] 黎明期(ムービートゥーンズ) [ ] ディズニー・ムービートゥーンズの最初の作品は、ディズニーからシンジケーション放送されたテレビ番組『』の映画版『』(1990年)である。 同時期にスタジオは、の作品の続編となるの製作を始めた。 最初の作品は『』(1992年)の続編の『』(1994年)である。 ストーリーはテレビシリーズ『』の劇場版となる内容であった。 『ジャファーの逆襲』は商業的に成功を収め、2つ目の続編『』(1996年)も発売された。 その他に『』(1997年)、『』(1998年)、『』(1998年)、『』(2002)といった続編ビデオ映画が発売された。 ディズニートゥーン・スタジオ [ ] 2003年1月、ディズニーは効率良くリソースを使い、新たなキャラクターやフランチャイズを開発するためにスタジオの再編成を行った。 2005年7月25日、ディズニーは設立から17年目となるディズニートゥーン・スタジオ・オーストラリアを2006年10月を以て閉鎖する意向を発表した。 最後の作品は『』であった。 2007年6月22日、ディズニーの再編成によりディズニートゥーン・スタジオはとの管理下に置かれ、フィーチャー・アニメーションはに改名された。 チーフ・クリエイティヴ・オフィサーのラセターは企画中となっていた全ての長編映画の中止を要求した。 この結果、企画中であった『』、『』、『』、『』の続編を含むすべてのプロジェクトが中止された。 また、製作途中であった『ティンカー・ベル』も、ラセターの指揮下で一からつくりなおすことになった。 後日、ディズニートゥーンは今後はディズニー映画の続編を製作せず、スピンオフやオリジナル作品に焦点を当てることが発表された。 またディズニートゥーン社長であったシャロン・モリルは更迭された。 その後、ディズニートゥーン・スタジオは『ティンカー・ベル』シリーズと、『』のスピンオフ作品である『プレーンズ』シリーズを製作した。 そして2018年6月28日、スタジオの閉鎖が行われ製作予定であった「プレーンズ」のスピンオフ作品は製作中止となった。 劇場公開 2. ビデオストレート 3. ラップアラウンド・アニメーション 4. ディズニー・テレビジョン・アニメーション製作 5. 実写とアニメーションの両方が含まれる作品 6. 参考文献 [ ]• Washington Post. 2013年2月27日閲覧。 Baisley, Sarah 2007年6月21日. Animation World Network. 2013年4月15日閲覧。 Hill, Jim 2007年6月20日. Jim Hill Media. 2013年4月15日閲覧。 IndieWire. 2018年6月28日閲覧。 Hoffman, Ilene 1997年11月. Animation World Magazine. 2013年3月9日閲覧。 Baisley, Sarah 2003年6月16日. Animation World Network. 2013年2月26日閲覧。 Grimm, Nick 2005年7月27日. Australian Broadcasting Company. 2012年4月19日閲覧。 Baisley, Sarah 2007年6月21日. Animation World Network. 2012年4月19日閲覧。 Hill, Jim 2007年6月20日. Jim Hill Media. 2012年4月19日閲覧。 Zahed, Ramin 2012年12月26日. Animation Magazine. 2013年3月27日閲覧。 外部リンク [ ]• - (英語) 要購読契約.

次の