札幌 ドーム 移転。 日本ハムが札幌ドームにサヨナラで札幌市涙目

札幌ドーム

札幌 ドーム 移転

日本ハムが新球場を建てたい理由 使用料が高い 札幌ドームは2002年のW杯の誘致に成功したことから多目的スタジアムとして建設され、日本ハムファイターズの他にもコンサドーレ札幌やイベントで利用される札幌市が運営に関わっているスタジアムです。 しかし、サッカー用の天然芝の育成やサッカーコートの入れ替え、観客席の入れ替え、トレーニング機材の入れ替え、清掃費などなどで日本ハムは札幌市に年間15億円以上払っていて、設置している広告費なども含めるとさらに料金を支払っていることになります。 そしてさらに追い打ちをかけるように 2016年に札幌ドームの使用量が値上げされ、日本ハムは球場移転の動きを加速させます。 日本ハムは選手の年棒や放出など査定がかなりシビアだと言われますがこういう事情があるのでやむを得ないのです。 POINT ・札幌ドームは2002年サッカーW杯のために建設された ・日本ハムが札幌ドームに払うお金は大きい ・2016年使用料値上げ グッズの利益率が低い 札幌ドームの 飲食サービスやグッズの売り上げはそのほとんどが札幌ドームに取られる形となっているため、日本ハムがいくら成績が良くてたくさんの観客を集めてグッズなどを販売しても大して利益も得られない状況なのです。 ちなみに球場が自前でないのは12球団のうち東京ドームが本拠地の読売ジャイアンツ、神宮球場が本拠地のヤクルトスワローズと日本ハムの 3球団のみになっています。 他の球団は「自前」と言っていい球場を所有しているので、選手寮で出している食事をスタジアムで提供したりなど飲食、グッズがバラエティーに富んでいて楽しみが広がっています。 日本ハムが自ら経営し、グッズも飲食店の売り上げも全て自分たちの懐に入るようになれば新しい選手も獲得できますし、見に来てくれる人によりよいサービスを提供することができますね。 日本ハムは大谷翔平選手や過去に在籍したダルビッシュ有選手らにも能力と実績の割に他球団に比べて年棒を抑えていますからね。 (この2人は年棒に文句を言うタイプではありませんが) ましてや北海道という土地柄、食品会社である日本ハムが北海道のご当地素材を生かした商品を売り出せば間違いなく名物化するはずですし、札幌市付近にも広大な土地が残っていますのでホテルやショッピングセンターなど自前の施設を建てればもっと総合的な球団の人気も上向くはずです。 アメリカなどで主流の「 ボールパーク構想」というやつですね。 POINT ・飲食サービス、グッズ売り上げは日本ハムではなく札幌ドームの収益になる ・日本ハムはグッズ売り上げを懐に入れたいので自前の球場が欲しい ・北海道の食という利点を現状活かせていない 体に負担の大きい人工芝 札幌ドームは サッカーの時は天然芝ですが、 野球の時は人工芝を敷いて試合を開催しています。 人工芝は摩擦が多く、コンクリートの上に薄いシートを敷いているだけの状態で、選手の 身体への負担は天然芝より大きいです。 最近日本の野球球場もだいぶ天然芝化が進んでいますが、札幌ドームの野球使用時は未だに人工芝なのです。 なんでサッカーの時だけ天然芝?と思いますが、天然芝は生きた植物のため人工芝に比べて年間の維持費が非常に高いのです。 なので出来るだけ天然芝を酷使せず維持管理費を節約するため、試合数の少ないサッカーだけに天然芝の使用を限定しています。 国際サッカー連盟FIFAが「なるべく天然芝でやれ」とうるさいのもありますね。 ちなみに天井のあるドーム球場でどうやって天然芝を育成しているのか?という疑問ですが、札幌ドームはサッカーピッチを空気圧で浮かせて丸ごと外に運び出して芝を養生する「ホバリングシステム」というシステムを世界で初めて導入しています。 そしてこの「ホバリングシステム」の 維持費がこれまた高いこと高いこと・・・。 これも日本ハムの経営に悪影響を及ぼしていると思います。 自分たちは人工芝でやらされているのにね・・・ いずれにしても日本ハムは選手の負担を考慮して「天然芝」である事を新球場の条件として考えています。 ここからは個人的な札幌ドームの感想になります。 日本ハムがどう思っているかは分かりませんが、札幌ドームを利用する際につらいのが駅からドームまでの距離です。 いや距離自体は大したことないのですが歩かされます。 札幌駅から札幌市営地下鉄東豊線に乗り、終点の福住駅まで約20分。 そこから札幌ドームまで15分程地上を歩いて向かうことになるのです。 コンサートやスポーツの試合の前後はものすごい数の人がぞろぞろとそぞろ歩き、地下鉄東豊線はパンパンになってしまい、乗れないこともしばしば・・・元気な人であれば多少の徒歩は我慢できますが足腰が不自由な人、または応援しているチームが試合に負けた後にこれだけ 歩くのは結構つらいです笑 新球場の候補地になっている北広島市は札幌市ではありませんが、札幌駅からJR快速で最速15分程で到着しますし、 北広島に移転する場合は新たに駅が作られる計画もあるので正直今よりむしろ良くなる可能性までありますね。 新千歳空港からのアクセスもJR直通なのでいいのもポイント。 階段がつらい 札幌ドームの翌日は足が筋肉痛になる。 これはサッカーの時の画像。 ドーム内の階段自体傾斜がきついですし札幌ドームに入場する前にも結構な段数の階段を上らなければいけません。 元々サッカー用に作られているので多少仕方ない部分もありますが、日本ハムファイターズの試合はお年寄りなども多数来られるので・・・ お年寄りがきつそうに上り下りしている場面もよく見かけますのでもし新球場を造るのであれば誰にとっても使いやすいような傾斜に設定してほしいです笑 POINT ・地下鉄利用だと駅からかなり歩く ・階段きつくてお年寄りには辛い 日本ハム球場移転に期待 日本ハムファイターズは2018年の3月までに明確な態度を決めたいと言っています。 まだ一年近くありますがさてどうなるでしょう。 日本ハムが札幌ドームから出ていけば札幌市の収入に大きな影響があるように思われます。 個人的には札幌ドームのあの無骨な作りと雰囲気は大好きなのですが北海道の広大な土地を生かしたボールパークを見てみたい気もしていますので日本ハム球場移転の話題は追いかけていきたいですね。

次の

日ハム移転問題は札幌市長の対応が悪かったか,無能だったか?秋元市長を徹底調査

札幌 ドーム 移転

参照: 日ハムが札幌ドームから移転する理由 日ハムが新スタジアムを作って札幌ドームから移転する理由は以下の理由が挙げられています。 使用料が高い 札幌ドームは第三セクター「札幌ドーム株式会社」が運営していて、ファイターズが使用料を払って札幌ドームで試合をしている。 その使用料が年間で約9億円のほか、トレーニング機器の片付けなどの費用も球団負担で試合の際の飲食店やグッズの売上も球団の利益にならず、札幌ドームの利益になる。 年間で約20億円程度を球団は札幌ドームに持ってかれているという現状。 札幌ドームの環境 札幌ドームはサッカーと野球が両方の試合が行われ、サッカーJ1の北海道コンサドーレ札幌の本拠地でもあるが、サッカーの際は天然芝だが、野球の際は人工芝のグラウンドになる。 人工芝は、スライディングの際に膝を痛める可能性もあり、選手にとって望ましい環境ではない。 また、その人工芝はコンクリートの上にロール巻きをした人工芝を広げただけのとても硬いグラウンドとなっており、選手が膝を痛める危険が高い。 そのほかにも、ファウルグラウンドが広すぎたり、ベンチからホームベースまで歩く距離が他球場の倍もあるなど、野球の試合をやるにあたって、非常に環境が悪い。 球団は札幌ドームに環境の改善を要求していたが、聞き入れてもらえなかった。 札幌ドームはコンサドーレも使用しているため、ホークスのようにドームを買収することは現実的ではない。 以上の理由から、ファイターズはこれからも札幌ドームにお金を払って利用するよりも自前で球場を持って運営した方が、球団にとっても選手にとっても良いと考えた。 日ハムが札幌ドームから移転する影響 日ハムが札幌ドームから移転することになり、今後考えられる影響は以下のものが考えられます。 札幌ドームの運営が成り立たなくなる 札幌ドームは、ファイターズの他にサッカーのコンサドーレの試合やアーティストのコンサートで使用されているが、年間約70試合を行う日ハムでていくのは影響が大きく、コンサドーレとコンサートだけでは、立派で維持費が膨大な札幌ドームを運営して行くのは厳しくなる。 また、更に札幌ドームに追い討ちをかけたのが、先日発表されたジャニーズグループ「嵐」の活動休止である。 嵐は毎年11月に札幌ドームでコンサートを行なってきて、20018年は3日間で延べ約16万人を動員した。 この影響もかなり大きく、札幌ドームの経営に大きなダメージを与えることになりそうである。 コンサドーレとの関係 札幌ドームは、サッカーJ1のコンサドーレの本拠地として利用されているが、今後、コンサドーレが札幌ドームを利用し続けるとは限らない。 コンサドーレ側からも使用量の高さやグッズ等の売上が収入にならないなどの問題が上がっており、現状はコンサドーレは札幌ドームを使用するしかい状況だが、コンサドーレが将来、自前のサッカー専用スタジアムを建設する可能性はかなり高い。 日ハムが移転するからといって、コンサドーレの使用料を上げることは、コンサドーレの移転を早めることにもなりかねない。 札幌ドームの今後 札幌ドームは、今後どのような使い方で運営していけば良いだろうか? 日ハムが移転した後は、コンサドーレの試合やコンサートでの使用が主になる。 元々、札幌ドームは2002年の日韓W杯の誘致のためにサッカーだけでなく、野球もできる施設として建設された。 今後は、コンサドーレの試合が主な用途になるため、コンサドーレのサッカー専用スタジアムとするために改修をし、コンサドーレの専用スタジアムとしてコンサドーレが運営し、コンサートやイベントなどを開催するようにしていくのも1つの方法である。

次の

日ハム移転問題は札幌市長の対応が悪かったか,無能だったか?秋元市長を徹底調査

札幌 ドーム 移転

プロ野球北海道日本ハムが本拠地移転の検討を進める中、現本拠地の札幌ドームの先行きが懸念されている。 売上高の3割を占める球場使用料を支払ってきた「お得意様」の移転で収益の柱を失うからだ。 ドームを所有する札幌市は新たな活用策の模索を始めたが、施設運営体制の縮小は避けられない見通しだ。 (報道センター 松本創一、柳沢郷介) 「札幌市内に同じような競技場ができると、ドームの経営はなかなか厳しい」。 札幌市の秋元克広市長は年末記者会見で、管理運営を委託する市の第三セクター「株式会社札幌ドーム」(ドーム社)の経営について危機感をあらわにした。 昨年度の札幌ドームは、日本一となった日本ハムとJIに昇格したコンサドーレの相乗効果で、総来場者数は前年度比3・1%増の312万6千人に上り過去最高を更新した。 これに伴い、売上高も過去最高の41億4千万円となり、経常利益は2億8千万円だった。 yahoo. 要は札幌ドームは単に出て行かれるだけでなく、強力な競合相手と新たにやっていかなくてはいけないことになり、おそらく負けてしまう。 その時には、本当の責任者達がすでに札幌ドームに関わってないだろうというやるせなさ。

次の