ネイチャー ハイク コット。 5年間ツーリングキャンプを続けている友人の中華製キャンプギアとネイチャーハイクCloudUpシリーズテント|車やキャンプや車、ファッションに30からハマってます

ネイチャーハイクコットはコスパ最高!ヘリノックス使用者が徹底比較!|api.rethinkrobotics.comポジラボ

ネイチャー ハイク コット

このテント超軽量でポールもアルミ合金なのですが 2万円をきる格安テントでございます。 しかも インナーテントは使用せずにこの中に コットを入れたり、マットを入れたりして 夏でも涼しく過ごすことができる便利なテントなのです。 しっかりと、冬用のためにスカートもついてますが、折りたたんでるようです。 【自立式アップグレード】CloudUpシリーズのアップグレード版です。 尾にある窓は新しい設計で、通気性を高めて結露を軽減します。 ロープ力点の増加は防風性能をよく高めています。 【組み立て簡単】5分で素早く取り出せ、アウターバッグの内側に貼られる手順と説明に従い、一人でもお気軽で組立てられるアウトドアテントです。 高強度アルミ合金ポールを採用し、軽量で、安定耐圧も素敵です。 内テント上部の収納袋に小物を収納しやすいです。 携帯電話や財布、鍵などの小物を収納できる収納バッグが付いています。 【防水、防風機能】20Dシリカゲル生地を採用し、補強ダブルミシンの仕上げです。 【超安定】二層構造となっており、防風や防雨に強いです。 内層にチュールがあり、通気性がよいほか、有毒な蚊と虫などに咬まれません。 また、持ち運びに便利な専用バッグが付属しています。 ヘリノックスのライトコットで睡眠 ヘリノックスのライトコットを入れて寝床に使用してます.

次の

NatureHikeからHigh&Low兼用可能な軽量コットが登場!

ネイチャー ハイク コット

1kg 【ハイコット重量】約2. 6kg 【収納袋を含む総重量】約3kg 【耐荷重】150kg 【材質】撥水加工600Dナイロン生地 最新強化版モデル 旧モデルよりも安定性と強度が向上しました。 寝返りによるきしみ音も低減。 実測数値あり*画像をご確認ください 取り付け方 1. 二本のポールをナイロンベッドに挿入します。 ベッドがポールで突っ張るよう、ポールを引っ掛けます。 ブラケット 脚 をベット中央から取り付けます。 レバーロックにポールを挟む凹みがあるので、ポールの凸側にしっかりハマるように固定します。 レバーロックをギュッと握り『カチッ』と音が鳴ればロックが、かかった証拠です。 最後、隣2つのブラケットをそれぞれ、手順2と同様に取り付け出来上がり! 取り外し方 1. 同じように両サイド2箇所のレバーも解除します。 ブラケットを取り外して、二本アルミニウムポールを取り出します。 アッというまに組み立てられる! アウトドアコットに寝転がり昼は青空を、夜は星空を楽しんでみませんか。 肌ざわりの良い生地に、コットは一度乗ると病みつきになるフワフワの寝心地です。 大人も子供も大喜び!!! ピクニック、釣り、登山やキャンピングマットとして、テントの中で使えます。 脚にはゴムが装着されていますので、室内で使用しても、床に傷をつけることはありません。 会社の泊まり込み残業などにも適しています。 また救急ストレッチャーとして使えます。 通気性に優れるメッシュ素材で、地熱の影響を受けにくいコット形状のデザインです。 軽量で組立は簡単です、収納ケース付で持ち運びも楽々、ベッドにもベンチにも最適です。 キャンプ・BBQ・運動会・スポーツ観戦・お花見等にご活用できます。 【コット生地600Dとは】 「D」の部分は「デニール」と呼び、糸の太さになります 繊維や糸の太さを表わす繊度の単位。

次の

ネイチャーハイクのコットを解説!ヘリノックスのコットワンにそっくり!?

ネイチャー ハイク コット

6kgとなります。 耐荷重量:150kg。 ハイ/ローコットの切り替えは、レッグの取り付けと取り外しによって使い分けできます。 新デザイン:支持脚は三角形になっています。 この設計により、長期間使用しても安定性が向上します。 ポール自体は7075アルミニウム合金でできており、非常に軽量で耐久性があります。 ハンドル レバーロッキングシステム)も再設計されました。 生地は600Dナイロンで、通気性があり、洗うのに便利で、軽量で防水仕様。 この製品は、組み立てと分解が非常に簡単です。 最新ロックタイプ設計が採用され、分解したいときはハンドルのレバーを握り、ロックボタンの押し込むことで簡単ポールからブラケットを外すことができます。 コンパクト収納可能で、災害時や非常用ベッドとして、帰宅困難時には省スペースで睡眠を取ることができますのでオフィスに備えておく事もおすすめです。 使用する場所は平たん地を選び、勾配のある場所では設置しないでください。 一方向へ負荷がかかり故障や破損の原因になります。

次の