沖縄ツアー 3月。 人気の沖縄旅行・沖縄ツアーなら日本旅行!

3月の沖縄の気候と服装と持ち物|沖縄旅行はオリオンツアー

沖縄ツアー 3月

春めいてきて、春休みに3月に沖縄旅行に行こうと思った時に、服装や気候が気になります。 普段履いている靴もブーツを沖縄へ履いていっていいの? コートは必要? など、本州との違いがあるので、3月の沖縄旅行について情報をまとめました。 3月の沖縄旅行はまだオフシーズン。 3月の沖縄旅行の気候や服装について、春休みの沖縄旅行の楽しみ方を紹介します。 3月沖縄の気候は? 3月の沖縄は、本格的な春の気候、 5月になれば、夏の装いが始まります。 常夏の島・沖縄には一足先に春が訪れます。 沖縄の3月は本州の4月中旬から下旬くらいの気候で、草花が一気に成長し始めます。 1年の中でも比較的過ごしやすい気候の時期、 ただ朝晩は冷える時もありますので服装も気を付けたいところ。 降水量は1月や2月に比べて多くなりがちですが、長い時間降っているという感じではなく、スコールのような感じなので、観光ではそれほど心配する必要はなさそうです。 平均気温 18. 4mm 数字で見ると、まだまだ決して暑いとは言えませんが、陽射しは強くなってきます。 また、北風から南寄りの風に変わっていくるので、日を追うごとに陽射しが強まります。 天候によってはまだ肌寒さを感じる場合もあります。 3月の前半と後半では気温も大きく変わり、また陽射しも変化しますので、観光で足を運ぶ場合は訪れるタイミングによって用意する服装に違いが出てきます。 紫外線について 春の沖縄も紫外線対策は必須です。 他の都道府県と比べると、沖縄は3月でも半端ない紫外線量です。 紫外線は徐々に強くなり、 本土の初夏並みの紫外線量! 沖縄では本土と比べて、年間を通し、2倍以上の紫外線量があるとのデータが出ています。 夏だけでなく、一年中紫外線量が多く、 3月の時点でも環境省が日焼け止め・帽子・長袖の使用を呼びかけるほどです。 たとえ曇り空でも、日焼け対策が必要不可欠です! 日焼け止め、帽子、サングラスもあったほうが安心です。 3月沖縄旅行の服装や持ち物 3月の沖縄は本格的に春を迎える。 季節の急激な移り変わりを肌で感じ取れるのが3月です。 日中の最高気温は20度程度と、3月の後半ともなればTシャツで過ごせるような気候です。 ただ、朝晩は冷え込むので、長袖のカーディガンやパーカーを準備しておくほうが安心です。 3月に格安に沖縄旅行に行くには? 3月は卒業旅行のシーズンなので、高校生や大学生が卒業旅行に沖縄に行くのは多いです。 ですが、1か月間ずっと卒業旅行で相場が高いというわけではなく、月の中でも相場のアップダウンがあります。 たとえば、3月頭は春休みの大学生くらいしか休みの人はいませんが、3月の後半になれば子供の春休みや大学生の卒業旅行で混み合いやすくなり、また過ごしやすい気候なので、一般観光客も多くなってきて、ホテルの予約も取りづらい傾向にあります。 3月の沖縄旅行を計画するのであれば早めの行動がおすすめです。 これらの相場の上がり下がりを見ながら、行く時期を決めるのが格安に行くコツです。 まずは、航空券代をチェック! 各地からLLCも飛んでいるので、格安チケットが見つかるかも?!• 詳細はで確認ください。 サイトですぐに希望の日にちの航空券代がわかります。 ただ、 3月半ばまでは海水浴は難しいです。 冬場は遊泳禁止とされている区域も多く、多くの沖縄の海開きは3月下旬です。 本格的に海水浴を楽しめるのは4月以降、と考えた方が無難です。 シュノーケリングやダイビングといった、マリンアクティビティは年中開催しています。 また、冬でも海水の温度は20度あるので、ウェットスーツを着て海の中に入ることができます。 3月の沖縄旅行の楽しみ方 せっかく海開きが3月なので、海を楽しみたい!と言う人は、ビーチへ。 また、歩き回るのに快適な春の季節は、パワースポットめぐりもオススメです。 夏だと日差しが強いのですが、春はたくさん歩いてちょうどいいくらいです。 沖縄ビーチの海開きの日程 万座ビーチ 2020年は未定。 2019年は3月3日 サンマリーナビーチ 2020年は未定。 2019年は3月16日 オクマビーチ 2020年3月22日(日) カヌチャリゾート 2020年は未定。 2019年は3月16日 美らSUN(ちゅらさん)ビーチ 2020年4月5日(日) ウッパマビーチ 予定2020年3月下旬 美々(びび)ビーチいとまん 2020年3月29日(日) ただし、この時期は水温が低めため、海水浴を楽しむなら気温の高い日や晴れた日が狙い目です。 気温の低い日や曇りの日は、砂浜を散歩したり、足先のみをつけたりする程度にとどめておくほうが無難です。 3月の沖縄の海に行くなら、天気の良し悪しにかかわらず羽織りを準備しておくことをお忘れなく! 羽織り物は寒さ対策だけでなく、日焼け対策としても活用できます。 「この時期に日焼け対策?」と不思議に思う人もいるかもしれませんが、本土と比べて沖縄は紫外線量が多いため。 髪の毛や顔の日焼け対策として、帽子やサングラスといったアイテムを持っておくのもおすすめです。 ホエールウォッチング 毎年12月~4月にかけて、沖縄ケラマ諸島の海では、出産・子育てのためにやってくるザトウクジラを見ることができます。 ホエールウォッチング目当てにこの時期沖縄を訪れる観光者も多くなっています。 沖縄本島の那覇や北谷、リゾートエリアからの日帰りツアー(もしくは半日ツアー)に参加するのが一般的ですが、もっと本格的に楽しみたいという人はケラマの座間味島へ渡って、ホエールウォッチングのツアーに参加することもできます。 座間味島ではクジラを発見してから船を出すので、船に乗っている時間が短いです。 が一枚あったら防寒になります。 その「ケラマブルー」でのシュノーケル! 沖縄一番のパラセール老舗の会社で、利用者数NO. 1です。 船酔いが心配な方に揺れに強い船が人気です。 2歳から参加可能なシュノーケリングツアー 沖縄といったらやっぱり綺麗な海! ! 海で遊ばなくちゃもったいない!! 2歳3歳4歳5歳のお子様のいるグループや60歳以上の方がいるグループ対象(健康な方)が対象のシュノーケリングツアーです。 前日16時以降の予約はお電話で。 器材の準備が間に合わない場合もございますのでよろしくお願いいたします。 【おすすめポイント】• 1 組貸切案内で専属インストラクターがサポート• 沖縄のダイビングショップで口コミランキングで大人気!• 他店には無いオリジナルの子供専用器材が充実 【嬉しいサービス】• 2歳から着られる特別注文の可愛いウエットスーツがあります!• 子供用マスク、シュノーケル、フィン、ブーツ、ライフジャケット、箱メガネ、日よけ帽子、ベビーボートなど準備• 沖縄県には、御嶽(うたき)と呼ばれる神事を執り行う場所がたくさん点在しています。 そして、琉球神話では、神様が沖縄本島を作り出した時に9つの聖地を作り出し、そのうちの7つの聖地が現存しています。 琉球開闢七御嶽(りゅうきゅうかいびゃくななうたき)として7つの御嶽は信仰されています。 その御嶽の中でも最も神聖な場所としてあがめられているのが斎場御嶽です。 沖縄の御嶽は、本州の神社仏閣と違って、神殿などが建てられていなくて、自然の巨石などを神殿に見立てて崇拝するという信仰の形態です。 実は、首里城も隠れたパワースポットなんですよ。 首里城は琉球王朝の風水師によって風水を計算して設計され、風の気を受け止めるように設計されているといわれています。 そのためか、首里城の城郭へ向かう途中には、龍樋(りゅうひ)と呼ばれる王宮の飲料水として使用されていた清らかな湧き水が湧き出る場所がありますが、こういった場所も風水の考え方から設計されているといえます。 また、この龍樋自体もも知る人ぞ知るパワースポットなんですよ。 そもそも、なぜ首里が琉球王国の中心となったのかというと、この地が琉球風水で最高の気脈を持つ聖域だからとされる。 首里城には県内でも格式の高い御嶽(うたき)が集まり、古くから人々の信仰の拠り所であった。 沖縄には大小のパワースポットが点在します。 それは島の人々にとっても当然特別な場所。 中には勝手に部外者の立ち入りが禁止されている場所もあります。 特に沖縄の御嶽は現在でも地元の人々が神聖な場所として崇め奉る場所ですから、観光客が遊び半分で訪れることは失礼極まりない行為だと思います。 パワースポットを訪れる際には、事前にしっかりとその場所について勉強して、失礼のないように訪れるようにしなければいけません。 沖縄の地元の人への配慮を忘れずに。 また、パワースポットは、自然豊かな場所に多くあります。 その場所にある石や植物などはその場所に存在することに意味があるので決して持って帰らないという事。 沖縄のレンタカー情報 沖縄は、LCCも飛んでくるようになり、観光客が一気に増えている沖縄では、レンタカー不足もあるようです。 連休、ゴールデンウィークなどは、レンタカーが借りれないってこともでてくるので、沖縄旅行を決めたら、レンタカーもすぐ予約することをおすすめします。 おすすめのレンタカー会社をまとめましたので、参考にされてください。 初めての子連れ沖縄旅行におすすめ! 持ち運びしやすいサイズで便利! スマホで使えるクーポンがついて 最後に 3月の沖縄旅行について、服装や持ち物。 気候についてまとめました。 いかがでしたでしょうか? 3月の沖縄の最高気温は20度程度、3月の後半ともなればTシャツで過ごせるような気候です。 ただ、朝晩は冷え込むので、長袖のカーディガンやパーカーを準備しておくほうが安心です。 3月4月は沖縄の海開きのシーズンです、水着で泳ぐのにはちょっと早いですが、綺麗な海は楽しめます。 やはり南国、きれいな水の色の海に囲まれ、海や沖縄固有の植物を見ているだけでも癒しです。 ゆっくり、のんびり人が少ない3月沖縄旅行もオススメです。 旅行のプロであり、リトリートのプロです。 パワースポット・神社巡りを中心に旅のおすすめを紹介!に今感じていること、スピリチュアルメッセージを綴っています。 シャスタから始まった魂の旅は、スペイン巡礼、熊野古道、アッシジ、 ルルド、ハワイへ。 そして京都。 パワースポットの旅で体験 した幸せの法則をお伝えします。 毎日嬉しい!楽しい!元気に!ニコニコ!ハッピーライフ! 旅が好き!旅って楽しい! 2019年ハーバルセラピスト資格取得 おすすめコラム.

次の

3月の沖縄の気候と服装と持ち物|沖縄旅行はオリオンツアー

沖縄ツアー 3月

沖縄本島への旅行日数のおすすめは? 那覇空港からも近く、県内随一の繁華街として人気の国際通りがある那覇市内や神話や歴史の地として知られる南部エリアの観光だけなら2日間でも可能ですが、異国文化が色濃く根付きアメリカンムード満点の中部エリア、沖縄屈指の観光スポットである美ら海水族館や美しい自然が多く残る北部エリアなど、北の端から南の端まで魅力満載の沖縄本島を周遊する場合は最低でも3日間は必要です。 また、沖縄にはビーチに面し、施設も充実する大型リゾートホテルが多く、ビーチやプールでゆったりとリゾートライフを楽しむのも沖縄旅行の醍醐味。 その場合は、観光に要する日数、プラス1日の余裕をもって計画するといいでしょう。 沖縄離島への旅行日数のおすすめは? 沖縄本島から台湾の間に連なる沖縄の離島。 離島それぞれに、豊かな自然と独自の伝統文化が受け継がれており、本島とはまた違った魅力に溢れています。 離島への旅行は、飛行機で行くことができる、久米島・宮古島・石垣島がメイン。 羽田空港からは宮古島と石垣島へ直行便も出ていますが、便数が少ないので予約がとりづらいことも。 多くの場合、まずは沖縄本島の那覇空港へ向かい、そこから飛行機を乗り継ぎ、各離島を目指します。 そのため、各離島での滞在時間を考えると最適でも3日間は必要です。 八重山諸島の玄関口として人気の石垣島の場合は、竹富島、小浜島、西表島などの離島観光も加えると4日間は必要でしょう。 年間で最も旅行代金が安くなる時期は、GW期間を除く4~5月、年末年始を除く12~1月となり、2万円台後半から3万円台前半で行くことができることもあります。 この時期は、繁忙期には高くて泊まれないようなリゾートホテルもお安くなるので、おすすめです。 沖縄の離島については、沖縄本島のツアーと比べると、久米島はほぼ同額、宮古島は2,000~6,000円増、石垣島は3,000~8,000円増が目安(エコノミークラスホテル利用の場合)となります。 年末年始やお盆期間、直行便の利用や宿泊ホテルのランクによって旅行費用は上がります。 沖縄のおすすめのアクティビティは? 青く透き通る沖縄の海は眺めるだけではもったいない!温暖な沖縄だからこそ、春や秋でもダイビングやシュノーケルなどで沖縄の海の美しさを体感するマリンアクティビティは大人気です。 その中でも、神秘のブルー体験を気軽に体験できる、沖縄本島真栄田岬にある青の洞窟シュノーケリングはおすすめです。 久米島では、見渡す限りコバルトブルーの海と大空が広がる砂浜だけの無人島・ハテの浜でのシュノーケル体験。 宮古島では、神秘のパワースポットを目指し、秘境探検隊気分で楽しめる鍾乳洞探検ツアー。 日本唯一の星空保護区に認定された石垣島では、海の上から星空を眺めるナイトクルーズプランも人気です。 沖縄旅行に適した服装は? 沖縄の気候は、本州とは大きく異なり。 1年を通して温暖な気候ですが、それぞれ季節に特色があります。 1年中で最も寒いのは12~2月です。 コートや厚手のジャケットが活躍する場面も多く、昼夜の気温差もあるので体調管理には注意が必要です。 逆に、本格的な夏の到来となり、最も暑くなるのは7~9月。 紫外線は本州の約5倍とも言われ、照りつける日差しは痛いほどです。 日焼け対策はもちろん、帽子やサングラス、日傘も重要なアイテムです。 とはいえ、室内は冷房が効いているので、長袖の羽織があると便利です。 そして、1年でいちばん過ごしやすいのは、日差しもやわらぎ、半袖でも快適な日が多い、3月下旬~5月上旬と10~11月。 5月中旬から6月は本格的な梅雨シーズンとなり、雨の日が多くなるので傘は必須。 服装は半袖&サンダルの夏モードでOKです。

次の

水納島ツアー

沖縄ツアー 3月

行き方いろいろ!HISの沖縄旅行• テーマ・特集で選ぶ沖縄旅行• 沖縄本島 人気ホテルから選ぶ• 読谷村 ホテル日航アリビラ 県内でも有数の透明度を誇るニライビーチに面したオーシャンビューリゾート。 南欧風の異国情緒あふれる空間がワンランク上のリゾートライフを演出します。 住所:沖縄県中頭郡読谷村字儀間600• アクセス:那覇空港から車で約70分• 恩納村 ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート 沖縄屈指の景勝地 万座毛の対岸に建つ、全室オーシャンビューのハイグレードリゾートホテル。 マリンアクティビティやリラクゼーションなど管内施設も充実。 住所:沖縄県国頭郡恩納村字瀬良垣2260番地• アクセス:那覇空港から車で約80分• 恩納村 リザンシーパーク谷茶ベイ 沖縄県内最大級のリゾートホテル。 ホテルの前には800mも続く白砂の天然ビーチが広がります。 アクティビティやプールはもちろん、波音を聞きながら寛げる展望大浴場も完備しています。 住所:沖縄県国頭郡恩納村字谷茶1496• アクセス:那覇空港から車で約70分• 恩納村 ハレクラニ沖縄 2019年7月オープン。 ハワイで100年以上の歴史を持つハレクラニならではのホスピタリティを、随所に感じることができます。 住所:沖縄県国頭郡恩納村名嘉真1967-1• アクセス:那覇空港から車で約75分• 恩納村 ホテルモントレ沖縄スパ&リゾート 沖縄有数の天然ビーチ タイガービーチに面して建つ全客室バルコニー付のオーシャンビューホテル。 ブリティッシュコロニアルを基調とした気品あるインテリアも人気です。 住所:沖縄県国頭郡恩納村字冨着 1550-1• アクセス:那覇空港から車で約70分• 北谷町 ヒルトン沖縄北谷リゾート 沖縄中部の北谷に位置するアーバンリゾートホテル。 機能的で広々とした客室からは透明度抜群の海と沖縄随一のサンセットが望めます。 住所:沖縄県中頭郡北谷町美浜40-1• アクセス:那覇空港から車で約40分• 恩納村 沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパ 恩納村にある大型リゾートホテル。 プールやスパ、大浴場はもちろん、体験プログラムなども充実していて家族旅行・子連れ旅行にもおすすめ。 冬季は期間限定でライトアップも楽しめます。 住所:沖縄県国頭郡恩納村名嘉真ヤーシ原2591-1• アクセス:那覇空港から車で約70分• 読谷村 ロイヤルホテル 沖縄残波岬 沖縄有数の景勝地 残波岬にあり、日本の夕陽の宿・百選にも選ばれたリゾートホテル。 ガーデンプールや露天風呂を備えた大浴場など、快適なリゾートライフを楽しめます。 ホテルから眺める夕陽はまさに絶景です。 住所:沖縄県中頭郡読谷村字宇座1575• アクセス:那覇空港から車で約70分• 糸満市 サザンビーチホテル&リゾート沖縄 那覇空港から車で約20分。 沖縄本島南部エリアに位置する本格ビーチリゾート。 キッズルームやセルフランドリーなど様々なサービスが揃っています。 住所:沖縄県糸満市西崎町1-6-1• アクセス:那覇空港から車で約20分• 国頭村 オクマプライベートビーチ&リゾート やんばるの大自然と天然白浜ビーチを体感できる隠れ家リゾート。 サンセットの望めるビーチカフェや多彩なプール、南国ならではのアクティビティをお楽しみいただけます。 住所:沖縄県国頭郡国頭村字奥間913• アクセス:那覇空港から車で約100分 時期で選ぶ沖縄旅行 月別の沖縄の気候・服装・おすすめイベントをご紹介します。 一年を通して温暖な気候が魅力の沖縄ですが、より楽しく過ごすには季節毎に合わせた準備が大切です!• 発着地で沖縄旅行・ツアーを探す• 亜熱帯の美しい自然と透明度の高い海!八重山諸島の中心的存在 沖縄本島よりもさらに温暖な石垣島には、フサキビーチや川平湾など熱帯魚が泳ぐ透明度の高いビーチが点在しています。 市街地のユーグレナモールではお土産を買ったり、石垣牛や八重山そばなどのグルメも満喫!高速船を利用すれば波照間島や竹冨島へも行きやすく、さらにのどかな田舎風景に出合うことができるでしょう。 賑やかな商店街などはなく、まるで東南アジアの離島リゾートのようにのんびりとした雰囲気。 透き通った海で遊んだ後は、大橋でつながった伊良部島までドライブしたり、宮古そばや島おでんなどのご当地グルメを堪能したりと、自然と触れ合う穏やかな休日を過ごすことができます。 亜熱帯の原生林に覆われているため、内陸部まではカヤックやトレッキングで移動するなど、ちょっとした探検気分も味わえます。 光が少ない環境での星空鑑賞など、西表島では他の離島と一味違った体験が出来るでしょう。 アクセス 各地から空路で石垣島へ。 石垣港からフェリーで西表島まで約45分。 おすすめ観光スポット マリユドゥ・カンピレーの滝、野生生物保護センター、星砂の浜、イダの浜、大見謝ロードパーク 沖縄旅行をもっと充実!おすすめオプション 沖縄旅行でよくある質問• 沖縄ってどんなところ? 大小さまざまな150以上もの島で構成されている沖縄県。 那覇市のある本島では琉球文化を肌で感じるグスク(城)や美ら海水族館などでアクティブに。 石垣島、宮古島などの離島はでは、透明度の高い海を眺めながら、昔からの風景が残る村でのんびりと。 沖縄は様々な魅力がつまったリゾートアイランドです。 沖縄本島(那覇)へのアクセスは? 羽田から那覇までは飛行機で2時間40分~3時間。 成田から那覇までは直行便で3時間~3時間半。 関西から那覇までは直行便で2時間~2時間半ほどで到着します。 沖縄離島へは、本島から飛行機やフェリーを利用することで行くことができます。 宮古島、石垣島は直行便の利用もおすすめです。 沖縄旅行のおすすめ時期・ベストシーズンは? 四季折々の魅力がある沖縄。 海をメインに楽しみたいなら、やはり7~8月の真夏がおすすめですが、温暖な沖縄ですから、春や秋でもマリンアクティビティを存分に楽しめます。 冬は冬で暖かいクリスマスやホエールウォッチング、プロ野球のキャンプなど、沖縄ならではの楽しみ方がたくさん。 沖縄旅行は何泊がおすすめ? 沖縄本島中心部の観光スポットを巡るだけであれば1泊でも十分ですが、せっかくなら2泊して、辺戸岬がある北部のやんばるエリアなど、レンタカーで島を周遊するのがおすすめです。 さらに石垣島や宮古島などの離島も楽しむなら3泊~4泊はするといいでしょう。 沖縄旅行のおすすめ旅程・ルートは? 本島にある那覇空港まではたくさんの航空便が出ています。 空港近くでレンタカーを借りて、眺めの良い国道58号線を北上していくルートが王道です。 その途中にある恩名村は沖縄屈指のリゾートホテルが建ち並ぶエリア。 宿泊はこの界隈がおすすめ。 また、石垣島、宮古島へも直行便が運航しているので便利です。 沖縄本島のおすすめアクティビティは? ダイビングやシュノーケリング、パラセーリング、ホエールウォッチングなど、海のアクティビティはやはり人気。 中でも恩名村の真栄田岬にある青の洞窟でのシュノーケリング体験はおすすめです。 他にも4輪バギーやセグウェイ、トレッキングなど、陸上のアクティビティも楽しめますよ。 沖縄で食べたいおすすめグルメは ? チャンプルーやタコライス、ジーマミー豆腐にラフテーなど、沖縄の名物料理はたくさんありますが、中でもおすすめは沖縄そば。 そばとは言っても、原材料はそば粉ではなく小麦です。 スープはあっさりとしているため、何軒かはしごするのも楽しいでしょう。 沖縄で買いたいおすすめお土産は? 沖縄ならではの雑貨やお菓子はたくさんあるのでお土産選びに困ることはないでしょう。 バラマキ用にはちんすこうや紅芋タルトを。 家族、や大切な人、または自分用に、琉球ガラスを使った雑貨や、沖縄ならではのかりゆしウェアを。 旅の記念になる素敵なお土産が選べます。 沖縄のイベント情報が知りたい 夏には沖縄県唯一の水中花火が見られるシーポートちゃたんカーニバルや、県内最大規模の花火大会が行われる海洋博公園サマーフェスティバル、ビーチバレー大会など。 冬にはプロ野球キャンプやイルミネーション、年々人気が出てきているNAHAマラソンなど、季節を通して様々なイベントが行われています。 沖縄本島周辺の離島情報が知りたい 離島と言うと遠いイメージがありますが、実は沖縄本島から日帰りで行ける離島もあるんです。 大小20の島からなる慶良間諸島なら、那覇から高速船で最短20分!「ケラマブルー」と言われる青い海は離島ならでは。 ウミガメの産卵地としても有名なので、運が良ければ遭遇できるかもしれません。

次の