仏壇 の 置き場 所 マンション。 お仏壇の置き場所について|よくあるご質問|長野県 仏壇 墓石 墓地 霊園の一休さんのはなおか

仏壇の適切な置き場所・置き方・方角・向きとは?

仏壇 の 置き場 所 マンション

「お仏壇を購入したいけど、置き場所はどこにすれば?」「お仏壇の置き方や向きとかがよくわからないのだけど…」といった悩みを持っている人は意外に多いもの。 お住まいが狭くてスペースがない、インテリアと合わなそうなどの心配の声もよくきかれます。 そこで今回は、こうしたお仏壇の置き場所についてのご質問にまとめてお答えします! 仏間がないときのお仏壇の置き場所は? むかしはたいていの家にあった仏間。 お仏壇を置くための専用のスペースですが、現代ではライフスタイルの変化などの事情からあまり作られなくなりました。 でも、こうした仏間がなくても大丈夫。 じつはお仏壇の置き場所には、とくに決まりはありません。 和室の床の間や畳の上はもちろん、リビングや寝室など、ご家族が落ち着いてお参りできるところならどこでもいいのです。 * スペースがなくて、お仏壇の置き場所に困る! お仏壇と言えば「大きくて重いもの」と思っていませんか?現在では場所を取らないスリムでシンプルなものや、サイドボードやタンスの上などにも置きやすい卓上タイプのものも登場しています。 こうしたタイプのお仏壇なら、マンションやアパート等のスペースが限られたお住まいでも置き場所を選びません。 * お仏壇の向きは決まっているの? お仏壇の向きを気にされて、置き場所にお困りの方もいらっしゃるでしょう。 お仏壇の向きには、宗派や地域によっては「西向き」「南向き」「本山を背にして」などいろいろな説がありますが、実際のところ仏教の経典ではこれといった決まりはありません。 仏教では「十方浄土(じっぽうじょうど)」という教えがあり、世界のあらゆる方向に様々な仏様がいらっしゃると言われています。 これに従って、お仏壇の向きや祈りをささげる方向などはどこでもよいとされているのです。 インテリアに合わず浮いてしまいそう… お仏壇の置き場所に悩む原因として多くあがるのが、その重厚さ。 たしかに伝統的なお仏壇は、デザイン的に現代家屋には馴染みにくいこともあるかもしれません。 ですが昨今では、そうしたお悩みに応えて「現代仏壇」「デザイン仏壇」などと呼ばれるデザイン性を高めたお仏壇が多くなっています。 木目の美しさを活かしてシンプルに仕上げたナチュラルなスタイルのもの、シャープなラインでモダンな表情をもたせたものなど、たくさんのデザインの中からお部屋のインテリアに合わせて選んでいただけます。 * 同じ部屋に神棚がある場合の置き場所は? 同じ部屋に神棚がある場合、お仏壇の置き場所には、「なにか特別なルールやマナーがあるのではないかと」心配されている方はいらっしゃいませんか? 神棚とお仏壇を同じ部屋に置いても、とくに問題はありません。 ただ、神棚とお仏壇が真正面になってしまうと、片方をお参りするときに、もう片方にお尻を向けることになり失礼なので、少しハスにずらすかそれぞれ別の方向に向けるなどして置くようにしましょう。 お仏壇に不向きな置き場所って? お仏壇の置き場所にも方向などの置き方にも、基本的にはタブーはありません。 また、お香やローソクで火を使うので、周りに燃えやすい物を置かないよう注意してください。 さらに、上置きタイプのお仏壇をタンスの上など高い場所に置くときは、地震対策も大切です。 おわりに お仏壇の置き場所には「こうでなくては」といった決まりはありません。 何より大切なのは、仏様や故人を大切に思い、供養しようとする気持ち。 だからこそ、お仏壇は家族が集まりやすく毎日いつでも手を合わせられる場所に置くのがいちばんでしょう。 お仏壇の置き場所について「それでもやっぱり気になる」「もっとくわしく知りたい」といった場合には、ぜひお気軽に私たちkuyoのカタチへお問い合わせください!.

次の

仏壇の置き場所は和室?リビング?今時の仏壇事情ってどうなってるの?

仏壇 の 置き場 所 マンション

仏壇の置き場所 お仏壇は、神棚と違い、明確な決まりごとはありませんが、お勧めする置き場所があります。 また、大切なご先祖様を納めているお仏壇ですので、避けた方が良い場所を気にして決める、もしくは、ご先祖様が喜ばれると思う場所を感謝の気持ちを込めて選ばれると良いでしょう。 何よりも大切にしたいのは、 お参りとお手入れのし易い場所に置くことです。 以下にポイントを書きますので、参考にして頂けると幸いです。 仏壇の置き場所としてお勧めの場所 仏壇の置き場所として、一般的にお勧めされている場所に関しては、ご存知の方も多いかと思いますが、参考として以下に書いています。 核家族化が進んで、住居が狭くなった事により、お勧めできる場所も増えていますので、参考にしてください。 仏間 仏間はお仏壇を置く専用の場所となりますので、お仏壇を置く場所としては、一番お勧めの場所となります。 床の間 床の間に置くのは良くないという説もありますが、床の間は、家の中の上座とされている場所ですので、お仏壇を置く場所としては、とても適している場所となります。 仏壇の置き場所として避けたい場所 置き場所として、一般的に避けた方が良い場所として、主に以下の三箇所があります。 それぞれ、避けた方が良い理由もありますので、参考にしてください。 神棚がある場合、向かい合わせとなる場所もしくは神棚の真下 神棚と向かい合わせてにした場合、片方にお参りをしている間、片方には背を向けることになるため、避けた方が良いとされています。 また、神棚の真下にお仏壇を置いた場合、手を合わせた際に、どちらに手を合わせているのか分かりづらくなる上、神棚に手を合わせている間、お仏壇を見下ろす形になるためお勧めしていません。 床の間の向かいは下座となるため避ける お仏壇は、大切な方を納めているため、下座ではなく、上座に置くことをお勧めしています。 大切な方を下座に置いてしまうことで、足を向ける事になりますので、注意が必要です。 直射日光や多湿な場所 これは、お仏壇の素材によるものです。 お仏壇は、木材から作られていることが多いため、直射日光や多湿な場所に置くことで、木材が乾燥や湿気によるひび割れを発生し、お仏壇そのものが壊れてしまうことがあります。 また、お仏壇によっては、金箔や蝶貝などを装飾として使っている場合もあります。 装飾品は、直射日光や湿度に弱いため、壊れてしまいます。 なお、最近のお仏壇は、素材も変わってきています。 キッチンなどの湿度の高い場所にも置ける素材を使っているお仏壇もありますので、設置場所として、直射日光が当たる場所や多湿な場所を予定されている場合は、お仏壇を購入される際、ご相談されることをお勧めします。 仏壇の向き・方角 続いて、お仏壇の向き・方角について説明します。 一般的に、北向きにお仏壇を向けてはいけないとされていますが、これは、昔の家の作りによるものです。 お仏壇に直射日光が当たらず、風通しの良い場所として、家の中で最適な場所にお仏壇を置くため、北向きは良くないとされてきました。 しかし、実際は、仏様は十方どの方角にもいらっしゃるので、お仏壇はどの方角に置いても良いのです。 以下に基本となる向きについての諸説について説明をしていますので、置く場所を決める際の参考にしてください。 南面北座説 南面北座説は、中国の慣習から来ています。 王様や位の高い人は南を向いて座るため、家来は北を向く事になるためです。 また、お釈迦様が説法をする時に、南向きに座っていたと言われていることもあり、南向きが良いとされるようになったのが、南面北座説です。 東面西座説(西方浄土説・極楽浄土説) 東面西座説は、インドの慣習から来ています。 日が昇る東側は立身出世の象徴とされていることから、主人は東向きに座ると良いとされ、取り入れたものです。 また、仏様が住んでいる浄土が西の方角にあるとされていることから、お仏壇を東向きに置き、お仏壇を通して浄土にいらっしゃる仏様を拝むとためにと言われています。 春夏秋冬説 春夏秋冬説は、太陽が昇る東は、草の芽生える春とし、春に芽生えた万物は夏(南)に実を結び、秋(西)に取り入れ、冬(北)にそれを納めるとしています。 お釈迦様が説いた、全ての法則は理(ことわり)を持っているという宇宙の心理・法則・道理によるもので、東西南北、上下左右に良し悪しをつけてはいけないというところから来ています。 お仏壇を置く場所にこだわらず、ご先祖様が安らかにいられる場所が良いとしています。 本山中心説 仏壇の前に座って拝む時、延長線上に宗派の総本山がある方向に置きます。 本山や住んでいる場所、置く場所によって、向きが変わります。 床の間説 床の間は、家の中の上座に当たるため、崇拝するご先祖様をお祀りするには最適の場所とされている説です。 とても道理にかなっています。 宗派における仏壇の向き・方角 宗派によって、お勧めしているお仏壇の向きや方角があります。 主な宗派に関して以下に書きます。 曹洞宗・臨済宗 南向きに置く、南面北座説を勧めています。 これは、お釈迦様が説法をする時に、南向きに座っていたと言われている事が関係しています。 浄土真宗・浄土宗・天台宗 浄土真宗・浄土宗・天台宗の3つの宗派は、ご本尊として阿弥陀如来を祀っています。 阿弥陀如来は西方浄土にいるとされていることから、その方角に向かって祈るため、東面西座説である東向きが良いとされています。 真言宗 真言宗では、本山中心説が良いとされています。 拝む方向の延長線上に総本山があるように、お仏壇を置きます。 真言宗の総本山は、和歌山県にある高野山金剛峯寺となります。 日蓮宗 日蓮宗では、置く場所に決まった方角はなく、自由に置いて構わないと言われています。 まとめ お仏壇を置く場所に関しては、決まりごとがたくさんあると思われていた方も多くいらっしゃったかと思いますが、いかがでしたでしょうか。 お仏壇に祀っているご本尊やご先祖様にとって落ち着け、安らげる場所であり、お世話をする側にとってお世話がし易い場所は、最適な場所となります。 ぜひ、参考にされてみてください。

次の

マンションに仏壇を置きたい方必見!仏壇選びに役立つ知識

仏壇 の 置き場 所 マンション

現在の仏壇事情はそういった様々な場合に合わせた商品がたくさんあります。 たとえば、現代仏壇や家具調仏壇といったおしゃれな仏壇や、大小様々なサイズも取り揃えられています。 ですから仏壇選びには困りません。 むしろ候補が複数あって選択に困るかもしれないほどです。 また仏壇というと、広い仏間の一角にドーンと構えている印象がありますね。 ですが、最近のマンションの空間利用は狭くても本当に機能的にできていますから、 マンションのリフォームも様々なパターンが組めて、仏壇の安置方法の提案までなされています。 また、上記のような現代志向の仏壇を利用すれば、リフォームほど費用はかかりません。 そいったことも含め、マンションでの仏壇の安置に心配することはなさそうですよ。 おしゃれな仏壇といっても、仏壇専門店によるきちんとしたマナーに沿った商品ですし、配置などの提案もマナーに沿った内容ですから心配は要りません。 仏壇の選び方 仏壇の選び方でも、マンションだと悩みますね。 すでにお住まいになっている場合、困るのは配置場所だと思います。 そういう場合は、仏壇が小型のものが購入の決め手になります。 最近の仏壇には大きさが色々あります。 小型なものだと、高さが30cm~60cm程度。 巾が30cm~60cm程度のものまで揃っています。 また、中古マンションを購入予定で、インテリアがいじれない場合でも小型の仏壇ならば配置できますね。 最近の仏壇にはサイズだけでなく、インテリアに合わせたなおしゃれなデザインも豊富に揃っていますから、家具の一部として配置できます。 これから新築マンションを購入する場合は、建築前であれば内装をリクエストできる場合が多いはずです。 中古でもリフォームしてからお住まいになる場合もそう。 仏壇の選び方でも、モデルルームや内覧会で、どこに仏壇を配置するかをその段階から考えておくといいですね。 予算の関係もありますが、すでにお住まいの場合、上記の様な仏壇を購入するか、リフォームという手ももちろんあります。 マンションを専門に扱うリフォーム会社であれば、 小規模のちょっとしたリフォームも可能ですし、はめ込むだけのほぼ完成された商品もあります。 仏壇の配置専門のリフォームも提案されています。 また、そういったパンフレットだけでも仏壇選びや配置の参考になりますから、ご覧になってください。 形より気持ち!狭いアパートでも場所を取らない仏壇を探す 大事なのは気持ち 仏壇の要・不要については、人によって意見が分かれるところ。 「絶対必要!」という人もいれば「いらなのでは」と感じている人もいるでしょう。 しかし、究極的には、必要不可欠なものではないと言っても過言ではありません。 大事なのは、故人をしのぶ気持ちです。 どんなに豪華な仏壇を置いていたとしても、故人に対する気持ちが全くなく単なる義務感だけで買ったのであれば意味はありません。 それよりは、仏壇はなくとも遺影に向かって毎日手を合わせることのほうがずっと価値があるのでは? 値段もピンキリで、高いものだと数百万円もしますが、もし購入するとしても自分の身の丈に合った仏壇で十分気持ちは伝わります。 月並みですが、大事なのは「形」ではなく「心」なのですから。 具体的な掃除方法は? 「大掃除って言われてもよくわかんないから、とりあえずホコリを払って水拭きしておくか~」という気軽なノリではいけません! かえって仏壇を傷めてしまうことにもなり兼ねませんのでご注意を。 傷や皮脂汚れの付着を避けるためにも、大掃除の際には必ず白手袋を装着しましょう。 順番としては、まずは扉の中の仏具を全て取り出します。 普通の床掃除だって、掃除機をかける前に床の物を片付けますよね。 そして、毛バタキを使って念入りにホコリを払って。 細かい装飾がついている部分は難しいかもしれませんが、念入りに行いましょう。 次は、水しぼりした柔らかい布を使ってこびりついた汚れをOFFします。 その際、 すぐに乾拭きをすること! 仏壇の素材は木なので、水気に弱いのです。 カビてボロボロになっちゃった(泣)なんてことを防ぐためにも、水には注意しましょう。 金箔や金粉の部分については、さきほどの毛バタキでホコリを払うにとどめてください。 非常に繊細な造りになっているので、布拭きで簡単に剥がれ落ちてしまうことがあります。 一番購入に向いているのは入居時 私は仏壇、仏具の販売経験がありますので色々なご家庭のお仏壇事情に関わりました。 まず、仏壇を買おうと思う切っ掛けですが、家族にまだ誰も亡くなられた方が居なかったのが 急に入院されて、どうも経過が良くない。 そんな時に下見に来られる方がいらっしゃいました。 ご自分がつらい時に、家族の死後を考えるお姿は辛そうでした。 ゆっくり検討できるのはやはり分譲マンションに入居されるその時です。 家具を揃えるそのついでにご購入されておくのがお勧めです。 ちょくちょく家具の配置換えをしそうだな、との思いがありましたら小さ目のお仏壇をお勧めします。 箪笥の上に置けるような大きさのものが近年は実際に良く見られています。 イメージとしては、電子レンジの大きさくらいのものもあるんです。 購入、検討に向かない日 仏壇を購入すると新仏(そのお家で初めて亡くなられた方を指して言います)が出てしまう、と昔は言われていたようで、それを気にされるご年配の親戚から苦言を呈されるかも知れませんが、それは流石に根拠は無いですのでご安心を。 購入、ご検討に際して日取りを気にされる方もおられます。 赤口や友引、仏滅と言った言葉がカレンダーに並んでいるあれのことです。 仏滅だからお仏壇を買うのは避けよう、と実際に言われたこともありましたが、 この日取りは仏教とは関係ありません。 端的に言ってしまうと昔の、平安貴族が外出の際も方向を気にしていた時代の暦占いの名残です。 ですがお仏壇は一度買うとずっとお手入れするので、仏滅の響きが気になって仕方ないなら他の日に購入、お納めの日は決めても良いでしょう。

次の