手足 口 病 出勤 停止。 手足口病に大人がなる感染率、治療はどうする?出勤はできる?

手足口病に関するQ&A|厚生労働省

手足 口 病 出勤 停止

手足口病は、だいたい治るまでに7日から10ほどかかると言われております。 しかし、水疱瘡やおたふく風邪のように、出席停止扱いになる病気ではないのです。 その為、医師と相談の上で登校の許可が出れば、登校しても良いという事になります。 スポンサーリンク 手足口病における保育園、幼稚園、小学校などの出席停止基準は、インフルエンザのような感染症とは異なり、「発症後何日間は出席停止」など厳密に決められた法律はありませんが、治癒するまでは出席停止とされています。 病気による出席停止と欠席・・・実は似たような意味ですが、異なります。 出席停止というのは、学校側から休んでくださいねと言われて休むこと。 ですので、休んだとしても、出席率や単位に影響しません。 大体は学校伝染病にかかった場合は、医師の許可がでるまで登校できません。 もしもかかった場合は学校に連絡し、自宅で安静にして、治ってから登校してください。 これは法律で定められた『出席停止』で、欠席扱いにはなりません。 発熱もなく、十分な食事がとれていれば、理論的には他の子に手足口病をうつすリスクは極めて少ないです。 しかし、見た目は大事で回りから見ると、うつされるのではないかと心配されます。 お子さん自身や回りの人達のために出席は控えましょう。 症状が治まってしばらくは、感染する可能性があるので、学校によっては規則を設けている場合もありますので、登校予定の前に園に電話などで事前に相談する事をおススメします。 スポンサーリンク おすすめ記事• スポンサーリンク.

次の

大人の手足口病の初期症状と治療について!仕事は出勤停止?

手足 口 病 出勤 停止

・口内炎がのどの奥までできて、痛くて固形物が食べられない状態だった。 ・指や手も痛くて曲げれない。 ・水や唾を飲み込むのにも激痛が走った。 ・痛くて靴下も履けない。 ・足裏にできた水泡が腫れて赤くなり、歩くと激痛が走った。 ・両手全体が腫れあがって、痛いかゆい状態が続いた。 といった声があります。 症状はさまざまですがみなさん一番苦しんだのは、 のどの奥の痛さという方がとても多く、鎮痛剤を使わないと水も飲めないほど苦しんだ方もいらっしゃるようです。 次に発疹や水泡で、大人の場合は 水泡が2~10mmと大きくなることがあり、痛みかゆみもひどく、歩けなくなったという方もいらっしゃいました。 また、高熱とともに関節痛や頭痛が出て苦しんだ方もいます。 痛い思いをして苦しんだ話ばかりなので、大人だから大丈夫だとは思わない方がいいですね。 スポンサードリンク 手足口病の治療 手足口病には、 特効薬などはありません。 ですので、 発熱、発疹、水泡などのそれぞれの症状を緩和する治療法しかありませんので、予防をしっかりして感染を防ぐことが一番大事なのです。 手足口病の予防法に関してはこちらの記事をご参考下さい。 病院へ処方された塗り薬などで、痛みやかゆみを和らげるといいでしょう。 また、手足口病で気をつけたいのは 脱水症状です。 大人の場合は、のどの奥まで痛みが酷い場合、 食事を取るのも困難になります。 脱水症状を引き起こさないためにも、 スポーツ飲料などで水分を取りながら、部屋を涼しくしてゆっくりやすめるようにしましょう。 もし、水分を取るのも困難な場合は、氷などを舐めたり、ふくんだりして、脱水症状しのぐのも一つの手です。 スポンサードリンク 仕事は?会社に出勤してもいいの? 基本的には、子供の保育園や幼稚園でも出席停止の対象にはならないように、大人の場合でも重症ではないかぎり、 出勤する方がほとんどになります。 ただし、手足口病の場合は感染力が強く、発症から 2週間は周囲も感染する恐れがありますので、まわりの人へうつさない為に注意する必要があります。 基本的なマナーとして、 マスクの着用やうがい、手洗いの徹底は必ずするようにしましょう。 また、飲食業や食品を衛生的に扱う仕事をしている方や、受付など接客などで多くの人と接する業務の方は、事前に出勤しても良いのか会社と相談した方が良いでしょう。 感染を防ぐためには、細心の注意は払うよう予防はしっかりとしましょう。 まとめ いかがでしたか? 今回分かったことをまとめてみました。

次の

手足口病は大人も感染する?症状と治療方法。出勤・出社はOK?

手足 口 病 出勤 停止

・口内炎がのどの奥までできて、痛くて固形物が食べられない状態だった。 ・指や手も痛くて曲げれない。 ・水や唾を飲み込むのにも激痛が走った。 ・痛くて靴下も履けない。 ・足裏にできた水泡が腫れて赤くなり、歩くと激痛が走った。 ・両手全体が腫れあがって、痛いかゆい状態が続いた。 といった声があります。 症状はさまざまですがみなさん一番苦しんだのは、 のどの奥の痛さという方がとても多く、鎮痛剤を使わないと水も飲めないほど苦しんだ方もいらっしゃるようです。 次に発疹や水泡で、大人の場合は 水泡が2~10mmと大きくなることがあり、痛みかゆみもひどく、歩けなくなったという方もいらっしゃいました。 また、高熱とともに関節痛や頭痛が出て苦しんだ方もいます。 痛い思いをして苦しんだ話ばかりなので、大人だから大丈夫だとは思わない方がいいですね。 スポンサードリンク 手足口病の治療 手足口病には、 特効薬などはありません。 ですので、 発熱、発疹、水泡などのそれぞれの症状を緩和する治療法しかありませんので、予防をしっかりして感染を防ぐことが一番大事なのです。 手足口病の予防法に関してはこちらの記事をご参考下さい。 病院へ処方された塗り薬などで、痛みやかゆみを和らげるといいでしょう。 また、手足口病で気をつけたいのは 脱水症状です。 大人の場合は、のどの奥まで痛みが酷い場合、 食事を取るのも困難になります。 脱水症状を引き起こさないためにも、 スポーツ飲料などで水分を取りながら、部屋を涼しくしてゆっくりやすめるようにしましょう。 もし、水分を取るのも困難な場合は、氷などを舐めたり、ふくんだりして、脱水症状しのぐのも一つの手です。 スポンサードリンク 仕事は?会社に出勤してもいいの? 基本的には、子供の保育園や幼稚園でも出席停止の対象にはならないように、大人の場合でも重症ではないかぎり、 出勤する方がほとんどになります。 ただし、手足口病の場合は感染力が強く、発症から 2週間は周囲も感染する恐れがありますので、まわりの人へうつさない為に注意する必要があります。 基本的なマナーとして、 マスクの着用やうがい、手洗いの徹底は必ずするようにしましょう。 また、飲食業や食品を衛生的に扱う仕事をしている方や、受付など接客などで多くの人と接する業務の方は、事前に出勤しても良いのか会社と相談した方が良いでしょう。 感染を防ぐためには、細心の注意は払うよう予防はしっかりとしましょう。 まとめ いかがでしたか? 今回分かったことをまとめてみました。

次の