性病 病院 横浜。 神奈川県の性病科の病院・クリニック 25件 口コミ・評判 【病院口コミ検索Caloo・カルー】

横浜市 青葉区〔田園クリニック〕泌尿器科・性病科

性病 病院 横浜

北海道・東北エリア• 13件• 山形県 0• 6件 関東エリア• 茨城県 0• 15件• 119件• 神奈川県 25件 北陸・中部エリア• 石川県 0• 福井県 0• 長野県 0• 21件 近畿エリア• 19件• 26件• 2件 中国・四国エリア• 鳥取県 0• 16件• 2件 九州・沖縄エリア• 29件• 10件• 宮崎県 0• 17件• 横浜市神奈川区 0• 横浜市南区 0• 横浜市保土ケ谷区 0• 横浜市磯子区 0• 横浜市金沢区 0• 横浜市港北区 0• 横浜市港南区 0• 横浜市旭区 0• 横浜市緑区 0• 横浜市瀬谷区 0• 横浜市栄区 0• 横浜市泉区 0• 横浜市都筑区 0• 川崎市幸区 0• 川崎市中原区 0• 川崎市多摩区 0• 川崎市宮前区 0• 相模原市緑区 0• 平塚市 0• 鎌倉市 0• 小田原市 0• 茅ヶ崎市 0• 逗子市 0• 三浦市 0• 秦野市 0• 大和市 0• 座間市 0• 南足柄市 0• 綾瀬市 0• 三浦郡葉山町 0• 高座郡寒川町 0• 中郡大磯町 0• 中郡二宮町 0• 足柄上郡中井町 0• 足柄上郡大井町 0• 足柄上郡松田町 0• 足柄上郡山北町 0• 足柄上郡開成町 0• 足柄下郡箱根町 0• 足柄下郡真鶴町 0• 足柄下郡湯河原町 0• 愛甲郡愛川町 0• 愛甲郡清川村 0 路線・駅から検索 地図から検索 診療科目から探す 内科系• 3,585件• 599件• 990件• 1,035件• 468件• 92件• 221件• 325件• 606件• 330件• 43件• 110件 外科系• 826件• 74件• 110件• 91件• 90件• 282件• 1,004件• 240件• 95件• 266件• 827件 皮膚科系• 1,092件• 95件 泌尿器科系• 402件 眼科系• 731件 耳鼻咽喉科系• 529件 産婦人科系• 74件• 241件• 283件 小児科系• 1,369件• 31件 感染症科系• 性病科 25件 精神科系• 638件• 427件 歯科系• 5,098件• 2,003件• 374件• 3,206件• 2,184件• 405件• 229件• 203件 その他• 90件• 41件• 120件• 10件• 43件• 4,695件• 209件• 58件.

次の

性感染症の情報満載:サザン・クリニック横浜

性病 病院 横浜

駐車場のご用意はありません。 近隣のパーキングをご利用の上ご来院ください。 クリックすると拡大地図が出ます。 当クリニックでは、生活習慣病・インフルエンザ等の内科疾患はもちろんのこと 泌尿器科疾患:前立腺肥大症、前立腺癌、膀胱癌などの尿路悪性腫瘍、排尿障害、尿失禁等、 皮膚疾患:水虫、アトピー性皮膚炎等、あらゆる患者様のお悩みに対応できるよう努力しております。 8月17日 月 より通常通り診察いたします。 ・令和元年度高齢者インフルエンザ予防接種ワクチン 公費分 は、令和元年12月末日をもって終了致します。 ・自費インフルエンザワクチンは、16歳以上の方で引き続き接種可能です。 ・16歳以上の方とさせていただきます。 令和2年2月1日 土 より予約再開致します。 ご不明な点はお問い合わせください。 患者様の待ち時間を少しでも短縮し、円滑な治療が行えるよう当クリニックでは 予約優先制を導入しています。 ご予約いただいた患者様の優先となりますが、 完全予約制ではありません。 初診・再診ともに 予約なしで受診していただくことも出来ます。 ご予約は受付窓口または、お電話にてご希望の日時をお伝え下さい。 急患時や患者様の診察内容によっては、 ご予約いただいてもお約束通りの時間に診察をすることが出来ない場合がございます。 お忙しい皆様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、どうぞご了承くださいますようにお願い申し上げます。 詳しくはのSTDという項目からご覧下さい。 2015年7月より横浜市成人用肺炎球菌公費接種を始めます。 ご希望の方はお問い合わせください。 保険証をお持ちの上直接ご来院ください。 | | | | | | 泌尿器科・内科・皮膚科・プラセンタエキス 医療法人社団 八千代 田園クリニック DENEN CLINIC 神奈川県横浜市青葉区青葉台2-10-20 第2志田ビル4F TEL045-983-4117 FAX045-983-8414.

次の

横浜 性病 症状 ヘルペス 川嶋泌尿器・皮膚科医院

性病 病院 横浜

子宮がんには子宮頚部(子宮の出口)から発生する子宮頸がんと子宮体内の子宮内膜から発生する子宮体癌があります。 それぞれ発生の好発年齢、原因、発生因子、リスクファクター、予防法が異なってきます。 どういうときに婦人科を受診するの? ほとんどの性感染症は、自覚症状が乏しいため、気づかないまま進行し、疾患によっては不妊症などの後遺症が残ることもあります。 以下のような症状が見られて、あれ?おかしいな?と思ったら、我慢したり恥ずかしがったりせずに、積極的に婦人科を受診しましょう!!• おりものの量が増えた。 おりものの色が変わった。 臭いが強い。 外陰部に痛みやかゆみを感じる。 外陰部に水泡やイボができた。 性交時や排尿時に痛みがある。 性交後、性器から出血する。 見逃さないで「おりもの」の変化 おりもの」は女性性器から出るさまざまな分泌物の総称で、「帯下」とも呼ばれます。 おもに膣壁の古い細胞や子宮頸管からの粘液、皮脂腺や汗腺からの分泌液などが混じり合っています。 性感染症に感染した女性では、おりものの量や色やにおいに異常が見られることがありますので、おりものの変化に気づいた時には、放っておかずに必ず婦人科を受診しましょう!! どんな検査をするの? 疑われる性感染症によって若干の違いはありますが、問診を行い、おりものや性器の状態を確認したり、尿検査、血液検査、膣分泌物検査などを行います。 どんな治療法があるの? 飲み薬や軟膏のほか、注射や膣に入れる錠剤などもあります。 ほとんどの性感染症は薬で治療できますが、中には手術が必要なものやエイズのようにいまだに完全な治療法が確立されていないものもあります。 性感染症にはどんな種類があるの? 性感染症には、おもに以下のような種類がありますが、それ以外にもいろいろ考えられる感染症もありますので、詳しくは受診の際に医師までご相談下さい。 クラミジア感染症 女性がかかる性感染症では最も頻度が高い感染症です。 男性も女性も自覚症状がないことが特徴です。 このため、気が付かないうちに病気が進行し、女性の場合は子宮や卵巣にまで炎症が広がり、不妊の原因となることもあります。 自覚症状としては、おりものの増加、頻尿や排尿痛、性交後の性器出血などがあります。 進行すると上腹部痛をともなうこともあります。 ヘルペス 感染しても必ず発症するとは限りませんが、自覚症状としては性器に生じる水泡や、そけい部のリンパ腫の腫れなどがあげられます。 軽いかゆみを感じることも ありますが、一般的に、初期感染による発症では歩けないほどに痛むことも珍しくありません。 一度感染すると、脊髄神経にウィルスが潜み、ストレスや風邪な どで抵抗力が落ちたときに再発することがあります。 妊娠中にこの病気が発症すると、出産時に産道で子どもに感染する恐れもあります。 尖圭コンジローマ ヒト・パピローマウィルス(HPV)の感染によるもので、男性は性器に、女性は膣や外陰部、子宮頚部に薄茶色や灰色のイボができますが、痛みやかゆみはありません。 再発しやすいので、徹底的に治すことが大切です。 トリコモナス膣炎 寄生虫の一種であるトリコモナス原虫が、膣内に入り込むことによって感染します。 まれにお風呂の椅子などでもうつることがありますが、おもな感染経路は性行為です。 症状としては、おりものの量が増え、臭いが強くなり、性器付近に強いかゆみを感じます。 淋菌感染症 淋菌感染症はいずれの国においても、クラミジア感染症に並んで、頻度の高いSTDで、日本では特に男性に多くみられます。 男性は排尿時に痛みを感じるな ど、比較的容易に症状が出ますが、女性は自覚症状が非常に少ないため、気づきにくいのが特徴です。 感染を放置したまま症状が進むと淋菌が子宮から卵管まで 広がり、激しい下腹部痛と発熱が起こり、子宮外妊娠や不妊症の原因となることもあります。 HIV感染症(エイズ) エイズは、ヒト免疫不全ウィルス(HIV)の感染により起こる感染症です。 感染してから発症するまでの潜伏期間が6カ月から10年以上と長いのが特徴で、 発症すると人間に必要な免疫力が著しく低下し、健康な体ではほとんど害のない細菌やウィルス感染、悪性疾患などにより死に至ることもあります。 また、ほか の性感染症に感染しているとHIVにも感染しやすくなります。 性感染症の予防法は? 性感染症にならないためには、まずは日ごろの予防が何よりも大切です! コンドームを正しく使用しましょう コンドームは、性感染症の予防には欠かすことのできない強い味方です。 ただし、最初から最後まで正しく使用しなければ、確実な効果を得ることができません。 また、破れたり、外れたりしないよう、装着法も学びましょう。 パートナーを特定しましょう 複数のパートナーとのセックスは、感染する機会を増やします。 パートナーの特定は感染予防のために大切なことです。 清潔なセックスを心がけましょう セックスの前後の入浴などを心がけ、いつも体を清潔に保つことが大切です。 肛門などに触れた手で膣や外陰部などに触れないようにすることも感染予防につながります。

次の