インスタ ブロック dm。 インスタでブロックしたら、されたらどうなるの?気になる疑問と非公開モードとの違いもご紹介!

インスタでブロックしたら・されたらどうなる?確認方法とやり方を紹介

インスタ ブロック dm

こんにちは!編集部のコジマです。 インスタグラムの利用者数は2019年6月時点で3,300万人となり、日本人の4人に1人が利用している人気SNS。 若年層だけでなく30〜40,50代などのアッパー層の利用者も増えています。 そんな利用者が増えている中でインスタグラムをアクティブに使っていると、よく思わないこともありますよね。 「このストーリーあの人に見られたくないな……。 」 「DMなんども来て気持ち悪いんだけど……どうにかならないかな、、、」 などの経験を経て、 「インスタでブロックされたらどうなるの?」 「インスタでブロックしたらどうなるの?」 「インスタでブロックする方法を教えてほしい」 なんて思っているはず。 該当する経験がある人はおそらくお相手にブロックされている可能性が非常に高いです……。 (泣) それぞれの内容について画像つきで解説しますね。 DMの既読・投稿共有などが見れなくなる ブロックされると過去にやり取りをしていた、DMの既読や投稿共有が見れなくなります。 ただし過去のDMのやり取りなどは残るんですよね。 一見DMのやり取りだけを見ておくとブロックされた感じがしないんですが、過去のメッセージを遡っていくとブロックされているかどうかがわかりますよ。 相手のプロフィールが見れなくなる ブロックをされると相手のプロフィールが見れなくなります。 上記の画像のようにプロフィールページに訪問したにも関わらず、「アカウントが見つかりませんでした」とでるんです。 ブロックされたであろう相手のプロフィール上には、フォロワー数やフォロー数、プロフィール文をみれなくなってしまいますよ。 あなたが誰かにブロックされたら上記のような現象が起こります。 ブロックされたかもと思ったら確認してみてくださいね。 自分がインスタグラムでブロックしたら起こる5つの現象• 相手の投稿数やフォロワー数、フォロー数などが表示されなくなる• 相手の投稿やストーリーが見れない• 相手のDMに既読がつかなくなり、みれなくなる• 相手のいいねやコメントが見れない• タグ付け メンション ができなくなる 次にあなたが誰かをブロックしたら起こる現状を紹介します。 相手の投稿数やフォロワー数、フォロー数などが表示されなくなる 相手のプロフィール画面はひょうじされますが、過去の投稿数やフォロワー数、フォロー数などの数字が見れなくなります。 通常は、「フォローする」といったボタンが出てきますが、ブロックすると「ブロックを解除」といった表示になるので、相手をブロックしているかどうかをすぐに確認できますよ。 相手の投稿やストーリーが見れない ブロックすると相手の過去投稿やストーリーズのハイライトを閲覧できなくなります。 ブロックしているから当然ですね。 笑 相手のDMに既読がつかなくなり、みれなくなる 既読はもちろんつかなくなります。 あとは過去のメッセージのやり取りで内容によっては見れなくなるんですよね。 投稿共有などは「投稿をみることができません」と表示されます。 タグ付け メンション ができなくなる ブロックされた場合と全く同じで、タグ付け メンション ができなくなります。 ま、嫌な相手をブロックしているのでタグ付け メンション できないのは当然ですよね。 笑 相手のいいねやコメントが見れなくない 過去に投稿した写真へのいいねやコメントが表示されなくなりました。 相手をブロックすると相手との接点がなくなるようですね。 インスタグラムでブロックする4つの方法 相手をブロックする方法は4方法あります。 特定の相手を完全にブロックする方法• 特定の相手にストーリーズを表示させない ブロックする 方法 それぞれ画像を使って簡単に解説しますね。 めちゃくちゃ簡単なので実際に画像を一緒に進めていきましょう。 特定の相手を完全にブロックする方法 まずはインスタグラムでブロックしたいアカウントのプロフィールページにいきます。 プロフィールページから右上の「・・・」をタップ。 あとはシンプル。 でてきたポップのブロックをタップします。 「〜〜〜〜をブロックしますか?」と確認のポップが表示されますね。 ブロックしてもOKでしたらブロックをタップしましょう。 これで特定のアカウントのブロックが完了です。 特定の相手にストーリーズを表示させない ブロックする 方法 特定の相手にストーリーズを表示させたくない場合もブロックするやり方とほぼ同じです。 特定の相手のプロフィールページに移動し、右上にある「・・・」をタップします。 表示されたポップの中の「この人にストーリーズを表示しない」をタップ。 これで特定の相手にストーリーズを表示させない(ブロックする)方法です。 ストーリーズだけは見てほしくないって人は、使ってみてくださいね。 個人的にこんな機能あるんだ!って知りました。 笑 ストーリーズでこれやられてたら怖いなって実感しましたね。 笑 インスタグラムにはブロック以外の制限機能もある ブロック以外の便利な機能もあるのがインスタグラム。 望まないやり取りを防げるアカウント制限機能• 通知が来ないミュート機能• 一部の友人とだけの新しい友人機能 の3つです。 これらの機能をうまく制限することでインスタグラムを上手に活用できるようになりますよ。 それぞれ画像つきで解説していきますね。 望まないやり取りを防げるアカウント制限 アカウント制限のやり方もブロックとほとんど同じです。 まずは制限したい特定のアカウントのプロフィールページに訪問し、右上の「・・・」をタップします。 表示されたポップの一番上にある「制限する」をタップで完了。 これで特定アカウントの制限は完了しました。 だがしかし、「アカウントの制限ってなに?」って思いません?笑 僕はかなり疑問に思っています。 こんな機能いるのかな?って。 笑 上記画像に掲載してあるとおりなんですが、アカウント制限とは、 「特定のアカウントによるあなたの投稿への新しいコメントは、あなたと特定のアカウント以外に表示されません。 チャットはメッセージリクエストに入ります。 」という機能のようです。 相手のコメントが自分にしか見れなくなるって感じみたいですね。 使いたいときに使ってみてください。 笑 一部の友人とだけの親しい友達機能 親しい友人機能を使うには、まず自分のプロフィールページにいきます。 右上にある設定の三本線をタップ。 表示されたポップの下から3番目にある「親しい友達」をタップ。 表示された画面で親しい友人を編集できる画面に変わります。 あとは親しい友達にしたい人を選択すると、リストにしておくことができるって感じですね。 親しい友達リストに追加しても相手には通知されないので自由に編集してみてください。 この機能を使えば一部のグループだけにストーリーズをシェアできたり、投稿を共有できたりします。 つまりインスタグラムのSNS上でメッセージのやり取りから写真や動画の共有をできるといった便利な機能って感じですね。 ぜひ使ってみてください。 インスタグラムで相手をブロックする際にはここに気をつけよう インスタグラムでブロックする際には注意点も必要。 DMなどのグループではブロック相手ともやり取りできる• 友人とのトラブルの原因になる可能性もある の2つです。 それぞれなぜ必要なのか解説していきますね。 DMなどのグループではブロック相手ともやり取りできる ブロックしたからといえ、完全に相手との接点をシャットアウトできるわけではありません。 仮にブロックしたとしてもグループでは相手とのやり取りができることを理解しておきましょう。 グループでのやり取りでブロックした相手ともやり取りできるのは、LINEとかのSNSなどでも同じですよね。 僕はインスタグラムで複数人とのやり取りをしたことがないので経験がありませんが、、、笑 友人とのトラブルの原因になる可能性もある もし仮に友人をブロックしたとしたら友人見解が悪化する可能性があることも頭に入れておきましょう。 ブロックされた側からすると、なぜされたのか納得できない可能性もあります。 また、ブロックされたことをキッカケに相手が逆上して、危ない行為に及んでしまう可能性もありますよね。 したがって、ブロックするべき相手をしっかりと見極めてからブロックするようにしましょう。 インスタグラムではブロック以外の機能もうまく活用してみよう 相手を完全にブロックする必要がない可能性もありますよね。 ケースバイケースで、アカウント制限を使ったりストーリーズだけはその人に見せないようにしたり、今ある機能を存分に使うことをおすすめします。 僕的にはよっぽどしつこいアカウントなど特定の人だけブロック機能を使うことをおすすめします。 変にブロックしすぎても相手が炎上してしまう可能性もありますからね。 アカウントを非公開設定にするのもあり そもそも相手をブロックするかどうか悩んでいる人にとっては、非公開設定がおすすめです。 相手をブロックしてまで見られたくないのであれば、そもそも非公開設定を行っておけばあなたが承認した人しかあなたのアカウントを見られません。 アカウントを閲覧できる人を制限できるため、とっても便利な機能ですよ。 まとめ 今回はインスタでブロックされたらどうなるのか?逆にブロックしたらどうなるのか?について解説してきました。 基本的にブロックされたら何も見れなくなることを理解しておきましょう。 そもそもブロックされるということは、相手にとって嫌な行動をしてしまったことになります。 SNSでは相手に気が付かれず相手の写真や動向を見られますが、逆にやりすぎてしまうとストーカーまがいになってしまい相手に迷惑をかけてしまいますよね。 適度な範囲でSNSを使うようにしましょう。 また、ブロックする側になるときも相手のことを考えてベストな対応をするようにしましょうね。

次の

インスタ「アクションがブロックされています」エラーの詳細や対処法を徹底解説

インスタ ブロック dm

この記事のINDEX• を使っていると「あの人にこの投稿見られたら気まずいかも…」と思うことってありますよね。 そんな時にブロック機能を使おうかと迷いますが、ブロックした相手に通知が行ってしまわないか、ブロックした相手には自分のアカウントがどう見えるのか…色々と気になるところ。 そこで今回は ブロック機能の使い方とを使う前に知っておいてほしい注意点をご紹介します! ブロック機能ってなに? ブロック機能とは、 指定した相手に対して自分のアカウントを非公開にする機能です。 通常の投稿やストーリーが見られなくなるのはもちろん、DMなどでコンタクトをとる事もできなくなります。 これはフォローの有無に関わらず、使用することが可能です。 インスタで相手をブロックする方法 ブロックする方法は、相手のプロフィールが画面を開き 右上の「…」をタップします。 「ブロックする」を選択すれば相手をブロックすることができますよ! また解除したい場合は、ブロックした相手のプロフィール画面で 「ブロックを解除」のボタンを押します。 これで、ブロックが解除され「フォローする」のボタンに切り替わります。 ブロックしたらどうなるの? ブロックした場合は次のようなことが制限されます。 ブロックした相手をフォローしていた場合は、フォローが解除されます• タイムラインに、ブロックした相手の投稿が表示されなくなります• ブロックした相手からのDMが送られなくなります• ブロックした相手が過去に自分の投稿につけた、いいね!やコメントが表示されなくなります• ブロックした相手のプロフィール画面を開くと「投稿がありません」と表示されます ブロックされた側はどうなるの? ブロックされた場合は次のようなことが制限されます。 ブロックされた相手をフォローしていた場合は、フォローが解除されます• ブロックされた相手の投稿が表示されなくなります• 検索からブロックされた相手のアカウントを見つけられなくなります• ブロックされた相手が過去に自分や他ユーザーにつけた、いいね!やコメントが表示されなくなります• ブロックされた相手が他のユーザーのタグ付されている場合、タグをクリックすると、プロフィール画面は表示されますが、投稿は表示されません• 過去にやりとりしたダイレクトメッセージからアカウントにとんだ場合も同様で、プロフィール画面は表示されますが投稿は表示されません• ブロックされた相手のフォロワー、フォロー中のアカウントも表示できなくなります ということで、 ブロック機能を使用しても通知等は届かない仕組みになっているんですね。 しかし、それでもブロックした相手がプロフィール画面を開いた場合は、「ユーザーが見つかりませんでした」と表示されてしまうので ブロックしたことは相手にも分かってしまいます。 非公開モードとの違いと活用方法 非公開モードは、自分が承認した人以外には投稿を公開しない機能です。 非公開モードに変更した場合、すでにいる自分のフォロワーは、フォローバックの有無に関わらず自動的に全員承認されます。 そのため、 フォロワーの中にブロックしたい相手がいる場合は非公開モードに変更しても特に変化はありません。 ただ、 非公開モードの状態で特定の相手をブロックすると相手のフォローが自動的に外れます。 その後ブロックを解除したとしても、非公開設定なのでリクエストを承認しない限り投稿を見ることはできませんし、 相手にも非公開アカウントとして表示されるのでブロックしたことに気づかれない可能性もあります。

次の

インスタでブロックしたら・されたらどうなる?確認方法とやり方を紹介

インスタ ブロック dm

インスタのブロックとは?自分・相手の表示方法 インスタグラムのブロックとは、特定の相手に対して自分の投稿 写真や動画、ストーリー を非表示にする機能です。 またDMやコメントといったやりとりも制限できます。 フォロー・フォロー外に関係なく全ユーザーをブロック可能です。 もしも誹謗中傷を繰り返す悪質ユーザーに悩んでいる場合、ブロックを検討してみてください。 なおブロックしても相手に通知が届くことはありません。 しかし通常と比べて画面表示が異なるので、ブロックしたことが相手にバレる可能性は高いです。 とはいえブロックの設定や解除は簡単にできるので、状況に合わせて利用しましょう。 ブロックした自分側の表示画面 自分が特定の相手をブロックした際、下記4つのように表示されます。 相手のプロフィール画面が非表示に• 相手の投稿・ストーリーがタイムラインから非表示に• 相手からのいいね・コメントが非表示に• DMのやりとりができなくなる 基本的には自分のタイムラインに、相手の投稿が一切表示されなくなります。 各画面表示について詳しく紹介します。 相手のプロフィール画面が非表示に 特定の相手のプロフィールにアクセスはできますが、ほぼ非表示になります。 投稿やフォロー・フォロワーが全て0人と表示されます。 相手の投稿・ストーリーがタイムラインから非表示に ブロックした相手が写真やストーリーを投稿しても、自分のタイムラインに表示されることはありません。 相手のプロフィールにアクセスしても表示されないので、当然いいねやコメントもできなくなります。 相手からのいいね・コメントが非表示に ブロックした相手が、過去自分の投稿に付けたいいね・コメントが非表示になります。 またフォローユーザーの行動が表示される「アクティビティ」でも、相手の行動は表示されません。 DMのやりとりができなくなる ブロックした相手と過去にやりとりしたDMは、スレッド一覧に残ったままです。 ちなみに「チャットを削除」をクリックすれば、スレッド一覧からも削除されます。 ブロックされた相手側の表示画面 ブロックされた相手の画面には、下記4つのように表示されます。 DMの既読や投稿共有が非表示に• 自分のプロフィールが非表示に• 自分の投稿やストーリーが非表示に• 各画面表示について詳しく紹介します。 DMの既読や投稿共有が非表示に インスタには、相手がDMを読んだかどうか判別できる既読機能があります。 しかしブロックされた相手は、自分にDMを送れるものの、メッセージは届きません。 そのため既読が付くことはありません。 またDM内で投稿を共有できますが、ブロック後は「投稿を見ることができません」と表示されます。 ちなみに投稿を削除しただけの場合、「この投稿は削除されたため利用できません」と表示されます。 ブロックと削除で表示される文が異なるので、ブロックかどうか判別できます。 自分のプロフィールが非表示に ブロックされた相手が自分のプロフィールにアクセスすると、アカウントが削除されていないにも関わらず、「ユーザーが見つかりませんでした」と表示されます。 投稿内容や投稿数、フォロー・フォロワー数も非表示になります。 「フォローする」ボタンを押しても、無効です。 また相手が検索フォームで自分のIDを入力した場合でも、自分のアカウントが表示されることはありません。 アカウント自体は存在しているものの、一切アクセスできなくなります。 投稿やストーリーが非表示に 自分が写真やストーリーを投稿しても、相手のタイムラインには表示されません。 もちろん相手は自分のプロフィールにアクセスできないので、投稿・ストーリー・ハイライトなどは見れません。 投稿で自分をタグ付けできない インスタグラムで写真や動画を投稿する際、相手のアカウントをタグ付けできます。 しかしブロックされているとユーザーを検索できないので、タグ付け画面に表示されません。 インスタグラムのブロック方法 インスタグラムでは、下記4つのブロック機能が用意されています。 特定の相手を完全にブロック• 自分のストーリー表示のみブロック• 相手のコメントのみをブロック• 相手の投稿をブロック どの方法も簡単なので、ブロックする目的によって使い分けましょう。 各ブロック方法を詳しく紹介します。 特定の相手を完全にブロック 特定の相手からのアクセスや視聴を完全にブロックする方法です。 自分の投稿を相手に表示させなかったり、相手の投稿を非表示にできます。 ブロックしたい相手のプロフィールにアクセスし、右上のメニューバーをクリック。 「ブロック」ボタンをクリック。 以上でブロック完了です。 ブロックした時点から、全ての制限がかかります。 なお念の為、ブロックできたかどうか確認しておきましょう。 インスタグラムの設定ページにある「プライバシー」をクリック。 「ブロックしたアカウント」をクリックし、先ほどブロックしたユーザーが表示されていればOKです。 自分のストーリー表示のみブロックしたい 「特定の相手に自分のストーリーを見られたくない…」時は、ストーリー表示のみブロックしましょう。 投稿やDMに制限は掛からず、ストーリーのみ非表示にできます。 インスタグラムの設定ページにある「プライバシー」をクリック。 「ストーリーズ」をクリック。 「ストーリーズを表示しない人」をクリック。 ストーリーを非表示にしたい人にチェックを入れ、「完了」をクリックすればOKです。 相手のコメントのみをブロック 特定の相手が自分の投稿にコメントするのをブロックできます。 「悪質なコメントを繰り返すユーザーがいる…」時におすすめです。 インスタグラムの設定ページにある「プライバシー」をクリック。 「コメント」をクリック。 「コメントをブロックする相手」をクリック。 フォームにコメントをブロックしたいユーザーIDを検索フォームに入力し、「ブロックする」をクリックすればOKです。 相手の投稿をブロック 自分のフォロワーの中には「頻繁に写真やストーリーを投稿して煩わしい…」と感じる人もいるのではないでしょうか? ただ「交流があるのでブロックはできない…」そんな時は「ミュート機能」を利用しましょう! ミュート機能は相手の投稿を非表示にできるものの、DMやコメントなどのやりとりはできます。 また相手は自分の投稿をチェックできたり、相手のプロフィールから投稿を見れることも可能です。 ブロックとは大きく異なり、ミュートがバレる心配はありません。 ミュートしたいユーザーの投稿のメニューバーをクリック。 「ミュート」をクリック。 「投稿のみミュート」か「投稿とストーリーをミュート」を選択できます。 用途に合わせて各ボタンをクリック。 以上でミュート完了です。 インスタグラムのブロックの解除方法 「インスタでブロックしたけどやっぱり解除したい…」時も、簡単に解除可能です。 相手のプロフィールが表示されるので、「ブロックを解除」をクリック。 「ブロックを解除しますか?」と確認されるので、再び「ブロックを解除」をクリックしましょう。 以上でブロックを解除できました。 ただしブロック解除後は、互いにフォローが外れている状態です。 再びフォロー関係になる場合、「フォローする」ボタンをクリックしてください。 またミュートした相手を解除する方法は、まずミュートを解除したい相手のプロフィールに移行します。 そして「フォロー中」ボタンをクリック。 「ミュート」ボタンをクリック。 あとはミュートを解除したい項目のチェックを外せばOKです。 インスタグラムでブロックする際の注意点 インスタグラムで特定の相手をブロックする際、注意すべき点は下記の3つです。 閲覧を防ぐために「非公開設定」にする• グループスレではブロック相手とトークできてしまう• ブロックはトラブルの元となるので慎重に 各注意点を紹介します。 閲覧を防ぐために「非公開設定」にする インスタのブロックは、あくまでも特定ユーザーからのアクセスを制限する機能です。 そのためブラウザ版からログインせずにアクセスしたり、別垢から自分の投稿を見られる可能性があります。 不特定多数の人から自分の投稿を見られるのを防ぐため、「非公開設定」にしましょう。 非公開設定とは鍵垢のように、自分が承認したユーザーにのみ投稿を見せられます。 非公開設定の方法は、インスタの設定ページから「プライバシー」に移動し、「アカウントのプライバシー設定」をクリック。 「非公開アカウント」をオンにすればOKです。 非公開設定すればブラウザから自分のアカウントを検索されたり、別垢で申請されても拒否すれば、見られることはありません。 グループスレではブロック相手とトークできてしまう インスタのDMには、複数での会話が可能なグループスレッドがあります。 万が一ブロックした相手と同じグループに属している場合、自分の会話や相手のメッセージが届いてしまいます。 また第三者が自分とブロックした相手を追加して、グループトークを作成することもできます。 どうしても嫌な場合は別グループを作成したり、自分が退出しましょう。 ブロックはトラブルの元となるので慎重に 近年SNSでのトラブルが増加していますが、お互いのブロックも原因の一つです。 特にリア友や交友のある人を一方的にブロックすると、トラブルの原因となってしまいます。 トラブルを防ぐためにも、ブロックは慎重に行いましょう。 まとめ インスタのブロックを利用すれば、特定の相手のアクセスを制限できます。 また投稿やストーリーなど、一部機能を制限できるブロックもあるので、目的に合わせて使い分けましょう。 ブロック設定や解除は簡単なので、今回の記事をぜひ参考にしてみてください! 関連記事はこちら.

次の