避難 勧告。 避難指示・避難勧告は警戒レベル4 レベル5を待たずに避難を

避難勧告と避難指示の違いは?/都市防災政策課/岐阜市公式ホームページ

避難 勧告

昨年の台風15号、19号の被害を検証する会議で発言する菅義偉官房長官(右から2人目)=31日午前、首相官邸 政府は31日、昨年の台風15号、19号被害を検証する会議を首相官邸で開催し、報告書を取りまとめた。 台風19号では避難途中に被害に遭う事例が相次いだことから、災害時の逃げ遅れを防ぐため、年内に災害対策基本法に定められた「避難勧告」や「避難指示」の在り方を抜本的に見直す方針を示した。 政府は市町村長や有識者の意見を聴取し、結論を出す考えだ。 出席した菅義偉官房長官は「災害対応は不断の見直しが必要。 取りまとめを踏まえ、次の出水期へ向けて万全を期したい」と述べた。 災害対策基本法は、災害時に市町村長が住民に対し、居住場所からの避難の「勧告」、さらに危険度が高い場合は「指示」を出すことができると定めている。 政府は昨年から避難の基準をより分かりやすくする目的で、新たに避難の必要性を5段階で表した「警戒レベル」を導入。 上から2番目に危険度が高い「警戒レベル4」で全員が避難するよう呼び掛けていた。 しかし同じレベル4に避難勧告と避難指示の両方が分類されており、住民や市町村長の一部から危険性が分かりにくいとの意見が上がっていた。 併せて5段階の警戒レベルについても、「警戒レベル4に避難勧告、5に避難指示を位置付けるなど、避難勧告と指示の分離も考えられる」との見解を示した。 報告書はこの他、高齢者が逃げ遅れることなく確実に避難する方法を検討すると明記。 複数の市町村が広域的に避難を行うための仕組みづくりを議論する方針も盛り込んだ。

次の

どう違うの?「避難勧告」「避難指示」「避難命令」の意味について調べてみた

避難 勧告

万が一に備え知っておくべき避難準備、避難勧告、避難指示、避難命令の違い 近年、地震や津波など災害に関するニュースなどを耳にすることが多くなりました。 また気温上昇などの影響によりゲリラ豪雨や集中豪雨により、土砂災害や河川の氾濫などによる水害も深刻化してきております。 そのため、そう言った被害を未然に防ぐためにも国や都道府県などでは老朽化対策や未整備箇所を整備するなど様々な対策をとっていますが、まだまだ、不安が残る箇所や地域もあります。 そんな中、そう言った災害が発生する可能性が高まった場合には、国の「避難勧告等に関するガイドライン」を基に各市区町村長から状況に合わせて「避難準備・高齢者等避難開始」、「避難勧告」、「避難指示」の3つが発令されますが、それぞれの違いや強制力、緊急性などについて違いをはっきりと理解できていない方も少なからずいるかと思います。 避難準備・高齢者等避難開始とは 3つの中で最も緊急性の低いのが「避難準備・高齢者等避難開始」になります。 実際の発令は冒頭でも記載したように各市区町村長から発令されるため、その判断はお住いの各市区町村によって異なりますが、「災害などの被害が予想されるためいつでも避難ができる準備をしておく」と言ったものになります。 また、高齢者やその支援をする方、乳幼児をかかえる親御さんなど速やかに避難ができない方はこの時点で避難の開始が勧められています。 平成28年12月26日以前は「避難準備情報」の名称でしたが平成28年に発生した台風第10号による被害などによりその緊急性などをもっと分かりやすくするためにその名称が「避難準備・高齢者等避難開始」に変更されました。 避難勧告とは 避難準備・高齢者等避難開始とは違い、全ての住人に避難を促すのが「避難勧告」になります。 災害が発生する可能性がより高まったことを意味し、上記の「避難準備・高齢者等避難開始」が準備であるのに対して、「勧告(勧めること)」ですので公民館や小中学校など避難場所への避難を全住民に勧めていることになります。 避難指示(緊急)とは 3つの中で最も緊急性や危険性が最も高いのが「避難指示」になります。 市区町村などが指定している避難場所への移動することが基本となりますが、できない方や外に出ることでかえって危険性が増す場合などは自宅内にあるより安全な場所への避難することが勧められています。 ただし、上記に2つとこの「避難指示」のいずれにも法的な強制力はありません。 また、災害対策基本法に基づき決められたものになりますが、避難はもちろん、市区町村職員などの指示に従わなかったと言って罰則があるものではりません。 避難命令とは:避難命令は存在しない 避難命令といった言葉を使われる方がいますが、災害対策基本法に「避難命令」といった言葉は存在しません。 ニュースや新聞などでも避難指示や避難勧告といった言葉が必ず使用されています。 避難準備・高齢者等避難開始、避難勧告、避難指示の違いのまとめ 緊急性や危険性の低い順に並べる ・避難準備・高齢者等避難開始 ・避難勧告 ・避難指示(緊急) になります。 繰り返しになってしまいますが、あくまでも上記を発令する判断は市区町村長になりますので、お住いの地域によって判断基準が異なります。 多くの市区町村では市区町村のホームページに記載がありますので、まずはご確認するようにしてください。 また、ご自身で危険と感じた場合や避難に時間を要すると判断した場合には発令の有無に関わらず避難を開始するようにしましょう。

次の

気象庁|防災気象情報と警戒レベルとの対応について

避難 勧告

2019年6月25日更新 質問 避難準備・高齢者等避難開始、避難勧告、避難指示(緊急)の発令について 回答 災害時における住民のみなさんへの避難の呼びかけには、「避難準備・高齢者等避難開始」、「避難勧告」、「避難指示(緊急)」の3種類があります。 この3つの違いを説明します。 警戒レベル3【避難準備・高齢者等避難開始】 避難が必要となるような災害が起こると予想されるとき。 地域の皆さんが、速やかに避難できるよう準備をうながします。 警戒レベル4【避難勧告】 安全のため、早めの避難をうながす時に出されます。 拘束力はありませんが、必要に応じて早めの避難をして下さい。 警戒レベル4【避難指示(緊急)】 火災・洪水などにより著しい危険が切迫している時に出されます。 垂直避難する、親類の家に避難するなど、すみやかに避難して下さい。 避難勧告等の発表については、市の広報車や防災行政無線等により該当地域に広報します。 また、においても広報します。 避難情報の発表とあわせ、公民館や小学校の体育館等に避難所を開設しますので、そこへ避難しましょう。 風水害の場合は、各地域の地域公民館(予想される災害によっては市立小学校)を優先して開設します。 または、危機が迫った場合の命を守る行動として、洪水時に、自宅の上階に避難する垂直避難を指します。 注意書:岐阜市内の避難場所等については、下欄の関連リンクをクリックしてご覧下さい。

次の